5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンが死んだようです

1 :消し炭98.8% ◆wVqgk2C9zA :2005/12/05(月) 02:03:26 ID:VgH3tL+R0




               終わり





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 02:04:31 ID:Bl1Yg3H50




               始まり







3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 02:21:12 ID:QQ4vG2jb0
やっぱり終わり

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:17:56 ID:JNs7ZXwgO
この世界には七つ集めると願いが叶うドラゴ〇ボールという不思議な玉があるという。
そして集う戦士たち。
('A`)「ったく、マンドクセけどやってやるか」
(´・ω・`)「みんなブーンの為にがんばろうね」
ξ゚听)ξ「しかたないわね。べ、別にブーンの為じゃないんだからね!」
/,'3 「なぁに死んでんだアイツは。ま、面白そうだしお前らに付き合ってやるよ」


ブーンを生き返らせる旅が今始まる…。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:19:04 ID:mb3IuO0A0
終わるんかいwwww

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:20:39 ID:JNs7ZXwgO
書こうと思ったけど必要とされてないっぽいしなwww

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:20:48 ID:aYQKD/DF0
( ^ω^) 「あれ・・・・・・・・・僕はどうしたんだお・・・・・・・・・?」

瞼を開ける。光がまぶしい。街灯が顔の正面に見える
あたりを見回すと、そこは住み慣れた町の光景が広がっていた
時刻はよくわからないが、深夜であることは間違いない

( ^ω^) 「たしか・・・・・・・買い物に出て・・・・・・・それから・・・・・・」

それから・・・・・・・思い出せない
何か、何かあった気がする。とても重大な何かが・・・・・・

( ^ω^) 「なんだっけ・・・・・・・・・・・・・」

周りに、人気は無い
ここにいても仕方が無い。どこかへ行こう・・・・・・・・・

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:21:43 ID:aYQKD/DF0
>>5-6
書いたらまずかったか?
まずかったならやめるが?

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:23:07 ID:JNs7ZXwgO
書いてもいいんじゃないかな。もしかしたら俺も書くかもしれん。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:23:33 ID:mb3IuO0A0
>>8いや、書いてくれ。
実は自分もここで書こうとしてたのは秘密だww

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:24:52 ID:6vQhiA1gO
書き手オオスw

12 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:27:30 ID:aYQKD/DF0
とぼとぼと、不確かな足取りで歩く
季節はもう真冬だと言うのに、不思議と寒くはなかった

( ^ω^) 「買い物・・・・・・何を買おうとしてたんだお・・・・・・・?」

ポケットから財布を取り出す
二千円札と、小銭がいくらか入っていた

( ^ω^) 「あんまり大した物を買おうとしてなかったみたいだお・・・・・」

それに、こんな夜中だ
きっと、コンビニに行こうとしていたに違いない

( ^ω^) 「コンビニに行けば、きっと思い出すお!!」

目的が決まれば、急に足が軽くなる


しかし、ブーンは気がつかなかった

自分の足が、降り積もる雪に跡を残していないことに・・・・・・・

( ^ω^) 「とりあえず、おでんでも買うお!」

13 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:28:58 ID:aYQKD/DF0
>>9-10
書けばいいじゃない!
つってもごっちゃになるか?
俺がリタイアしたらヨロ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:29:10 ID:JNs7ZXwgO
死ぬまでのあらすじか。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:30:02 ID:mb3IuO0A0
>>13俺は様子見ww
おまいに期待してる

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:32:22 ID:JNs7ZXwgO
じゃあ旅に出発するまで書いていいかな?

17 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:35:14 ID:aYQKD/DF0
人気の無い通りは酷く寂しい
ビルとビルの間から民家がのぞく
気の早い住人なのだろう、すでにクリスマスのイルミネーションがきらめいている

( ^ω^) 「もうそんな時期かお・・・・・」

一年前なら、きっとうんざりとそれを見ていただろう
だが、今年は違った

( ^ω^) 「今年はツンも一緒だお!」

恋人・・・・・・というわけではない。だが、そうなりたい、なれたら、とは思う
今年は彼女の家のクリスマスパーティーに呼ばれている
自分なんかが参加していいものか、と渋ったのだが
結局、強引に、まるでツンにしかられるままに、頷いてしまった
でも

( ^ω^) 「たのしみだお〜♪」

そう、いやではなかった。むしろ嬉しかった

18 :('・ω・`) ◆7HgDQNlSEU :2005/12/05(月) 03:36:11 ID:brg055FJO
期待してる

19 :('・ω・`) ◆7HgDQNlSEU :2005/12/05(月) 03:37:38 ID:brg055FJO
>>18
あ、メ欄がメアド晒しスレのままだったorz

20 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:40:23 ID:aYQKD/DF0
目的のコンビニは遠い
近くのファミマで済ませてもいいのだが、今はローソンに行きたい気分だ

( ^ω^) 「ツタヤのポイントも溜まるし・・・・・・」

自分が何かを忘れている、それを忘れたかのように意気揚揚とスキップ

すると、道の端に誰かが座り込んでいるのが目に入った

( ^ω^) 「どうしましたお? 飲みすぎたのかお?」

年末のこの時期だ。何かの忘年会帰りだろうとあたりをつけ
そう声をかける
しかし、声をかけられた青年は、酔ってなどいなかった
声をかけられたことに、酷く驚き、狼狽した

(´<_`  ) 「お・・・・・おまえ・・・・・・・俺が見えるのか・・・・・・・?」

21 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:41:05 ID:aYQKD/DF0
なんかノリで弟者出しちゃったけど、いいのかな?

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:41:46 ID:SiL1mkAH0
>>21
おもしろければいいんじゃないか?

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:44:20 ID:mb3IuO0A0
そう、おもしろければ

24 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:45:51 ID:aYQKD/DF0
>>22-23
うわ、プレッシャーwwwwwwwwwww
ま、がんがるよ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:46:14 ID:UmEPYtHXO
侍の人だわぁ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!

26 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:49:02 ID:aYQKD/DF0
( ^ω^) 「見えるってwwww見えないほうがどうかしてるお?」
(´<_` ) 「そうか・・・・・・おまえにはそんなにはっきり見えるのか・・・・・・・」

呟く声は、沈んでいた
しかし、肩を落としたのも一瞬で、男は急に笑顔になった

(´<_` ) 「まあ、お前は見えるって言うんだからな、嬉しいことだ」
( ^ω^) 「どういうことだお?」
(´<_` ) 「・・・・・・・・俺を、変な奴だと思わないか・・・・・?」

突然の質問に、ブーンは首をかしげる

( ^ω^) 「その質問が、すでに変だお?」
(´<_` ) 「ああ・・・・確かにな・・・・・・・」
( ^ω^) 「とりあえず、言ってみるお! 聞くだけきくお」

ありがとう、と礼と共に男は言った

(´<_` ) 「俺は弟者。・・・・・・・一週間前、ここで死んだ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:50:06 ID:0BLI03zHO
侍読んでました

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:52:55 ID:UmEPYtHXO
そういえば最近自分が書きたいからとか寝れないとかで自分でスレ立てて書いてなかった?

29 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:53:57 ID:aYQKD/DF0
弟者の言葉は、にわかには信じられないものだった
ブーンにしてみれば、はっきりと見えているし、足もある
加えて言えば人魂なんて物もまったく見えない

(;^ω^) 「ちょ・・・・・・・冗談にしてもたちがわるいお・・・・・」
(´<_` ) 「自分でも・・・・・そう思う・・・・・・・でもな、本当なんだ」

浮かぶ表情は、皮肉な笑い
道路の路肩に腰を下ろし、弟者は話を続けた

(´<_` ) 「自分でも、信じたくはなかった・・・・・さ」
( ^ω^) 「なんで、そう思うお? 僕にはそうは見えないお?」
(´<_` ) 「ありがとう、俺もそう思う」
      「でもな、俺は、見ちまったんだ・・・・・・・・・・」

何を、とブーンが尋ねる前に

(´<_` ) 「俺の死体と・・・・・・・・葬式を・・・・・・・・」

30 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 03:54:39 ID:JNs7ZXwgO
鳥つけました。

―ブーンが死んだ日

ξ;凵G)ξ「バカ!なに死んじゃってんのよ!もっと、もっと伝えたい事もいっぱいあったのに…!」
(´;ω;`)「ブーン…君は最高の友達だったよ…。君との思い出、絶対に忘れないよ…グスッ」
('A`)「クソ…勝手に死にやがって…!」
/,'3 「……。」
m9(^д^)「プギャー、死んでやがんの!」
('A`)「…!なんだとテメェ!」
m9(^д^)「プギャー、暴力反対!」
/,'3 「やめろ!場を考えろ馬鹿野郎共が。」
m9(^д^)「プ、プギャー、そうやって傷の舐めアイツしてろプギャ」
('A`)「テメェ…!」
/,'3 「放っておけ。…それより、この後家に来てくれないか?そこの二人もだ。見せたい物がある…」
('A`)「見せたい物…?」


31 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:56:09 ID:aYQKD/DF0
>>28
あれは、仕事で朝早かったから、暇つぶしに書いてたんだわ

あと、このスレタイで構想練ってたから、侍みたく、長くはならんと思う


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 03:56:47 ID:1wXjgivqO
wktk

33 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 03:58:35 ID:aYQKD/DF0
すまん、ごっちゃになりそうだから、俺落ちるわ
>>30
が完結して、余裕があったら再開するかも
ま、邪魔になるようなら書かんけどね

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:01:57 ID:F1Y0xklN0
同時進行問題ナス

35 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:10:57 ID:JNs7ZXwgO
あとちょっとお待ち下さい。>33全然邪魔じゃないっす。どうぞ続けて下さい

36 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:12:38 ID:aYQKD/DF0
(´<_` ) 「忘れもしない、一週間前だ・・・・・・・」
      「俺は、兄者のエロゲを買いに行く途中、ここで車にはねられた」

正直、買う前で助かったと思ったな、軽口は、何故か痛々しかった

(´<_` ) 「案外、痛くないもんでな。まったく気がつかなかったよ・・・・・」
( ^ω^) 「それで・・・・・・・・・?」

なんだろう・・・・・・胸が、ざわつく・・・・・・・・・・

(´<_` ) 「それで、も何もな・・・・・・目の前に、俺が倒れてたんだ」

だいじょうぶ・・・・・・僕は、見てない・・・・・・・・

(;^ω^) 「え・・・・・・見てないって・・・・・何をだお・・・・・・・・?」
(´<_` ) 「どうか、したか?」
(;^ω^) 「う、ううん、何でもないお!」

無意識のうちにこぼれた呟きを、必死で打ち消すブーン
気を紛らわせたい・・・・・・とにかく、その一心で先を促す

( ^ω^) 「全部、聞いてみたいお! 早く、続けくれお・・・・・・・!」

言葉は叫びのようになっていた

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:13:00 ID:XP3kHfUC0
>>33がブーンサイドで
>>35がその他取り巻き

で書いたらいいんでねwwwww

38 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:23:54 ID:aYQKD/DF0
(´<_` ) 「あ、ああ。・・・続きと言ってもな、あまり長くも無い」

うつむく弟者の手には、缶コーヒーが握られていた

( ^ω^) 「それ、どうしたんだお?」
(´<_` ) 「ああ、これか? ・・・・・・まあ、俺は幽霊だからな・・・・」
      「イメージすれば、このぐらいは何とかなるみたいでな」
      「あまり、気にしなくていいぞ、ただの気分転換だ」

ごくり、とまるで生きてるようにコーヒーを飲む

(´<_` ) 「続き、だがな・・・・・・」
      「俺は、病院に搬送される俺を・・・・・・・なんか、ややこしいなw・・・・」

苦笑い

(´<_` ) 「ここで、見送ってた・・・・・ただただ呆然とな・・・・・・」
( ^ω^) 「病院に・・・・・行かなかったのかお?」
(´<_` ) 「ああ・・・・・・・多分、信じたくなかったんだろうな・・・・」

言って、今度はタバコを取り出す弟者
その姿は、とても死人、幽霊には見えなかった

39 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:29:43 ID:JNs7ZXwgO
―荒巻宅
ξ;;)ξ「ヒック、グスン。ブーン…」
(´・ω・`)「ツン、元気だして…」
('A`)「おい、こんな所に呼んだんだから早く見せろよ」
/,'3 「こんな所とはご挨拶だな。実はな、俺の家系は代々機密書類などを扱ってきたんだ。…そうだな、今で言うスパイみたいなモンか」
('A`)「焦らすなよ。さっさと…」
/,'3 「まあ焦るな。仕事柄、俺の一族はそういった重要な情報を取り扱ってきたんだ。」
ゴゾゴソ…
すると荒巻は一札の文献を取り出した。
/,'3 「本当は見せちゃいけないんだが、内藤のヤツには世話になった事もあるしな。…ココを見てみろ」
文献には多少読む事ができる文字と絵が書いてあった。
(´・ω・`)「なになに?…氷の大地に願いが叶う術アリ…え!?あ、あとは何が書いてあるかわからないよ…」
/,'3 「氷の大地とは、南極か北極だな。そこの氷の下に遺跡があるらしい。そこに行けば何かしらの方法で願いが叶う、と記されている」
ξ゚听)ξ「え!?じゃあブーンを生き返らせる事ができるの!?」
('A`)「なんか嘘臭えな。その情報は確かなのか?」
/,'3 「ああ。国家機密並の情報だ。恐らく正確なものだろう」
ξ゚听)ξ「じゃ、じゃあ今すぐ出発するわ!」
('A`)「ちょwwwおまwwww南極か北極のどちらかもわかってないんだぜ?俺は行くのは正直マンドクセえが、
ブーンが生き返えるならついて行くつもりだぜ。ショボンも来るよな?」
(´・ω・`)「もちろんだよ!資金の方は僕がなんとかするよ。」
('A`)「大丈夫なのか?」
(´・ω・`)「パパに頼めば大丈夫だよ。パパはショボンコーポレーションの社長だからね」
ξ゚听)ξ「なら今すぐ出発よ!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:31:40 ID:540oLdE2O
大地なら南極だわな。
北極には地面がない。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:32:12 ID:JNs7ZXwgO
/,'3 「盛上がってるとこ悪いが、お前ら落ち着け。文献の最後に書かれている事なんだが、遺跡にはトラップが存在するらしい」
('A`)「ヤバいのか?」
/,'3 「ああ。危険度Sと書かれているからな。命を落とす旅になるかもしれん。お前らにその覚悟があるか?」
('A`)「…」
(´・ω・`)「…」
ξ゚听)ξ「……やるわ。私はどんな危険があってもそこに行くわ。」
('A`)「ちょwwwおまwwww死ぬかもしれねぇんだぞ?」
ξ゚听)ξ「ええ。覚悟は決まったわ。あなた達は?」
('A`)「チッ、しかたねえな」
(´・ω・`)「僕も行くよ!僕もブーンを助けたいもの!」
/,'3 「…いい覚悟だ。特にその女、気に入ったぜ。任せろ、道案内は俺がしてやる」
こうして彼らは命がけの旅に出る事になったのである…。

42 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:33:22 ID:aYQKD/DF0
(´<_` ) 「流石に、丸一日呆けてたら、家が恋しくなってな・・・・・」

じゅう、と煙をあげながら、タバコが缶に放り込まれる

(´<_` ) 「・・・・・はは、帰ったら、俺の葬式の真っ最中だった」
( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(´<_` ) 「ああ、ああ、そんな顔するな。俺が泣きたいぐらいなんだ・・・・・・・」

力なく、笑う弟者。そんな弟者にブーンは何も言えない

(´<_` ) 「ま・・・・・・それから、ずっとここにいるわけだ」
(;^ω^) 「ちょ・・・・・・・・家には、戻らないのかお!?」

バキッ・・・・・・・・・!
弟者の手から、そんな音が聞こえた
見ればコーヒーの缶が握りつぶされ、ひしゃげている

(´<_` ) 「あんな・・・・・! あんな家に・・・・・・!!」
      「あんな家に、帰りたくなんかない!!!!」

涙を流し、弟者は怒りに震えた声を洩らした

43 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:33:28 ID:JNs7ZXwgO
/,'3 「盛上がってるとこ悪いが、お前ら落ち着け。文献の最後に書かれている事なんだが、遺跡にはトラップが存在するらしい」
('A`)「ヤバいのか?」
/,'3 「ああ。危険度Sと書かれているからな。命を落とす旅になるかもしれん。お前らにその覚悟があるか?」
('A`)「…」
(´・ω・`)「…」
ξ゚听)ξ「……やるわ。私はどんな危険があってもそこに行くわ。」
('A`)「ちょwwwおまwwww死ぬかもしれねぇんだぞ?」
ξ゚听)ξ「ええ。覚悟は決まったわ。あなた達は?」
('A`)「チッ、しかたねえな」
(´・ω・`)「僕も行くよ!僕もブーンを助けたいもの!」
/,'3 「…いい覚悟だ。特にその女、気に入ったぜ。任せろ、道案内は俺がしてやる」
こうして彼らは命がけの旅に出る事になったのである…。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:36:22 ID:JNs7ZXwgO
>30>39>43
とりあえずまとめます。
今日はもう寝ます。この続きは誰が書いてもかまいません。誰も書かないようでしたら自分が書きます。
ではおやすみなさい

45 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:44:36 ID:JNs7ZXwgO
>>◆3mfWSeVk8Q
乙。寝る前に読みました。
ところで生き返らせる方法、どうしよっか?ドラゴ〇ボールじゃアレかな、と思ったんで。

46 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:45:09 ID:aYQKD/DF0
(;^ω^) 「ちょ・・・・・・!? なんでだお!? 家族がいるんじゃないのかお!?」
(´<_` ) 「・・・・・・・・うるさい・・・・・・・!」

口からつばを飛ばさんばかりのブーンに、弟者はうっとおしそうに缶をなげつける
しかし、缶は手を離れて十センチも行かないところで虚空へと、解けるように消えた

(´<_` ) 「あれが・・・・・・家族か・・・・・・・・?」
      「俺は、今まで、あんな奴を・・・・・兄と呼んでたのか・・・・・!」
(;^ω^) 「ちょ・・・・・・一体、何があったんだお!?」
(´<_` ) 「思い出したくも無い・・・・・・!!」

苦々しく、吐き捨てる弟者は、顔覆い
涙がこぼれないよう、嗚咽が漏れないよう、背を丸めて肩を振るわせる

(´<_` ) 「信じられるか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
( ^ω^) 「だから・・・・・・! 一体なにがだお!?」

(´<_` ) 「香典を見て・・・・・兄者は・・・・・・・・・・・!」
      「『これで、新しいPCが買えるなw』って・・・・・・・・・!」
      「笑ってたんだぞ・・・・・・・・・・・・・!?」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:46:15 ID:JNs7ZXwgO
最低なアニキwwwww

48 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:47:32 ID:aYQKD/DF0
>>45
任せる・・・・・・というか、
死んだ人間は生き返らない。そういうスタンスで書いてるからなぁ・・・・・・

49 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:49:48 ID:JNs7ZXwgO
>48あーなるほど。そういう話もいいかも。じゃあその方向で。

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:53:55 ID:540oLdE2O
兄者はそーゆーやつだろwwww

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 04:54:56 ID:OOoO5neV0
俺は二つの場面で展開されているのにwktkなんだが…
どちらにしても二人には最後まで書いて欲しい。
生き返る生き返らない、どちらにしても。

52 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 04:55:53 ID:aYQKD/DF0
拳を振り上げ、アスファルトに叩きつける
しかし、音はならず、ただただ弟者の拳ばかりが血に濡れる

(;^ω^) 「ちょ・・・・・・!! 何をしてるお!?」
(´<_` ) 「うるさいうるさい!! どうせ・・・・どうせ俺は死んでるんだ!!」
      「痛くも・・・・・・痒くも無い!! ・・・・・いたく・・・・ない・・・!!」

号泣。声をあげ、あたりもはばからず、弟者は泣く。泣き叫ぶ

(´<_` ) 「俺は!! ・・・・・おれは・・・・・・・!」
      「兄者は・・・・・・・馬鹿で、どうしようもなくって・・・・・・・」
      「いっつも・・・・・・・いっつも・・・・・・・・迷惑かけて・・・・・!!」

噛み締める唇は、幽霊だというのに、赤い血を垂れ流す

(´<_` ) 「ニートで・・・・・・・・童貞で・・・・・・・・・!」
      「自分はひきこもって・・・・・・ブラクラふんで・・・・・・・!」

(´<_` ) 「それ・・・・れも・・・・・・・・・・・・!!」
      「兄者がすきだった!! 兄者を・・・・大切おもってた・・・・・!!」

弟者の涙は、地面のはるか上で、消えていった・・・・・・・・・・

53 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 04:57:24 ID:JNs7ZXwgO
>51がんばります^^
まあ生き返えるかどうかの設定はまた途中で変わるかまわしれないけど。

54 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:09:47 ID:aYQKD/DF0
なにも言えない。言えるはずも無い
ブーンは、ただただ、その嘆きを聞くことしか出来ないでいた
そんなブーンの耳にふと、弟者以外の声が聞こえた

( ^ω^) (あれ・・・・・・・・なんだお・・・・・・・・?)

音の出所は、子供のように泣き崩れる弟者のその後ろ

( ^ω^) (? ・・・・・・・・糸・・・・・・・?)

ブーンは弟者の背中から伸びる、光る糸だと気がつく
糸は、ブーンからみて右の方向に伸びていた

( ^ω^) 「家は・・・・・・・あっちかお?」
(´<_` ) 「・・・・・・俺に・・・・もう家なんか・・・・・・!!」
(#^ω^) 「答えるお!!」

ブーンのあまりの剣幕に、思わず弟者はひるむ

(´<_` ) 「あ、ああ。・・・・・・・・そっちの方だ・・・・・・」
( ^ω^) 「なら、今から行くお!!」
(´<_` ) 「!? な・・・・・・なにを・・・・・・・!?」

ブーンには、聞こえていた
糸から響く、弟者を呼ぶ、男の声が・・・・・・・・・・

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:11:37 ID:0BLI03zHO
wktk

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:12:02 ID:rWMwTJ+H0
今北wktk

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:15:10 ID:oNRA7MR70
wktk

58 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:19:01 ID:aYQKD/DF0
動こうとしない弟者の首根っこをひっつかみ、ブーンは走る
そして、糸の終着点、弟者の家にたどり着いた

(´<_` ) 「くっ・・・・・・・! ・・・・・・ここになんか、用は無い・・・・・!」
( ^ω^) 「黙るお!」
(´<_` ) 「余計なお世話なんだよ!? ・・・・・・・いまさら、アイツの顔なんか・・・・・!」

バシィンっ!!

(´<_` ) 「え・・・・・・・・・?」
( ^ω^) 「黙れ、と言ったお・・・・・・・・・!」

ブーンの掌は、弟者の頬をはたいていた
それは、弟者にとってはまったく予期できない衝撃であった

(´<_` ) 「な・・・・・・・なん・・・で・・・・?」
(#^ω^) 「見えるし、触れたんだから、叩けても不思議じゃないお!?」

おろおろと、混乱する弟者を他所に、ブーンが吼える

( ^ω^) 「顔が見たくないんなら、ここで声だけでも聞くお!!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:21:36 ID:Jkn4Jt+sO
何この良スレ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:25:55 ID:OOoO5neV0
wktk

61 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:35:29 ID:aYQKD/DF0
嵐のようにほーっしゅ!!

62 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:40:49 ID:aYQKD/DF0
塀と家の壁。それだけ障害物があるならば、声など聞こえるはずも無い
だが、弟者には、何故か兄者の声が鮮明に聞こえていた

(´_ゝ`) 「なあ、弟者・・・・・・・・・・・」
(´<_`) 「・・・・・・なんだよ・・・・・PCの礼か・・・・!?」

青筋を浮かべ、聞こえもしないのに声をあらげる
当然、それに気づくはずもない兄者はぽつぽつと喋り続ける

(´_ゝ`) 「お前が、欲しがってたノートPCだ」
     「これで、もう俺のPCを横から除く必要はないぞ・・・・・・・・・」

(´<_`) 「・・・・・・・・・・・・・・・え・・・・・・・・・?」

(´_ゝ`) 「・・・・・・・・妹者がな・・・・・・・・」
      「飯のたびに、お前の部屋に行くんだよ・・・・・・」
      「『ちっちゃい兄者!! ごはんなのじゃ〜!!』ってなw」

クスリ、とちいさな笑い。そして、ためいき

(´_ゝ`) 「もう・・・・・・お前はいないっていうのにな・・・・・・・w」

63 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:41:21 ID:aYQKD/DF0
カチリ、と百円ライターの音がする
続いて、深呼吸のような呼気。どうやらタバコに火をつけたみたいだ

(´_ゝ`) 「ほら、お前も吸え。・・・・・・・天国も今ごろ、嫌煙厨が多いだろw?」

喫煙者はどこでも辛いな、と、無理をした笑い声だった

(´_ゝ`) 「母者も・・・・・な。・・・・・・お前の分まで飯つくるんだぞ?」
     「ちゃわんまで用意してなw それで・・・・・・・・いつもぶちきれるんだ」
(´<_` ) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(´_ゝ`) 「弟者が、いつまでも降りてこない、ってなw そりゃ・・・・・降りてこないよな・・・・・」

カタリ、と今度は何か固い物を置く音がした

(´_ゝ`) 「まったく・・・・・・お前がいつまでたっても買ってこないから・・・・・・・」
     「俺が買ってきちまった・・・・・・・・・・・一応、そなえておく・・・・・・・」
(´<_` ) 「エロゲ・・・・・・そなえるなよ・・・・・・・・・!」

弟者の声は、だんだんと、ゆらいできた

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:44:28 ID:KALgfIDG0
今から出かけなきゃならんのが惜しい
帰りは8:00pm

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:44:32 ID:540oLdE2O
エロゲwww

66 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:45:31 ID:aYQKD/DF0
しばらく、静かな時間が続いた
上を見上げれば、窓から煙がふたすじ、入道雲のようにのぼっていく
そして、その煙が途切れたとき、沈黙を奇妙な音が破った

バギィッ!!

(´<_` ) 「え・・・・・?」
(´_ゝ`) 「ちくしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

バコっ! バコッ! 何かを叩く音が続く

(´_ゝ`) 「ちくしょう・・・・・・ちくしょう・・・・・・・ちくしょう・・・・・・・・!!」
(´<_`;) 「あ、兄者・・・・・・・・・・・・・?」

何の音か、まるで分からない。そして兄者の罵りの意味もまた分からない

(´_ゝ`) 「こんな・・・・・! こんなもんのために・・・・・・・・・!!」
     「こんな、くだらないもんのために・・・!!!」
     「おま・・・ぇ・・・・は・・・・・・・・!! お前は!!!!」
     「おまえは・・・・・・・・・しんじまったのかよ・・・・・・・・・・・!!」
(´<_` ) 「あ・・・・・・・・・・・・・・・まさ・・・・・・か・・・・・・?」

弟者は、そこで気がついた
兄者が、今、ボコボコにしているのは
欲しがっていた、あのエロゲだということに・・・・・・・・

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:48:31 ID:Gn+CfS/+O
うわ朝もはよから涙が

68 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:52:15 ID:aYQKD/DF0
そんな・・・・・と、弟者が困惑する

( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・どうしたお?」
(´<_` ) 「だって・・・・・・だって・・・・・・・・・!!」

目を見開き、唇をふるわせ、弟者は泣きそうな声を出す

(´<_` ) 「だって・・・・兄者は・・・・・・いつも言ってたじゃないか・・・・・!」
      「右手と・・・・紙かjpgがあれば・・・・女はいらないって・・・・・・・」
      「だから・・・・・・・・・エロゲは恋人だ・・・・って・・・・・」

わなわなと、全身が揺れる

(´<_` ) 「それを・・・・・・・・・・・くだらない・・・・・・・って・・・・」
( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ブーンは、何も言わず、ただやさしく、弟者の肩を叩いた

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 05:54:10 ID:5KP+JIrQO
作者が二人いるみたいだけど、二つを関連させる必要は全くないよな。

70 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 05:59:35 ID:aYQKD/DF0
(´_ゝ`) 「おれは・・・・・・・・これから・・・・・!!!!」
     「何を・・・・・・! 何をして生きればいいんだ!?」

もう時刻は真夜中だ。だというのに、兄者は大声を上げる
いつもなら、絶対に鉄拳制裁を加えに来るはずの母者も、なぜかこない

(´_ゝ`) 「もう・・・・・・ブラクラげっとしても・・・・・・・」
     「エロ画像げっとしても・・・・・・ハス画像げっとしても・・・・・・!!」
     「お前がいなきゃ・・・・・・だれが・・・・・・・・・・だれが・・・・・・!!」
     「だれが、俺のとなりにいてくれるんだよ・・・・・・・・!!!!」

あとはもう、人間の言葉とは思えない、嗚咽と、叫びだけしか続かなかった


(´<_` ) 「あに・・・・・・・・じゃ・・・・・・・・・・・!」
( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(´<_` ) 「あに・・・・・・・・・・・・・!!!!!!」
      「うわああああああああああああああああああああああっっっっっ・・・・」

そして、弟者も、共鳴するように、泣き叫んだ・・・・・・・・・・・・・・・

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:01:13 ID:QXu+v0LFO
やばいちょっとウルッときた。

72 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 06:02:21 ID:aYQKD/DF0
これブーンじゃねぇよ・・・・・・・・
流石兄弟が主役だよ・・・・・・・・・・・・・・・・

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:03:54 ID:SiL1mkAH0
目から涙が・・・(´;ω;`)

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:04:06 ID:op5o0fDnO
>>71
おはよう俺・・・

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:04:16 ID:+ZCXZq+vO
全米が泣いた

76 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 06:04:22 ID:aYQKD/DF0
すまんが、ちょい落ちる
保守してくれるとありがたい。そんなに長くは落ちないと思うが・・・・

あと、もう一つの方とは関連してるともしてないとも言わないんで
好きに読んでくれ
俺はただ書くだけだ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:08:48 ID:lrz/kQ8sO
『俺はただ書くだけだ』







wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:14:28 ID:Q2toR79bO
これからの展望ってブーンが色々な死んだ人達に出会って行って
死んだ友達や家族に会ったりして涙腺を刺激して
最終的に自分に会って
死んだ自分を悲しんでくれる皆に感謝する
とか
もう僕は・・・疲れたよ



みたいな展開だと思うんだけど


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:15:00 ID:0BLI03zHO
(´ぅω・`)

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:23:14 ID:Q2toR79bO
あれかな、よみがえりみたいな展開になるんかな

それとも一人一人問題を解決していって昇天させてく展開になるんかな


幽白みたいな展開になるんかな



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:25:12 ID:Bght7Nw50
幽白的展開キボン

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:25:56 ID:7wTBqvRi0
幽白的天下一武道会開催

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:26:44 ID:51F5b7Ll0
うはwwwwwwwww
栃木殺人事件の犯人光臨中wwwwwww
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1133729179/

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:38:54 ID:a2Idl9MK0
やあ (´・ω・`)

ようこそ、天国2ちゃんねるへ。
この缶コーヒーはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「死んだ」んだ。済まない。
仏もイエスもアッラーも居ないけどね、変に慰めようとは思っていない。

でも、この缶コーヒーを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「懐かしさ」みたいなものを感じてくれたと思う。
終わってしまった人生の中で、そういう気持ちを忘れたくない、そういう君に声をかけたんだ。

じゃあ、君の望みを聞こうか・・・・

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:49:00 ID:0BLI03zHO


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 06:51:53 ID:hOWHLa4QO
やべぇ泣いた
本当に月曜日は鬱気味だぜフゥハハハー

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 07:38:22 ID:7wTBqvRi0
補修授業

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 07:53:51 ID:+ZCXZq+vO
保守

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:01:29 ID:jZjZpMAxO
保守

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:19:44 ID:lFpPqZpu0
ほしゅ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:23:18 ID:7wTBqvRi0
ほs

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:40:16 ID:7wTBqvRi0
ほs

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:42:50 ID:muc5qUJuO
マジで泣いた…
俺が書く文章なんかと比べものにならないな…orz

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:54:55 ID:altg0i7m0
>>84
よりによって・・・・ってかやはり缶コーヒーかwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:54:56 ID:q1w1SMtOO
期待保守

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:57:38 ID:K2fsKOZ5O
あれ…おかしいな…
皆なんで泣いてるんだよ?笑おうぜ?
…なぁ…

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 08:58:39 ID:altg0i7m0
>>96
こ・・・こうか?
へ・・・へへへ・・・・

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:09:57 ID:muc5qUJuO
>>96
ちくしょう…笑えねぇよ…

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:10:36 ID:5fWx1XlS0
 V I P P E R 泣 か せ る と
   
    ヒ ド イ 目 ,r'"⌒ヽ に あ う お
          / ;ω; \
      , .-‐- くJ(      ゝ-rr- 、、
     /Y  ,r 、 `ー r'"^〃 、  つヒヽ
    ,ノ '^` i! =テミ i' 天ニ  ミ、 ='"^ヾ }
   ,/ ''=''" ノ-‐'ヾ-人,,__ノnm、''::;;,,  イ
  i!   ,∠-―-、、     `ー'フヾ、  j
  f'´    ノし   `丶、 ー=ミ-JE=-  /
  ヾ=ニ- 彡^ 〃   ,,>、、`''ー-::,,_,,ノ
    ``ー--┬:, ''"~´フ ソ´`7'' ''"´
         ,に (`゙゙´ノ   f^ヽ
        ,ハ    ,ィ'   ,;-ゝ、
        /ミ`ーt!,_,ィ-‐彡''"^ヽ
        /  ヾ::::::::::::::::r''"  ぃ ;}
       l   t:::::::::::/    ノ /
       l!   `'T7′   / /

100 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 09:11:20 ID:aYQKD/DF0
ふたりの哀哭が収まり、住宅地に夜本来の静けさがまたやってくる

(´<_` ) 「・・・・・・・・・・・なあ」
( ^ω^) 「・・・なんだお?」

膝をつき、手をつき、四つんばいの姿勢で、弟者が問う

(´<_` ) 「なんで・・・・・・・なんでおれ・・・・・・・」
      「なんで・・・・・・こんな、つまんないことで・・・・死んじまったんだ・・・・・・?」
( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(´<_` ) 「俺は・・・・・・そんなに、悪いこと・・・・・・したか・・・・・・?」
      「したんなら・・・・・・いくらでも謝る・・・・! あやまるから・・・・・」

ギリリッ、とアスファルトを握り締めるように拳をつくる弟者
だが、アスファルトが削れるわけもなく、ただ無意味に弟者の指が削れて行く

(´<_` ) 「たのむ・・・・・・・・! 兄者に・・・・・・・!」
      「兄者に・・・・・・・あやませて・・・・・・・くれ・・・・・!」

ブーンに頼んだところで、どうしようもない
それを分かっていても、弟者は言わずにはいられなかった・・・・・・・・・

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:12:10 ID:eHXd2sEj0
やあ(´・ω・`)
取り合えず君には呪いをかけておいたから、一生セックスできなくなるよ。
でも呪いをとく方法があるよ。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dance/1127917720/l50
のスレに        
                       ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´
「次スレも狙います」「VIPからきますた」「VIPからきますた」「次スレも狙います」

のコピペを永遠にするんだ。
健闘を祈る。
出来ればこのレスを他のスレに貼ってほしい、私からのお願いだ


102 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 09:19:00 ID:aYQKD/DF0
( ^ω^) 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ブーンは何も言わず、土下座のような格好をする弟者にちかより
その背中に手をやった

( ^ω^) 「ここから・・・・・・兄者の声が聞こえたお・・・・・」
(´<_` ) 「・・・・・・これ・・・・・・は・・・・・・・・?」
( ^ω^) 「ぼくにも・・・・・よくわからないお。でも・・・・・・」

糸を弟者の目の前に持っていき、真剣な目で、ブーンは言った

( ^ω^) 「これが、君達に、大切なものだってことは・・・・・・わかるお」

(´<_` ) 「ああ・・・・・・・・そうか・・・・・・・・・・」

涙を、血まみれの手でぬぐい、弟者が立ち上がる

(´<_` ) 「この、光の糸が・・・・・俺たちを繋いでくれるんだな・・・・・・」

不思議な感覚だ・・・・・・・
何も分からないのに、何故か確信できた
手の平を、光の糸ごと強く握り締める。すると、光が増し、あたりを昼間のように照らす

(´<_` ) 「俺の気持ちを・・・・・・・・届けてくれ・・・・・・・・・・!!」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:23:39 ID:aClAAxqVO
泣いた

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:28:18 ID:1wXjgivqO
授業中にうるっときたじゃねえか馬鹿野郎

(´;ω・`)

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:38:43 ID:2HHbXDzKO
おま…

俺電車の中だぞ…







(´;ω;`)ウッ

106 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 09:48:04 ID:aYQKD/DF0
遺骨の前で、兄者は眠っていた
昨夜は、何故だか弟者がいる気がして、泣きつかれてしまったのだ

(´_ゝ`) 「ぅ・・・・・ううん・・・・・・あさ、か・・・・・・」

いや、日の高さからして、もう昼前だろう
いくらニートだからとはいえ、これは寝すぎだ
しかも、場所が悪い。母者も起こしてくれればいいものを・・・・・・

(´_ゝ`) 「いや・・・・・・・気を使ってくれたのかも・・・・・な」

だとしたら・・・・・・・・・・・・余計なお世話だ
弟の前で泣きつかれる兄貴が、いるものか、と、兄者の自尊心が告げる

(´_ゝ`) 「いや・・・・・・俺は、兄らしいことなど・・・・・何一つ・・・・・・!」

それどころか、自分は・・・・・・・・・・・・

(´_ゝ`) 「弟者も・・・・・俺を恨んでいることだろう・・・・・・・・・」

と、立ち上がりかけ、ある異変に気がついた

(´_ゝ`) 「ノートPCの電源が・・・・・・・・・・ついてる・・・・・?」

107 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 09:48:37 ID:aYQKD/DF0
PCのモニターには、回線を繋いでいないにも関わらず届いたメールが開かれていた

from:弟者

(´_ゝ`) 「!? な・・・・・・・・・・・・・・!」

『兄者! 一週間もたつのに、何をめそめそしている?』
『なにやら、あの事故を気に病んでいるのだろうが、あれは俺の不注意だ』
『兄者のせいなんかじゃない・・・・・・・・・・・・・』

メールを不思議がることも、不気味がることもせず、兄者はそのメールに食い入る

( ´_ゝ`) 「ちがう・・・・ちがうんだ・・・・・・・!」
      「俺が・・・・・俺が謝りたいのは・・・・・・・・・・・・!!」

兄者がすべてを言い終える前に、二通目のメールが開いた

『あと、どうせ自分の不甲斐なさに気がついて、後悔しているだろう?』
『そんなの・・・・・・気にする必要などあるのか・・・・・・・・・?』
『俺たちは、二人一つの流石ブラザーズじゃないか・・・・・・』
『俺は・・・・・・そんな兄者も・・・・大好きだったさ』

108 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 09:49:23 ID:aYQKD/DF0
(´_ゝ`) 「二人で・・・・・・・一つ・・・・・・・・・?」
     「じゃあ・・・・・! じゃあ・・・・・・・!!!!」

涙声で、ノートPCに叫ぼうとした直前、三通目が開く

『俺が死んだのは、もう仕方が無いことだ・・・・・・・・残念だが』
『だから・・・・兄者は、俺の分まで、可愛い嫁さんをみつけてくれ』
『その人が、きっと兄者を支えてくれるはずだ・・・・・・・・・!!』
『俺は、もう兄者の横にいれないけれど、今も、こうして・・・・見守ってる』
『ps.仕事、そろそろ見つけて、それを生きがいにしろよ?』
『出来のいい弟より、偉大なる兄へ』

(´_ゝ`) 「弟・・・・・・・者・・・・・・・・・・・・・・」

兄者が読み終わると同時に、PCの電源が落ちた
再度電源をつけてみても、メールは残っていなかった
気がつけば、兄者の目から滝のように涙が流れ出していた

(´_ゝ`) 「結局・・・・・・・俺らは、PCから離れられんのだな・・・・・・・」

このままではいけない・・・・・・・・・涙をぬぐい、決心する

(´_ゝ`) 「父者ー!! 履歴書の書き方教えてくれー!!」

光のケーブルが、ノートPCから、こっそりと抜け落ちた・・・・・・・・・

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:53:54 ID:iABD0HSbO
ほす

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:59:23 ID:xnGvVq/+O
目から・・・液体が・・・

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 09:59:38 ID:wO3I9lskO
昨夜まとめサイトを知って

武士書いた人は神

と思った俺が携帯からほす

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 10:00:49 ID:wO3I9lskO
ほ〜す

113 : ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 10:06:52 ID:aYQKD/DF0
( ^ω^) 「・・・・・・気持ちは、伝えきれたかお?」
(´<_` ) 「いや・・・・・全くもって足りん・・・・・・」

足りない、って言うのに・・・・・・・・

(´<_` ) 「兄者は、もう立ち直ったみたいだ・・・・・・・」
      「五通目まで・・・・・用意したんだけどな・・・・・・・・」

はは、と笑う弟者は、口調の割にはさっぱりとした表情だった

( ^ω^) 「送らなくて、いいのかお?」
(´<_` ) 「ああ・・・・・・・こいつは、俺が墓場まで持っていくさ」

と言っても、もうすぐなんだがな、と軽口を叩く

(´<_` ) 「それじゃ・・・・・・・・・・・・・」
( ^ω^) 「行くのかお・・・・・・・・?」
(´<_` ) 「ああ、世話になったな、ブーン!」

光のケーブルは、兄者の部屋を離れ、天空へと上り
そこを、伝って、弟者は空へと還って行った・・・・・・・・・・・・

114 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 10:12:19 ID:aYQKD/DF0
・・・・・・・なんかここで 完 って書きたい気分だ

あ、この後はすぐにブーン篇に行くと思うんで
そんな長くはならんよ。幽白なんてならん・・・・・・・・と思う・・・・・・・

これからちょい用事があるんで、しばらく書き込めないと思う・・・・ノシ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 10:23:17 ID:K2fsKOZ5O
乙。泣かせて頂いた
続き待ってるぜー。出来ればこのままの路線がいいな

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 10:38:25 ID:0BLI03zHO
休憩中に保守

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 10:53:50 ID:oO1gtWqp0
あれ?これ・・・涙?
(´;ω;`)ウッ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 10:56:03 ID:6yr9W2sh0
これはマジでおもしろす!

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 11:18:08 ID:K2fsKOZ5O


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 11:29:10 ID:1wXjgivqO
☆ゅ

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 11:53:55 ID:BEhia4lG0
良スレの予感?

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:04:37 ID:LF41z7vqO
>>1よ!侍の作者に書く場所を与えてくれて感謝する!

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:07:26 ID:hOWHLa4QO
弟者からの4通目のメール…
リンク付きだな…
     ∧_∧
  ∧_∧ (´<_` ) オーケー、別れのブラクラだ兄者
  ( ´_ゝ`) /  ⌒i  /  \   | |
 /  / ̄ ̄ ̄ ̄/ |__(__ニつ/ FMV / .| .|____
  \/____/ (u ⊃

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:12:17 ID:hOWHLa4QO
改行忘れてずれまくりだお(;^ω^)ゴメス

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:12:58 ID:dCOtsfn+0
泣いた!
ブーンが侍になったようですスレは興奮したけど、今度は泣かされるとは…wwwwっうぇ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:21:08 ID:saauhxsj0
侍スレは見たこと無いけど、おもしろそうだな
でもこの展開は・・・(´;ω;`)ブーン・・・

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:33:29 ID:pAid9FZl0
良スレほしゅ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:37:48 ID:dCOtsfn+0
ブーンが侍になったようです まとめ
http://boon.gozaru.jp/samurai/

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:43:45 ID:saauhxsj0
>>128
おお!サンクス!読んでみるよ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:46:04 ID:dCOtsfn+0
ほしゅ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 12:55:50 ID:rSN6AR61O
ええ話やー捕手

132 : ◆X5HsMAMEOw :2005/12/05(月) 13:01:30 ID:qCmjYi0D0
ガチで泣いた

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:02:27 ID:4d5t+yi40
ダンサースレって完結した?

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:03:59 ID:UmEPYtHXO
>>133
したよ

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:06:31 ID:2hsEVALn0
いい話しだな

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:09:27 ID:a2Idl9MK0
やあ、それが君の望みかね? (´・ω・`)

とりあえず缶コーヒーはスチール缶だから気をつけてくれ。
サービスと言えどもリサイクルを忘れてはいけない。

うん、「生まれる」んだ。おめでとう。
またあの家に、弟として生まれるんだ、母者が寝坊するはずだ。

でも、思い出を捨てねばならないと聞いたら、君は言葉では言い表せない
「戸惑い」みたいなものを感じてくれたと思う。
今度お使いを頼まれたらamazonを利用する事をオススメする。
忘れたくない、だが忘れられないものもあるだろう。
この苦い缶コーヒーみたいに。

じゃあ扉を開こうか・・・

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:10:10 ID:hOWHLa4QO
「ブーンが兵士になったようです」作者も推薦の、
「流石兄弟が絆に気付いたようです」が読めるのはVIPだけ!

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:16:17 ID:dCOtsfn+0
ほしゅ


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:26:01 ID:oE5Z8eLZO
( ^ω^)おまえら[ようです]で検索するお
(#^ω^)いいかげんにするお

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:26:42 ID:fLi5dNVTO
保守

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:27:35 ID:jZjZpMAxO
ホッシュ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:35:10 ID:CxJnIOzNO
これほどまで涙を誘われた文章には出会ったことがない

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:45:47 ID:fM5J+tM/0
ほす

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 13:47:37 ID:mTbbrZrJ0
これは泣いた

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 14:09:23 ID:iqacYUx90
全米が抜いた

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 14:13:37 ID:C7OQPPXM0
            ,-‐、
         | 刃
           | .|
        |  |
        |  |_∧
           |  |´Д`)__     片瀬雪希とぽけっとチュッチュ♪
            |    ^ム 〕
         |    |.i .|
            |     |!  |
      / ̄`ヽ    | `‐´
      \ "ヘ、._  l
        \   l|  |
          | / |.  |
            |.  |
               |  |
               |  |
               |  !
               !__/

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 14:37:57 ID:xilwC7IDO
wktk保守

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 14:53:40 ID:jZjZpMAxO
保守

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 14:54:37 ID:DAsbwOwn0
マジないたほす。

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:06:18 ID:luItysEAO
(´;ω;`)授業中なのにいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

151 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 15:28:22 ID:JNs7ZXwgO
皆さん感動の余韻に浸ってるようですが、投下しますか(短いですが)?感動ぶち壊しならやめます。

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:29:30 ID:1wXjgivqO
作者キタ───(゚∀゚)───!!

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:42:03 ID:1xCHuTU30
>>151
щ(゚Д゚щ)カモーン!!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:44:38 ID:0Z4lShAK0
ぶち壊しワクテカ

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:47:04 ID:JNs7ZXwgO
>43の続き
(´・ω・`)「うん、じゃあよろしくね、パパ」
ショボンは電話を切った。
(´・ω・`)「パパに船の手配をしてもらったよ」
('A`)「おい、ずいぶんと簡単だな。一分くらいしか話してないじゃないか。
それに危険な旅になるかもしれないんだぜ?よく親父さんおkしてくれたな」
(´・ω・`)「パパなら『男の子ならそれくらいの旅も必要だガハハー』だって」
一同「(すごい父親だ…)」
(´・ω・`)「さあ、いつでも出発できるよ!」
/,'3 「まあ待て。まだ夜だ。出発は朝になってからのほうがいい。今日は家に泊まっていけ。やる事もあるしな…」
ξ゚听)ξ「やる事?」
/,'3 「ああ。旅の準備と、今できるだけの情報収集だ。情報は時に命を左右するからな」
ξ゚听)ξ「わかったわ。私達はなにをすればいいの?」
/,'3 「そうだな…ショボンは今から言う物を朝までに用意してくれ。女は俺と一緒に情報収集だ。ドクオは…寝てろ」
('A`)「ちょwwwwwなんで俺だけ」
/,'3 「冗談だ(頭悪そうだからとは口が裂けても言えないな)女と一緒にさっきの文献を解析してくれ(これなら余計な事はしないだろ)」

……………………………………………………………………
ξ゚听)ξ「ねえ、氷の大地って事は南極じゃない?北極には地面ないし…」
(´・ω・`)「そうだね。」
('A`)/,'3 「そうだったのか?」
ξ゚听)ξ「ドクオはともかく荒巻君って結構無知だったのね」
('A`)/,'3 「……。」

>40ありがとうございます。どうみても無知は俺です。本当にありがとうございました。

156 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 15:48:40 ID:JNs7ZXwgO
>155鳥忘れたorz
短くてすいません。続きは帰ってから書きます。

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:51:37 ID:UmEPYtHXO
氷の大地=シベリア超特急かも分かんね

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:56:29 ID:0Z4lShAK0
氷の大地グリーンランドかもしれんね。

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 15:58:24 ID:KfECdW4m0
ガチでグリードアイランドに見えた件...
すれ汚しスマソ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 16:24:00 ID:DAsbwOwn0
期待ホス

161 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 16:31:50 ID:JNs7ZXwgO
まだ家じゃないけど投下。
―翌朝
ξ゚听)ξ「さっそく出発ね!」
/,'3 「女、お前は焦りすぎだ。まずはドイツに向かう」ξ゚听)ξ「なにちんたらしてんのよ!こうしてる間にもブーンは…」
/,'3 「内藤がなんだ?もう死んでるんだぞ?焦らずに確実に行けばいい」
ξ゚听)ξ「そ、そうね…。べ、別にブーンの為に必死になってるんじゃないんだからね!」
('A`)「はいはいわろすわグェッ」
ツンの水平チョップがドクオに炸裂する。
/,'3 「(怖い女だ…)」
ξ゚听)ξ「で、ドイツに行ってどうするのよ?」
/,'3 「お前らピリ・レイスの地図は知っているか?紀元前4世紀頃に書かれた地図をレイス提督
が模写した物だ。これには人工衛星からの写真と比べても、非常に正確に書かれている。」
('A`)「それがどうしたってんだよ」
/,'3 「お前らは人の話を最後まで聞くという事を知らんのか。…続けるぞ。
さらにその地図には南極の氷の下にある山脈の標高まで記してあるらしい。」
そして荒巻はさらに小声で話はじめた。

162 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 16:36:11 ID:JNs7ZXwgO
/,'3 「これも極秘だが一般に知られている地図はレプリカだという情報を得た。
なぜわざわざレプリカを公表する必要があったのか?もしかしたら世界が危機におちいる事が書かれているのかもしれない。例えば、願いが叶う遺跡とかな」
(´・ω・`)「つまり、オリジナルの地図がドイツにあるんだね?」
/,'3 「そうだ」
ξ゚听)ξ「でも見せてくれるかしら…」
/,'3 「間違いなく見せてくれないだろう。もしかしたら地図の情報を知っているというだけで抹殺されるかもしれん」
('A`)「じゃあどうすんだよ!」
/,'3 「潜入して地図を写真に納める」
('A`;)「おいおい…どっかのゲームじゃないんだからよ…」
/,'3 「怖気付いたのか?」
('A`)「ば、馬鹿野郎!誰がビビってるだって!?」
/,'3 「ならいい」
(こんな感じのぐだぐだ中略)
('A`)「つまりドイツでそのなんとかって地図を探しせばいいんだな?」
/,'3 「そうだ」
ξ゚听)ξ「じゃあ今度こそ出発よ!」

続きはまた後で。
※この作品はある漫画の影響を多々受けています


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 16:46:36 ID:1wXjgivqO
wktk

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 16:53:34 ID:2JWAMTxl0
優ちゃんか

165 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 17:15:38 ID:SU3xgymzO
(゚д゚)y―┛

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 17:17:06 ID:6yr9W2sh0
>>165
(゚д゚)あっキモハゲ!!

167 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 17:24:13 ID:SU3xgymzO
それがどうした

(゚д゚)y―┛

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 17:28:16 ID:540oLdE2O
40は俺だwww
少しウレシス

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 17:34:03 ID:CcdagNrJO
>134
ダンサースレのまとめサイトあります?

170 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 17:49:48 ID:SU3xgymzO
ツンと入れ替わる話が見たい

(゚д゚)y―┛

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 18:02:13 ID:fNyLlpycO
捕手

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 18:23:01 ID:q1w1SMtOO
wktk

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 18:49:49 ID:GYd+rWwvO
保守

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 19:08:06 ID:OOoO5neV0
保守

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 19:34:03 ID:GYd+rWwvO
      ⊂⊃   
⊂ニニニ( ^ω^)ニ⊃

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 19:40:53 ID:540oLdE2O
      一ニ三 ⊂⊃ブーン
⊂ニニニ( ^ω^)ニ⊃

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 19:41:25 ID:Fvhiueq2O
つ http://h.pic.to/57hf9

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 19:45:01 ID:fNyLlpycO
>>170
つ【http://www.geocities.jp/vip_buntun/185.html



つ【http://www.geocities.jp/vip_buntun/ona.html





つ【http://www.geocities.jp/vip_buntun/ona2.html

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 20:06:10 ID:omUjrUG30
ほしゅ

180 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 20:11:45 ID:SU3xgymzO
>178
ありがとだお

(゚д゚)y―┛

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 20:22:48 ID:6fbzxNsB0
ホシュ

182 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 20:30:44 ID:SU3xgymzO
この時間落ちやすいね
歌いながらホシュ


らぶぽーしょんで強引にシャドウ〜(゚д゚)y―┛

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 20:36:44 ID:Jkn4Jt+sO
よし俺もホシュシュ

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 20:42:14 ID:2VyMNQQQ0
フォッシュ

185 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 20:45:29 ID:SU3xgymzO
人生のぉ〜終わりを〜迎える〜んだねぇヾ(゚д゚)ノシ

186 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 20:55:52 ID:SU3xgymzO
なぜこんな必死にホシュるのか
>>1を愛しているからさ

(゚д゚)y―┛

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 20:57:42 ID:a2Idl9MK0
やあ(´・ω・`)

どうやら一人迷子の子が居るようなんだ。
もし見かけたら教えてやって欲しい。
死が決して終わりではない事を。

確か名前は・・・・

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:13:07 ID:omUjrUG30
ホシュ

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:24:44 ID:ak9pLxgHO
ほしゃ

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:27:25 ID:UmEPYtHXO
>>186
だが>>1はもういない

191 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 21:42:23 ID:SU3xgymzO
愛とは常に一方通行なものさ


(゚д゚)y―┛

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:43:25 ID:U4yre7va0
今日は来れないのかな

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:44:11 ID:ak9pLxgHO
書いてんの1だっけ?

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:46:55 ID:UmEPYtHXO
>>193
>>1ではない

195 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 21:47:04 ID:SU3xgymzO
違うと思う
だけど>1がいなけりゃこの名作は生まれなかった

(゚д゚)y―┛

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:50:59 ID:O0uhAHqW0
おまいら、VIPがバカにされてるお(# ^ω^)

ttp://www.milkcafe.net/test/read.cgi/kawai/1127358375/

>突撃して来いよサァ早く。これ無いよなそりゃ。
>ヘタレだもんな。似非vipperって言ってるけどお前さvipperの事知らないだろ。知ったかぶるの止めてくれないか。
>これだから電車厨は困る

暇なら突撃して欲しいお( ^ω^)

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:52:10 ID:U4yre7va0
ブーン侍の作者が新作スレ立てるの待ってたけど、誰かがお題出すの待ってたのかな

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 21:59:47 ID:ak9pLxgHO
>>195
そういうことか。納得。
とりあえず光つけたら?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:00:39 ID:ak9pLxgHO
火の間違いです。本当にサンキュー。

200 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 22:09:48 ID:SU3xgymzO
火?
PCはただ今出張中です
まぁ電源入れるのめんどいから普段から携帯なわけだけれども

(゚д゚)y―┛

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:16:41 ID:ak9pLxgHO
いや、そのパイプ

202 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:18:39 ID:JNs7ZXwgO
そろそろ投下します

203 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 22:19:33 ID:SU3xgymzO
あぁ、こう見えて実は非喫煙者なんだ
環境にやさしいわけだ

(゚д゚)y―┛

204 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 22:21:07 ID:SU3xgymzO
>202
>202
>202
>202
>202
>202
>202

(゚∀゚)y―┛

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:22:03 ID:ak9pLxgHO
伊達に愛を語ってないな‥( -ω-)

206 :閑話休題 ◆3mfWSeVk8Q :2005/12/05(月) 22:25:26 ID:aYQKD/DF0
>>197
いんや? 三つぐらい構想練ってたらまんまなスレタイがあったから便乗したwwww

すまんが、今日とうとう職場でぶっ倒れたから今日は投下できない・・・・orz
とりあえず安静にしてる
明日にはまた復活するから、待っててくれ・・・・・・・・orz

207 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 22:28:27 ID:SU3xgymzO
>205
2日前に振られたばっかだけどね
しかもえちした後でorz

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:28:54 ID:s3dWjaVK0
>>206
馬鹿!自分の体を最優先にしろ!
お前の文章は凄い面白いし楽しみにしてるけど
そのせいで体壊されちゃたまんないよ


安静にな

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:28:58 ID:U4yre7va0
>>206
ぶっ倒れるっての危険じゃね?健康診断いったほうがいいお

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:29:13 ID:+ynCM2V+0
ここにさっきふられたばっかの俺の登場ですよorz

211 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:29:39 ID:JNs7ZXwgO
>162の続き
目の前には中型の客船があった。
(´・ω・`)「ようこそ愛艇『クイーンVIP号』へ!」
('A`)「ちょwwww愛艇ってwwwwwwエエェェ…」
(´・ω・`)「うんパパが誕生日にくれたんだ」
一同ドン引き
(´・ω・`)「…?どうしたのみんな?早く乗ってよ」
/,'3 「お、おう…」
('A`)「ヒソヒソ…(金持ちって恐いな)」
ξ゚听)ξ「(まったくだわ…)」
そして一同は船に乗り込む。/,'3 「おい、この船は最大速度はどれくらいだ?」
(´・ω・`)「え…?250ノットだけど」
/,'3 「ブッ!(メチャクチャだな…どんな船だよ…)」
さすがに敵がいる訳もなく、苦もなくドイツに入国できた。
('A`)「さて、着いた訳だが。どーすんだ?」
/,'3 「とりあえず宿の確保だ。そうだな、目立たない宿がいい。俺は調べる事があるから任せるぞ。」
ξ゚听)ξ「わかったわ」
/,'3 「よし、18:00にここの噴水で落ち合おう。なにかあったらこれで連絡する。周波数は149.89だ」

―荒巻サイド:ある西の研究所
/,'3 「やはりココか…。ドイツで怪しいのはココくらいだぜ」
その研究所は規模が小さいものの、機材等は最新の物だった。それに警備と対侵入者のセキュリティは半端ではない。

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:30:34 ID:s3dWjaVK0
>周波数は149.89だ
メタルギアキタコレwwwwwww

213 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 22:31:20 ID:SU3xgymzO
>206
お大事にね

(゚д゚)y―┛

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:31:26 ID:JNs7ZXwgO
>206今日はゆっくり休んでくれ!

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:32:53 ID:JNs7ZXwgO
>211の続き
/,'3 「ヘッ、これじゃあココに何かありますよって言ってるようなもんだぜ」

―ツン、ドクオ、ショボンサイド:???
ξ゚听)ξ「馬鹿ッ!何道に迷ってるのよ!」
('A`)「お前が任せるって言ったんじゃねーか!来たことないのに土地勘なんかねーよ!」
(´・ω・`)「二人共喧嘩はやめようよ…」

―再び荒巻サイド:研究所通気口
/,'3 「中のセキュリティはお粗末なもんだな。警備の人間も少ない…どういう事だ?」下を見てみるとたしかに少ない。どうやら最低限の人員しか配置されていないらしい。
/,'3 「ま、この方が仕事もやりやすくていいがね…」
荒巻は通気口をさらに進む。すると異臭が漂ってきた。生臭い、獣特有の臭い。
/,'3 「動物実験でもやってるのかね…」
さらに進むと大型の換気扇があった。臭いはここから来ている。
/,'3 「さーて、何の実験やってんだ?…な、なんだありゃあ?」

―ツン、ドクオ、ショボンサイド:噴水前
ξ゚听)ξ「まったく、ショボンが道聞いてくれたよかったものの、こんな所で迷子になるとこだったわ。ショボンがドイツ語話せて助かったわ」
('A`)「チッ、嫌味な女だぜ」
(´・ω・`)「あ、荒巻が来たよ」
/||,'3 「……。」


216 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:33:56 ID:JNs7ZXwgO
>215まんまた鳥つけ忘れたorz

217 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:36:48 ID:JNs7ZXwgO
>215の続き
(´・ω・`)「どうしたのさ、そんな青い顔しちゃって」
/||,'3 「あ、ああ。それより宿はどうなった?」
ξ゚听)ξ「いい宿があったわ。それより聞いてよね、ドクオのヤツがみt(ry」
('A`)「しつけーぞ、クソアマ」
ツンとドクオが騒いでいるが荒巻の耳には入っていない様子だった。
/,'3 「とりあえず宿にいこうか。話はそれからだ」
―宿『ワロス亭』
この宿は料金が安い代わりに、宿主が余計な気遣いをしない。ここなら目立つ事もないだろう。
/,'3 「みんな集まってくれ」(´・ω・`)「そういや荒巻はどこ行ってたの?」
/,'3 「怪しい場所をいくつか周ってみた。そして可能なら地図を写してこようと思ったんだが…」
('A`)「へぇ、一人でご苦労なこった。で、地図は見つかったのか?」
/,'3 「ああ。ある場所はわかった。ここから北西の研究所だ。」
('A`)「仕事ハヤスwwwさっそく今から行くぜ!」
/,'3 「待て。そうしたいところだが、そうはいかなくなった。」
(´・ω・`)「荒巻がためらうって事はよっぽどヤバいんだね…?」
ξ゚听)ξ「なにがあったのよ?」
/,'3 「あそこには…いたんだ」
('A`)「なにがいたってんだよ」
/,'3 「名前はない。見た目はトカゲの化け物だ。爬虫類の遺伝子をベースに、数種の遺伝子を組み込んで作られた生物兵器だ。性格は極めて凶暴、力が強く素早い」
('A`)「ちょ、ちょっと待てよ。そんな話漫画かゲームでしか聞いたこともねーぞ」
/,'3 「当然だ。一般には公表していない。
十数年前、コイツを戦争に投入する計画があった。その事を知った俺の一族達は他国の特殊部隊と、未然に防ぐ為に生物兵器破壊の任務を遂行した。
もちろん俺は参加しなかったがな。こちらにもかなりの被害が出たらしいが、なんとか生物兵器と共に施設の破壊に成功した。
理論が書かれた書類も焼却したらしいが…」

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:43:14 ID:ObBpvBUQ0
なげぇよ。笑ったのスレタイだけだったな。

219 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:45:45 ID:JNs7ZXwgO
>217の続き
いつの時代にも同じような事をする人間はいるらしい。
/,'3 「おっと、話がずれたな。つまり地図はその化け物が護ってるって事だ。
研究所に人員が少ないのも暴走時に被害を最小限にする為だろう」
('A`)「冗談じゃねえ!そんな化け物と戦えるかよ!」
/,'3 「心配するな。弱点はある。爬虫類の遺伝子がベースだからだろう。
冷気に非常に弱いんだ。お前にこれを渡しておく」
荒巻は銃をドクオに渡した。
/,'3 「これは弾頭に冷凍弾を詰めてある。普通の銃より効くハズだぜ」
と、荒巻はニヤリと気味の悪い笑みを浮かべて言った。
('A`)「…」
(´・ω・`)「僕達はどうすればいいかな?」
荒巻はディスクを取り出す。
/,'3 「これには研究所の見取図や情報が入っている。これで俺達をサポートしてくれ。女はショボンのサポートを頼む」
ξ゚听)ξ「わかったわ」

―24:30研究所
/,'3 「これから潜入する。サポート頼むぞ」
(´・ω・`)「了解」
/,'3 「行くぞ。ちゃんとついて来いよ。まずは管制室を占拠して機能を奪う」

('A`)「なあ、こんなに簡単に潜入できていいのか?」
/,'3 「俺が一流なだけさ」
('A`)「(なんだコイツ…)」


220 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:52:57 ID:JNs7ZXwgO
(´・ω・`)「よし、その下が管制室だよ」
/,'3 「5人か、やけに少ないな…」
やはり最低限の人数しか配置されていないらしい。
/,'3 「ドクオ、行くぞ。あんな兵器作ってるヤツらに容赦する事はねえ」
('A`;)「お、おう」
通気口を破壊し、飛び下りる。そして着地する前に計3発を発砲、二人を肉塊に変えた。着地と同時ナイフを構え、右の敵の首を切り裂く。
(('A`;))「あ…あ…」
ドクオは突然の殺戮に動けないでいた。中に一人場なれした人間がいたのだろう。動けないドクオを見逃すハズなかった。
/,'3 「チッ!」
荒巻は舌打ちし、ドクオに銃を向けようとしている人間にナイフを投てきする。ドクオの目の前に崩れ落ちる人間だった物。
('A`;)「うわあああ!!」
ドクオは銃を乱射、弾丸が最後の一人に突き刺さり、途端に凍付く。
/,'3 「あの馬鹿…弾数が少ないから弾を変えておけと言ったのに…!」
('A`;)「あああああ!!」
敵を倒した後もドクオは叫び続けた。パニックを起こしているのだろう。
/,'3 「ドクオ、落ち着け!もう終わったんだ…」
('A`)「ああ、あ…。ハアハア…」ドクオが落ち着いたのを確認すると、荒巻はすぐにドアをロックした。
/,'3 「管制室は占拠した。今からこちらのデータを送る」
(´・ω・`)「届いたよ」
/,'3 「映像は見えるか?」


221 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:56:50 ID:JNs7ZXwgO
>220の続き
(´・ω・`)「大丈夫。君達も見えてるよ。どうやら周辺には敵はいないみたいだね」
/,'3 「よし、引き続きサポート頼む。ドクオ、大丈夫か?」
('A`)「あ、ああ。取り乱してすまねぇ」
/,'3 「次はあの化け物が相手だ。しっかりしてくれよ!」
勇気づけるようにドクオの肩を叩く。
('A`)「おう、任せてくれ!」
(´・ω・`)「そこを東に行けば例の生物兵器がいるよ。その後ろの部屋に地図があるみたいだね」
ξ゚听)ξ「今調べ終わったわ。その研究所に配置されてる人間は100人。地図を保管してあるにしては本当に人員が少ないわね。
よっぽどその化け物に自信があるのかしら。化け物の詳細はもうちょっと待って」


222 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 22:58:52 ID:JNs7ZXwgO
>218すいません。こういうの書くの初めてなもんで…。説明ばかりに見えますよね…。

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 22:59:47 ID:JfJcYENs0
>>219
ぶった切って悪いけど冷凍弾ってM79の弾?

224 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/05(月) 23:02:24 ID:JNs7ZXwgO
>223そういうのはあまり考えてませんでした。ただ弾丸が当たった周辺が凍るくらいの物と思ってください。

225 :エルキュールキモハゲ ◆rIK5B4wv4U :2005/12/05(月) 23:05:53 ID:SU3xgymzO
>222
気にすんなって
楽しんでるヤシもいる

(゚д゚)y―┛

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:21:02 ID:4cJp3lEB0
/,' 3 <ほしゅ

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:22:16 ID:+ynCM2V+0
>>222
俺は楽しみに読んでるぞ

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:32:59 ID:dxbsgq0U0
>>222
wktk

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:38:25 ID:cpzHUNag0
ツヅキマダー?

















( ゚д゚ )

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:39:06 ID:JfJcYENs0
こっち見r……

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:39:27 ID:X7RSb0UU0
がん・・・・ばれ・・・

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/05(月) 23:53:03 ID:OAr4X7NE0
まだ◆3mfWSeVk8Qしか見てないが
クロリティが高すぎる件

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:04:55 ID:fjjtPK/M0
クロリティ?
クロマティの間違いか?

234 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/06(火) 00:08:43 ID:Gn0PSgWGO
応援してくださる皆さん、ありがとうございます。>232俺のはクオリティ高くないと思います(説明みたいな文だし)が、よろしければ目を通してみて下さい。
これでピリ・レイスの地図偏終わります。では続き、投下します。

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:09:44 ID:hkruXDXe0
今日はもう寝るんだ
保守されてることを祈る

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:10:07 ID:+KrXOrce0
泣いた・・・。

237 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/06(火) 00:13:48 ID:Gn0PSgWGO
>221の続き
/,'3 「あの部屋だ。腹をくくれ」
('A`)「おう!」
二人は部屋に飛び込んだ。瞬間、獣臭が鼻をつく。ヤツは眠っているようだ。
('A`;)「想像してたより気持ち悪いな…」
大きさは3mくらいだろうか。鋭い牙と鋼鉄さえ引き裂きそうな爪を生やしている。
/,'3 「眠っているとはいえ、倒さねばならない相手だ。今の内にできるだけダメージを与えるぞ」
二手に分かれて挟み撃ちの形になる。
('A`)「オラァァァァ!!」
ドクオと荒巻が銃を乱射する
生物兵器(以下獣)「グギャアアア!!」
目を覚ました獣は荒巻に突進。そして爪を横なぎに繰り出す。
荒巻はナイフで受け止めるが、衝撃で吹き飛ばされる。さらに荒巻に肉薄する巨体。
/,'3 「ぐ…」
('A`)「荒巻!チクショーこっち来やがれ化け物がぁ!!」
ドクオはショットガンに持ち替え、突進。そしてぶっ放す!
獣「グゲ!?」
獣は獲物をドクオに切り換えたらしい。ちょっと痛かったようだ。
('A`)「こっち来やがれぇ!」ズドン!ズドン!と更に撃ち放つ。多少のダメージはあるものの、致命傷にはならない。
/,'3 「ば、馬鹿野郎…俺に、当たったらどうすんだ…」
ξ゚听)ξ「荒巻君!聞こえる!?その怪物の弱点はやっぱり冷気しかないわ!
通常の火器では大したダメージにならないの。でもそこには液体窒素のタンクがあるハズよ!見つけて利用して!」
/,'3 「ぐ…」
どこだ…荒巻は霞む目でタンクを探す。
それは天井から生えるようにあった。暴走した時に上から散布する為にあの位置にあるのだろう。
('A`)「ぐあ!」

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:14:44 ID:6KyEJw5HO
◆tGJWnjCS9s、おもしろいよ。頑張れ。

239 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/06(火) 00:18:35 ID:Gn0PSgWGO
>237の続き
獣の爪がドクオの太股を切り裂く。そして噛み殺そうと肉薄する!
('A`)「こ…の醜い化け物がぁぁ!!」
冷凍弾はあと5発。銃口を獣の目に突き立てトリガーを引く。
獣「グギャアアアアアアア!!」
獣はドクオから離れてのたうち回る。頭に近いだけあって、ダメージはそれなりの物らしい
/,'3 「ドクオ!走れるか!」
('A`)「お、おう…」
/,'3 「地図の部屋まで走れ!」
('A`)「お前はど…」
/,'3 「うるせぇ!いいから早くしろ!!」
('A`)「わ、わかった…」
ドクオが部屋に入るのを確認し、グレネードのピンを抜く。
獣はだいぶ回復しているようだ。
/,'3 「………今だ!」
グレネードを投げ、部屋に疾走する。
('A`)「早く来い!」
スドーン!!
背後でグレネードの炸裂音がしると同時に部屋に飛び込む。そしてドアを閉め、ロックした。
/,'3 「ハアハア…」
('A`)「あ、あいつは…?」
/,'3 「ハアハア、今ごろ、氷漬け…だろうよ、ハアハア…」



240 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/06(火) 00:29:32 ID:Gn0PSgWGO
二人は部屋を捜索、地図は意外と早く見つかった。
('A`)「これじゃないか?」
/,'3 「…そうだな。間違いない。」
荒巻は地図を写し、元の場所に戻す。
/,'3 「よし、あとは生物兵器を作る為の装置の破壊だ。」
こうしておけばカモフラージュとなって目的が地図だとは思わないはずだ。

二人は装置を破壊し尽くし、研究所を脱出。傷は痛むが来た場所を戻ればそれほど苦労しなかった。

―宿『ワロス亭』
ξ゚听)ξ「ふ、二人共!酷い怪我じゃない!」
('A`)「たいした事ねえよ。それより地図だ」
/,'3 「大当たりだな。南極の遺跡の場所、入り方も書いてある。今すぐここをでるぞ。追跡されたらまずい」
(´・ω・`)「そうだね。出るのは早いほうがいい」
ξ゚听)ξ「でも二人の怪我が…」
/,'3 「大丈夫だ。心配してくれるのか?めずらしいな」
ξ゚听)ξ「か、勘違いしないでよね!この先、傷が開いたとかで足手まといになられたら困るからよ!」
('A`)「素直じゃないヤツ…(ボソ」
ξ゚听)ξ「なんか言った!?」
こうして一同は地図の入手に成功し、南極を目指す事になった。

241 : ◆tGJWnjCS9s :2005/12/06(火) 00:32:37 ID:Gn0PSgWGO
とりあえず終わりました。けっこう簡略化したんですが、どうでしょう?
指摘受ける前なら装置の破壊や、脱出の描写をグダグダ書いてたと思います。
とりあえず今日はこれくらいにします。

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:34:54 ID:f9OJpQMf0
乙。保守。wktk
頑張れ 普通に面白い

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:37:43 ID:GahDvtrBO
>241
乙〜


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 00:41:36 ID:N8XjPo6T0
>>241
乙ですwww
次を楽しみに待っているからwwww

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:07:28 ID:tPSX+arzO
>>241
乙、寝る前に最後のほす

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:21:56 ID:ugKkfiRTO
携帯から捕手

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:31:14 ID:VyyedoFuO
ほしゅ〜
マジおもすれ〜

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:34:06 ID:wP3gfwVuO
おもすれ〜(^ω^)

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:43:40 ID:mP/zqrvvO
(・∀・)イイヨイイヨ-

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 01:58:02 ID:qOniXodwO


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 02:40:20 ID:Kbox3bbUO


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 03:08:55 ID:it1VVXyo0


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 03:22:31 ID:neM+tA9m0


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 03:35:23 ID:m3VMN77aO
o

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 04:07:51 ID:Fg7IsnFmO


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 04:38:31 ID:fEya1uLp0


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 04:57:38 ID:OtFK+0zt0

                        ハ_ハ
                ハ_ハ    (^( ゚∀゚)^) 保守だよ〜保守だよ〜
              ('(゚∀゚∩    )  /   
               ヽ  〈   (_ノ_ノ
                ヽヽ_)



258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 05:07:03 ID:JUipdCODO
( ^ω^)つ【保守】

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 05:44:16 ID:mP/zqrvvO
保守ヽ(´ー`)ノ

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 06:27:00 ID:6KyEJw5HO


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 06:41:22 ID:C9U6PRna0


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 06:47:56 ID:y839B6rFO
ブーン達が雪山の山荘で…(かまいたちの夜パロだが…途中からとてつもないクオリティーになる)
http://blog.m.livedoor.jp/ex11_news4vip/c.cgi?id=50289333

↑コレ書いたようなネ申に頼む…【ブーン達がキラに…】とかのスレタイで…

誰がキラなのか分からない視点で書いてはくれまいか…

デスノートを書くのは死ぬ程頭使うから超難しいとは思うが…できるなら…かまいたちの夜を越えて欲しい

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 07:09:52 ID:y839B6rFO
一応>>262の続き…

ブーン達が雪山の山荘で…後編
http://blog.m.livedoor.jp/ex11_news4vip/c.cgi?id=50289333

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 07:33:33 ID:UeaPFio+0
星ゅのカービィ

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 08:08:31 ID:DHggNV950
ほしゅ


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 08:13:23 ID:rVRbQJqD0
>>891
一回の受診両っていくらくらい?
お前いったほうがいいんじゃね?って言われたんだが(´・ω・`)

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 08:13:52 ID:rVRbQJqD0
果てしなき誤爆スマソ

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 08:15:07 ID:BI5ejw2j0
>>266
1かい1ギル

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 08:58:48 ID:uF6X+9s60
ほす

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 09:02:36 ID:e8vGK9TI0
ここまでのあらすじ ◆tGJWnjCS9sバージョン
ブーン死んだんで荒巻が氷の大地にある生き返らせる術について教える
ドイツ行って地図を写してすぐ出ようとしている。

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 09:49:20 ID:2wWL1ieZO
保守

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 09:50:27 ID:3m93S++b0
しかしつまらないな
ブーンスレくらいクオリティ発揮しろよ

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 10:30:11 ID:VyyedoFuO
これは☆
これは(´・ω・`)

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 11:15:08 ID:iisi59FCO


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 11:25:49 ID:VyyedoFuO
これは(^ω^*)
これはm9(^Д^)

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 11:32:56 ID:2NkNFy+G0
飲酒運転を指摘されたら逆切れしてるDQNのブログ発見
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1133835245/

2ちゃんねらーに喧嘩売ってるようですwwwww

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 12:08:26 ID:VyyedoFuO
これは(*._.)プクプク

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 12:59:23 ID:m3VMN77aO
保守

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 13:19:33 ID:VyyedoFuO
これは(・)(・)

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 13:30:11 ID:1oYr7ghL0
保守

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 14:01:58 ID:BR3U/SfjO
ほっす

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 14:30:49 ID:gVlv8K6TO
(・へ・#)ホス

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 14:54:11 ID:e8vGK9TI0


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 15:18:42 ID:hUY+4m15O
保守のわ

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 15:37:03 ID:qOniXodwO
( ^ω^)ほす

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 15:37:25 ID:6FOPU063O
捕手

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/06(火) 15:59:07 ID:Gn0PSgWGO
( ゚д゚ )…

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)