5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宮崎あおいちゃんと吹雪に中、おでんを食べている

1 :学生さんは名前がない:2005/12/08(木) 01:32:51 ID:higJND8J0
この2週間は本当に色んなことがあった。僕が正式にあおいちゃんの家族へ挨拶に行ったり、
あおいちゃんの誕生日を二人で過ごしたり、「あおいちゃん」を「あおい」と呼ぶようになったり...。
いよいよこれから、あおいと僕の幸せな共同生活が始まろうとしているときだった。この世界が
12月7日からの一週間で滅ぶんだって、正式に発表されたのは。僕たちはすごくうろたえたよ。
みんなそれぞれ幸せで、明日を期待し今日を頑張っていたんだから、世界中の人が恐怖と
混乱で可笑しくなった。それは道理だと思う。そして、泣いたり、発狂したり、自殺したりしているうちに、
やがて暴動が起こった。極々一部の有力者がシェルターに入って生き延びようとしていることが明るみに
なったからだ。世界の終わりは地球規模で進んでおり、どこに行ったって結局、終焉は見えていたけど、
僕は少しでも長くあおいと一緒にいれたらという気持ちで、暴動に逆行しながらも少しでも安全だと
言われていた海辺に向った。あおいの家族とは、その暴動のときに離れ離れになってしまった。でも、
僕はあおいの手は、強く握り締めて決して離さなかったんだ。そうして、僕たちは閉鎖されて久しい
コンビナートに忍び込んだ。世界中に輸出される工業製品を作っていた影は今は無く、寂びた殺伐に
鉄風と猛吹雪が吹きすさんでいるこのコンビナートが、二人の始めての共同生活の場になるとは...。
だから、静かに、二人だけで、近くにあった自販機から持ってきたおでんを食べながら、工場の中に二人で
作ったかまくらの中。ママゴトみたいにしながらも、本当に幸福な、最後の時間を二人で過ごしているんだ。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★