5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【右もショタ】「ダメ…僕…男の子だよぉ…あ…んっ…」【左もショタ】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:24:53.31 ID:0aAxtg+x0
ショタSS、画像、動画、声、のうp。
ショタに関する雑談などなど。
作家さん絵師さん等の職人さん大歓迎。

まとめ http://www8.atwiki.jp/shota/
避難所 http://ga-cha-ra-ba.com/vipsyota/

初めての方はまとめサイトを読んでみて下さい。

過度の馴れ合いは避け、職人さんが作品を投下している時の雑談は控え目に。

ショタに関するものならどんな投下も大歓迎!
職人さんはいつでも遠慮なく作品を発表しに来て下さい。
(ただし声うpの連投はお控え下さい。)
皆さんの投下をお待ちしています!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:29:06.17 ID:IKEcSkBN0
2get

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:29:17.74 ID:0aAxtg+x0
保守

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:29:48.64 ID:K0BN7awa0
また?

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:30:10.91 ID:6slRmJQX0
草むらに囲まれたこのスレが魅力的に見えたので
やってきました

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:32:25.61 ID:0aAxtg+x0
いらっさい

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:32:45.46 ID:OmWgvYED0


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:33:09.89 ID:K0BN7awa0
>>5
いらっっしゃい(*^_^*)

てかまたスレが消えたんですね(~_~;)

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:33:41.79 ID:Lr55GZp50
今日携帯で見たら、落ちててすごくさみしかったお…
皆よろしく><

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:35:35.22 ID:0aAxtg+x0
乱立に対して意地はって保守します。無抵抗不服従ー
しょせん意地だけど…

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:36:03.48 ID:K0BN7awa0
このwwwwwwwwwwwwwww
ってやつ何なんですか?
ウイルスですか??

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:37:24.37 ID:0aAxtg+x0
>>11
恐らく荒しというやつではありますまいか

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:38:47.51 ID:K0BN7awa0
あらしですか(ーー;)
なんでこんなことするのかな?

でも一人でできるんでしょうか

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:39:23.09 ID:4UO7SnlqO
これじゃ作品投下できないよ。明け方のも落ちちゃったし

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:39:52.24 ID:0aAxtg+x0
>>13
なんででしょうねえ。淋しいからかもしれませんね

一人でもできると思いますけど…実際は何人やってるんでしょうねえ
まねして始める人もおおいのかなあ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:41:03.97 ID:K0BN7awa0
まねして立てる人なんてバカですね・・汗
淋しいからかぁ。ぼくだってさみしいよぉ(ToT)/

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:43:08.98 ID:hNePswU70
来てみたら乱立してますね。

帰宅途中改札にて少年が弟か友達に
後ろからハグされてそれを振り払う姿を見て
思わず再び改札を潜りそうになった夕方
と言う事で保守

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:44:05.44 ID:0aAxtg+x0
バカは無視するのに限るのですよ。
淋しいなら僕が話し相手になりますよ(´・ω・`)

保守してるときょうはくしんけいしょうになりそうだお…

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:44:12.08 ID:K0BN7awa0
淋しいんで中3の美少年の人とメールします

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:45:43.27 ID:K0BN7awa0
>>18
ありがとうございます(^・^)
18さんは何歳ですか?
くしんけいしょうって何ですか??

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:47:24.31 ID:OmWgvYED0
>>18
悪い。俺、強迫神経症なんだ。
発病8年まだ治らねえええええあsgjdががががうぇあtw

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:48:24.42 ID:0aAxtg+x0
保守〜

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:49:00.60 ID:4UO7SnlqO
スクリプトの自動書き込みだけじゃないな

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:51:07.30 ID:0aAxtg+x0
スレ落ちないかハラハラしていたら、血圧が上がってしまったのです
今計ったら160-80でした。





             深呼吸。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:51:19.08 ID:hNePswU70
敵は中々手強いな

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:52:47.88 ID:0aAxtg+x0
そうですねえ。じっと我慢、です。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:55:18.17 ID:0aAxtg+x0
保守…ってどのくらいの目安でしたらいいんだろう?

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:56:21.41 ID:EvHeap0+0
「おにーちゃん、あ〜ん」
妹より弟に言われたい一人っ子

そんな保守

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 17:57:53.93 ID:hNePswU70
>>27
どれくらいでしょうねぇ・・・

「おにいちゃんつかれたぁー」
うしろから抱きつく弟
「もーやめろよぉ」

兄なんていらない。弟が欲しい。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:01:32.85 ID:0aAxtg+x0
甘えられる兄が欲しかった僕…
>>27 僕の兄になりま(殴)…ごめんなさいもうショタじゃないです…

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:05:53.48 ID:EvHeap0+0
「おにーちゃん以外いらない。死んじゃえ」
そんな兄を庇う弟に萌え

普通の保守は15〜30で間に合うけど、今回のケースだと10分以下の方がいいかもしれないと思ふ

そんな保守

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:07:28.59 ID:0aAxtg+x0
>>31
うわー萌える!

了解〜
一応5分ごとに書き込みしようとがんばってますが、心臓ばくばくのスリルを味わってます。

33 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 18:09:41.17 ID:Pm/Yn631O
やはり乱立でしたか・・・
とりあえず>>1乙です。
前スレの作品とかどうしましょう・・・・

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:09:55.36 ID:hNePswU70
少し落ち着いたと思ったら…あれ?

「お兄ちゃんのばかぁ!!」

と一度言われてみたい保守

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:11:22.65 ID:hNePswU70
すぐに400くらいまで落ちるなorz

36 :飛鳥:2006/01/26(木) 18:13:43.21 ID:Pm/Yn631O
携帯だから勢いがよく分からなかったが
そんなになのか・・・

37 :(^◇^):2006/01/26(木) 18:13:58.12 ID:vF16onGV0
>>586
誰か僕と結婚してクリントン(^◇^)

http://www.icfforum.com/profile/profile.cgi?mode=view&name=%82%D3%82%9F%82%F1%82%BE%8CN

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:14:06.94 ID:Q8UWqb6e0
http://zippedurl.com/1t8w3a

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:14:42.29 ID:hNePswU70
>>36
今落ち着いたと思ったらまた来るから侮れない…

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:14:45.79 ID:0aAxtg+x0
誤爆w

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:15:11.94 ID:K0BN7awa0
僕中1だけど需要ある?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:15:40.73 ID:0aAxtg+x0
なるほど…波状攻撃の方が威力がある^^;

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:16:23.96 ID:0aAxtg+x0
中三の美少年の人って年上だったのねw

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:16:34.47 ID:EvHeap0+0
>>41
 とりあえず声変わりしてなかったらあるよん♪

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:17:10.02 ID:K0BN7awa0
>>43
そうですよ。
>>44してない。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:18:11.62 ID:0aAxtg+x0
>>45射程範囲内ww

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:18:26.29 ID:OmWgvYED0
ショタカワヨス
保守

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:19:23.22 ID:K0BN7awa0
やっぱり消えます
みなさん2次元しかいらないみたいなんで。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:20:39.99 ID:0aAxtg+x0
えぇ?…残念

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:21:12.08 ID:hNePswU70
>>48
すまない、今保守でスレ一覧見てるのが一杯一杯なんだ
何かしら投下は出来れば落ち着いてからがウレシス

51 :飛鳥:2006/01/26(木) 18:23:38.04 ID:Pm/Yn631O
乱立がすごいと分かったら今すぐ帰らなければ!!
(・ω・`)携帯キツい・・・

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:25:36.74 ID:0aAxtg+x0
おぉ飛鳥さん心強い

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:26:44.85 ID:hNePswU70
>>51
多分最盛期は過ぎた希ガス。
だからあまり無理するなよー

54 :飛鳥:2006/01/26(木) 18:31:14.27 ID:Pm/Yn631O
でも帰るのに最低でも一時間かかる(ノД`)・゚。・゚・
私立はきついよ・・・

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:34:35.45 ID:ImCtJHXA0
うはw新スレたってるよ、保守('A`)ノシ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:42:31.43 ID:0aAxtg+x0
だいぶ収まったかな。ガーベージコレクターこぁぃ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:43:42.23 ID:EvHeap0+0
ガーベージコレクタ ワラワwwwwwwwwww

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:44:51.93 ID:0aAxtg+x0
わーいわかる人がいたー!
と喜ぶ0x12歳の僕。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:52:10.17 ID:0aAxtg+x0
もう大丈夫かな?

60 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 18:52:38.13 ID:K0BN7awa0
保守vしょういh

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:54:50.24 ID:0aAxtg+x0
ちょwwwwwwwww言えてないおwwwwwwwwwwwww

62 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 18:58:00.56 ID:K0BN7awa0
VIP朝しても伸びひんのに夜は親がおるからできひん件親ホンマうざい。
こんなとこにPC設置するな。氏ね

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:59:20.10 ID:1Z7NDjXVO
終わったかと思ってたのに

64 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 18:59:23.97 ID:K0BN7awa0
こうやってコピーしたのをスレ立てろといわれたけどわかんないや。
スマソ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 18:59:49.95 ID:0aAxtg+x0
関西の方ですね。心中お察しします。PCが共用だとやりにくいですよねえ。

66 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 19:00:36.69 ID:K0BN7awa0
とゆうか、なんか台所?のちかくにおいてあって
いちいちうろうろ来るからじゃまなそうです。

67 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 19:03:18.15 ID:K0BN7awa0
平  成  生  ま  れ  終  わ  っ  て  る  な
92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/26(木) 18:37:09.14 ID:D0bBoauL0
平成7年生まれの僕が来ましたよっと


↑この子をうpさせたいです

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:05:37.60 ID:0aAxtg+x0
11歳くらいかw

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:07:44.14 ID:wyKjnd660
今さら>>1
寝落ちした責任感じてスレ立てようとしたら規制されてた(´・ω・`)

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:08:32.82 ID:tpqwfcnD0
釣りに決まってんだろ

71 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 19:12:24.01 ID:K0BN7awa0
釣りなんですかぁ><
いや釣りじゃないよ

72 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 19:14:35.57 ID:K0BN7awa0
雑草が生えまくってるので保守

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:16:57.00 ID:VkPad9SK0
ん?おまいさんは・・・
あっちではごちです。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:18:09.79 ID:0aAxtg+x0
今から晩ご飯。
後はヨロシク。

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:20:38.35 ID:hNePswU70
「好きだ!弟だとか男だとか関係ない、お前が好きなんだ!!」
「おにいちゃん…僕も、僕も大好き!!」
こうして2人は結ばれました。

後日

「ただいま、会いたかったぞ弟よ!」
「…」
「…どうした?」
「…すいまセーン…ボクウソついてまーした…」
「ど…どうしたんだ一体!」
「おにいちゃんとかヘドが出るほど嫌いデース…
 ボクはカワイイ女の子か同じトシゴロの男の子しか興味ありませーん…(ry」


[樹海]λ... すまん吊ってくる。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:20:55.02 ID:BSZtZ10W0
そろそろ雑草減ってきたな

77 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 19:21:01.75 ID:K0BN7awa0
>>73
すみません、
チン毛生えてます><

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:22:27.51 ID:VkPad9SK0
>>77
だがそれがいい

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:25:14.60 ID:vGzUWsGx0
誰か笹倉綾人のショタ本うpしてくれませんか><
お父さんに消されちゃいました><

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:27:17.57 ID:VkPad9SK0
>>79
「恋する二人とおじょうさま」から始まってる奴?

81 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 19:29:04.44 ID:Pm/Yn631O
>>79
それは家族にバレたということか!?
(;´Д`)

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:31:13.23 ID:vGzUWsGx0
>>79
多分それです!

>>81
どうなんでしょう・・・友達が家に来てよくパソコンやってるから
なんか変なのがあったら友達のだよ!って言い訳してますけどw

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:31:54.98 ID:vGzUWsGx0
あんかミスです・・・><
>>82

>>81です!

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:32:49.23 ID:vGzUWsGx0
あああああまたミス・・・

>>82

>>80
です・・・orz

ってかバレてたらどうしよう・・・

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:34:48.57 ID:VkPad9SK0
あー、要するに俺が思ってる奴をうpすればよいわけね。
しばしまたれい

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:41:28.74 ID:VkPad9SK0
なかなかうpできん・・・

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:47:32.95 ID:VkPad9SK0
羊で挑戦中・・・

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:50:05.45 ID:vGzUWsGx0
私なんかのためにありがとうございます・・・!><

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:53:29.43 ID:VkPad9SK0
出来た。羊のアップローダーの30MBのところだよ。
ファイル名は笹倉綾人にしてるからすぐ分かると思うけど、
ファイル番号は6642ね。
パスは俺のID。

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 19:58:35.73 ID:vGzUWsGx0
・ダウンロード接続数が最大に達しています。
・時間をおいてまたお試し下さい。

他にも待ってた人がいたみたいですね(;^ω^)

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:00:55.72 ID:VkPad9SK0
そうなの?
前のショタ画像スレで2〜3回は出てたと思うんだけど…。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:03:53.66 ID:vGzUWsGx0
そうなんですかー
最近VIP見てなかったんでこんなスレがあったことも昨日知りましたw
無事落とせました( ^ω^)
本当にありがとうございます(`・ω・´)

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:05:13.03 ID:SvaMckDJ0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 再びスレ立て乙なのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:11:17.97 ID:BSZtZ10W0
>>89
dクス
美味しく頂いたお


95 :飛鳥:2006/01/26(木) 20:15:52.59 ID:Pm/Yn631O
もうそろそろで家に着く。
特にやることもないしSS書こうかと思っている(・ω・`)

>>89が楽しみだ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:18:05.40 ID:VkPad9SK0
タイトロープたそGJ。やっぱ中一はハリが違うね、ハリが。

>>92>>94
どういたしまし(゚д゚)

97 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 20:20:24.29 ID:K0BN7awa0
>>96
どうも。。
でも、ゴメンなさい。2歳年齢詐称してました<m(__)m>

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:21:48.98 ID:BSZtZ10W0
三次の画像がほすぃ・・・・・・・・

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:23:22.75 ID:VkPad9SK0
>>97
全然守備範囲内GJ
だけどそういうことは言わない方がヨイよ。素直な人格が伝わってくるけど。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:26:50.74 ID:VkPad9SK0
>>98
コピペですが。 ポロリもあるよ

ttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader56188.jpg

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:27:44.20 ID:hfSk63WL0
http://vippic.moo.jp/up/files/up24186.jpg
他所のスレに投下してたやつだけど。
版権ショタは許されるのかしら(ノ∀`)

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:30:26.42 ID:VkPad9SK0
>>101
レオンに見えた。GJ!

103 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/26(木) 20:48:34.21 ID:K0BN7awa0
>>99
すみません
騙すのはいやだったんで。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 20:52:31.86 ID:VkPad9SK0
>>103
おkww
高校受かるといいな

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 21:07:52.90 ID:VkPad9SK0
保守隊おるん?

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 21:16:50.83 ID:wyKjnd660
保守

107 : ◆777sUJiuYE :2006/01/26(木) 21:22:00.06 ID:+nZKTRvCO
新スレ乙!

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 21:34:36.07 ID:PMaa/i9cO
保守

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 21:51:50.77 ID:wyKjnd660
(´・ω・`) ほ

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 21:53:42.67 ID:rRKlKF0BO
(`・ω・´)しゅ

111 :飛鳥:2006/01/26(木) 21:57:03.26 ID:kzFbyzX+0
人居ますか・・・?
SS途中まで投稿しようかと思ってますが・・・・
( ・ω・)どうしましょ


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:02:10.79 ID:Vcil6s+n0
俺がいる。

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:02:15.41 ID:PpTl3PD90
投下キボン!
待ってまつ

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:04:55.05 ID:wyKjnd660
(0゚・∀・)wktk

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:18:58.16 ID:rRKlKF0BO
wktk(^ε^)

116 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 22:31:17.59 ID:kzFbyzX+0
さて続きものの奴ですが。
そろそろ前のを見ないとわからない状況なので
じぶんで簡単にまとめてしまいました(10分程度で・・・。まとめサイトの人。本当に申し訳ありませんorz
http://homupi.jp/sokusekihp/


じゃあ書きますか・・・・展開無理やりです・・・すみません・・・・


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:32:26.59 ID:PpTl3PD90
お、きたきた

118 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 22:32:57.21 ID:kzFbyzX+0
ネズミーランドから帰ってきた。俺たちはベッドに倒れこむ。
「ふはぁ〜・・・疲れた・・・」
「俺も・・・・もう寝る?」
「寝ちゃう〜・・・」
蓮がそうつぶやいたかと思ったらスースーと寝息を掻く。
「早いな・・・・」
そう秋がつぶやくとじっと蓮を見つめた。
「・・・・何か・・・・犯りたい・・・・いやせめてキスでも・・・・」
秋がそういうと蓮の寝顔に顔を近付ける。
後もう少しで口が付けられる。そこまで近付けたのに秋は蓮と口付けることを反射的に拒む。
秋の頭にフラッシュバックする・・・蓮と出会った初日にしてしまった過ち。
「・・・・やっぱ俺にはできねぇぇぇ・・・・」
秋は枕にうずくまってしまう。でもこのやるせない気持ち・・・どうするか・・・
「トイレ行こう・・・・」
秋がそう思い、トイレに行こうとした瞬間。何かが秋の腕を引っ張った。

119 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 22:33:27.29 ID:kzFbyzX+0
それは・・・蓮の手。
そう。蓮が起きたのだ。ただ少し何かが違う。雰囲気・・・?
「うわ!?・・・・蓮、起きてたんだ。どうしたの?」
「・・・・食べないの・・・・?」
「へ・・・?」
「僕を食べないの?つまらないよそんなの。」
蓮が少し怪しい目をしながらそう言った。
「・・・・はぁ?食べるって」
何だよ。と言おうとした瞬間に、蓮は俺に口付けをしてきた。
口付け・・・えええええぇぇぇ???!!
「いいの・・・?食べないんだったら・・・・僕が食べちゃおうか・・・」
そういいながら蓮の舌は秋の口から首筋へと移動する。

・・・・どうしたんだろ突然
・・・・・蓮おかしいよな
・・・・・・どうしようか

・・・・・・・でも・・・ああ・・・


・・・・・・・・いいや・・・食べちゃえ


秋は蓮の誘惑に

負けた。


120 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 22:35:16.88 ID:kzFbyzX+0
すみません・・・本当に申し訳ありません・・・
もう少し書きたかったんですが母が風呂入れとうるさいのでいったんここまでで・・・
すみませんでした・・・・

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:38:14.76 ID:C4WRqB8u0
レイプショタ萌え
同級生に犯される的な話が萌え

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:41:28.98 ID:PpTl3PD90
裏人格キタコレ!
そんなに謝ること無いと思われw
ふろってらー、です。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:51:43.63 ID:UmPufjZq0
保守っとくか。

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 22:53:20.25 ID:jhKdL8ps0
>>119
GJ!
続きが楽しみだ(0゚・∀・)

同級生に犯される話しかー
やってみようかな。展開に迷ってたし

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:01:40.10 ID:UmPufjZq0
なんか急にvipperの年齢層が下がった気がするんだが気のせい?

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:06:37.27 ID:Vcil6s+n0
みんなショタの前では子どもの心に戻るのさ。

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:07:17.89 ID:+JIBvB1C0
ショタはアレだな、アレ。

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:08:57.41 ID:jhKdL8ps0
なんだよ。

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:13:07.63 ID:UmPufjZq0
まぁ、若い連中が多いってことはショタっこが多いってことで、
みんなまとめて俺が食っちゃ…いやいや気にしないでくれ。

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:13:09.02 ID:PpTl3PD90
きっと皆ショタを愛でたいと思うのと同時に、自分がショタとして愛でられたいと言う願望を持っているのですね…

わかってますよ!…えと、僕ですか?あはは。そんなわけないじゃないですかー(棒読み

131 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 23:13:52.99 ID:kzFbyzX+0
はぁ・・・・よりによって苦手なエロシーン。しかも誘い受けを書こうとするなんて・・・
苦手なのわかってるのになにやってんだ・・俺のばかつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
続き時間かかるかもしれません・・・そこのところよろしくお願いします( ・ω・)・・・


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:15:39.33 ID:jhKdL8ps0
ところで落ちた前スレがどこまで行ったか誰か知ってる?

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:16:45.93 ID:C4WRqB8u0
戦国〜江戸時代ではショタは当たり前
かの有名な織田信長や上杉謙信なども少年を夜の相手に


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:19:43.09 ID:PpTl3PD90
飛鳥さんがんばってd(><*

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:21:12.64 ID:jhKdL8ps0
陰間茶屋なるものに少し興味をそそられる

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:21:24.46 ID:UmPufjZq0
古代ギリシャとか戦国時代の少年愛には、若者を一人前の大人にするという社会的責任が大きかった。

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:23:15.97 ID:jhKdL8ps0
ソクラテスが美少年にモテモテだったいうのは本当なんだろうか

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:23:40.15 ID:PpTl3PD90
未成年の男子に成人の男性が精液を注入することが成人になるための通過儀礼になっている…のってどこの部族でしたっけ?

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:24:25.78 ID:j57Gd/780
>>138
スゲエエエエエエエエエエエエエエエ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:24:26.60 ID:bziidu0LO
>>133
釣られませんよ

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:25:19.67 ID:jhKdL8ps0
>>138
あれもビックリな設定だ…

142 :織田信長:2006/01/26(木) 23:25:46.55 ID:JpCBOaNpO
そんなの利休のでっちあげにきまってんじゃ〜ん!!
焼き討ちフォー!!

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:26:24.77 ID:BSZtZ10W0
>>138
パプワニューギニアあたりか

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:26:58.79 ID:BSZtZ10W0
>>138
パプア・ニューギニアあたりか

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:27:16.44 ID:BSZtZ10W0
二重しちゃった(´・ω・`)

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:27:48.66 ID:jhKdL8ps0
お前ふかわだろ


お前ふかわだろ

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:28:02.72 ID:PpTl3PD90
>>143
そなのか〜

>>142
信長さまといえば、子孫の織田信成に萌えた。スケートカッコヨスw

148 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/26(木) 23:31:36.83 ID:Pm/Yn631O
戦国時代の人ってバイが多かったのは知ってるが
少年愛者が多かったのかはよくしらん(・ω・`)

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:35:01.82 ID:IA3WZHIQO
衆道とか稚児とか聞いたことあるな

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:36:51.01 ID:BSZtZ10W0
衆道のお話
http://www.cablenet.ne.jp/~h-mkkn/niho-kanwa5.html
http://www.cablenet.ne.jp/~h-mkkn/niho-kanwa5-2.html

お前らこれ読め

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:37:14.03 ID:PpTl3PD90
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406149239X/qid=1138286169/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-6717138-1566637
この本にそういうの書いてあるけど、他におすすめの本とかある?

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:37:22.79 ID:BSZtZ10W0
スマソ h抜きにしとく

ttp://www.cablenet.ne.jp/~h-mkkn/niho-kanwa5.html
ttp://www.cablenet.ne.jp/~h-mkkn/niho-kanwa5-2.html

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:37:59.96 ID:jhKdL8ps0
維新後、薩摩とかの若者が上京してきて、東京の学校に男色がはびこったという話しは聞いたことがある。
で、文学界はホモ?バイ?ショタ?のスクツになったらしい。
国語の先生が言ってた。

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:39:00.07 ID:C4WRqB8u0
蘭丸は13歳から信長につかえとりまんがな

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:46:19.33 ID:VkPad9SK0
松尾芭蕉も弟子のソラとぱこぱこだったとのこと。
受け側は芭蕉で、痔の治癒に温泉に入ったりもしたそうな。

なるほどね、それで「奥の細道」。

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:46:43.91 ID:SvaMckDJ0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 為になるのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:47:45.59 ID:PpTl3PD90
>>155
ぶw
おま、これから芭蕉の話聞くたびにホモエロ思い出さなきゃいけない俺ってwwwww
まぁ、いいけどw

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:48:15.84 ID:jhKdL8ps0
>>155
ギャグ漫画日和の絵で想像しちまったwwworzwww

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:50:58.08 ID:pdbxiYpZ0
>>158
おまいは俺か

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:57:16.42 ID:BSZtZ10W0
>>155
このレス、ガ板のクススレにもってくわ(・∀・)ニヤニヤ

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/26(木) 23:58:24.93 ID:UmPufjZq0
曾良は女説もあるがな

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:08:30.08 ID:nZih/wlA0
保守

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:08:59.67 ID:6AROUuLW0
ためになるスレですね

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:10:06.65 ID:kqu+4wvkO
腐女子の馴れ合いキモイ
俺とか言って

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:14:10.88 ID:jV4yjKCN0
>>160
ちょ、おまwwww

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:19:35.95 ID:nZih/wlA0
133 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:16:45.93 ID:C4WRqB8u0
戦国〜江戸時代ではショタは当たり前
かの有名な織田信長や上杉謙信なども少年を夜の相手に

136 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:21:24.46 ID:UmPufjZq0
古代ギリシャとか戦国時代の少年愛には、若者を一人前の大人にするという社会的責任が大きかった。

149 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:35:01.82 ID:IA3WZHIQO
衆道とか稚児とか聞いたことあるな

153 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:37:59.96 ID:jhKdL8ps0
維新後、薩摩とかの若者が上京してきて、東京の学校に男色がはびこったという話しは聞いたことがある。
で、文学界はホモ?バイ?ショタ?のスクツになったらしい。

155 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:46:19.33 ID:VkPad9SK0
松尾芭蕉も弟子のソラとぱこぱこだったとのこと。
受け側は芭蕉で、痔の治癒に温泉に入ったりもしたそうな。

なるほどね、それで「奥の細道」。


158 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/01/26(木) 23:48:15.84 ID:jhKdL8ps0
>>155
ギャグ漫画日和の絵で想像しちまったwwworzwww


こんな感じじゃ長いかな

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:19:44.28 ID:qjQ9ySm70
残念ながら男ですが何か。

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:20:38.60 ID:jV4yjKCN0
>>166
いやまぁ、お好きにどうぞ

169 :160:2006/01/27(金) 00:20:48.97 ID:nZih/wlA0
ていうか前フリの部分いらねーか

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:23:10.90 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ ほしゅなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:39:07.53 ID:vFEytObT0
もうちょっとで、きーちゃんの後編が書き終わるんだけど、
中編書いたスレが落ちちゃったみたいだな。
再掲するべきなのか?

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:41:31.67 ID:956nEfIR0
>>171
読んでない人が多いかもしれないから
個人的には再掲載すると良いかもと思う。

続きwktk!

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:47:12.64 ID:qjQ9ySm70
というか、Wikiの方が全然更新されてませんね(´・ω・`)
眠いので、今日は寝ますが明日になっても誰もやってなかったらやっときます。
それじゃあおやすみなさい。

174 : ◆777sUJiuYE :2006/01/27(金) 00:48:02.66 ID:h5aytXlB0
>171
続きカモンス!!!

スレ速攻落ちちゃったから、再掲載がいんでない?


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:48:40.25 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>171
    i_ //レイノl^ 再掲載いいと思うのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>173 
      __,li~,lリゝ  そのときはお願いしますなのー。おやすみなのー。
__`(6∩しし∩.__


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:50:05.17 ID:mOxBiWctO
⊂彡☆))Д´)パーン

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 00:52:32.00 ID:E8wJAm5LO
そういえばなのーの書いたショタレンジャーのもスレが落ちたから消えたな。

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:06:00.59 ID:dF65fLUSO


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:10:31.26 ID:gy9orSlv0
ショタレンジャーのスレ100くらいまでなら持ってるよ。
ダディクールのAAがいっぱい貼ってあるやつ。

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:29:54.16 ID:vFEytObT0
よし、SS爆撃航程に入る。

前編のあらすじ 
雪山遭難ごっこを始めたきーちゃんと、それにつきあうゆーちゃん。
きーちゃんは「裸であたためあうのをやってみよう」と言い出して・・・

ttp://l.pic.to/76t58 ◆777sUJiuYE氏による神挿絵

181 :きーちゃんの遭難ごっこ:2006/01/27(金) 01:30:50.50 ID:vFEytObT0
 スッポンポンになった僕たちは、ベッドの中で向かい合ってぎゅっと抱き合った。
「こうすると本当にあったかいんだね」
「そうだね……」
 お腹も胸も、きーちゃんとぴったりくっついてる。人間の肌って心地いいな。
 その心地よさをもっと感じようと、僕はきーちゃんの背中をなでまわした。
「きーちゃんの背中、すべすべしてるね」
「ゆーちゃんの身体も」
 きーちゃんも僕の身体をなでなでしてくれる。
 背中だけでなく、腕も、胸も、お腹も、わき腹も、それから、お、おしりも。
 きーちゃんの指と手のひらが触れたところから、しあわせなものが体の中に入ってくる感じがする。
 身体中がしあわせでいっぱい。だから、一生懸命お返ししてあげた。  
「すごくぽかぽかしてきたね、ゆーちゃん」
「うん」
「ね、いつものしよ」
 すぐに意味をさとった僕は、きーちゃんのメレンゲのように柔らかい唇にチューをする。
「はむっ、んっ、んふぅ」
「んく、くぅん、んんっ」
 ちゅくちゅくちゅくとお互いの口の中をベロでかき混ぜてる間もさすりっこは続く。
 あ、おちんちんが大きくなってきちゃった……。
 ぺとんときーちゃんのお腹に張り付いたまま、僕のおちんちんはどんどん熱を帯びてくる。


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:31:06.87 ID:vFEytObT0
「ゆーちゃん、コーフンしてる?」
 いつもはまん丸な目を細めて、きーちゃんが言う。
「わ、わかっちゃった?」
「そりゃあね。ゆーちゃんのおちんちん感じてたら、ボクもえっちぃ気分になってきたよ……」
 ほんとだ。僕のお腹にも、火照った固いものが押し付けられてる。
 いったん身体を離すと、僕ときーちゃんのおちんちんは揃ってピンピンになっていた。
 きーちゃんがいきなり僕のおちんちんに手を伸ばしてくる。
「ひゃっ」
「これだけ熱かったら、冬山でも凍えないかもね」
 うわあ、おちんちん、きーちゃんにニギニギされてる。くすぐったいような、気持ちいいような。
 きーちゃんの手が、ゆっくりとおちんちんを揉むように動くと、あのしあわせな感じがすごく強く伝わってきた。
 大好きな人におちんちん触られるのって、こんなにうれしいことなんだ。
「ふ、はうっ、ひゃぅぅん」
 手の動きがしごく動きに変わる。
 う、うれしいけど、ちょっとシゲキ強すぎかもぉ……。
 僕はきーちゃんにもこの感じを伝えたくて、指をきーちゃんのおちんちんにまとわりつかせた。
 指をばらばらに動かしておちんちんをいじったり、先の方をつまんでクニクニしたり。
「うひゃぅ、ゆーちゃん、それ、いいっ」
 きーちゃんが喜んでくれるのがうれしい。
 僕もきーちゃんもうれしい、おちんちんのいじりっこ。とてもステキなことのような気がする。

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:31:41.82 ID:vFEytObT0
「んんぅ、あふぅっ……そ、そうだ、ゆーちゃん」
 きーちゃんが、僕のおちんちんをしごく手を止めた。
「どうしたの?」
「ぎゅーってくっついて、おちんちんどうしをこしこししたら、もっといいかも」
 ふむふむ、ぎゅーって抱き合うと身体中できーちゃんを感じられて、熱くて触られたら気持ちいいおちんちんどうしをこすり合わせたら……。
 うわあ、うわあ、もうとんでもないことになりそう。
「うん、や、やろ。うん」
「ふふふー、ゆーちゃんものってきたねぇ」
 と言いながら、きーちゃんはベッドの上であお向けになった。
「さあ、おいで……」
 その言葉に誘われるように、僕はきーちゃんの太ももの上にまたがる。
 ぴょこんと立ったきーちゃんのおちんちんは、先っぽから透明な雫があふれていた。
 僕のおちんちんからも同じようなお汁が漏れている。 
 おちんちんの先っぽと先っぽをそっと近づけると、二つの水滴が一つになった。
「んっ……!」
 おちんちんの先っぽどうしが触れ合う。
 そのまま、二人のおちんちんを二人のお腹ではさむように、きーちゃんの上に倒れこんだ。
 きーちゃんが僕の頭と腰に腕を回して、しっかりと抱いてくれる。
 密着する身体と身体。心臓がどきどきしてパンクしそう。
「うわあ、ゆーちゃんの身体、もう湯気が出そうなくらいアツアツになってる」
 きーちゃんがうっとりとした顔で言う。
 そんなきーちゃんがとてもとても愛しくて、僕の頭はきーちゃんと一緒に気持ちよくなることしか考えられなくなった。

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:31:57.62 ID:vFEytObT0
 自分のおちんちんを、きーちゃんのお腹とおちんちんにこすりつけるように腰を動かしてみる。
「はぁんっ、ゆーちゃん…っ!」
 きーちゃんの切なそうな声が、僕をどんどんおかしくさせる。
「んっ、ふっ、きーちゃあん、んあっ、好きぃ、大好きぃ」
「ゆーちゃん…ん、ちゅ……」
 きーちゃんがチューをしてくれる。口の中に差し込まれたベロにチュッチュッと吸い付く。
 いつの間にか、僕の動きは腰だけでなく全身の動きになっていた。
 乳首をきーちゃんの胸にくにゅくにゅとなすりつけ、足はぷにぷにした内股同士がこすれ合わせる。
 僕たちのお腹は、おちんちんから出るヌルヌルでぐちゃぐちゃになっていた。
「はふぅっ、ボク、こんなにゆーちゃんを感じてる……すごい……」
「僕もだよっ、あんっ、このまま、溶けちゃいたいっ、きーちゃんと、あひゃぅっ、一つになっちゃいたいよぉっ」
 あ、あ、なんか、おちんちんの奥で何かが膨れ上がって…っ!
「きーちゃん、きーちゃん、きーちゃぁんっ!」
「ゆーちゃんっ、ん、あああああっ!」
 ぞくぞくぞくっとした感覚が全身からおちんちんへと集中する。
 びゅくっ、びゅるびゅるっ、ぴゅっ、びゅびゅーっ!
 どぴゅぴゅっ、びゅぴゅっ、びゅくん、びゅうっ!
 僕のおちんちんからものすごい勢いでせーしが飛び出すと同時に、きーちゃんのおちんちんからもせーしが噴き出てきた。
 二人のお腹の間がじんわりと温かくなる。
「はぁ、はぁ、はぁ、最高だったね、ゆーちゃん」
 満ち足りた様子で、きーちゃんが言う。
「うん…うん…っ」
「あ、あれ?なんでゆーちゃん泣いてるの?」
「わ、わかんない。きーちゃんといっしょにイけたって思ったら、なんか…」
 僕自身、なんで涙が出てくるのか分からなかった。
 昂ぶった気持ちが、僕の中に納まりきらずこぼれ出したかのように、僕は涙を落とし続けた。


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:32:22.32 ID:vFEytObT0
「ん…んん…」
「んっ…あ、もうこんな時間。母さん帰ってくる頃だ」
 僕は窓の外の夕日に気がついた。
 あのあと、心を落ち着けるようにチューを繰り返していた僕たちだったけど、知らない間に夕方になっていたみたいだ。
「おおっ、天候は回復したみたいだな。救助隊も到着してるに違いない」
 きーちゃんが口調を変えて言う。今の今まで遭難ごっこは続いてたのね。
 ……さっきのえっちなことも、やっぱり遊びなのかなぁ。
 きーちゃんにとって、僕はただの──ええと大人の言葉でなんていうんだっけ、せー、せー、せふれ?なのかも……。
「ボクはここに残る。君は救助隊のとこへ行くんだ」
 つまり、家の鍵を開けてくれる僕の母さんが救助隊ということらしい。
「じゃあ、僕帰るね」
「さっきの楽しかった。またやろうね」
 きーちゃんがにっこり笑う。
 そうだ。きーちゃんがまたやろうって言ってくれるだけで十分だ。
「うんっ」
 だから、僕は笑って答えた。

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:33:32.99 ID:vFEytObT0
爆撃完了。

なんか続き書かなきゃいけないようなもん書いちまった・・・。

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:35:59.73 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>177
    i_ //レイノl^ 一応保存してるから大丈夫なのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>179 
      __,li~,lリゝ   僕のログは83までだったのー。
__`(6∩しし∩.__ >>186 乙なのー。エロいのー。

188 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 01:36:33.69 ID:qhViP0bD0
>>186
GJ!!



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:37:16.99 ID:956nEfIR0
>>186
乙です。
エロい上に癒された(*´Д`*)

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 01:50:54.71 ID:vFEytObT0
次があったとして、アニャルセクースさせるかどうか迷うな。
させるならどっちがどっちにって問題もあるが。

191 : ◆777sUJiuYE :2006/01/27(金) 01:59:32.97 ID:h5aytXlB0
>186
アンタ…最高だぜ!!

次があるなら、舐め合いっこを!是非!

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:06:37.88 ID:vFEytObT0
みんな寝たのか
それとも俺のSSで萌え死んだか(うぬぼれ)

舐め合いっこもいいなぁ。まだあんまり乳首攻めしてないしなぁ。

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:06:41.37 ID:EimEmaHl0
▼▼逮捕祭りのお知らせ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

レイプ・逮捕歴がある、ホンマモンの前科者がVIP内に潜伏している模様!!!!!!!!!!!!しかもOFF会まで開催しようとしているとか・・・・・・・・・・・・・・・・・・
被害者を増やさないためにもみんな急げ!!!!!このままではVIPは本当に、「出会い系サイト」になってしまう!!!

 お ま い ら 全 員 で ↓ 突 撃 だ !!!!!!!!!!!!行けば詳細が書いてあるからすぐ解る!
【トピコ】秋田VIPPERのスレ【ホーケー大】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138285545/

たっくん=レイプ魔
151 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/01/23(月) 18:34:37 ID:L4tLH8L8
タックンの悪行の一部抜粋
・東京時代のレイプ疑惑(渋谷区みん)及びコンビニの看板を破壊し逮捕され罰金刑
・やまたに氏(以前居た秋田オフ住人)への執拗な嫌がらせ
・被害妄想でヤマゲソ、やまたに両氏を名誉毀損で訴える
・aquila氏(秋田オフ住人)のノートパソコン(マックG4?)を借りパク
・アルベにて駐車中の車を蹴り逮捕され起訴。懲役6ヶ月執行猶予3年?
その他諸々…
誰か最悪板時代のコピペ貼りつけよろ

159 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/01/25(水) 20:16:15 ID:pDWtE5bq
たっくんVIPの秋田スレにいるなwwwwきめぇwwwwwww

167 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/01/26(木) 15:16:36 ID:YJWJUBpV
VIPに画像上がってるなwwwwwwwww
もろタックンだwwww

▼今回は犯罪者が相手。堂々と胸を張って正義のために戦うぞおまいら!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:10:25.71 ID:956nEfIR0
>>192
いるいる。
悶え死んだ所で
SSでも書くかーと思いきや進まなくて唸ってたところだ。

195 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:25:05.86 ID:qhViP0bD0
>>192
SSを書いてる( ゚∀゚)
・・・・でももう人居なさそうだな・・・寝るかな・・・(´・ω・`)


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:30:00.85 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ ほしゅなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


197 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:42:18.25 ID:qhViP0bD0
SS書き上げましたが・・・人居ますか?
( ・ω・)居ないなら明日へ回したい。

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:43:04.36 ID:956nEfIR0
いるいる

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:43:32.79 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ いるのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:47:18.01 ID:vFEytObT0
おお、俺も見てるぞ

201 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:52:49.81 ID:qhViP0bD0
じゃあ投下しますか・・・・眠い・・( ・ω・)前>>118辺り。グダグダですみませ・・・



秋は蓮を押し倒す。そして少し荒く、優しくキスをした。
最初は浅く。だんだん深く・・・
だんだんと2人の息が荒くなる。
「ふぅ・・・はぁ・・・秋兄ちゃん・・・・早く・・・」
蓮が急かすが、秋は首を横に振り、否定した。
もうあんなことにはなりたくないしな・・・
まだ蓮を無理やり犯してしまったことが頭の中にあったのだろう。
秋の舌は蓮の口から首へと移動して、首筋を集中的に舐めまわす。
「はっぁ・・・もっと・・・もっとぉ・・・」
「・・・急ぐなって・・・」
秋がそういうと。蓮の上着を脱がし。再び愛撫をはじめる。
「秋兄ちゃん・・・焦らしてるの?」
「はは・・・さぁ?」
蓮との会話をしながらも、秋は愛撫を続ける。ここにきて秋の理性が崩れ始めてきた。
秋がいつまでも愛撫を続けるので蓮は自然と股間の方へと手が伸びる。
だが秋はその手をつかんだ。
「誰が自分でしていいって言ったかな?」
秋がにやけながらそういうが。内心は
『うわ!やべ!抑えるつもりだったのに言っちゃった!!!』
と、かなりギャップがあるものであった。

202 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:53:28.42 ID:qhViP0bD0
「やっぱり・・・秋兄ちゃん焦らしてるねぇ・・・・」
「・・・いいよ。そんなに言うんだったら。」
秋がそういうと蓮のズボンを下ろし。蓮のそれを手に取る。
そしてゆっくりと上下に動かし、徐々に早く動かす。
「はぅぁ・・・ぁっ・・・秋兄ちゃん出そう・・・!!」
そう蓮が言ったことを合図に。秋の手の動きがとまる。
「へぁ・・・?何で・・・・はぁ・・・」
「簡単にイカせるわけないでしょ♪」
秋がそういうと、そこら辺にあった衣類で蓮の腕を縛り。
それから秋はその『寸止め行為』を何回も繰り返した。
この辺りからもうほとんど秋の理性は崩れていた。
「ぁぁ・・・!!また・・・・・・もうさすがの僕でも・・・・ぁぁぁ・・・」
「何回耐えられるかな〜?」
「もうやめてよぅ・・・・おかしくなるぅ・・・・」
蓮がそういうと、半泣き状態の目でこちらを見る。
「秋兄ちゃん・・・もうこんなのやめて・・・・はぁ・・・秋兄ちゃんのが・・・欲しぃ・・・」
「ははっ!!いいよ。染めてやるよ・・・ぐちゃぐちゃにしてやる・・・」
秋がそういうと。机の引き出しを開け。中からローションを取り出す。
秋はそれを指にたっぷりと付けて。蓮の穴に入れた。

203 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:54:43.84 ID:qhViP0bD0
「んッッは・・・ぁ」
「言っとくけど前立腺なんて攻めてやんないからな♪」
「そん・・・なぁ・・・んぁッ」
秋は上手く前立腺を避けながら蓮の穴を慣らしていく。
「そろそろいいか・・・」
「もう・・・はやく・・・きて・・・・」
秋が自分のズボンのジッパーを下ろし。自分のそれを取り出し。蓮の穴に当てる。
「いいか・・・行くぞ・・・」
「はやく・・・・はやくぅ・・・」
秋は蓮の穴に自分のそれを一気に押し込んだ。
「ふぁぁぁあああああッッ・・・はっ・・・早く動いて・・・!」
「・・・じゃあ動くぞ・・・・」
秋が合図し。腰を前後へと動かす。
蓮はいままで寸止めされていた分の快楽が襲い掛かり。涎を垂らす。
「はぁ・・・ん・・・秋兄ちゃん・・・もっとぉ・・・」
蓮がそういうと秋の背中に手を回す。
その言葉を待っていたと言わんばかりに秋は激しく動き出す。
「はッんぁぁぁッッッ、秋兄ッ、んぁぁ!!」
「蓮・・・・蓮・・・蓮・・・・・・・・!!」
蓮はもう何を言ってるのかわからないくらいに喘ぎ、秋は蓮の名を連呼する。
やがて2人の絶頂のときが近づいてくる。
「ああッ秋にッ、兄ッちゃッッもう・・・出そう!!」
「はッ!・・・俺も・・・イキそう・・・・!!」
秋がそういうと。2人は絶頂を迎えた。


204 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:55:17.63 ID:qhViP0bD0



「蓮。」
秋はもうすでに寝てしまっている蓮の名を呼ぶ。もちろん返事などない。
「蓮・・・・大好きだよ・・・」
秋は蓮の頬にキスを落とす。
「俺・・・・・そういえば何時からお前のこと好きになったのかな。」
出会ったときから一目ぼれ?猫耳が本物だとわかったときから?それともランド行ったときか・・・?
そんなことを考えているうちに。秋は次第に眠くなり。意識が途切れた。

205 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 02:56:19.79 ID:qhViP0bD0
とりあえず終わりです。いかがでしたでしょうか。

(;´Д`)もう眠い・・・・

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:56:53.79 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 乙なのー。エロエロなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:58:48.57 ID:vFEytObT0
>>205
GJ!じらしプレイ(;´Д`)ハァハァ

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 02:59:10.28 ID:956nEfIR0
>>205
乙!蓮タソ一杯一杯で可愛かった。

209 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 03:01:37.05 ID:qhViP0bD0
そうか・・・お前さんたちが満足してくれればそれでいい・・・俺は・・・・





寝る。・・・(´-ω-`)zzzzzzzzzzz

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 03:02:22.05 ID:BmclB54w0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>209
    i_ //レイノl^ おやすみなさいなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ    僕も寝るのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__



211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 03:02:49.53 ID:956nEfIR0
おやすみなさいー

212 :もう寝るぽ@飛鳥:2006/01/27(金) 03:05:14.34 ID:qhViP0bD0
保守してくれる人居るだろうか?
居るのであればがんばってください。それでは。おやすみなさい。

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 03:26:04.59 ID:vFEytObT0
保守点検

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 03:41:02.09 ID:DU4H7QvbO


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 03:56:36.68 ID:vFEytObT0
生まれた意味を知る保守

216 :いやーん:いやーん
いやーん

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 04:13:58.43 ID:vFEytObT0
じっちゃんのナニかけて保守

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 04:52:13.91 ID:956nEfIR0
だれもいなそうなので保守代わりにSSでも投下。

チュパ…クチュ…
「んっ、ぅん……はぁ…」
「あっ、コウ物足りなそうなこえ出してるー」
放課後の教室から一人の少年のクスクスと笑い声が漏れる。
その教室にもう1人、コウと呼ばれた少年はその声を聞き、
只でさえ上気していた顔を真っ赤に染め俯いてしまっていた。
「…セイちゃんなんか大ッキライだ!!」
「あ…ちょっとコウ?コウってば!」
コウはセイと呼んだ少年に向かってランドセルを投げつけると
バシン!!という大きな音を立てて扉を閉め走って行った。

セイちゃんのバカバカ!人の声聞いてわらってさぁ…
いっつもボクが恥ずかしがるの見て笑って…わざと恥ずかしがらせてくるし。
やっぱりきらわれてるのかな…?


コウはそう思うと涙が止まらなくなり、その場から動けなくなってしまった。

ねえセイちゃん、やっぱりボクの事キライなの?

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 05:05:18.69 ID:vFEytObT0
なかなか想像力をかきたてられるな

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 05:08:08.44 ID:956nEfIR0
人が居たよママン(ノД`)ミラレチャッタ…

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 05:30:10.38 ID:956nEfIR0
コウとセイがこのような関係になったのは少し前の事。
それは何時も通りの日常のはずであった。

「コウまだやってんの?トロイなぁー」
「あ、セイちゃん!あとこれかたづけるだけだよー」
コウはそう言うと嬉しそうに掃除道具をセイに見せてきた。セイはハイハイ、と軽くあしらう。
放課後の掃除。
それは今日の日直であるセイの仕事のはずであった。
「早くしろよぉ。あそぶ時間なくなるー」
「うん。ごめんね、先に帰っててもらえば良かったよね…」
「ばーか。そんな事したらそうじサボったの先生にバレんじゃん」
「あ…、そっか」
2人は親同士の付き合いもあり小さい頃からいつも仲良く一緒にいた。
それが小学生に上がった頃からか、その関係が少しづつ変わりだし
現在ではコウはセイの使い走りとなっている。
セイの日直の変わりをやらされるのも何時もの事、
セイに嫌われたのかもしれないという事は悲しかったが
それでも構ってもらえる事実がコウには嬉しかった。

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 05:47:24.72 ID:956nEfIR0
「はい、良く出来ました。2人とも気をつけて帰るのよ」
「「はーい。先生さようならー」」
掃除が終わると先生に日誌を返し下駄箱までの道を歩いていた。
職員室の下の階には使われていない教室がある。
普段なら気にならない教室。しかしその日教室の前でセイは立ち止まった。
「セイちゃんどうしたの?」
「ちょっとここ入ってみようぜ」
「え?でも…」
「ほらおいて行くぞー」
返答も聞かずにセイはその教室へと姿を消していく、慌ててコウも後ろに続いた。
セイに振り回されるのも何時もの事だ。
「なーんだ、べつに他の教室とかわらないんだ」
「うん…だから早くかえろ?おそくなっちゃうよ」
見つかったら怒られるのではと思いビクビクしているコウは
セイの袖を引っ張り早くここを出ようと促す。
しかしセイはその場から一歩も動こうとはしなかった。

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 06:11:55.85 ID:956nEfIR0
だめだ詰まったorz

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 06:24:17.38 ID:956nEfIR0
就寝前保守。
だれか後はまかせ・・・た・・ぞ。グハッ

225 :飛鳥:2006/01/27(金) 07:03:13.49 ID:UtfolKofO
よくやった(・ω・`)
学校に行こう保守。

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 07:11:56.30 ID:SETEIjPg0
イィィィヤッハアァァアァァァァッ!!!
保守('A`)

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 07:50:02.83 ID:XMOPjDri0
学校行く前に保守

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 08:09:43.91 ID:qZfcye+y0
ほしゅ

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 08:16:41.49 ID:bpZpO6I+0
学校組乙

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 08:34:12.26 ID:bpZpO6I+0
 (⌒)    ピ
/ ̄ ̄|        ∧_∧
| ||.  |     ━⊂(・∀・ ) ナイナイの岡村が熱愛発覚だってさ。
\__|    ========  \
 |   |   /※※※※ゞノ,_)
   ̄ ̄   ⌒~⌒~⌒~⌒~⌒

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 08:54:09.65 ID:bpZpO6I+0
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(●),    、(●)、.| ←「誰かかきこまないかな?」と
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|   期待している今の私の顔
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´  .:::/
   /`ー‐--‐‐―´\

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:08:04.81 ID:bpZpO6I+0
     ∧___∧
    /.(●),、(●)\
    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |   忘れてた。>>1
  /|   `-=ニ=- '  .|  
 /  .ヽ、_ `ニニ´__ノ
 |    _____ ノ
 ∪⌒∪     ∪

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:17:24.98 ID:bpZpO6I+0
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  暇だぜ・・・・

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:31:58.37 ID:bpZpO6I+0
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i     俺もショタだからってそんな目で見るな。
   _  |.\  人__ノ   6 |  < お前ら俺が欲しくてしょうがないんだろ?
   \ ̄  ○        /    | この獣め!!  
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \



235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:32:00.04 ID:tTqhTaHy0
また乱立してる ヤバス

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:44:30.72 ID:bpZpO6I+0
えーーー?マジかよ。
眠たいのに。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:45:49.31 ID:bpZpO6I+0
チッ(・д・) めんどくせぇなあ、もう。

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:55:43.57 ID:bpZpO6I+0
はーもう毎日毎日・・・氏ねボケ

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 09:58:27.48 ID:bpZpO6I+0
前よりマシだな。スピード遅いし。
やりきる根性ねーなら最初からやんなハゲ。

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 10:02:54.56 ID:bpZpO6I+0
もう終わった?しょうもな。アホか!!

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 10:08:55.69 ID:bpZpO6I+0
じゃ俺は寝るから。後は頼んだぞ!

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 10:39:14.77 ID:tTqhTaHy0
ひょっとして漏れでつか?(´Д`;)

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 11:33:41.48 ID:tTqhTaHy0
保守

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 11:47:11.43 ID:DQ1IUbhAO
保守

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 11:54:04.39 ID:mJyUImPXO
ほしゅだぉ。

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 12:04:14.48 ID:mJyUImPXO
まちがえたぉ(´・∞・`)

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 12:29:14.91 ID:tTqhTaHy0
保守天使ホシュエル
「ボク、ホシュエル。このスレをdat落ちから守るためにやってきたんだ!」

248 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆9xyoIHYgI6 :2006/01/27(金) 12:33:36.68 ID:Hc62RRwG0
保守

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 12:44:51.06 ID:Hc62RRwG0
保守

250 :おろごん:2006/01/27(金) 12:58:15.46 ID:Hc62RRwG0
ヤベェヨ、ホシュシナイト

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 12:58:43.56 ID:QAhvMUf1O
ほす

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:00:07.28 ID:qjQ9ySm70
おはよう、おにいちゃんたち。
僕、これからWikiを更新しようと思うんだけど、落ちた前スレのdatが無いんだ…
だから、その分を、誰か変わりにうpしてくれないかなぁ…?
…ごめんね、僕、役立たずで…


(゚д゚)あと、絵を保存してないのでそっちの方もできればよろしくお願いします

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:22:06.62 ID:Hc62RRwG0
ホシュ
風呂男たん萌えます

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:32:50.16 ID:K8+AkY3H0
だれか前スレのログUPしてほしいね。
確か100前後で落ちたんだっけか?


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:38:10.88 ID:VfYxBAOt0
●を買え

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:48:32.96 ID:Hc62RRwG0
http://203.131.199.131:8020/hetare.m3u
中1がねとらじやってるんだが、声セクシーすぎ(*´Д`)

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 13:56:43.16 ID:pZn64waR0
(((((((っ・ω・)っ ブーン 

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 14:02:03.92 ID:pZn64waR0
>>254
持ってるけどどうしたらいいのか分からない。スマソ

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 14:13:50.17 ID:pZn64waR0
(・∀・)今日は保守ばっかりしてる。誰かなんかくれ。

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 14:14:38.43 ID:BXvyPc3n0
俺なんて付き合って2ヶ月の彼女に「今日親いないから」って家に呼ばれた。
まだ交わりをかわしてなかった俺は今日がその日だと思った。
彼女の家のあるマンションに着いて、大事なものを用意していないのに気付いた。
運よくマンションの一階に薬局が入ってた。
店主がおっさんだったので気楽にゴムを買えた。
レジでそのおっさんがニヤニヤしながら「兄ちゃん、いまからか?」と聞いてきた。
クイックイッっと軽く腰も振りながら。
俺もにやつきながら「今日初H」と答えた。
おっさんは「がんばれよ」とか言って送り出してくれた。

彼女の家に着くなり「ごめんもうすぐ親が帰ってくる」と言われた。
今日はダメか・・と思ったが「とりあえず挨拶だけしていって」ということだったので彼女の親の帰宅を待った。
5分ほどで彼女の父親が帰ってきた。
下の薬局のおやじだった。

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 14:21:08.47 ID:1f4+FToo0
風呂男にVIP STAR リクしてみたw

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 14:41:39.63 ID:WgT9ifUX0
こっちから流れてるのが何人かいるのなwwwww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:00:08.51 ID:K8+AkY3H0
>>258
そっかぁー。

ほしゅ

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:07:06.18 ID:pZn64waR0
>>260
あっちこっちのブログに載ってるからもういいよ。

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:08:28.84 ID:pZn64waR0
>>263
29ch探してきたけどまだ載ってなかった。
(´・ω・)役に立てなくてごめんな。

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:15:27.99 ID:EqtKEcVb0
>>259
つD
これで5円チョコでも買ってくれ
>>263
ごめん。なんの役にも立てないorz

詰りつつ続き...
「そんなにかえりたいなら1人でかえれば?」
突然セイの口から出たとげのある言葉。
このまま怒って口を聞いて貰えないのではと言う不安でコウは押しつぶされそうだった。
「セイちゃん?なに言ってるの?」
「だからそんなにかえりたいなら1人でかえれよ」
「…やだ。はやくかえりたいけど。セイちゃんといっしょにかえるって決めたもん。」

沈黙が続く。その間コウは不安で震えるのをこらえセイを見つめていた。
セイの目が背けられる。
「…オレ、コウのそういう所大キライ。」
「ぇ……」
「ホントはオレの事なんてキライなくせにいつまでも友達みたいに…」
「ボク、キライなんておもってないよ!」
「ウソだ!だってオレいやな事ばっかりさせてるし…それに…それに…」
いつの間にかセイの目からは涙が零れ落ちそうになっている。
それを見たコウは何時もと違うセイに驚き、

早くキライじゃないって言わないと、でもどうすれば信じてもらえるかな…?

と焦るばかりだった。

セイちゃん、ボクセイちゃんの事すきだよ?だから泣かないで…

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:27:18.72 ID:pZn64waR0
>>266
( ̄д ̄)せめてチロルチョコくれよ〜〜。
でもありがとう。うれしいでつ。 つD

wktkで続き待ってるよ!

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:43:00.29 ID:pZn64waR0
( ゚Д゚)y−〜〜しかし暇だな〜。
せめて前スレの作品でも貼ろうか?

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:43:56.56 ID:AjDcq/sb0
>268
男の子の声が聞きたい
前スレでもいいから…。

と言うわけで、お願いします


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:54:39.60 ID:pZn64waR0
>>269
前スレで声うpはなかったように思う。
殆どSSばっかりだよ。
それでもいい?

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 15:57:44.48 ID:AjDcq/sb0
…そんなバカな!?
じゃー、前々スレかな。
確か、男の子の声に恵まれたスレが
一件あったはず…


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:00:01.43 ID:kqu+4wvkO
前みたいに殺伐と画像だけを貼ってくれる奴がお前ら馴れ合い腐女子のせいで消えた

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:00:31.79 ID:bkMfvvhw0
これってなんてエロゲ?↓
ttp://37514.net/pc/weblog/home/mol/archives/blog20060122.html

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:02:48.00 ID:pZn64waR0
>>272
スレ違い。
ここはパート1からSS山ほど出てる。

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:04:23.57 ID:pZn64waR0
>>271
声うpで盛り上がったのはもっと前では?
まとめサイトに声出てないか?

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:04:55.76 ID:Edw5ZMre0
>>272
殺伐と画像だけ張られても嬉しくないわ。
画像、SS、声upなどがほどよく絡み合ってる方がいい。
あの頃は、和気藹々だったなぁ・・。

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:06:49.68 ID:AjDcq/sb0
>275
まとめサイト、見たけど
あれって更新されてんの?
俺が一度聞いた中だけでも、声は6種類はあったが
それらしい声は一通も添付されてなかったよ

いや、スレは最近とは思うけど

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:18:24.90 ID:pZn64waR0
>>276
いや、声うpはいらない。
あの馴れ合いのせいでこのスレが殺伐としたんだから。
和気藹々としてたのはうpしてた人達だけだよ。
>>277
最近はちょっと止まってるみたいだね。更新。
29chで探してみる?
ttp://makimo.to/2ch/ex14_news4vip/index.html
ここに飛んでショタで検索すれば過去スレが出てくるよ。

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:23:53.10 ID:Edw5ZMre0
>>278
声upはいらないって言うのは、君の意見でしょ?
現に声upして欲しい人もいるじゃないの。
確かに馴れ合いになってたけど、それを叩きまくって荒れたのは、両者に問題ありでしょ。

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:35:28.44 ID:EqtKEcVb0
流れ嫁ない。爆弾投下
個人的には和気藹々できれば声うp絵うpSSうpどれもありだと思う。

ちゅ…
一瞬コウとセイの唇が触れる。突然のコウの行動にセイは何もできなかった。
「コウ!?」
「ちゅーはね、すきな人にしかしないんだよ。だからボクセイちゃんキライじゃないよ?」
男の子どうしでちゅーなんてきもちわるかったかな…?
恥ずかしさと後悔でコウは俯いてしまった。
「うん…ごめんなコウ。さっきも、いままでも…」
「ううん、ボクセイちゃんすきだから気にしてないよ」
沈黙。そして耐え切れないというように2人は笑い出す。
今まで考えてた事がとてもばかばかしく思えて仕方なかった。
「でもコウ、すきな人とするちゅーはこうするんだ」
「ふぇ?ー!!」
いきなり腕を掴まれセイの唇がふれた。
驚きでポカンとあいたままだった口にセイの舌が進入する。
歯茎をなぞるように舌が動いたと思うと舌同士を絡められ
溜まっていく唾をチュウチュウと吸われる。
それでも足りないのか唾が顎をつたっていった。
セイの舌が口の中で動くたびにクチュクチュとなる音がコウはとても恥ずかしかった。
「ぅく、っん…んっ」
暫くすると2人の唇が離れた、同時に繋ぎとめるように伸びる銀色に輝く唾の糸。
「…これがすきな人とするちゅー?」
「うん、まえ母ちゃんと父ちゃんがしてるのみた」
「そうなんだ。…なんだかはずかしいね、でも、すきぃ」

これがはじまり。それ以来放課後ここでキスするのが2人の日課となっていた。

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:45:45.62 ID:Edw5ZMre0
>>280
乙、とてもいいね。

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:49:06.70 ID:pZn64waR0
>>280
GJ!乙ですた。
続きもお待ちしています。

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 16:52:33.29 ID:pZn64waR0
>>279
な?そうやってすぐ噛み付いてくるだろ?
声うpしていた中学生たちがアンチの人達のレスを真摯に受け止めて自制してくれれば
今でも声うpはあったかもしれないんだよ。
いくら周囲が控え目に、ってたしなめてもそれを無視して雑談三昧。
職人さんの絵やSSが投下されてても無視して自分達だけで盛り上がり続ける。
こんな事してて和気藹々なんてよく言えるな。
「盛り上がって楽しかった」「声うpキボン」するのはうpしてた人達だけだろ。
このスレが好きで冷静に見ていた人達はリクエストしないって。またスレが荒れるから。
現に今は声うpを求める声は殆ど出ないだろ?
納得出来ないなら>>278で過去ログ順番に読んでみ。
声うpが始まってからのスレはひどいから。
両者に問題あったかどうか、読んでみたら分かるよ。最初は皆優しくたしなめてたんだから。
それを無視してワーワー自分達だけで騒ぎ続けたのに、忠告してくれてた人まで悪者扱いか?
またスレが荒れてもいいってんならおまいさんは自分の事しか考えられない人だな。


俺のレスはこれで終わり。雰囲気壊して皆ごめん。

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:02:06.11 ID:rpqtgs1r0
いちいち長文で書かなくてもいいよ・・。

>「盛り上がって楽しかった」「声うpキボン」するのはうpしてた人達だけだろ。
それは考えすぎだと思うけどね。

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:02:49.46 ID:EqtKEcVb0
>>281>>282
ども、
続き…やっぱ続かなきゃだめだよな…?
第二次行き詰まり大戦勃発中orz

まぁもちつけ。
こんな雰囲気だと職人さんも他の人も書き込みにくいぞー

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:08:25.66 ID:pZn64waR0
>>285
うん。ほんとごめん。
何回言っても分からない厨が多いからついムキになってしまった。

無理しない程度でいいから書いてくれるとうれしい。
続きwktkで待ってます!

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:09:48.99 ID:LD54m4Kf0
声うpで殺伐としたのは、正直嫌だったけど
言い合いで殺伐とするのはもっと嫌なんだが……。
落ち着いてくれ。

>>285
ガンバ。
続きwktkしてる。

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:22:55.30 ID:8/HPC7NX0
http://www.uploda.org/uporg296682.dat.html
声肯定派にも否定派にもうp

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:23:56.06 ID:EqtKEcVb0
「ボクを食べて!ボク…セイちゃんに…」
「コウ…ほんき?」
「うん。だから…」

「一口1000万円で食べて?」

…只今をもって大二次超行き詰まり対戦αに昇格しました

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:47:30.20 ID:EqtKEcVb0
「マターリしてもらおうとしたら逆に人が居なくなっちゃったよ…」
「大丈夫お兄ちゃん。僕はここにいるよ!」
「弟!お前良い奴だな!!」
「でも、そのよだれは拭いてね?」

なーんて保守。

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:49:18.90 ID:iK6zAn8s0
なんか荒れてるな。自治厨のせいか。
>>286
みたいな。

292 :飛鳥:2006/01/27(金) 17:51:19.35 ID:UtfolKofO
いや、居るのだが・・・
SSすら投下できない状況なので
ROMっとるだけだ(・ω・`)

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:53:16.66 ID:aDjeDQ7B0
>>290
リアルが忙しいから、書き込みしてないけど、ROMしてますぞ。

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:54:56.74 ID:JA+Hp9p60
>>288

datってどうしたらいいの?
「名無しに変わりましてって文字列が大量に出たよ

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 17:58:10.65 ID:EqtKEcVb0
>>292
SS投下まで僕頑張るよ!

>>293
把握した。
平日だし人居ないのはしょうがないよな、忙しいのにわざわざありがとう。
リアル頑張ってくれ!

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 18:17:58.61 ID:EqtKEcVb0
「お兄ちゃんこれ咥えてー。あ、食べちゃダメだよ」
「ん…ほうは(こうか)?」
そう言われてト○ポを口に咥える。
パク。カリカリ…

ちゅっ

「ちょっ何してんだ!」
「えへ!ごちそうさまー」
そう言って弟は去っていきました。

保守

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 18:39:24.96 ID:EqtKEcVb0
「おっ…お兄ちゃんこれ……よぉ?」
「これが人肌ってやつだ、ほら」
「ええ!?ボクが飲むのー!!」


兄はボクに生ぬるいコーラ(炭酸抜け)を差し出した。

そろそろ誰か来ないかな

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 18:45:06.42 ID:gpRzQfI30
なかなかSS書けないな。

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 18:47:03.65 ID:EqtKEcVb0
>>298
頑張れ、超まってる。

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 18:59:51.06 ID:dF65fLUSO
>>291
注意してくれてる人を厨よばわりするのはいけないと思います。
このスレに何故自治しようとする人が現れるのか、その理由を少しでも考えてあげてよ

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:05:38.32 ID:gpRzQfI30
蒸し返すな。

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:09:24.42 ID:EqtKEcVb0
マターリしてくれYO!!

なんだかネタ的保守文で書き込みがなくても
ROMの人だけでも落ち着いてもらおうと思ったのに

こんな考えは間違っているのか…?orz

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:12:50.43 ID:dF65fLUSO
>>301
いや、言っとこかないとダメかと思って
注意する人も皆のために注意してるんだから、そういう人を厨扱いするのはダメだと思うんです

>>302
間違ってないです
マターリ賛成〜

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:12:56.50 ID:rIDhh7UH0
http://po22.net/ips.php

これでどうだ

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:15:00.48 ID:dF65fLUSO
>>304
お、俺のIDがあああ〜( ;∀;)

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:15:38.59 ID:dF65fLUSO
IPとられたorz

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:19:14.58 ID:aDjeDQ7B0
>>304
踏んだけど大丈夫かな?

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:20:13.98 ID:EqtKEcVb0
>>304
やられた…orz
クリックせずにはいられなかった。

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:21:32.24 ID:E8wJAm5LO
携帯から304踏んでしまった。

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:22:39.55 ID:qjQ9ySm70
デタラメだから大丈夫。

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:26:47.11 ID:EqtKEcVb0
>>310
たとえでたらめでも心配になるもんなのさ(ノ∀`)
でもありがとう。落ち着いた。

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:28:06.69 ID:gpRzQfI30
おまいらかわいいな(*´∀`*)

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:31:46.20 ID:EqtKEcVb0
よし、気を取り直して(`・ω・´)


…ランドセル取りにいかないと
ひとしきり泣いているとあの教室でランドセルをセイに投げつけた事が思い出された。
セイちゃん怒ってるかな…?
謝らないと、それでも会うのが怖かった。足が動かない。
「コウ!!」
またもその場で俯いていると後ろから声が掛けられた。
「セイちゃん!…どうしてここに」
「これ、わすれ物…」
「あ、うん。ありがとう…」
気まずい。早く謝らなければという焦りがコウを更に追い詰める。
「あのさ…」
「セイちゃん、やっぱりボクの事キライ…なの?」
言いたいことと全く反対の言葉が口からでる。
「セイちゃんボクの事いっつもからかってたし」
「ちゅーしてくれるのだって、ボクの反応おもしろがってるんでしょ?」
セイは何も言い返せなかった。からかってたのは事実だから。
しかしそれは自分の気持ちに反発して取ってしまった行動であった。
「…」
「……コウのバカ!!ちゅーはすきな人にしかしないって言ったのコウのくせに!!」
「あっ…セイちゃん…セイちゃん!」
セイは振り向く事無くコウの横を通り過ぎて行った。

セイちゃんごめんね。ごめんね、ごめんね…。
---------
さて第三次超いき(ry だぜ

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 19:43:47.65 ID:EqtKEcVb0
「また誰も居なくなったねお兄ちゃん」
「ああ…でもお前が居れば俺は…っ!!」
「やん!お兄ちゃんこんな所じゃだめぇ〜」


保守

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:00:38.86 ID:XMOPjDri0
保守る

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:07:10.68 ID:gOAuTiHF0
んじゃ保守がてらに投下。
全然完成してないけど人いないし(´・ω・`)

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:07:49.49 ID:EqtKEcVb0
wktk!!

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:08:08.87 ID:gOAuTiHF0
陶器の人形のようだ、と雅人は思った。
孝彦の顔には、およそ感情と呼べるものは窺えない。
度々こういうことがある。何も感じていないはずはないのだ。
なのにこうやって、雅人を拒むかのように、心を見せようとしない。
「たか君、本当に東京に行っちゃうの?」
「うん、父さん転勤だから。仕方ないよ」
微笑とも、苦笑ともとれない笑みが孝彦の口元に浮かぶ。
「なんで…、なんで」
鼻の奥がつんっとする。
「たか君、こっちに残ればいいだろ」
「…僕だって、こっちには友達がいるし、雅人と離れたくない。でも、」
聞きたくない。
「無理だよ。わかるだろ?子供には、無理だよ」
孝彦はいつもそうだ。
できないことをできるとは決して言わない。
ほんのちょっとだけ現実から目を逸らすような、そんな一時凌ぎの嘘でさえ。
「2度と会えないわけじゃない」
また会おう、とは言わない。会いに来れるか判らないからだろう。
遠くても、電車でなら会いにいける。
でも飛行機に乗って行くのは、孝彦にとっても、雅人にとっても簡単なことではない。
孝彦と、会えなくなる。
遊べなくなる。
一緒に自転車に乗ることも、ゲームをすることも、野球をすることも、もうできない。
また会えるかもしれない。
だけど、孝彦が明言を避けたのだ。もう一生会えないかもしれない。
それらなせめて、雅人のことを忘れないで欲しい。

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:09:29.09 ID:gOAuTiHF0
スマン、これだけしか書けてない
もっとできてから晒した方が良かったか

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:11:41.25 ID:EqtKEcVb0
>>319
いやいやGJ!!続き楽しみにしてる。

もっと出来てからなんて言ったら自分は…orz

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:15:54.62 ID:qjQ9ySm70
おそくなりますたが、一応前スレ(まっしぐら)の収納終りました。
引き続き現スレの収納に参ります。

>>319
GJだお!

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:17:59.04 ID:12v2LpWE0
ttp://www.digiket.com/work/show.php?ID=ITM0000577
これ買ったやついる?
巨尻テラモエスwwwwwwwwwwwww

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:21:10.04 ID:EqtKEcVb0
>>321
乙であります。wikiは良く分からないから手伝えなくてスマナス

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:25:17.81 ID:gOAuTiHF0
>>321
GJ!(゚Д゚)ゝ

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:37:01.07 ID:gpRzQfI30
>>321
がんばれ。超がんばれ

326 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/27(金) 20:43:19.69 ID:UtfolKofO
今塾オワタ。
やってらんねぇよ勉強なんて(ノД`)・゚。・゚・

>321
お疲れです。頑張ってください。(・ω・`)

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:46:37.88 ID:gpRzQfI30
今勉強がんばらないと俺みたいなダメな大人になる。

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:47:36.59 ID:gOAuTiHF0
>>318のつづき

最後の思い出に2人だけでなにかしたい。
そう思って、人気のない場所を探していたら、体育用具室に辿りついた。
体育用具室というのは、なぜこうもジメジメとして薄暗くて、人の不安を煽るのだろう。
しかし孝彦は落ち着いたもので、床に転がっているロープを足でクルクルと弄んでいる。
「それで、」
囁き声とともに、孝彦の顔がゆっくり雅人のほうを向く。
闇色の瞳が雅人をみつめる。
暗がりに溶け込むような髪、対象に白く浮かび上がる顔と肢体。
暗闇に孝彦はとても似合っている、と雅人は思った。
「ここでどうするの?」
「え、えと…」
何も考えていなかった。
「その…」
いや、本当はやりたいことがある。
ずっと、願っていたことがある。
いつか、今ではなく『いつか』叶えたいと切望していたこと。

――孝彦とキスがしたい。

329 :飛鳥:2006/01/27(金) 20:56:38.61 ID:UtfolKofO
>>327
分かったよおじさん!!
僕、勉強頑張るよ!(・ω・´)

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 20:59:46.47 ID:gOAuTiHF0
立派な大人になれよー
未来は君たち若者にかかっている。
ショタの素晴らしさを世界に広めるのは君の役目だ(`Д´)ノシ

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:09:31.51 ID:dF65fLUSO
おまいら天てれで誰が一番好き?
俺は謙二郎がエロ可愛いと思う(*´∀`*)

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:14:29.81 ID:gOAuTiHF0
天てれ?
…天才テレビくんのことかー!?

('A`)ミテナイポ

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:14:48.59 ID:W5MNxnTv0
>>331
俺はるきタソ(*´∀`*)
ぎゅーーーってしたい(*´∀`*)

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:19:50.61 ID:gOAuTiHF0
ググった。前田って子、森山未来に似てない?

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:19:51.53 ID:dF65fLUSO
>>333
分かる分かる!
はるきも可愛いよなー こないだのニット帽被ったのも可愛かったwwwww

あと天てれって言えばふみやとか千秋レイシーとか可愛い子だらけw

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:24:58.72 ID:dF65fLUSO
>>334
似てるか・・・なぁ?
あんまり・・・って感じだが

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:26:54.88 ID:gOAuTiHF0
>>336
公式の写真は似てる気がするが…
俺の目が変なだけかも(´・ω・`)

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:29:30.16 ID:sG0LE2b40
流れと全然関係ないけど志村貴子の描く男の子が可愛いすぎる
放浪息子だけしか知らんかったけど、昨日「どうにかなる日々」買ったら
双子の美少年のカタッポが同性愛者だったりしてやたらエロかった
昔はエロマンガ描いてたのか

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:36:59.43 ID:Vzz42Pmg0
飯いってる間に賑やかになってきてる。

これで安心してROMに戻れるよママン…

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:41:39.85 ID:oC9SCyxa0
>>338
買ったのうpキボン
>>339
ロムなんていわずに雑談しようぜ。

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:52:12.47 ID:Vzz42Pmg0
なんで人が居なくなるんだぁぁぁ。

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 21:54:22.30 ID:qjQ9ySm70
|ω・`)居るよ

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:00:59.21 ID:Vzz42Pmg0
>>342
お、居なさった。
良かった、安心した。

344 :俺も居るよ@飛鳥:2006/01/27(金) 22:02:32.56 ID:UtfolKofO
そろそろ家に着くからSSでも書こうか。(・ω・`)

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:10:38.80 ID:Vzz42Pmg0
>>344
wktkしながら待ってる。

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:26:54.02 ID:gOAuTiHF0
どんなにくるしくても
しょたのふとももみて
もうそうしたらもえるよ!
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ もえるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:40:27.83 ID:qjQ9ySm70
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ もえてきたよ
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

                 ハ_ハ  
               ('( ゚∀゚∩ 
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:42:55.59 ID:gOAuTiHF0
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

                 ハ_ハ  
               ('( ゚∀゚∩  こっちみんなwwwww
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:54:34.47 ID:1f4+FToo0
今北輪業。ミーティングおわった。

ミーティング中に可愛い中三の男の子といちゃついてしまった…
激しく反省。風呂入って頭冷やしてくるぽ。

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 22:58:12.77 ID:gOAuTiHF0
冷やす前にkwsk

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:05:52.70 ID:dF65fLUSO
可愛い中三といちゃつける立場にいるお前が羨ましい

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:08:03.52 ID:Y6vSRtfq0
>>338
放浪息子つい先日買った
鼻血噴出しそうになった

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:13:48.86 ID:CmJinpwg0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }       
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }        
    |! ,,_      {'  }          
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |


354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:16:43.42 ID:qjQ9ySm70
阿部さんは帰ってください。

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:19:35.41 ID:qZfcye+y0
>>352
にとりくんかわいいよね

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:20:20.68 ID:gOAuTiHF0
あの淡々とした雰囲気が良い

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:22:24.45 ID:oC9SCyxa0
>>352
うp!うp!

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:22:25.97 ID:Y6vSRtfq0
コミック読みだから中学生活がかなり楽しみ
しーちゃんも良いキャラしてる

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:23:02.19 ID:Y6vSRtfq0
>>357
すまない、スキャナがないんだ(´・ω・`)

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:23:12.93 ID:6QcppnfT0
■無題

     (゚Д゚)
    ( ゚д゚ )
  ( ゚д゚ )( ゚д゚ )
( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )     ( ゚д゚ )

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:24:47.31 ID:qZfcye+y0
>>360
こっちみちゃいけない!

362 :349:2006/01/27(金) 23:29:49.84 ID:1f4+FToo0
では詳しく。

今日の20時から、近所のファミレスでミーティング。
中三〜高校生くらいのグループ。大学生以上の人は指導者として来ている。そっちは60歳くらいまで。僕は高三(18)。

件の中三は、ミーティング始まった直後に少し遅れて来た。
席がなくて立って話を聞いて来たので、自分の隣りに座らせた。
彼の分まで資料が無かったので、二人で仲良く右端と左端持ってしばらく話を聞く。時折冗談を言うと素直に笑ってくれる。その無垢さがたまらん。中三じゃなくてもっと幼く見える。

一緒に座ってるだけでは淋しいので、その後その子の髪をいじくって遊ぶ。「ほら、猫耳〜」とかやって他の出席者に見せて遊んでた。その後は肩をぺったりくっつけてみたり、身を乗り出して話を聞く時に必要以上に密着してみたり。

他の出席者が持っていた小説の扉絵が、ヒロインが押し倒されてるシーンで、それを覗き込んでにやつきながらも顔を赤くしてるその子を、肩に手を回してからかってみたり、どさくさに紛れて「ちんちんおっきしたっていってみ?」とか言ってみたり。

そして帰る頃になると、その子がドリンクバーのメロンソーダを残して帰って行ったので、「もったいないから飲んじゃえ」とか言って間接キスに見事成功してみたり。

いちゃついている間は凄く美味しい気分だった。ホント可愛ーよ。まっすぐこっち見てくる視線が無邪気でさ。あんな目で見られたら、だれでもクラクラきちゃうと思うよ…

363 :349:2006/01/27(金) 23:30:31.19 ID:1f4+FToo0
長文スマンです。つい興奮してしまった。

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:33:38.44 ID:mDv07trM0
何のミーティングだったのか気になる。

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:35:35.54 ID:gOAuTiHF0
(*゜∀゜)

366 :349:2006/01/27(金) 23:50:43.36 ID:1f4+FToo0
>>364
秘密。秘密結社なのです。世界規模です。

2年くらい前に、「いつか俺のものにしてやりたい…」とかちらりと思ったのは、ここだけの秘密だ。

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:51:22.45 ID:oC9SCyxa0
>>359
( ゚∀゚)ノシ 気にすんな。ごめんよ無理言って。
>>362
セクハラぎりぎりのレポ、乙。
近いうちにおまいが訴えられる事を祈っておいてやる。

キーーーウラヤマシカ

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:53:18.41 ID:mDv07trM0
>>366
把握した。

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:55:33.53 ID:Vzz42Pmg0
やはり空気嫁ない。

SS投下良い?

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/27(金) 23:59:33.90 ID:aDjeDQ7B0
どうぞー。

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:03:27.65 ID:+GMz5q8r0
すぐに終わりますんで。
ついでに前のは上のほうにポツポツ落ちてます。

その日以来2人が話す事は無くなった。
2人とも互いを気にしながらも避けるように行動し、その姿は周りが見ても不自然であった。
そんな事が続いたある日、日直だったコウは職員室からの道、あの教室の前で立ち止まった。

そういえば、あの日はセイちゃんが日直だったっけ…
セイちゃん…もう話す事もできないの?

ガタン…
目の前の教室から音がする。コウは今にも零れそうな涙を堪えてその教室の扉を開けた。
そこにはセイが机に腰を掛け外を見つめていた。
「セイちゃん!!」
それを見るとコウはいてもたっても居られず、思いきりセイに抱きついていた。
「セイちゃんごめんね。あんな事言ってごめんね。」
セイは何も答えない、それでもコウの口からは言葉が止まらなかった。
必死にごめんねと続けるコウを見て、セイの口から少し笑いが漏れた。
「あやまるのはオレの方なのに、コウってばおかしい」
「おかしいのかな…?」
「おかしいよ」
「うん、セイちゃんが言うんだからおかしいんだよね」
いつしか教室からは笑い声であふれていた。

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:04:50.19 ID:+GMz5q8r0
「あのさ、コウ…」
「まって。たぶんね、今いっしょの事考えてると思うんだ」
そう言うとコウは目を瞑り顔を少しセイに近づけた。
それは初めてのコウからのおねだり。セイはそれを見て黙って唇を重ねた。
「ん、はぁ…ぅんっ。…セイちゃんだいすきぃ」
セイは何も言わずに再び唇を重ねる。それでコウは満足だった。
好きという言葉を言ってはくれない、でもその分キスで返してくれる。
今はそれが分かってるから、コウはセイの気が済むまでその気持ちを受け止め続ける。

クチュ、チュパ…
放課後
2人きりの教室から水音が漏れる。


以上。第一部(?)完。
簡潔に書こうとすると説明不足になるジレンマ。

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:11:33.78 ID:pdhZs8ry0
GJ!
どの記述が必要でどれが必要じゃないかの見極めって難しいですよね。

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:18:03.65 ID:h98JPcn30
っていうかスカモンとチューモン・・物凄く声優豪華やんorz

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:18:08.42 ID:+GMz5q8r0
>>373
やっぱり見極め難しいですよね。
投下してから
あの文要らん、ここ説明不足やー!!
となる事が多いです。

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:19:01.46 ID:h98JPcn30
>>374
ブゲラ、果てしなくGo back.

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:25:51.17 ID:NRetzIqG0
>>372
乙!とてもよかった。ラブラブいいわー。

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:35:59.73 ID:+GMz5q8r0
>>377
どもー。途中セイの死亡フラグが何本か立ちましたが、なんとか未然に防ぎましたw

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:37:51.59 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>372
    i_ //レイノl^ とてもよかったと思うのー。こういう話大好きなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ    乙なのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:47:47.95 ID:+GMz5q8r0
>>372
こういう話大好きって言ってもらえて嬉しいのー

ホントは小さい頃って好きな子をいじめちゃったりする所を
表現したかっただけだったりします

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:49:00.00 ID:f4wG1j2Q0
>>375
過去の失敗を自作に反映させてこそ、ショタ作家への道が開けるのです!


等という細かい事はどーでもいいから第2部第2部!( ゚∀゚)=3 ムッハ‐

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:49:00.36 ID:+GMz5q8r0
>>380
安価ミス…
>>379
×>>372
自分に…orz

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 00:56:14.43 ID:+GMz5q8r0
>>381
なるほど!!失敗は成功の母だもんな!

2部?そんなものは皆の記憶から抹消された頃に来るものさ!( ゚∀゚)=3

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:04:44.26 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>383
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  マッタリと続きを期待してますのー。 
      __,li~,lリゝ   もちろん他の人の続きも期待してるのー。
__`(6∩しし∩.__

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:20:46.32 ID:XQRlyn2L0
保守

きーちゃんの続きうまく書けなくて別のを書いてたらかなり長くなってきてしまった。

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:22:26.89 ID:+GMz5q8r0
>>385
wktkwktk
どっちも超待ってる。でも無理するな

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:29:24.80 ID:+GMz5q8r0
>>386
すまんちょっと訂正させてくれ。何故命令口調…(:´Д`)
×無理するな
○あまり無理はするなよー

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:39:47.05 ID:XQRlyn2L0
サー、イエッサー!って言いたくなったじゃないか

いまんとこSF冒険官能小説になってます。

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:44:12.33 ID:FQMT10cd0
SFてなんか新しい。すご読みたい。
無理しない程度にがんばれ(`・ω・´)

…軍モノもいいな
萌えないショタは悪いショタだ 萌えるショタはいいショタだ
本当にこの世は天国だぜー!

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:47:08.64 ID:XQRlyn2L0
よし、前半投下。

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:47:30.40 ID:XQRlyn2L0
<<艦長日誌 宇宙暦53819.2 探査目標の地球型惑星に到着。
 船体バリア形成に必要なシルディオンの天然鉱脈が存在する可能性があり、降下して調査することにした>>

 ごつごつした岩ばかりの惑星の上で、銀河艦隊士官の服に身を包んだ二人の少年が、岩壁に開いた洞窟の前に立っている。
「ベテルバーグ艦長、どうやらこの洞窟の奥にシルディオン鉱石が集中しているようです」
 色白の少年が探査装置(スキャナー)の表示を見て言った。
「わかった、ベータくん」
 艦長と呼ばれたもう一人の活発そうな少年がうなづく。
「でも、艦長って呼ぶなって言ってるだろ?リュカでいいよ。どうせ二人だけなんだし」
 彼らの乗るC級深宇宙探査艦「エンノイア」は、重要度や危険度の高くない探検に使われる小型の宇宙船で、クルーはリュカとベータだけだった。
「ですが、艦隊の規律が……」
「んもー、固いなぁ。もっとやわらかーくやわらかーく」
 リュカはベータのほっぺたをつまんでグニグニと引っ張った。
「にゃにするんでひゅか」
「うーん、ボディは機械とは思えないくらい柔らかいのにな」
 艦隊ではアンドロイド兵が採用されている。ベータもそのうちの一体だった。ちなみに正式名称はDT0928-βという。
 人間の士官の中には、アンドロイドを物扱いする者もいるが、リュカはそうではなかった。
 外見年齢が近いこともあって、ベータを友人のように思っている。
「OKかな?ベータくん」
「……わかりました、リュカさん」
「よし、じゃあこの中に潜ってみるか。レアもののテトリオン鉱石の鉱床が見つかったら大手柄だ」
 意気揚々と洞窟に入っていくリュカの後を、ベータはやれやれといった様子で付いて行った。

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:48:08.52 ID:XQRlyn2L0
「わあ、これはすごいな」
 最深部まで到着すると、そこには広大な地底湖が広がっていた。
 水は不思議なエメラルド色に光っている。シルディオンが溶け出している証拠だ。
「このあたりの岩は全部シルディオン鉱石のようです」
「純度を調べてくれる?鉱床の広がり具合と埋蔵量の見積もりも」
「わかりました」
 ベータはスキャナーとデータリンクし、演算を始めた。
「それにしてもきれいだな。バーチャルデッキのデータに保存しておこうか……ん?」
 急に水面が波打ち始める。
「なんだ?うわっ!」
 いきなり蛇のようなにょろにょろした物が多数飛び出してきた。
 リュカは慌ててブラスターガンを構える。
 やがて、湖の底から醜いヒキガエルのような巨大な化け物がのっそりと姿を現した。
 蛇に見えたのは、化け物の身体中から生えている触手のようだ。
「知的生物には見えないな」
「たしかにグロテスクですが、かといって危険な生物とは限りませんよ」
「いや、ボクには分かる……こいつはヤバい」
 化け物の4つの瞳は、明らかに獲物を狙う目をしている。リュカの本能がそう感じていた。

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:48:23.77 ID:XQRlyn2L0
「来るぞっ」
 ひゅん、と音を立てて触手がリュカたちをめがけて振り下ろされる。
 それをさっとかわして、リュカはブラスターガンを化け物に向けて発射した。
 しかし、化け物の体表でビームが弾き返される。
「なっなんで!?」
「バリアです!周囲のシルディオンを利用してバリアを張ったんです。はっきり見えました!」
「生物がバリアを張るなんて聞いたことないぞ……」
 化け物は次々に触手を繰り出してくる。
 ベータは計算された動きでそれらを避け続けるが、生身のリュカにそこまでの反応速度はない。
 すぐに限界がきた。
「うわっ」
 触手に巻きつかれ、高く持ち上げられる。
「リュカさんっ!……ッ!?」
 リュカに気をとられたベータが、触手の横なぎで跳ね飛ばされた。
 壁に叩きつけられ、保護機能が作動して機能停止する。


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:48:50.15 ID:XQRlyn2L0
「ベータくん!?くそっ、放せっ!」
 いくらリュカがもがいても、触手が緩む気配はない。
 それどころか、さらに何本もの触手が身体中に巻きついてきた。
「やっ、首筋に……」
 ぬらぬらした触手が首に巻きつき、ぞわぞわっとした感触に襲われる。
「あ、こら、服の中にっ、うああああ……」
 服の隙間から触手が入ってきた。
 化け物はすぐにリュカを殺そうというわけではないようだ。
 触手どもは何かを探るように、リュカの肌の上を這い回る。
「んっ、ひゃっ、股間は、だめっ」
 お腹の方へもぐりこんだ触手が、股の間へと入り込んでくる。
「気色悪い、はず…んっ、なのにぃ」
 内股やチンチンがヌルヌルとこすられ、不覚にも感じてしまう。
 ぎりぎりと締め付ける触手に固くなった乳首が触れて、リュカは悶えた。
「ううっ、あああっ、んぐっ」
 開いた口に別の触手が滑り込む。
 触手の先が開き、いぼいぼのついた棒状の器官が口の中で暴れ始めた。
 一方、会陰部を過ぎた触手は、ついに肛門までたどり着く。
 触手はリュカの肛門にぐにぐにと粘液をなすり付ける。
「ん、んんんんんんっ!」
 触手が突っ込まれた口から声にならない悲鳴が上がった。
 お尻の触手からもいぼいぼの器官が現われ、リュカの肛門に深々と突き刺さる。

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:49:06.43 ID:XQRlyn2L0
「うううっ、えぐっ、えぐっ、あうぅぅぅ!」
 ぐちゃぐちゃと乱暴な触手の前後運動にリュカは泣き叫ぶ。
 地球から遠く離れた宇宙の外れで化け物に陵辱される。
 そんな状況は、艦隊の厳しい訓練を潜り抜けたリュカといえども耐えられるものではなかった。
 それでもチンチンをはち切れそうに勃起させる自分が情けない。
「んんっ!?」
 ずにゅずにゅと体内でうごめいたいた触手が、急に動きを止める。
 次の瞬間、リュカはお尻の中にどろりとした液体が広がるのを感じた。
 口の中にも苦い汁が吐き出される。
「うええええ…」
 再び触手が激しく動き始めた。
 喉の奥まで触手は遠慮なく入り込み、肛門にはねじるような動きを加えて出し入れされる。
 穴からじゅぽじゅぽと汁が漏れるほど、直腸内をなぶられる。
「えううううっ、ふぐぅぅぅぅぅっ!」
 びゅくびゅくびゅくっ、ぴゅるるっ!
 前立腺を強烈に刺激され、たまらずリュカは射精してしまった。
「うう……」
 脱力したリュカの身体を化け物はさらに攻め立てる。
 壊されちゃう……とリュカはぼんやりした意識の中で思った。

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:50:23.50 ID:XQRlyn2L0
これでだいたい半分かな?続きはもう少しお待ちを。

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:58:52.35 ID:+GMz5q8r0
>>396
乙ー。まさか触手プレイが来るとは(*´Д`*)

SFなんて書けるのすごいな。
自分書こうとするとなぜか全部現代物だよ
脳内ファンタジーなのに不思議だ。

>>389
軍ものかぁ。

「本年より新しく少年兵部隊ができる事になった。
皆、子供だと言って甘ったれた考えを持っているのならここに居る必要はない!」

だめだ上手くいかない。おつむの弱さが露見した。

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 01:59:40.08 ID:f4wG1j2Q0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・) ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:00:18.12 ID:FQMT10cd0
触手キタ━━━(*゚∀゚*)━━━!!

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:03:48.60 ID:XQRlyn2L0
スタートレック風にしてみた。SFというよりスペースオペラだな。

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:04:23.93 ID:F32uAqbZ0
触手に思いがけずちんちんおっきした

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:12:42.47 ID:OWi+dbur0
こんばんは。
とりあえず、現スレここまで収納。
タイトルはかなり独断です。
気に入らなかったら、適正なタイトルに修正or教えてください(´・ω・`)

403 : ◆777sUJiuYE :2006/01/28(土) 02:14:27.50 ID:mBBZlWUF0
SFって、

ショタのおしりに
フリクス

の略じゃないんですか><

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:14:33.98 ID:BxU4Yxi10
>>402
おつかれさま〜

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:14:41.48 ID:XQRlyn2L0
>>402



406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:14:59.26 ID:XQRlyn2L0
「弟よ、SFとは何の略かね?」
「えーと、サイエンスファンタジー?」
「ちがーう!
 シ ョ タ フ ァ ン タ ジ ー だ !」

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:16:57.25 ID:+GMz5q8r0
>>402
乙ですー。
ところで…収納されてしまったSSを消す事は可能ですか…?

ゴメソ保守の時に自分が書いたどうでも良いSS消したいんだorz

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:18:39.07 ID:FQMT10cd0
>>402
乙ー(`・ω・)ノ

>>406
ワロスwww

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:19:53.62 ID:OWi+dbur0
多分、管理者の人じゃないと消せないと思います。

でも、どんなSSでもショタスレの財産です。
投稿してしまったからには逃れえぬ。

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:24:39.57 ID:+GMz5q8r0
>>409
まさか収納されると思ってなかったから
そうか…残念。(´・ω・`)

これからは無駄に文書くのやめよう。

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:24:40.01 ID:BxU4Yxi10
>>407
俺だって恥ずかしいけど、俺だってばれないし、気にしてないんだぞwww

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:24:40.36 ID:FQMT10cd0
>>407
(´・ω・`) モッタイナス

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:26:56.72 ID:OWi+dbur0
>>410
そんなこと、言わないでよ…
どれか、わかんないけど…俺、兄ちゃん達のSS全部、全部大好きだからっ!

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:29:50.83 ID:+GMz5q8r0
>>413
小ネタだから1人で一杯題名があるのよぉー(ノ∀`)
テラハズカシス。

>>411
そうだな、全部著者不明欄だから気にしない事にするwww

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:31:31.62 ID:FQMT10cd0
その心意気やよし!

(゜∀゜).。oO(うっかり書いた小ネタが収録されてない俺は勝ち組み…!)

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:34:14.89 ID:f4wG1j2Q0
>>410
あそこに無駄な文なんてひとつもない!
けど加筆修正したいときは編集をクリックすれば
出来るようになってるって前に管理人が言ってたような気がする。

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:35:20.34 ID:OWi+dbur0
>>413
特定しますたwww

>>415
なんだと

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:35:45.13 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>396
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  乙なのー。続きが楽しみなのー。 
      __,li~,lリゝ  >>402
__`(6∩しし∩.__ まとめ乙なのー。

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:39:30.78 ID:snypSL+IO
乱立で100レスくらいで落ちた所にのってたのは、まとめにないね。

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:39:39.26 ID:TnVP+Fwe0
最近のVIP板は同性愛者の避難所になっているな。

そっちの板はあるんだからVIPと関係ないスレの乱立は止めておけ。

適度なネタスレならともかく最近のは嫌悪感しか生まない。何事も程ほどに。

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:40:49.67 ID:f4wG1j2Q0
そういやシグと誰かの深夜の小ネタがないな。
微妙にスレ違いだから載せてないのか?
あのばかばかしいやりとり結構好きなんだけど。残念

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:43:01.71 ID:snypSL+IO
ただ単にスレが落ちたから載ってないだけかな?

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:44:32.76 ID:FQMT10cd0
( ゚д゚).。oO(その誰かさん今もいるんじゃないかなー)

深夜〜朝方のメンバーは固定気味な気が

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:46:25.38 ID:+GMz5q8r0
>>423
( ゚∀゚)ノシまさかおまいか!

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:48:15.09 ID:FQMT10cd0
おぉ眠くて意味のないレスしちまった
落ちたスレ80くらいまでなら持ってる

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:49:17.68 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>421
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  ショタレンジャー番外編は、一応自分で保存してますのー。まとめに載せた方がいいかなー? 
      __,li~,lリゝ  あの小ネタは好きなのー。
__`(6∩しし∩.__ お腹すいてきたのー。

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:49:45.64 ID:OWi+dbur0
>>420
同性愛とは違います><

と言いつつも、数字もイける口な俺は、ちょっと最近微妙なのだがどうすればいいだろう

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:53:16.39 ID:FQMT10cd0
>>424
スマン( ゚∀゚)ノシの人じゃなかった

ログあるけど例によって例のごとくどうすればいいかわからん…
ためしに、ちょっとwikiいじってみる

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 02:54:28.49 ID:XQRlyn2L0
乱立といわれても一ヶ月も続いてるスレだしな

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:10:47.60 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  ほしゅなのー。 
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:11:39.29 ID:FQMT10cd0
飛鳥氏の猫耳少年の抜けてる分追加してきました。
たぶん、あれでいいはず…
変だったら修正お願い(´・ω・)ノシ

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:17:28.06 ID:BxU4Yxi10
>>431
おつかれさまー

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:19:44.31 ID:FQMT10cd0
シグたんと誰かさんの会話はまた後日やる
もう疲れた(;´Д`)

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:21:10.53 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>431
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  乙なのー。僕もショタレンジャー番外編をまとめにアップしといたのー。 
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:21:18.71 ID:usWRnePl0
兄ちゃん…いきなり部屋に入ってくるな…コワス

自分の物致命的なものだけ修正するか…しかし致命的なのが多すぎるな

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:23:07.32 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>433
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  わざわざすみませんなのー。 
      __,li~,lリゝ   お疲れ様なのー。
__`(6∩しし∩.__

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:23:55.45 ID:FQMT10cd0
>>434
乙なのー。見てきたのー


( ゚д゚).。oO(書けた分だけうpして寝るかな…)

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:25:15.44 ID:Zl6+lnwH0
ktkrwwwwwwww
ttp://37514.net/pc/weblog/home/mol/archives/blog20060122.html


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:27:48.33 ID:FQMT10cd0
>>328のつづき

それを言えば嫌われえるかもしれない。
気持ち悪いと蔑まれるかもしれない。
誰に嫌われても構わない。だけど、孝彦にだけは拒まれたくない。
それだけは、雅人には耐えられない。
しかし。
チャンスはもう、今日だけなのだ。
今を逃せば、孝彦に2度と会えないかもしれない。
それにもし、いや、ほぼ確実だが、例え白い目で見られたとしても、それで孝彦の記憶に残るのなら本望かもしれない。
それが忌まわしい記憶だとしても、孝彦の思い出に永遠に刻まれるのなら。
例え雅人にとっても忌まわしい記憶になったとしても。
今しか、ない。
唇が震える。
「あ、あのね」
顔を見れない。うつむいて、孝彦の靴をみつめる。
「き、」
心臓が痛い。
走り回って泥だらけになった、孝彦の靴。
「き、キス…したい…たか君と…」
頭の中で、血の流れる音がゴウゴウと響く。
泥だらけの、靴。
孝彦の靴。靴下。足。
「いいよ」
――声。

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:28:13.89 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>437
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  どうもなのー。アップわくわくなのー。 
      __,li~,lリゝ   疲れたら無理はいけないのー。僕ももうすぐ寝るのー。
__`(6∩しし∩.__

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:29:28.39 ID:FQMT10cd0
雅人は恐る恐る顔を上げた。
孝彦の表情は、恥ずかしがっているようにも、困っているようにも見えた。
ただ、侮蔑の色は見られなかった。
それだけで雅人は安堵した。
「い、いいの…?」
「うん」
全く嫌じゃないのか、それとも本当は嫌なのに我慢しているのか、淡々としたその返事からは判断がつかない。
でも、いいと言われたのだ。
やるしか、ない。
逸る気持ちを抑えて、孝彦の頬にそろりと手を伸ばす。
孝彦はそれに合わせ、ゆっくりと瞼を伏せる。
睫毛がかすかに震え、その微動に誘われるように、一気に唇を合わせた。

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:29:58.17 ID:FQMT10cd0
想像していたような甘さはなかった。
カサカサと乾いた感触。
これが、孝彦の心なのだろうか。でも、それなら、なぜ許したのだろう。
「ねぇ、もう1回いい…?」
確かめたい。
もう1度すれば、もっと柔らかくて甘い味がするかもしれない。
しかし、孝彦は雅人と目を合わせようとしない。
床をみつめたまま、足で軽く土をこする。その動作が、はっきりと拒絶を示していた。
「なんで…?」
だって、いいよと言った。雅人のことを嫌ってはいないのだと思った。
「なんで……!」
呼吸が苦しい。
緊張、安堵、失望。めまぐるしい変化に心が悲鳴をあげる。
孝彦は雅人を見ようとしない。
なぜ、今になって拒むのだ。こんなに、こんなに雅人は苦しいのに。
孝彦の腕を掴み、強引に引っ張る。
目が合う。
驚愕と恐怖に見開かれたその目を見た瞬間、頭が真っ白になった。
わかっていた。
本当はずっとわかっていた。
孝彦とキスがしたかったんじゃない。
孝彦を手に入れたかったのだ。
手に入れて、雅人だけのものにしたかった。

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:30:06.33 ID:dSqxgO94O
年上♀×年下♂って無いの?

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:32:25.02 ID:FQMT10cd0
( ゚д゚).。oO(文体がキモイ気がする。嫌なら見んといて)
(;;゚д゚).。oO(なんでキスするだけでこんなバカ長くなるんだろう…)

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:33:13.84 ID:FQMT10cd0
>>443
まとめに収録されてるよ

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:34:52.13 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>443 あんまりないみたいなのー。
    i_ //レイノl^ >>444
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  全然キモくないのー。とてもよくて続きが気になったのー。 
      __,li~,lリゝ   文章から、2人の心情が伝わってくるのー。乙なのー。
__`(6∩しし∩.__

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:36:36.86 ID:usWRnePl0
>>444
心理描写も分かりやすくて
そんなに気にするほど長くないと思いまっせ

続き楽しみにしてる。

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:38:07.25 ID:FQMT10cd0
ありがとう。つづき頑張る(`・ω・´)ノ

449 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:42:47.22 ID:XQRlyn2L0
SF冒険エロ小説後編行きます

450 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:43:13.73 ID:XQRlyn2L0
<<システム・オールグリーン、DT0928-βリブート完了>>
「はっ」
 ベータがセーフモードから復帰する。
「……艦長?艦長っ!?」
「ん……あぅ……はぅっ」
 ベータの視覚センサーに飛び込んできたのは、化け物に捕らえられ辱めを受けているリュカの姿だった。
「今助けます!」
<<原則1項適用。身体制御リミッターオフ>>
 目覚めたベータに気がついた化け物が、ぎろりとベータを睨み触手を飛ばしてきた。
「こんなもの……っ!」
 ベータは両手で触手をつかみ引きちぎる。
 普段は負荷のことを考えて押さえられていたパワーが、人命救助のために最大限発揮されていた。
「はあああっ!」
 湖岸から一気に化け物の本体へと飛びかかり、渾身の一撃を食らわせようとする。
「ギイイイイッ!」
 あと少しで拳が届くというところで、化け物がバリアを発生させる。
 障壁に阻まれ、反発力で岸まで吹っ飛ばされるが、今度はうまく受身を取り、すぐに体勢を立て直す。


451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:43:28.51 ID:XQRlyn2L0
「これは厄介ですね。近づけても攻撃できないとは」
 ベータは、いまだ触手にぐるぐる巻きにされているリュカの様子をちらりと見た。
 少しうっとおしいときもあるけど、それでもベータにとって、銀河艦隊長官や製作者などよりずっと大切な人間だ。
 たとえ自分が犠牲になっても助け出せ。そう自らのプログラムが命令していた。
 もう少しがんばってください……!
 そのとき、リュカの唇がわずかに動いているのに気がついた。
(ブラスター…周波数を…1960に…水面を……)
 確かにそう言っている。
 その意味に気がついたベータは、迷わずブラスターを抜き、周波数を設定して湖面を撃った。
 ブラスターの照射を受けた湖面が明るく輝き、光の床のようになった。
「ギアアアアアッ!?」
 半身を水に沈めた状態だった化け物の身体が、水面に沿って引き裂かれる。
 リュカの指示した周波数は、シルディオンを励起させる数値。
 水中に溶けたシルディオンが反応し、湖面すべてを使ったバリアフィールドが発生したのだった。
 化け物の身体がぐらりと揺らぐ。ドボン、とバリアが溶けた湖面にリュカの身体が落ちた。
 ベータはすぐさま地底湖に飛び込んだ。

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:43:48.77 ID:XQRlyn2L0
「大丈夫ですか?艦長」
「うー、げほっげほっ」
 ベータに助け出されたリュカは、湖岸で介抱されていた。いまや化け物はベータに止めをさされ完全に絶命していた。
「ひどい目に会いましたね。かわいそうに」
「まったくだよ。ヘンな汁を身体の中に注がれるしさぁ」
「汁?ちょっと失礼。アーンしてください」
 ベータが指をリュカの口の中に入れた。しばらくしてベータが眉をしかめる。
「まずいですね。極小の寄生体が粘膜にくっついてます」
「えええっ」
「あの生物の幼生か何かでしょうか……船に戻れば除去できますが」
 この洞窟の奥から船に戻るのは時間がかかる。だが、寄生体の身体への影響がいつ出るのか分からない。
「仕方ありません、何とか私がここでナノマシンを合成してみます。
 私の有機ユニットを汚染から防ぐための免疫ナノマシンを改良すれば、応急処置になるでしょう」
「お願い」


453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:44:21.60 ID:XQRlyn2L0
 しばらくして、ベータは言いにくそうに口を開いた。
「用意できました。それで艦長、その、私の身体には医療器具とかナノマシンを体外に出す機構とかないんですよね」
「?」
「ですから、ナノマシンは口移しってことになります……」
「い、命には代えられないし。……いいよ」
 リュカは目をつぶって唇を突き出した。
「艦長、そんなに力まなくても」
「……リュカと呼べって言ってるだろ」
「はい、リュカ」
 ちゅ、とベータの唇がリュカの唇を奪う。
 リュカは思いのほかしっとりとやわらかくてあたたかいその感触に驚いた。
 ベータの舌がリュカの唇をそっと割って入ってくる。
 ナノマシン入りの唾液が流し込まれ、舌でかき混ぜられる。
 舌の裏や歯茎、頬の内側、とベータの舌がくちゅくちゅと舐めまわす。
 隅々までナノマシンを行き渡すためだと分かっていても、なんだか変な気持ちになってくるリュカであった。
 ベータはキスをしたまま、リュカのあごを持って上に向けさせた。
 そのまま、またトロトロと唾液が注がれる。
「……飲んでください」
 言われるままに、リュカはそれを飲み込む。
 それを見て、ベータはさらに治療を続けようと舌を絡めてきた……。


454 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:44:41.06 ID:XQRlyn2L0
「ん、はぁ」
 ベータが口を離す。
「はふぅ、まさか男の子タイプの君とキスするなんて思わなかった」
「私が女の子型ならよかったですか?」
「うーん、まぁ、ベータくんならむちゃくちゃ嫌ってことも……いや、なんでもない」
「ああそうだ。お尻のほうも、やられたんですよね」
「え、あ、うん。ってまさか」
「下からも失礼しますね。胃液にはナノマシン耐えられませんし」
 やむなく、リュカは四つんばいになってお尻をベータに向けた。
「ひっ」
 肛門を舐められて、思わず身を引く。
「ごめん、さっき奴にされたこと思い出しちゃって。ガマンするから、続けて」
 リュカを怖がらせたくないと思ったベータは、記憶アーカイブの中からある行動サブルーチンを引き出した。
「リュカさん、力を抜いてください。優しくしますから」
 ベータは片手でリュカのお尻の膨らみをゆっくりとなで、空いてるほうの手でリュカのチンチンを軽く握った。
「ふひゃ……な、なに?」
「安心してください。私には様々なテクニックがインストールされています。リュカさんに負担のないように治療を実行します」
 誰がインストールしたんだそんなものと思いながら、リュカはベータの愛撫に身をゆだねた。

455 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:45:00.00 ID:XQRlyn2L0
 ちゅ、ちゅ、とお尻をついばむようなキスをベータは繰り返す。
 リュカのチンチンはいとおしげにしごかれて、すっかり大きくなっていた。
 アナルに唇が触れる。
「あっ、ん……」
 肛門のしわをなぞるように舌が這う。リュカを脅かさないよう、ベータは出来るだけゆっくりと舐めた。
「は、ふぅぅぅぅぅぅ」
 リュカは大きく息を吐き、お尻の筋肉を緩める。
 穴の中に舌が入ってくるのを感じても、リュカはリラックスしたままでいられた。
 ベータの唾液が直腸に塗りこまれていく。ちゅぷちゅぷといういやらしい水音が聞こえる。
「はぁ、はぁ、んん、きもち、いいかも」
 友人と思っていたベータにこんなことをされるのはたまらなく恥ずかしいが、一方で未知の快感にリュカは打ち震えていた。
 肉体的なものというより、精神的な快感だ。
 リュカはすっかりアナル舐めの虜になっていった。

456 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:45:17.65 ID:XQRlyn2L0

「どうもうまく注入出来ませんね」
 舌を肛門から引き抜いて、ベータが言った。
「……入れて」
「え?」
「チンチンからも、ナノマシン出せるんでしょ?入れていいから」
 ベータにも性器はついていて、セックスも可能だ。
 そして、リュカの言うとおり、ナノマシンは擬似精液にも混ぜることが可能だった。
「わかりました……」
 ベータはズボンからチンチンを出す。
「こっちは、人間と同じで刺激しないと出ないんですが……」
「ベータくん、ボクのお尻で気持ちよくなってくれる?」
 顔を真っ赤にしたリュカがか細い声で言う。そんなリュカを見て、ベータのAIは3ミリセカンドくらいクラっときた

457 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:45:34.52 ID:XQRlyn2L0
「行きますよ」
「ああああん、ベータくんが入ってくるぅ」
 熱くて硬い肉棒がリュカの中に進入する。
「嫌じゃありませんか?さっきのことを思い出したりとかは?」
 一度根元まで入れてから、ベータは尋ねた。
「ん、いける。だいじょぶ。あいつと違って、ベータくん優しいし」
「動きますね」
 ぬちぬちとチンチンが抽送される。唾液と腸液が混ざり合って潤滑剤のようになり、スムーズにチンチンが動く。
「はぁんっ、だめ、気持ちよすぎぃっ!」
「ふぅっ、リュカさんの中、素敵です……」
「ボク、イッちゃうよぉ、あっあっ」
「構いませんよ、んぅっ、思う存分、イッてください」
 ストロークが少しだけ早くなる。
「出ちゃう、出ちゃうーっ!」
 びゅるるるるるっ!びゅっびゅーっ!びゅるぅっ!
 洞窟の地面に白い汁が飛び散る。
「私も、そろそろ、あっ、回路が焼け付きそう、排熱が、間に合わない、あっ、あああっ、ああっ!」
 どびゅびゅびゅっ!びゅぅーっ!びゅるん!びゅるっ!
「ベー……タくぅん…………」
 お湯のように熱い擬似精液がリュカの中でたぎる。リュカは幸福感に包まれたまま、意識が遠のいていった。

458 :たった一つのエロいやり方:2006/01/28(土) 03:46:03.34 ID:XQRlyn2L0
<<艦長日誌 宇宙暦53823.3 惑星重力圏からの離脱に成功。
 惑星のシルディオン鉱床は有望だが、事前に原住生物の対策が必要であると思われる。
 なお、降下作業中、原住生物に口と肛門から体液を注がれてしまったが、DT0928-βのセックス機能により事なきを得る>>

「ってこんな日誌提出できるかあああああああっ!」
 リュカはバンと宇宙艦ブリッジのコンソールを叩いた。
「艦長、報告は正確に、ですよ。入れてっておねだりしたこととかも記録しとかないと」
 ベータがニヤニヤ笑って言う。ニヤつくアンドロイドも珍しい。
「なんか楽しんでないか?ベータ君」
「そりゃ楽しいですよ。リュカさんと親密になれたんですし」
「友達になりたいとは思ってたけどさぁ」
「かわいかったですよーリュカさん。あのときの映像は私のメモリーの一番大事な箇所にしまっときます」
 ベータはそう言って頭をこんと叩いた。
「私たち、公私共にいいパートナーになれるといいですね」
 こうして、後に「伝説の二重連星」と呼ばれる名提督リュカ・ベテルバーグと副長ベータの新たな旅が始まったのである。

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:46:20.29 ID:aetyThxB0
                  , -─-r─-、_, -- 、---、
                _∠   _`__⌒Y ヽ _`ヽ- 、
           / _, -‐   '´  _  、 `Y´ ̄`ヽ⌒  ヽ
          イ , -┴<´ /   /  , ┴-、) _ `Y -、`ー、
        / | |/      /    ヽ     Y´  `ヽ   ヽ ヽ
          / ヽ\, -‐-、l     (  、__    __  ヽ ート、 下、
       /     ヽ\   (   ⌒X^ヽ ´ ̄` Y´  `く ト、  ハ Yハ
      ,′    ヽ i ⌒`ト、_ノ {   (_   {       Y  } // ',
        i        | |   ゝ   ーイ ̄ ̄`ヽ、}ィ´ ̄`ヾ    ノ :| |  l
        |         | |_人    }         }     ┤ ⊥ | | |
        |         | |  `  「 /   ー〈  _人   ノ_  l  ゝ| | |
       / ⌒ヽ     | |  ( ヽ 」     ヽ 、|   厂´ 人__ | |  l
     ′ ⌒ヽヽ   ヽヽ  } 厂`ゝ-      i}  ′ ´  ` // /
      | {  ,ヘL._  | |メ⌒ー〜^ゝ_人 __ノ^ヽ_八--┴< | h
      l ゝヽ不:::::::;下┤::::;ィ ⌒ヽ::ヽ:::::ヾ:::::i}:::/::::::/:;ィ ⌒ヽ:::ノ|| /
       \ 、⊥ト、::゙ヽ:::\{ (●) }:{:::`ヽ::l::;勹{:::::/:::{ (●) }:::://
         `ヽ、フヽ\::::\::ゝ___ノ::_::::::∨二ヽ/ヽ::ゝ___ノノl |
           ヽ   ヽ\:::\::\::::::`ヽY_/し⌒Jレ::/:::/::/,イ!
           ヽ   ヽ\_::::ト、`ー-ミ/( ○,:○)ヾ:::イ:://  /
             \  `ヽ. i:::::}::l>:ト,-'ニニヽ彳::/::l /   /
                  \  | lー≦彡:::>ヾ二ン"ム::メ::::| |i /
                   >上ヒ二:::::ノラ「ミT爪戈>┴'′
              , -イ::::/〈::`卞ー-k┼十ァ个、ヽ

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:47:01.23 ID:XQRlyn2L0
以上ですー。
長すぎてごめん。調子こいてくだらんアクション入れちまった

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 03:51:30.30 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ >>460
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  乙なのー。面白くてエロかったのー。 
      __,li~,lリゝ   続きも書けそうな感じなのー。
__`(6∩しし∩.__

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:01:59.11 ID:GUHIiJ4X0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  寝るのー。おやすみなのー。 
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:02:25.45 ID:wW7bAQRf0
( ゚∀゚)ノシ おやすみーシグ

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:03:18.96 ID:wW7bAQRf0
>>459
(p_q)怖いよう怖いよう

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:14:41.28 ID:wW7bAQRf0
((゚д゚三゚д゚))あり?誰もいない?

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:18:45.27 ID:s4GoYH0R0
>>465
いるいる
>>458で萌えてたところ、突然の>>459の登場で少々心臓にダメージ。

遅くなったけど>>458乙!

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:25:47.05 ID:wW7bAQRf0
(´・∀・`)ほっ466氏がいた。
今日は職人さんがいっぱいいて賑やかでいいねぇ。
一番盛り上がってる時に寝てた俺は負け組みですか。そうですか。

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:32:47.98 ID:s4GoYH0R0
>>467
大丈夫。一番盛り上がってた時に兄が部屋に乱入してきた俺も負け組みだからorz
お願いだから見てるときに来ないでくれ…

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:36:01.37 ID:wW7bAQRf0
>>468
( ´∀`)HAHAHA うちなんて妹が乱入してくるぞ。
慌てすぎてケツの奥がキューーってなる。
PC覗くときには気をつけてほしいよな。
ショタが好きなんてバレたら家でバイキン扱いされてしまう。

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:40:46.76 ID:wW7bAQRf0
んじゃ調べ物するのでしばらくドロン!

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:44:36.32 ID:s4GoYH0R0
>>469
妹ヤバスwww

慌てすぎて兎に角IE閉じたら開いたままだったメモ帳(SS書き込み済)
が目の前に現れて死ぬかと。
さっきからエロSS書いてたなんてばれてたらどうしよう状態さ。ハハハ

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:48:58.66 ID:OWi+dbur0
俺は、Wiki編集してるところ父親に見られたぞ。
目がわるいから大丈夫!
だと信じたい。

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:50:44.05 ID:XQRlyn2L0
俺は部屋に一人でいると天井の隅から視線を感じる

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 04:55:59.40 ID:s4GoYH0R0
>>472
そう、きっと大丈夫さ。
一回目は何か作ってたん?とか言われたし。内容はばれてない!
ええ、2度目ですorz

>>473
ちょwwww
…まぢですか?

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 05:20:55.79 ID:XQRlyn2L0
ショタ幽霊なら歓迎なのにな

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 05:35:23.25 ID:s4GoYH0R0
それなら2人でも3人でも良いな。

きっとその幽霊は
「ひっく…ぼくずっと暗いところに居て…ひとりで居るの…ひっく…怖くって…」
みたいな子だと信じているよ。

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 06:09:33.72 ID:s4GoYH0R0
保守

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 08:34:29.30 ID:zhpvnI4GO
幽霊なら犯しても何の罪にもならないのにな・・・

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 09:15:21.31 ID:zhpvnI4GO
おまいら化学大好き土よう塾(NHK教育)が始まりますよ

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 09:47:34.89 ID:zhpvnI4GO
誰もいないのか・・・
つまんね

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 10:16:26.68 ID:zhpvnI4GO
ほしゅ

482 :朝方組に行きたかった・・・@飛鳥:2006/01/28(土) 10:20:48.40 ID:kbBH0RFS0
おはようございます・・・・
親に寝ろといわれたので仕方なく寝てしまいました・・・・・
誰か居るかな?(´・ω:;.:...

483 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 10:34:43.81 ID:kbBH0RFS0
誰も居ないのか・・・・今日は絶対4時まで寝ないぞ|`・ω・)

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 11:09:48.77 ID:BxU4Yxi10
ぐっも〜にん!
ほしゅ

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 11:35:50.32 ID:snypSL+IO


486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 11:41:10.16 ID:fELY9QBW0
>>478
それもらった

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 12:10:07.85 ID:slBudvA60
ほしゅ

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 12:12:06.28 ID:Zl6+lnwH0
うはwwwwww↓見れwwwww
ttp://37514.net/pc/weblog/home/mol/archives/blog20060122.html


489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 12:45:49.66 ID:BxU4Yxi10
ほしゅするよ〜

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 13:32:09.10 ID:BxU4Yxi10
ほしゅね

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 13:55:22.09 ID:FQMT10cd0
ほしゅ

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 14:20:53.78 ID:BxU4Yxi10
貴方の肩に落ちかかるその桜の花びらに
僕はちょっぴり嫉妬を覚えます。

鈍い寒さを残す夜に
ぬくもりさえ感じられそうなほど

さざめき渡る人の流れに
息遣いさえ聞こえそうなほど

すぐ隣にある貴方という存在に
僕は幾度も手を伸ばしかけて躊躇する。

次々に沸き起こる
このやわやわとしてそぞろな
かけがえのない恋しさを
貴方はわかってくれるでしょうか?

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 14:22:05.73 ID:BxU4Yxi10
>>492
ほしゅだけど
いつものように、兄を思ってショタが書いたと脳内補完たのむ

494 : ◆777sUJiuYE :2006/01/28(土) 14:38:02.38 ID:mBBZlWUF0
このスレのSSクオリティ高すぎ。

>453-
触手出てきた時はどうしようかと思ったが、見事キメてくれたぜ!!
この調子でガンガン頑張ってー

おまけ
http://www.uploda.org/uporg297603.png.html

495 : ◆777sUJiuYE :2006/01/28(土) 14:39:27.91 ID:mBBZlWUF0
俺のIDが





496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 14:53:25.31 ID:wJQjkR+x0
>>494
エロい(´д`*)
絵がめっさ上手いですね〜
>>495
むしろ未確認飛行物体www

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 14:53:31.93 ID:BxU4Yxi10
>>494
おまけかわえー

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 15:18:07.62 ID:XQRlyn2L0
>>494
毎度すばらしいイラスト有難う

(*´Д`)ハァハァ

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 15:45:08.50 ID:BxU4Yxi10
ほしゅ〜

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 16:11:18.00 ID:BxU4Yxi10
┃    ┃ ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┃━┏┃< ほしゅをしても一人
┃ ━ ┃ \_____


501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 16:25:32.18 ID:4Hhsv+Hi0
>>492
とてもいいね・・。

>>494
エロくてとてもいい!絵柄も好きだ。

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 16:28:44.83 ID:BiXEZnRDO
どうぞ
http://k.pic.to/5o4s3

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 16:38:16.65 ID:jjnJcbUN0
土曜なのに人いないね。

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 16:40:16.92 ID:jjnJcbUN0
>>502
(*´Д`)'`ァ'`ァ GJ。一番上の左から2番目が好き。

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:03:57.21 ID:BiXEZnRDO


506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:23:32.95 ID:BiXEZnRDO
保守(;゚;д;゚;)

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:23:33.66 ID:4Hhsv+Hi0


508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:32:40.87 ID:2ofau16pO
虹うp
http://k.pic.to/5o12g

どなかブリジットたんの画像くださいませんか?
クレクレ厨うざかったらヌルーしてくだしい

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:47:38.07 ID:l13fmHWz0
未確認飛行物体という言葉で何かを書こうと思ったが中々上手くいかない保守

>>508
GJ。ヌコミミが好き(*´д`*)
そしてゴメソ持ってないんだ。

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:48:21.36 ID:jjnJcbUN0
>>508
前にも見たけど乙。
俺は持ってないなぁ。スマソ

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:53:57.57 ID:BiXEZnRDO
>>508
今探してきた
http://k.pic.to/5oirc

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 17:55:30.10 ID:4Hhsv+Hi0
>508
シグ萌え

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 18:07:57.30 ID:2ofau16pO
>>511
わーい♪ありがとですっ

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 18:38:13.75 ID:BxU4Yxi10
ほしゅです

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 18:58:20.55 ID:XQRlyn2L0
保守協会の者です

516 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:06:38.91 ID:kbBH0RFS0
あー。SS書き上げたが・・・・萌えでもエロでもなんでもない話になってしまったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ どうすることもできなかった・・・・

517 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:18:52.65 ID:kbBH0RFS0
人居ますかね?( ・ω・)居たらエロすらないSSを投下しようかと・・・

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 19:19:27.15 ID:XQRlyn2L0
いるいる

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 19:21:26.29 ID:2ofau16pO
いりゅー

520 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:31:07.21 ID:kbBH0RFS0
じゃあ投下しますか・・・・
続き物なんで見ないと話わからないかもです・・・
http://homupi.jp/sokusekihp/

>>201
おまけに
前々スレの812さん(あいまいなんですが・・・)が書いてくれた絵です。
http://homupi.jp/sokusekihp/157095.html
じゃあはじめます・・・

521 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:32:49.63 ID:kbBH0RFS0
猫耳キャラもう一人登場させたいと思ったらどんどん話が膨れ上がってしまいました・・・投下。


蓮と過ごしてもう1ヶ月もたつ。時間の流れとは早いもので。
もう蓮も外に出ることに慣れ、俺と買い物に行くことも増えていった。
「秋兄ちゃん!!プリン欲しいな〜。」
「はいはい。落ち着いて・・・・」
蓮はプリンが好きになったらしく。買い物に行くたびにプリンを買うのをねだる。
そして買い物を終わらせたあと。家に帰って夕飯を作る。この日課が続いていた。
でも今日は少し。いや、かなり違った。
秋はいつもの通り鍵を取り出し、ドアの鍵をあける。
そして家の中へと入る。そこにはいつもはないものが見えた。
「・・・・あれ?」
「どうしたの?秋兄ちゃ・・あれ?」
そこには帽子を深く被った一人の少年が居た。その少年はじっとこちらを見ている・・のだろうか。
「あ・・・空き巣?!!!・・・・・でもなさそうだな・・・なんだろこの子」
秋はその帽子を深く被った少年に近づく。少年は後ずさりする。
「なあ。何しにきたんだ?ていうかどうやってこの家に入ったんだ?」
少年は少し無言で蓮を見て、口を開いた。
「・・・・・探してるんだ。」
そういうと蓮に近づいていく。
「探してる・・・?」
「・・・・そして見つけた。」
少年は蓮の間近の場所で止まった。
「へ?何々??」
「・・・・・やっと見つけた・・・・祐!!!!!」
そういうと少年は蓮に抱きついた。
「へ?え?えええ???」
「え・・・・えーと・・・・・あのさ・・・その・・・抱きついてないで・・・えーと。詳しく教えろ?な?」
秋がそういうと。蓮から少年を剥がし。テーブルに座らせた。

522 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:38:01.42 ID:kbBH0RFS0

えーと。何から聞こうか・・・・
「えーと。どうやってここから入った?」
少年は無言で天井を見た。そこには板がずれてる。
「・・・・あんたは忍者か・・・」
そう秋がつぶやくと再び少年を見つめ直す。
「・・・名前。なんだ?聞くの忘れてたわ」
「・・・・凛(リン)」
「ふーん・・・あのさ。さっき祐って言ったけど。どういうこと?何かこいつのこと知ってるのか?」
秋は蓮のことを指す。
「・・・・・・知ってるさ。」
凛はそういうと蓮のそばに行き。蓮の帽子を取った。
「あッ!!何やって!!」
秋が驚くのを無視して凛も帽子を取った。
凛の頭にあったのは。獣の耳。
「・・って・・ええ??」
凛が口をポカーンと開けている秋に近づき、言った。
「詳しく話してやるよ。気が済むまでな。」
このあと。秋に聞かされる話とはどんな話なのだろうか・・・・。


523 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:38:54.79 ID:kbBH0RFS0
凛と秋は再びテーブルにすわり向き合う。蓮は・・眠いのかベッドで横になってしまってる。
「・・・で。詳しく教えてもらおうか。・・・しかし・・・何について教えてもらうのがいいのか・・・・」
秋は質問の量が多すぎてどれから聞けばいいのか迷う。
しばらく二人は沈黙になった。

「・・・じゃあ俺が勝手に話す。いいか?」
永遠と思われるようなこの沈黙を破ったのは凛。秋は凛のその言葉に黙って頷いた。
「・・・じゃあお前らに無い。これのことについて話そうか。」
凛がそういうと自分の猫耳を指す。
「実はな・・・・まあ現実離れして信じられないかもしれないんだが。俺たちは人体実験されていて。その実験体なんだ。」
「・・・・え?はぁ?」
凛が突然わけわからないことを言って。秋は顔をしかめる。
「人体実験て・・・今でもやってるわけ?」
「あぁ。秘密裏でやられててな。孤児とか見つけては拾って実験してたんだよ。」
そういうと凛は蓮のほうを見た。
「あいつと俺も・・・その中の一人。いろいろとやられててな。」
「んぁ。実験されたのはわかった。で。その実験内容とかはどうなんだ?」
「・・・意外とあっさり受け止めるんだな。信じないと思った。」
「いや〜たぶん俺も1ヶ月前だったらさ、そんな話聞かれても全く信じなかったと思うけど。あれ見ちゃったらねぇ、サンタクロースも信じるな」
秋は蓮を指しながらそう言った。
「・・・・その実験内容はな。人間の細胞に動物の細胞を組み込むことさ。」
凛は淡々とその事実を話したが。秋は口を押さえて顔をしかめた。
「・・うぇ・・・結構グロい・・・」
「・・・もちろん次々と実験された奴は死んでいったさ。だか偶然にも生き残った奴が出た。」
「・・・・それがお前と蓮?」
秋がそう聞いてみたが、凛は首をひねった。

524 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:39:40.14 ID:kbBH0RFS0
「蓮?誰だそいつ。」
「へ?こいつのことだけど。」
秋が蓮のほうを指すと、凛はうなだれた。
「・・・また人格が増えたのか・・・・」
「え・・・・は?・・・まてまて。人格が増えたって・・・」
「ん?気付かなかったか?祐は多重人格障害だぞ。」
秋はその事実に頭がこんがらがった。凛はその事実に関してさらに詳しく話した。
「その実験場に居た実験される奴らは結構荒く扱われていたんだが。祐の扱いがひどかった。」
そういうと凛は蓮の顔に触れた。
「強姦だよ強姦・・・こいつは・・・いつもひどい目に合わされていた・・・・」
秋はもう黙ることしかできなかった。情報の整理に精一杯なのだろう。
「その扱いでのショックが大きかったのかわからないが・・・祐の人格が2つに割れた。うれしいことを受け止める、聖。もうひとつは悲しみを受け止める人格、祐。」
そう話しながら凛は蓮の顔に手をかざす。
「ベースは・・・祐だったな・・・うれしいことなんてほとんど無かった。だよな?祐。」
そういうと凛は手を蓮の顔から離す。すると蓮はゆっくりと起き上がった。
「そうだね・・・うれしいことなんて・・・」
その顔は・・・・あの怪しい目・・・
「・・・・お前・・・別人格だったのか・・・」
秋がやっとのことで口を開いた。
「うん・・・・騙すつもりは無かったんだけれどね。ごめんね。」
そういうと祐(?)は凛の方を向く。
「祐・・・こんなとこにいたらあいつらに見つかっちゃう・・・いい隠れ家見つけたんだ。そこに行けば見つかることなんて・・・」
そういうと祐(?)は少し黙った後。口を開いた。
「凛・・・僕はここに居た方が楽しい。あんな毎日怯えるような日々に戻りたくなんかない。」
「祐・・・・わかった。俺は隠れ家に戻るよ。」
「ゴメンね・・・凛・・・」
そういうと凛は家を出ようとする。秋はそれを呼び止めた。

525 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 19:41:25.89 ID:kbBH0RFS0
「凛・・・だよな。お前この家に居たらどうだ?」
「・・・あいにくそういう性格ではないからね・・・・」
そういうと凛は再び玄関へと向かった。
「・・・・そうか・・・・あ、じゃあさ!」
その声に、凛は再び秋のほうへと振り向いた。
秋は少し言うのをためらったが。少し間をあけてこう言った。
「隠れ家の場所・・・・教えてくれよ・・・」



ここまでしか書いてません・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:00:07.59 ID:l13fmHWz0
>>525
乙ー。なんと人格増えてますがな!
続きwktk

あとその絵汚くてゴメンネごめんね(ノ∀`)・゚・。

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:00:20.04 ID:XQRlyn2L0
乙。人体実験かー。

俺にもショタ神が降臨して>>450-458の別の話が書けちまった。
また長いが投下していいか?

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:00:43.31 ID:Qdb35zon0
http://yaplog.jp/seiyadayo/

529 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 20:02:58.57 ID:kbBH0RFS0
>>526
貴方様ですか?!?!
いえいえ。とてつもなく。とてつもなく美しいでございますとも。( ゚∀゚) あのときの喜びは忘れない・・・
>>527
wktk

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:04:20.52 ID:XQRlyn2L0
 このSSを読んではいけない。早くスクロールして。読めばあなたは動揺するだろう。
 ここには真実は欠片もない。ここに書かれているようなことはなかったのだ。
 綺麗さっぱり忘れて他のレスを読むがいい。


531 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:04:41.43 ID:XQRlyn2L0
<<航星日誌 宇宙暦53908.4 植民惑星からの救難信号を受信した>>

「動力炉のパーツがない?」
 小型宇宙艦の少年艦長リュカは、惑星ショタヨルのオペレーターに尋ねた。
『はい、地球本星に…呼びかけて…るのですが、物資が届くま…保つかどうか……』
 通信機からの声は雑音が混じっていてうまく聞き取れない。
「ベータくん、この船の予備パーツのリスト出して」
「こちらです」
 少年型アンドロイドの副長ベータがデータパッドを差し出す。
「亜空間制御プラグはまだ余ってるな……よし、お分けしましょう」
『本当で…か!ありがとうござ…ます!』
 リュカはショタヨル星の座標を聞き、通信を切った。
「変ですね。その座標の星に入植した記録はないのですが」
 ベータが首をかしげる。
「たまに記録漏れがあるんだ。そういう星は気づかれるまで地球からの支援が届かない。
 動力炉が暴走したら大変だ。最短コースで向かおう」
 リュカはコース変更をコンピュータに指示しながら言った。
 このとき、彼らは自分たちが恐ろしい罠にかかるとは、星屑ほども思っていなかったのである。

532 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:04:57.09 ID:XQRlyn2L0
 目的地への到着をコンピュータが告げた。
「植民基地が一つだけ。人数もそう多くないようですね」
 ベータが惑星をスキャンする。
「着陸ビーコンが出ています。降りますか?」
「ああ、降下シークエンス開始」
 誘導に従って着陸すると、迎えに来たのはみな思春期前後の男の子だった。
「ようこそショタヨルへ。僕がここのリーダーのイヴァンです」
 そう自己紹介したのも、12歳くらいの少年である。
「リーダーって、大人の人は?」
「いません。いや、いなくなった」
 イヴァンの話によると、近くの恒星からの特殊な放射線を浴びて、植民者達はことごとく死に絶えてしまったのだという。
 しかし、Y染色体を持つ男子ならば、大人になるまでは生きていられるのだそうだ。
「短期間の滞在なら被害はありません。それに、遺伝子工学でこの問題も解決しつつあります」
「ですが、その前に動力炉が壊れてしまっては元も子もなかった」
「持ってきていただいた亜空間制御プラグは早速取り付けます」
「あなたたちは基地で休んでいてください。ささやかながらお礼のパーティーも用意しています」
 少年たちが口々に言う。
「じゃ、お言葉に甘えるか」
「リュカさんは先に行っていてください。私はこの放射線症の話を聞いてみたい」
「わかった」

533 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:05:14.35 ID:XQRlyn2L0
 基地のホールで開かれたパーティーに出席していたのも、やはり少年たちばかりだった。
 リュカはきょろきょろと姿を現さないベータを探しながら、もてなしの料理を食べ歩く。
「ベータくん遅いな。興味を持ったらとことん調べる癖があるからなぁ……」
「どうですか?ベテルバーグさん。ショタヨル産の野菜の味は」
 イヴァンが話しかけてくる。
「ええ、おいしいですよ。この赤いのはなんです?食べると身体が熱くなるような気がするんですが」
「ふふ……食べたね?」
「ふきゃっ」
 イヴァンがいきなりリュカの頬をなでた。普通に触られただけなのに、やけにくすぐったい。
「一種の媚薬なんだよ。ほら、もう抑えられなくなって来るよ」
「あ、ああ」
 リュカは足の力が抜けて、床に座り込んだ。チンチンはすでにビンビンになっている。
「楽しもう……ここで永遠に」

534 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:05:29.87 ID:XQRlyn2L0
「んぢゅ、んぢゅ」
 チンチンをしゃぶられる感触にリュカは身動きできなくなっていた。
「久しぶりだなぁ、外の人のチンコ。んむっ」
「ふああああん」
 身体を弓なりにしてリュカがあえぐ。
 すでに周りは乱交状態になっている。あちらこちらで少年同士が身を寄せ合い、嬌声が上がっていた。
「ねえ、僕のも気持ちよくして」
 別の少年がリュカの口元にチンチンを差し出す。頭がぼんやりしてきたリュカは、抵抗もせずそれを口に含んだ。
「じゅぷっ、じゅぷっ、ぷふぅ、実はね、大人や女は放射線で死んだんじゃないんだ」
 イヴァンが竿をねぶりながら言う。
「みんな男の子になっちゃったんだ、ちゅくっ」
「そ、そんなことって……」
「このショタヨルでは、人間はみな少年になり、大人にはならない。それ、いっちゃえ」
「ん、んんあああああっ!」
 リュカはチンチンの吸い上げに耐え切れず射精してしまう。
「ああ君のお汁、おいしい」
 イヴァンは自分の顔に飛んだ精液を指で掬い取って舐めた。

535 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:05:46.38 ID:XQRlyn2L0
「この植民地を滅ぼさないため、僕たちは遺伝子工学で子供が産める身体になった」
 リュカの上にまたがったイヴァンは、肛門にリュカのチンチンをあてがった。
「もっとも、セックスはこうするんだけどね」
「あ…っ」
 にゅるんとリュカのチンチンが肛門に飲み込まれる。
「あっ、あーっ、あああーっ」
 びゅくびゅくっびゅるっ!
「入れただけでいっちゃったんだ。いいよ、君いい!もっと出してよ」
 恍惚の表情で、イヴァンは腰を上下に振り始める。
「後の問題は…うあっ…遺伝子の多様性だ。すべてを遺伝子工学で合成するのは、んっ、よくないからね」
「だから、ぼ、ボクたちを、ひゃうっ、外の人間を呼び寄せた?あっ、やっ!」
「察しがいいね。でもまさか少年士官とは。来訪者が、あんっ、少年化するまで待たなくてすんだよ」
 イヴァンのチンチンはぷるんぷるんと振られて、リュカのお腹の上に先走りを飛ばす。

536 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:06:01.56 ID:XQRlyn2L0
「イヴァンさまぁ。この子のお尻に入れてもいい?」
 また違う少年がやってきて言う。
「ははっ、この子はまだ赤ちゃん産めないよ?」
「でもぉ、がまんできなぃ」
 リュカのアナルに少年のチンチンが突き刺さる。
「うあああっ、やだっ、そんな、前と後ろから、ああっ!」
「ふぅんっ、チンコ、まだ大きくなるん、だっ」
 イヴァンの肛門がぎゅっとすぼまる。するとチンチンを締め付けられたリュカもお尻に力が入る。
「んっ、んっ、んっ、んっ、やはっ、あああっ」
「いっ…いいっ、オチンチンいいっ!んんーっ!」
「ああっ、はぁぁぁっ、ひぁぁぁぁっ、べ、ベータくん……」
 真っ白な意識の中で、リュカはベータのことを思い出した。
「あの、ロボットなら、今頃バラされて、資材にされてるよ」
「なんだって…んぶぅぅぅっ」
 抗議の声は、再び口に押し込まれたチンチンにかき消される。

537 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:06:16.75 ID:XQRlyn2L0
「くうぅうううぅっ、僕ももうっ!」
 イヴァンがスパートをかける。リュカのチンチンで腸液がかき出され、イヴァンのアナルの周りがべとべとになっていく。
 リュカに挿入している少年も、杭を打ち込むかのように強く打ち付け出した。
「いくっ、出る、出るぅぅぅぅッ」
「ひああああああああんっ」
「ああああっ、イッちゃうぅーっ!」
「んんんんんんっ、んぅぅううううっ!」
 どびゅどびゅびゅるびゅくびゅううううびゅるるるるるぴゅぴゅーっ!
 4人の射精はほぼ同時だった。
 口と、お腹と、お尻の中に精液を浴び、自らもイヴァンの中に出したリュカは、さすがにぐったりとしてしまう。
 何とか首を動かしてホールを見回すと、そこら中で獣のようなセックスが繰り広げられており、むせ返るような精液の香りが立ち込めていた。
「まだまだ足りないよ。もっと精子をくれないと。みんなを妊娠させるまで、帰さないから」
 怪しく微笑むイヴァン。

538 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:06:37.62 ID:XQRlyn2L0
 イヴァンが再び腰を動かそうとしたとき、ホールの外から爆発音が上がった。
「なんだ!?」
『えーえー、ショタヨルの諸君。我が艦長を解放しなさい。次は威嚇でなく、量子魚雷で動力炉を狙いますよ』
 ベータの声がスピーカーから聞こえてくる。
「ベータ君!」
「あのロボットか!くそ、別働隊は何をやってた!」
 イヴァンはお尻からチンチンを抜いて立ち上がった。
 すると突然、ホールの照明が落ちた。少年たちに動揺が広がる。
(艦長、お迎えに上がりました)
 リュカの耳元でベータが囁いた。アンドロイドは暗闇でも赤外線が見える。
(船は?)
(自動操縦でそこまで来ています。行きましょう)
 ベータはリュカを担ぎ、猛烈なスピードで走り始めた。
「逃げられた?追えっ!」
 イヴァンが指示するも、ベータの足に追いつける者はいなかった。

539 :ショタヨルという名の星:2006/01/28(土) 20:06:55.67 ID:XQRlyn2L0
<<航星日誌 宇宙暦53910.0 ショタヨルから脱出に成功。
 危険度Sの惑星として艦隊司令部に緊急アラートを発信する>>

「今回もひどい目にあったな。なんか最近性的なピンチが多い気がする……」
 艦長席に落ち着いたリュカがぼやくように言った。
「ベータはよく捕まらなかったな」
「襲い掛かってきた者は全員、超絶技巧で腰砕けにしました」
「あ、そ、そう」
「それにしても、あの星、気になるなぁ」
「未練がおありですか?まあ、あんな複数プレイはなかなか出来ませんもんねぇ」
「いやいやいや、銀河艦隊がどうするのかって話だ」
「危険宙域として惑星系が封鎖され、後は放置でしょうね。植民政策のミスですから公には出来ないでしょう」
「そうか……連中、あそこでずっと少年たちだけで暮らしていくわけか」

 これがSSだ。少年たちが宴を開き、交わり続ける楽園の話だ。
 しかし銀河艦隊は、この星の存在をひた隠しにし、実在しない星だと繰り返している。
 もしかしたら、彼らは今も肉欲の日々を繰り広げているのかもしれない。
 以上である。繰り返すが、このSSには真実は何一つない。

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:09:02.50 ID:XQRlyn2L0
以上ですー。

ちなみに元ネタにしたSF小説は「スズダル中佐の犯罪と栄光」(「鼠と竜のゲーム」に収録)で
タイトルは「ショイヨルという名の星」からパクリました。

作者のコードウェイナー・スミスに殺されるな、俺w

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:16:30.72 ID:XQRlyn2L0
保守

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:20:54.68 ID:l13fmHWz0
>>540
おつー。
良かった。次も楽しみにしてる!!

…まだ途中だけど流れに乗ってSS投下していい?

543 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 20:23:34.92 ID:kbBH0RFS0
>>540
乙・・・輪姦(*´д`*)ハァハァ

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:32:15.58 ID:dV3qpIIQ0
おはようございました。
寝すぎた(´゚ω゚`)
保守。

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:33:11.55 ID:4Hhsv+Hi0
>>525
乙!

>>540
乙!

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:46:38.37 ID:XQRlyn2L0
保守

あー、ショタになってショタの乱交してみたい。

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 20:59:43.97 ID:pU4ieK580
みんなに聞きたいんだが、
ショタになりたいって願望を持つのも
ショタなんだろうか。

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 21:07:14.67 ID:XQRlyn2L0
ショタへの憧れは失われた少年性への憧れではないか

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 21:09:18.51 ID:E6/HxybJO
>>547

限りなく同一に近づける幻想
それもまた、“好き”の表現方法の一つなんじゃない?

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 21:31:26.29 ID:XQRlyn2L0
保守

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 21:41:29.81 ID:pdhZs8ry0
SFエロカッコヨスwwww
乙であります!
>>547
僕もおとこにょこ好きだが、お兄ちゃんに頭撫でられたりとか憧れる。

…と言うわけで、僕の明日のミッションは中学生連中の引率の模様。

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:00:44.83 ID:XQRlyn2L0
保守

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:04:50.70 ID:XQRlyn2L0
沈むの早いな
さすが土曜

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:15:42.94 ID:XQRlyn2L0
一人しかいないのか保守

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:17:06.39 ID:8Hs1EYl+0
途中だけど人居ないようだし

                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 投下するよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:19:26.31 ID:8Hs1EYl+0
上の方にあった未確認飛行物体というフレーズよりの妄想

帰り道、俺は不思議な光を目撃した。山に向かって落ちる光。
それは流れ星のように美しく、しかし何か違和感があった。

「…なんだよこれ……」
近づいてみると遠くからは光にしか見えなかったそこには
巨大な船、人にはUFOと呼ばれる物体が浮かんでいた。
文字通り目が釘付けになった俺の目の前に船から一筋の光
そこから現れた生命体は俺の予想とは全く違い人間の形をしている。
端正な顔立ちのまだ幼い少年。俺はその少年から目を離すことができなくなった。

「システムレッド…メインシステムニ異常アリ……スタディーモードニ移行シマス」
少年から機械的な言葉が繰り出される。
「やはりそっちは異常が出たか…」
後ろからもうひとり少年が顔を出す。目があった。
「この星の方ですね、驚かせてすみません。」
「あ…いえ…」
「我々は旅の途中この宙域を通っていたのですが、
 船に異常が起きてしまいこの地に不時着しました。」
いきなりの宇宙人との遭遇、はじめは驚きしかなかったが、今では恐怖を覚える。
「…安心してください、我々がこの地に何かしらの干渉をする事はありません。
 ただ…船の修理には少々時間がかかりそうで、申し訳ないのですが今すぐに出て行くこともできません。」
安心しろと言われた所で出来るわけもない。ただ…
本当に申し訳なさそうに俯いてしまった少年をみて、俺は少年を信じてみようと思った。
「分かった。信じるからそんな顔するな。」
「ありがとうございます。あとお願いがあるのですが…私たちのことは内密に…」
「分かった…、でもこんなデカイ物すぐ見つかるだろ?」
「大丈夫です、今はステルス機能を起動してますので。見つかったのが貴方だけと言うのも幸いでした」
見上げるとすでに船は目視する事ができなくなっていた。

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:20:14.47 ID:8Hs1EYl+0
その後も少年が説明していると、もう1人の少年が説明している少年の服を引っ張った。
「そっちは…?」
「先ほどの着地の際少々手荒な方法と取ってしまったため、衝撃でシステムに異常が出てしまったんです」
「システム?」
「ええ、我々の星には言葉が存在しません。なので旅に出る際頭に言語認識システムを埋め込みました。
 他の星に立ち寄る際にはここにデータチップをはめ込むとその星の言語が使えるようになるのです」
というと少年は髪を掻きあげた。そこには小さな穴に何かがはめ込んであった。
「ですがどうやら彼はチップを読み込む事が出来ないようで、今は言葉を喋る事が出来ません。」
「治るのか?」
「問題ありません。とは言っても船の修理が優先ですから、暫くはそのままですが
 まあ、現在は学習モードに入っていますので少しずつ言葉も覚えていくでしょう」
言葉を喋れない少年を見つめると、ニッコリと屈託のない笑みが返ってきた。
その純粋な笑みは俺に一つの事を思わせた。

この子達の力になりたい

「俺にも何か手伝える事あるか?」
すると、2人は顔を見合わせるとお互いの手を合わせた。
目を瞑り集中する。どうやらこれがこの子達の会話らしい。
「…そうですね……では船が治るまでの宿を…お願いできますか?」
「…俺の家で良いのか?」
「どこでも構いません。本当はここで良いのですが、折角ですからこの星の文化にも触れてみたいので」
「分かった。まぁ少し狭いが、俺の家に泊まってくれ」
こうして俺の家には二人の居候が出来た。

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:20:40.06 ID:8Hs1EYl+0
「所で名前は何て言うんだ?」
家に着くと、まず2人の呼び方に困った俺は名前を聞く事にした。
「有りません。言葉が有りませんので必要無いのです」
「…」
「ですが前立ち寄った所では私はリオ、彼はロアと名乗っていました」
「リオにロアね、俺は天津幸祐よろしくな」
「はい、よろしくお願いします」
リオと手を交わす。すると今までちょこんと座っていたロアが俺の袖を引っ張った。
「ん…どうした?」
「きっと貴方の名前を言えるようになりたいんでしょう」
純粋に見つめてくるロアに困惑しているとリオが助け舟をだす。
それを聞くと俺はロアの前にきちんと座りなおして目を見た。
「いいか?幸祐だ。こ・う・す・け。言ってみな」
「…お……おう…?」
「こうすけ…だ」
ロアはとても難しそうな顔をしながら一生懸命に俺の名前を呼ぼうとする。
オウムに言葉を教えているような気分だったが、その一生懸命な姿はとても可愛らしかった。
「こう…す…け」
「そうだ!俺の名前はこうすけ。ロアもこれからよろしくな」
「こうすけ!こうすけ!」
俺が喜んでる姿を見てちゃんと言えたと理解したロアは喜びの余り俺に抱きつき
覚えたばかりの言葉を嬉しそうにずっと繰り返していた

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:21:05.74 ID:8Hs1EYl+0
その後俺たちは疲れていたのかすぐに眠りについた。幸いにも今日は土曜。仕事も無しだ。
突然の宇宙人との遭遇、しかも現にその宇宙人はこの家に居る。俄かに信じられるものではない。
なんと言っても見た目は地球の人間と同じなのだから。それでもあの船やら頭の穴やら…
信じなければやってられない事が多かった。

「起きろー!」
「…おはようございますコウスケ。」
「こうすけ!お…?」
「おはよう、だ」
ロアに「おはよう」を教えると俺は朝飯の準備を始めた。
今までと違い3人分。机に食器を並べていく。
「食事…ですか?」
「そうだ。ここでは朝・昼・晩と1日3回食事を取るんだ。リオたちはどうだったんだ?」
「私たちには食事という文化はありません。エネルギーは自分で生成できますので」
「…て事はこれ無駄か?」
なけなしの金で三人分の食事を用意したというのに…
「いえ、折角ですから頂きます。特に必要ないだけで食べられない訳ではありませんから」
「了解。それに食文化に触れるというのもこの星を知るには良いだろ」
「はい」
そういうとリオは席に着く。ロアはさっきから俺の周りをうろうろしている。
どうやら気に入られたらしい。
「っと、それでは。いただきます」
「いただきます」
席につき手を合わせるとリオもロアも俺の真似をして手を合わせ、箸を手にもつ。
見事に箸を使いこなしてるリオとは反対に初めて箸を見た外国人のようなロア。
何から何まで正反対な2人は傍から見るととても滑稽だった。
「ところで、2人の居た星ってどんな所なんだ?」
「…何も無いところです」
リオの手が止まった。

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:21:28.22 ID:8Hs1EYl+0
「機械技術の発達した星で、生命と呼べるものは何もないところです」
「生命?…って事は…」
「はい。私たちがあの星最後の生命体という事です」
「…悪い事聞いた」
「いえ、気にしていません」
何事も無かったかのように食事を再開する。俺は気まずい雰囲気のまま箸が宙を切っていた。
「こうすけ!」
それに気が付いたのかロアが俺を呼び、安心させるようにニコニコと笑って…
「あーあー何やってんだ…」
見るとロアの周りには食べかすがボロボロとおちていた。
顔についた米粒を取ってやりスプーンとフォークを渡すとまた嬉しそうに笑う。
思わず苦笑する。
食事を済ませると、リオは船の修理に出かけると言う。
「ロアは一緒にいかないのか?」
「今回は損壊状況の確認だけですから、それに…」
リオの目が下に行く。見るとロアは俺にぴったりくっついていた。
引き剥がしてまで連れて行くことも無い。そう悟ったのだろう。
「あー…ロアには言葉教えておくよ」
「助かります、あ、後、貴方の料理美味しかったです。」
「分かった。次も旨いもん期待しとけ」
どうやらリオには料理が気に入られたらしい。同居する身としては良いことだ。
それが例え宇宙人だろうと

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:22:25.47 ID:8Hs1EYl+0
とりあえずここまで。
脳みそ足りてない俺には難し過ぎたぜ

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:25:36.99 ID:pdhZs8ry0
GJ!
SF書ける人すごい。これからの展開に期待〜

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:26:11.45 ID:FQMT10cd0
>>561
(*´∀`)ノ乙ー
つづきwktk

564 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 22:26:29.05 ID:kbBH0RFS0
>>561
乙!宇宙人できたか・・・・

俺もSS書くか・・・( ゚Д゚)


565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:26:30.41 ID:4Hhsv+Hi0
乙!続き楽しみだ。

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:27:23.05 ID:FQMT10cd0
ちょっと通りますよ

安価まとめ@

【画像】
>>100,101
詰め合わせ>>502,508,511

【小説】
猫耳少年@飛鳥氏>>118-119,201-204,520-525
きーちゃんの遭難ごっこ@180氏(仮)>>180-185
コウとセイ@218氏(仮)>>218,221-222,266,280,289,313,371-372
雅人と孝彦@318氏(仮)>>318,328,439,441-442
SF(ショタ・ファンタジー)@391氏(仮)>>391-395,450-458
貴方@492氏(仮)>>492
ショタヨルという名の星@531氏(仮)>>531-539
未確認飛行物体@556氏(仮)>>556-560

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:27:57.56 ID:FQMT10cd0
安価まとめA

【絵】
おまけエロス@◆777sUJiuYE 氏>>494

【小ネタ】
おにいちゃん…僕も、僕も大好き!!@75氏(仮)>>75
人が居なくなっちゃったよ…@290氏(仮)>>290
お兄ちゃんこれ咥えてー@296氏(仮)>>296
おっ…お兄ちゃんこれ……@297氏(仮)>>297
また誰も居なくなったね@314氏(仮)>>314
弟よ、SFとは何の略かね?@406氏(仮)>>406

【体験談】
可愛い中三@349氏(仮)>>362

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:28:17.41 ID:ScHc40qX0
最近SSの投下も多くてスレが盛り上がってるな

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:29:15.14 ID:FQMT10cd0
以上です。
まとめ漏れ、ミスなどあれば指摘ください。
タイトルは適当なので、気に入らなかったら【修正希望届け】を出してください。

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:29:43.81 ID:BxU4Yxi10
>>569
おつかれさま〜

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:32:32.34 ID:pdhZs8ry0
>>569
乙!

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:34:32.30 ID:8Hs1EYl+0
>>569
乙ですー。そして真っ先に…
【修正希望届け】小ネタの75は無かった事にしてorz

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:36:39.01 ID:FQMT10cd0
残念、【修正希望届け】はタイトルの変更しかできないんだな。
それがショタスレクオリティー

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:37:10.79 ID:4Hhsv+Hi0
>>569
おつ!

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:40:29.78 ID:XQRlyn2L0
>>569


576 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 22:46:27.45 ID:kbBH0RFS0
あーSS書く前に設定書いてみますか・・・


19歳
大学生。
容姿は「まぁ彼女できるんではないか?」程度。
普段は面倒くさがりだったが、蓮との出会いでだいぶ性格が変わったようだ。
性的行為になると。S気が増し。よく女を泣かせてしまったことがあるらしい。


11歳(?)
人体実験に生き残った一人。容姿は「かわいい、かわいい、超かわいい♪」という感じ
頭に猫耳がついている少年。路上に捨てられていた(?)人懐っこい。明るい性格で、雰囲気を和ませる。
性的行為自体は嫌いらしい。ついでに多重人格らしい。


11歳(?)
蓮の人格のひとつ。性的行為が好きらしく。主に蓮が寝てしまったときに活動する。


12歳(?)
人体実験で生き残った一人。容姿は「かっこいいけど何かかわいい」というようなもの。
頭に猫耳がある。プライドか高く、馬鹿にされたりすると少し怒る。

こんな感じ・・・か?( ・ω・)

577 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 22:47:12.71 ID:kbBH0RFS0
リロードしてなかった(;´Д`)
>>569
乙!

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:52:05.52 ID:pdhZs8ry0
これは流れと関係ないんだが
いま「凍り付いた瞳(め)」というドキュメンタリーの漫画を読んでいる。
実際にあった児童虐待の話がいくつも載ってる。
前半は結局助けられなかった子供とか家族の話で胸が痛むばかりだったが、後半は親子が関係を回復できた話とかで、希望が持てた。

いい作品だから興味を持った人には読んで欲しい。
苦しい思いをする子供が一人でも減るといいなとおもったのです。

空気読まずスマソ。

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:53:33.70 ID:pdhZs8ry0
リロードしてなかった…

>>576
読む人にやさしい飛鳥さん乙!

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 22:55:23.27 ID:FQMT10cd0
>>578
それ持ってる
でもショタスキーにはちょと読むのツライと思われる

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:02:48.53 ID:XQRlyn2L0
ショタ好きはショタっ子の幸せを第一に考えねば。

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:04:50.83 ID:pdhZs8ry0
>>580
そうかぁ。まあ、興味持った人で惨い話を受け止められる人は…ってことで。

いやね。ショタ小説書く足しになるかと思って買ってみた。
そのうちショタスキーでも読むの辛くないようなのSSとか書いて投下したいと思ったり。
ストーリーのある文書いた経験はほとんどないけど、がんばってみる。


583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:15:24.78 ID:XQRlyn2L0
>>582
がんばれ超がんばれ

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:27:39.60 ID:h98JPcn30
ミッチーのコンサート帰りの王子が今北

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:28:10.78 ID:pdhZs8ry0
>>583
ありがとうがんばるよ!
大まかな背景設定とかプロットは書いてあるんだ。これから(大幅に)変わる可能性あるけど。
愛の力でなんとか書き上げますよ!

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:31:21.37 ID:4Hhsv+Hi0
>>584
あら、こんばんわー。

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:45:30.76 ID:pdhZs8ry0
飛鳥さんの投下こないかな〜
wktk

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:46:46.71 ID:slBudvA60
ホモ(オカマ)がショタを犯罪者扱いして叩いてます

少年愛・ショタコン PART2
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1127254177/

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:50:09.51 ID:XQRlyn2L0
こんな人口少ないスレに突撃依頼されても

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:55:02.67 ID:4Hhsv+Hi0
ばけつ氏やなのー氏の続きも期待。

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:56:14.80 ID:FQMT10cd0
見習さんのネットはまだ復活しないのかー
ノエの続きが気になる

592 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/28(土) 23:58:36.00 ID:kbBH0RFS0
さて・・・一通りSS書き上げましたけど・・・人・・・居ますかねぇ・・・・( ・ω・)

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:58:52.61 ID:XQRlyn2L0
かもーん

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/28(土) 23:59:53.98 ID:FQMT10cd0
(0゚・∀・)ノシ

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:00:09.45 ID:Ki6bjy2Q0
いますよ〜

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:00:26.39 ID:EdzwD4I30
まとめサイト見てみたんだが、SSがテラクオリティタカスwwww
ノエとチョコ妖精がお気に入りだったりする。
wktkして投下待とう

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:00:50.41 ID:EdzwD4I30
飛鳥サンキタコレ!

598 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:03:43.26 ID:KvKR/Oov0
さて投下しますか・・・( ・ω・)結構中途半端に終わります・・・・
>>525

「・・・・隠れ家に行きたいのか?」
「ん。まぁ飯とかその辺りの当てがあるのか?と思って。協力できたらいいなー・・・みたいな。」
「・・・・断っても尾行してきそうだな・・・わかったよ。ついて来い。」
そういうと凛はドアを開けた。
「蓮。・・・いや。祐か。俺ちょっと出るから。」
「・・・・・わかった・・・」
そういうと祐はベッドに寝転がった。
それを見た秋は自宅を出て、凛の案内で隠れ家に行くことにする。



599 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:04:27.61 ID:KvKR/Oov0


「・・・・ここぉ?」
「ここだ。」
ついたのはここからあまり歩かなかったが。山奥でかなり目立たないところにあった家。というより屋敷というのがただしだろうか。かなり汚い。
「聞いた話ではある大富豪がものすごい詐欺にあって夜逃げしたそうで。この家を捨ててな。」
そういうと凛は屋敷の中へ入っていく。
「おーい。早く来い。・・・えーと名前・・・・」
「教えていなかったな。秋っていう。覚えとけ。・・・しかし詐欺ねえ・・・・」
秋もどんな詐欺にあったんだろうと思いながら入っていった。
その屋敷の中は外見とは打って変わってかなりきれいにしてあった。電気もつくらしい。
「すごいな・・・住みてぇ・・・」
「だろう・・・ここだとバレナイのに・・・・祐。なんでかな・・・」
「・・・もしかして寝てる場所はふかふかのベッド・・・いいな」
そう秋が言うと、凛は否定した。
「ふかふかのベッドだなんて・・・こっちだ。」
そういうと凛は地下室の方へ入っていった。


600 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:04:54.16 ID:KvKR/Oov0

「へ・・・ここ?」
そこはまるで牢屋のような場所だった。ところどころに鎖がついている。隅のほうを見ると硬そうなベッドがあった。
「俺はここで寝ている・・・・ここは何に使われていたかわからないが。隠れるにはちょうどいい。」
快適ではないがな。と一言付け足したらベッドの方へ向かう。
「眠いんだ・・・もういいだろ。帰ってくれ・・・ん。どうした?」
秋は部屋の隅のほうへうずくまってる。秋は何かをいじってるようだ。
『すげえ・・・手錠に・・・バイブに・・・目隠しもある・・・ここは調教室だったんじゃないか・・・いい趣味してるなぁ・・・』
そんなことを考えているとも思わず。凛は秋のほうへ近づく。
「おーい。何やってるんだ?」
『はー、試したいな。試したいな。あ。後ろにいい奴がいるじゃねえか。試しちゃえ♪』
そう思うと秋は凛の方へ向き。ものすごい速さで手錠をかけた。

601 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:05:37.30 ID:KvKR/Oov0
「は・・・?何するんだ・・・秋。」
「・・・・ゴメン。欲望が抑えられない。」
「はぁ?」
秋は顔がにやけたままそこにあった椅子に腰掛けさせ。椅子に手足を縛る。
「・・・何する気だ・・・」
「さぁ・・・?」
秋はテキパキとその行為の準備をする。凛のボタンシャツをゆっくりと外した。
「・・・!!!!!まさか・・・・やめろ!!」
「うるさいなぁ・・・ははは・・・」
秋は首筋をなめる。しかし蓮とは違いなかなか反応しない。
「う・・・何舐めてるんだよ・・・ていうか外せよこれぇ!!!!」
「うーん・・・首はそんな感じないようだね・・・・じゃあここは・・・」
そういうと秋は凛の猫耳を甘噛みする。
「んはぁっ!!・・・ちょ・・・まじかよ・・・・」
「あー耳かぁ〜そかそか。耳ね。」
秋が一人でぶつぶつ言いながら徹底的に耳を攻めた。
「あ・・・やぁ・・・め・・んん・・」
「体は正直だなぁ・・・面白い」
そういいながら秋は凛の股間へと手を伸ばす。そこには反り返った凛のそれがあった。
秋はそれを撫でながら耳を攻めた。

602 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:06:08.61 ID:KvKR/Oov0
「はぁ・・・んッ・・・やめ・・・ろぉ・・・ぁぁ・・・」
「んーじゃあそうする♪」
秋は凛のズボンを下ろしてその股間部分を晒す。そして秋はベッドの方へ腰をかけた。
「視姦スタート♪いつまで耐えられるかなぁ・・・・?」
「・・・ッッ・・・やめろ・・・外せって・・・・」
秋はその言葉を無視し。凛の股間を見続けた。
「み・・・みるなぁッ!!やめろぉ!!」
「ふーん。よく見ると可愛いなぁお前。」
「うるっっさい!!はずせぇ・・・・」
「ん〜?もしかして感じてるんじゃねえだろうなぁ・・・?」
「感じてなんかぁ・・・ねえよ!!」
秋は凛に近づき。間近で視姦する。すると凛のその先走りの量が増した。
「・・・・マジで感じてやがるし・・・」
そういうと秋は指で凛のそれを突くと、あっけなく達してしまった。
「んはぁぁぁぁぁぁ!!!」
凛の周辺に白い液体が飛び散り。秋にもかかった。
「あはははは・・・見られてイっちゃったよこいつ♪」
「う・・・く・・・そぉ・・・・」
秋は再び調教セット(?)がある箱へ向かい。次は何をするかを考えた。
待ってろよ・・・そのプライド・・・ゆっくり・・・ゆっくり壊してやるからな・・・
凛の長い夜が始まった。


603 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:07:11.29 ID:KvKR/Oov0
ここまでです・・・・どうでしょうか。( ・ω・)


604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:10:04.19 ID:TA4r945+0
乙。
秋は鬼畜っぽいなw

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:11:07.05 ID:t+DgTRbE0
うはw
節操ないな、秋w

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:12:07.84 ID:iW4RkZCG0
GJ!
この後の鬼畜展開に期待

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:12:27.95 ID:EdzwD4I30
GJ!ものすごくエロい。
鬼畜だなぁ(・∀・)ニヤニヤ

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:14:35.13 ID:y6dAyW120
秋の性格が段々変わってる気がするがGJ!!

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:15:35.83 ID:XKJYCCu+0
なんかバッドな終わり方しそうで怖いな、この話・・・
ともあれGJですよ

610 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:16:15.04 ID:KvKR/Oov0
どうもです。( ゚∀゚) ヨロコンデクレルトケッコウウレシイ
うーん。鬼畜なエロは書けるのだけれど・・・・ていうか書くのが好きなんだけれど。
おそらくほのぼのとしたエロは書けません・・・( ・ω・)

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:17:06.79 ID:GUTOFqnm0
ぐっじょぶ!

612 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:18:17.23 ID:KvKR/Oov0
>>609
ものすごい量の調教セットを見てしまって秋のS気が100%になったと考えといてください。( ・ω・)

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:18:33.34 ID:VsD0f0RT0
最後はできればハッピーエンドにしてもらいたいね。

614 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:19:30.28 ID:KvKR/Oov0
安価ミスorz
×>>609
>>608

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:21:01.63 ID:XKJYCCu+0
>>614
あながち間違って無い辺りがアレだなw

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:23:06.05 ID:t+DgTRbE0
いじめすぎて精神崩壊エンドとかなw

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:24:51.10 ID:XKJYCCu+0
>>616
ちょwwwwwwwww鬱ス('A`)

618 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:24:57.29 ID:KvKR/Oov0
>>616
それいいかも(・∀・)ニヤニヤ

619 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:33:22.51 ID:KvKR/Oov0
あ・・・あれ?レス止まった?(;´Д`)じょ・・・冗談だぞ?帰ってきてみんなぁ!!!


620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:35:03.89 ID:iAiDBtea0
まぁ、なんだ。メル欄で解説は止めておいた方がいいとおもうぞ、うん。
更に言うなら


鬱な展開もまた良し。

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:37:17.78 ID:rrvJGHUP0
かわいいショタ子にはハッピーエンドで迎えて欲しい

性格が誘い受けみたいになるなら鼻血噴出す

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:38:11.52 ID:pFLDTr5X0
ネット復旧キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

ご無沙汰しております、見習です

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:38:16.23 ID:xeUfm99h0
>>621
それ萌えるっすなー

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:38:36.25 ID:RIXVwUHH0
今北ここは腐女子の巣窟ですか?

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:40:59.23 ID:xeUfm99h0
ごめん、男だよ><ノシ

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:41:31.02 ID:KFilOlcy0
>>622
お待ちしてました!!!!!111
さあ存分に投下すると良いですぞ!

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:41:49.41 ID:6SOK335AO
馴れ合いが酷いね
声うpないのに

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:42:19.85 ID:rrvJGHUP0
すまない男だ

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:44:14.70 ID:t+DgTRbE0
最近ショタは男が多いんじゃないかと思う

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:44:44.94 ID:xeUfm99h0
>>627
コテが挨拶交わしているとそう見えちゃうかもだけど、
よく見てると以前とは全然質がちがうように見えない?
そうでもない?

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:46:21.39 ID:6nymjfWU0
>>629

632 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 00:46:31.71 ID:BIB+Lcfq0
>>622
キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆
お待ちしてました!!!!
>>624
残念ながら男だ。すまない( ・ω・)
>>627
・・・・すみません(;´Д`)

633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:47:35.56 ID:7wjy2lGg0
でも声もたまには投下して欲しいね。

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:51:58.33 ID:6SOK335AO
>>630
久々覗いたらコテどうので前に一波乱あったのに酉まで付けたコテがいることに呆れただけ

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:54:54.11 ID:t+DgTRbE0
結局、質だろ。
今んとこウザかったり空気読めないコテはいないように見えるが

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:58:30.51 ID:6SOK335AO
そして質がなきゃ排斥

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:58:54.38 ID:iAiDBtea0
何か嫌なことでもあったんですか?

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:59:17.75 ID:7wjy2lGg0
否定的な書き込みなどに批判のレスをつける際は
冷静に判断し、それでも問題ないと思ってからにしてください。
感情的なレスは荒れる原因です。

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 00:59:41.24 ID:xeUfm99h0
>>634
なるほど。
スレと会話してて、コテどうしじゃないって見えたりするよ。
ちょっとそう見てもらえたら、うれしいかもしれない。
横からしゃしゃりでてこめん。

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:00:10.30 ID:rrvJGHUP0
質が良い時もあれば悪い時あるさ

641 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 01:00:54.50 ID:KvKR/Oov0
>>634
えーと・・・俺最近来たのでよくわからないんですがそんなことがあったんですね
(;´Д`)すみません・・・外してほしいならコテも外すし酉も外すんで。
あまり言い合いにならないようにしてくださいな。

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:03:37.38 ID:xeUfm99h0
>>641
言い合いじゃなくて、話し合いだと思います。
時々この手の話が出るのは割ることじゃないと思いたいのですが。

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:05:42.39 ID:pFLDTr5X0
|゚∀。)ノ【久しぶりなんで、おさらい】ヽ(゚∀。 )ノ
時は十九世紀末。産業革命の熱と急速な近代化の波に浮かされる某国。
時代の栄華の陰に存在する奴隷制度は当然の文化として存在し、過去を、人権を奪われて売買される人々。
連綿と続く栄光の歴史も凋落し、目立った資産は僅かな土地と襤褸屋敷だけとなった没落貴族の当主は、ある冬の日、
一人の奴隷を落札します。
ノエ。金髪碧眼、木目細やかな白い肌。仔猫の様な少年。
自分を買った見ず知らずの男に添い寝を乞う、無垢な少年。
理性をフル回転、全霊を以て自制を試みなければならない程に情欲の炎を燃やしてしまう【私】。
倫理の薇が弾け切れるか、否か。共同生活は始まったばかりです。

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:07:07.08 ID:t+DgTRbE0
>>636
別に排斥なんてしませんて。
空気も読まず一人ではしゃいだり、
新規の名無しさんを無視してまで話し続けたりするような奴がよくないだけで。

645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:08:11.43 ID:xeUfm99h0
>>643
楽しみにしてました

646 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 01:10:11.25 ID:KvKR/Oov0
>>642
そうですか・・・俺あまりよくわからないのであまり突っかからないことにしときます。(´・ω・`)
>>643
wktk

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:10:57.73 ID:iAiDBtea0
>>643
よ、待ってました!

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:11:48.31 ID:7wjy2lGg0
>>636
そちらが中に入ろうとしないのもあるのでは?

>>643
待ってました。

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:12:55.61 ID:Fy9JopoH0
懐かしさのあまり立ててしまった。
本日のショタ画像スレ
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138464666/l50

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:18:32.65 ID:pFLDTr5X0
あ、まとめサイトの【ノエ】って作品です。
ttp://www8.atwiki.jp/shota/pages/10.html

改めて読み直すと赤っ恥ポイントがたくさんありますね。
じゃあ、ちょびっとだけ投下します。

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:20:10.27 ID:pFLDTr5X0
穏やかな朝の空気が、一変して緊張感を帯びた険悪な色を帯び始めていた。
客間のソファーに腰掛ける三人は、三者三様の表情で押し黙っている。
ノエは完全に覚醒した頭で、昨日の私に対する頼み――独りでは不安だから一緒に寝てくれという――が履行されなかった事を思い出し、
拗ねる様な顔で私を睨んでいる。言葉が使えない代わりに腕を組んで見せて、いかにも怒っているという心情を表していた。
至極上機嫌な様子だったルークも、毅然と背筋を伸ばし、時折横目でノエを盗み見ながら、双眸に烈火の怒りを湛えて私を睨んでいる。
ルークは、怒らせると怖い。それを事実の上では知っていようと、直面した時にはどうしようもない。
私はというと、昨晩の己の痴態や整理しきれぬノエへの複雑な気持ち、ルークに対する後ろめたさで混乱してしまい、
表面上は何も気付いていないふりをしながらも、内心、水浸しになるほどの冷や汗をかき、困窮していた。……まるで間男のようだ。

「……さて、何から話そうか」
緊張の沈黙に耐えられず口を開くのは、その場で最も疚しさを抱いている者である。この場では、私だった。
「ああ、紹介しよう。ルーク、今日から我が屋敷で働くノエだ。ノエ、こちらはルーク。世話になっている仕立屋の子息だ。
 歳も近いだろうし、互いに仲良くしてくれると嬉しい。ではルーク、早速ノエの採寸を――」
「兄様、お伺いしたいことがあるのですが、宜しいでしょうか」
冷たい声で遮られる。拒否権はない、とその灼眼が語っていた。黙ったまま、先を促す。
……後に『ルーク=ウェルマーの酷薄な即興問答』と名づける事になる緊迫したやりとりは、こうして始まった。

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:22:56.55 ID:pFLDTr5X0
「一つ。ノエさんとは、何処でお知り合いに?」
「買ったのだ。……違う、そういう意味ではない。使用人として、買ったのだ」
「二つ。使用人を雇うのは聞いていました。どうして使用人協会に申請なさらなかったのですか?
 何処の馬の骨とも知れぬ者を住ませるのは、些か不用意かと存じますが」
「協会が派遣するのは主に女中だろう。私は、庭師を探していたのだ」
「三つ。ノエさんは庭師には見えませんが」
「うむ、それは何というか……手違いでな。だがまあ、出来ぬ事はないだろう」
「四つ。ノエさんはどうして兄様の夜着を纏ってらっしゃるのでしょうか」
「それが妥当だと思ったのだ。他意はないぞ」
「五つ。ノエさんは随分ご立腹の様子ですが」
「心細いからと添い寝を頼まれたのだが、どうにも寝付けずに床を抜け出したのだ。その件だろう」
がたん、と椅子を鳴らして、ノエとルークが同時に立ち上がる。怒気も同じ。前門の虎、後門の狼。否、仔猫と仔犬か。
「……ノエ。その件に関しては、後で釈明をしよう。ルーク。質問は終わりか?」
「な……いえ、最後に一つ。子供だとはいえ、僕だって男です。僕に採寸されるのは、ノエさんにも抵抗があるかと思いますが」
最後の質問の、意味がわからなかった。何故抵抗がある?熊の様な大男が迫ってくるのならまだしも、ノエとルークは
年頃も背格好も同じくらいだ。男同士、何も気にする必要は――
「……ルーク、君は大きな勘違いをしているのではないか」
苛立たしげに肩を震わせていたルークの動きが、止まる。ゆっくり首をめぐらすと、細い腕に力瘤を作る仕草をしながら
首を縦に振るノエが目に入ったようだ。灼眼が大きく見開かれるのが見て取れた。
「ノエは、男だ」
ルークは硬直したまま何度もノエと私を見比べ、力が抜けたように椅子に座り込んだ。
その様を見て悪戯っぽくはにかむノエが、一呼吸置いてから私に向き直る。
その顔は元の、拗ねる様な表情を浮かべている。自分の不満を思い出したのだろう。
「すまんな。調べ物があったことを思い出してな……客間で仕事をしていたら、いつの間にか寝てしまったようだ」
机の上に無造作に置いてある蔵書を指差し、答える。私は中々嘘が巧いようだ。

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:23:13.45 ID:pFLDTr5X0
ノエはまだ納得していない様子だったが、やがて一度だけ目を伏せると、大袈裟に息を吐いて頷いた。
ここまで懐かれるとは――決して人当たりがいいとはいえない私としては、意外なことだ。
ましてやノエは買われた身。何をされても訴え出る事の出来ぬ身であるというのに。
昨晩の自分を思い出し、ノエを盗み見る。ノエの、所在なさげに両足を動かす様を。肌蹴そうなガウンの胸元を。
私は一体どうしてしまったというのだろう?そんな日常的な動作に、酷く劣情を掻き立てられている私は。

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:26:22.02 ID:uuL7u9JvO
>>649
明日の昼まで保守してくれれば何か貼りに行ってあげるよ
今日はもう遅いしPCの電源落としたからだめだけど、明日なら必ず・・・!

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:26:37.11 ID:pFLDTr5X0
実はここまでしか書けていないです。プロ風に言うと“スランプ”ってやつです。
気分転換に鬱モノでも考えてみます。

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:27:58.47 ID:xeUfm99h0
>>655
おつかれさま〜
新作も楽しみにしてますが、続きもすごいたのしみにしています

657 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 01:29:52.11 ID:KvKR/Oov0
ハハッ、見ろ!俺のSSがごみのようだつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:29:58.54 ID:t+DgTRbE0
>>655


シュラバラバンバ

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:30:02.68 ID:Fy9JopoH0
>>654
昼間までは流石に無理ですよ兄さん…

このスレ初めてだけどおもろいwwwまとめあさってくるww

660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:30:55.36 ID:KFilOlcy0
>>655
乙であります。
続きwktkしながら待ってる。
余り無理しない程度に頑張れ!

スランプの時は書いて書いて書きまくって。暫くやめるのです。
また書きたくなるときが来るのでそして書く!
としてるとそのうちなおるかと…思う。

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:32:16.38 ID:iW4RkZCG0
見習さんキタ━━(。A。)Y⌒Y(゚∀゚)⌒Y(。A。)⌒Y(゚∀゚)⌒Y⌒(゚∀゚)Y⌒(。A。)━━!!!
GJ!GJ!

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:34:13.16 ID:Fy9JopoH0
あっちは落ちると思うのでこっちにうp。
羊のアップローダーの60MBのとこです。
「きりがくれたかや」のうp。前のこのスレで頂いたものの再うpです。
ファイル名 hitsuji60_9808.zip

パスはsyota

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:36:45.52 ID:7wjy2lGg0
>>655
乙です!ルーク萌えですな!
欝は・・・・。まぁ頑張って下さい。

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:37:39.24 ID:rrvJGHUP0
飛鳥さんのSSwktkして待ってる

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:48:08.98 ID:pFLDTr5X0
兄ちゃんが望むなら、痛い事だって我慢できる。
兄ちゃんが僕に望むのが、快楽だけだとしても。
言われた事は何でもします。出された物は残さず飲み干します。だから独りにしないで
死んだ父さんが無理矢理に抉じ開けた鍵 今鍵を差し込むのは 兄 ?
それでも 痛い 痛い 痛い 熱い 気持ち悪い 痛い 痛い たすけて、たすけて
その目が怖い 荒い息遣いが怖い イタイコワイクルシイタスケテタスケテ
あれ ? あの日 父さんは なんで死んだんだっけ?金属バットを持っていたのは誰だっけ?兄ちゃんは何に怯えているんだっけ?
父さんと同じことをしているこの人は誰だっけ?優しい兄ちゃんはどこ?兄ちゃんは何のために父さんを したの?
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
鬱展開って難しいね。見よう見まねで書いたらこんなに薄っぺらくなったよ。
俺には向いてないなあ……ヌルーしてください。

666 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 01:49:48.73 ID:KvKR/Oov0
>>664
おお・・・あなただけだ・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
まあ明日英検なんで寝ますね( ・ω・)受かりてぇなチクショウ・・・・

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:51:11.43 ID:Fy9JopoH0
>>666
俺漏れもですよ。
凛たそがどういじられていくのか楽しみ

668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:51:26.57 ID:pFLDTr5X0
>>読者様
有難う御座います。飽きられない内に続きを捻り出せるように頑張ります。

>>666
乙でした。がんがってください。

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:52:02.26 ID:rrvJGHUP0
>>666
おつかれさん
wktkしてまってる

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:52:10.27 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 久しぶりに、見習さん来てたのー。こんばんわなのー。
    i_ //レイノl^  
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   >>666
      __,li~,lリゝ   貴方の作品の続きも期待してるのー。英検頑張ってなのー。
__`(6∩しし∩.__ 英検は2次試験が疲れたのー。

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:52:12.58 ID:t+DgTRbE0
>>666
英語は気合だ。迷えば負けだ。がんばれ

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:52:48.68 ID:ZxEZblNO0
流れを読まず投下
http://k.pic.to/5qd45
アタリとらないで描いたらとんでもないことに

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 01:53:54.51 ID:iW4RkZCG0
>>665
このノリけっこう好きす

>>666
悪魔の数字を取ったお前ならやれる
(`・ω・´)ガンガレ

674 :携帯から@飛鳥:2006/01/29(日) 02:04:40.37 ID:XZOJxkj4O
>>673
ハッ!(゚д゚)
マジだ悪魔の数字取っちゃった・・・(ノД`)・゚。・゚・フキツ・・・・

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:05:46.34 ID:uuL7u9JvO
エンタの神様で「子どものち○ち○を好き好んで見るマニアもいるんだバカやろこの野郎めー」
って言っててびっくりした

何いってんだ あいつらは・・・

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:07:28.27 ID:iW4RkZCG0
>>674
うお、そんなつもりじゃなかったんだスマン
なんか強そうじゃないか、666!不吉じゃないって!

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:09:02.91 ID:rrvJGHUP0
俺なんて高校受験の時の番号444
周りから幸せの4だよとか言われた

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:10:28.16 ID:uuL7u9JvO
>>675
主語が抜けてた。いつもここからのネタで、ショタネタだったぽ(´・ω・`)

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:13:13.88 ID:iW4RkZCG0
いつここのネタはけっこうギリギリなの多い気がする

680 :寝る前に@飛鳥:2006/01/29(日) 02:14:56.68 ID:XZOJxkj4O
>>676
うん。最初は不吉だと思ったけど
>>677見て負けたなって思いました。(´∀`)ダイジョウブ,オレニハアクマガツイテイル
さて今は寝る事に努力します・・・

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:22:23.35 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 久しぶりに、見習さん来てたのー。こんばんわなのー。
    i_ //レイノl^  
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   保守なのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:23:36.79 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^  
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   また文章を間違えたのー。少し頭冷やしてきますのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__


683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:28:09.13 ID:iW4RkZCG0
明日はスレに来れないから今日中につづきうpしたいけど
いっこうに進まない
これはもう駄目かもわからんね('A`)

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:32:22.81 ID:pFLDTr5X0
>>681
久しぶりで御座いますなのー。

>>683
俺なんてもう五日も続き書けてねえー

目の保養置いときますね
|゚∀。)ノ ttp://www.imgup.org/iup154184.jpg.html

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:33:39.38 ID:xeUfm99h0
>>684 眼福眼福♪

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:36:32.62 ID:ZxEZblNO0
やっぱリアクションがないとろんりーだ・・・・・
寒い消しとこう保守

687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:37:07.81 ID:iW4RkZCG0
>>684
俺のはスランプなんて立派なものじゃなくてただの遅筆なんだー
文章力がないだけなんだー('A`)

うはカワイス

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:44:38.67 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>684
    i_ //レイノl^ さっきは二度もあいさつして、ごめんなさいなのー。どうもなのー。絵は見習さんが描いたのー? 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>686
      __,li~,lリゝ   絵見てたのー。股間のあれが大きくて、そこに目がいってしまったのー。
__`(6∩しし∩.__


689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:47:24.49 ID:iAiDBtea0
>>686
半剥けモエス。
是非丁寧に描いたのが見てみたいなぁ…

690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:47:53.08 ID:iW4RkZCG0
>>686
スマン、ながら見してたから気がつかなかった
あれ?もう消しちゃった?消しちゃった系?

691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:55:15.39 ID:pFLDTr5X0
>>687
お、俺のだって立派なもんじゃないですよ!
組み立てたプロットに押し潰される愚行なんです。次はこうしよう、と決まってるのに、それをうまく表現できない、と。

>>688
まさか!あんな絵書けてたら独りでハァハァしてますよ 画才 ゼロ以下 見習です

|゚∀。)ノ【目の保養 其の弐】
ttp://www.imgup.org/iup154189.jpg.html

692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:58:15.73 ID:iW4RkZCG0
>>691
これ、もしかして、前にこれ見てノエが浮かんだっていてた絵と同じ人の絵ですか?

693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 02:58:30.07 ID:ZxEZblNO0
あ〜・・・なんか無理に感想言わせちゃったみたいで申し訳
画像は削除済みです
修行してきます

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:00:45.03 ID:iAiDBtea0
そんなことないよ。
ただ、タイミング的にそういうこともあろうさ。
気にしないでくれ。

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:01:53.73 ID:pFLDTr5X0
>>692
そうです。たぶん…男の子……だよなあ…?あれ?

696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:04:21.48 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>691
    i_ //レイノl^ そうですかなのー。目の保養乙なのー。 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>693
      __,li~,lリゝ   また頑張って描いてなのー。そのときはまたスレに貼って欲しいのー。
__`(6∩しし∩.__

697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:05:09.82 ID:iW4RkZCG0
>>695
やっぱりそうでしたか。好みの絵柄だー
例え女の子でも、脳内で男ということにすれば無問題
脳内自動修正装置まんせー

698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:10:10.38 ID:jwwlvqpz0
早速、目の保養その1の再うpを希望するか
再うpキボンヌ

699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:15:02.43 ID:pFLDTr5X0
>>697
「pumpkin head」でググるといいことありますよ。

>>698
【其の壱】>>684
【其の弐】>>691
【其の参】ttp://www.imgup.org/iup154199.jpg.html

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:27:17.55 ID:t+DgTRbE0
「あふぅ、おにいちゃんのオチンチン、ボクの中に入ってるよぉ。
んっ、これじゃ、すぐ、せーし出ちゃぅぅっ!気持ちいいっ!
おにいちゃんも気持ちいい?あはっ、猿ぐつわされてちゃ何も言えないかぁ。
くふぅん、でも、こんなにカチカチにしてるんだもん、気持ちいいんだよね。
……なに、その目は。
だって、こうでもしないとボクとおにいちゃん結ばれないんだよ?
みんなヘンだって言うんだ。ボクはこんなにお兄ちゃんを愛してるのに。
あぅんっ、あふっ、きゃふぅっ!やぁん、お尻じゅぷじゅぷいってる、恥ずかしいよぉ。
はぁ、はぁ、見て、この包丁。がんばって研いだから綺麗でしょ?
これさえあれば、んふぅっ、ボクとおにいちゃんはずっと一緒。
あっ、あっ、イクイクイクーッ、きゃふうううううううっ!」

……ざくり

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:27:51.22 ID:iW4RkZCG0
アリガタス
ググってくる(`・ω・´)ノ

702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:32:39.31 ID:iW4RkZCG0
>>700
……ざくり
(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

おまwwやめろよこんな時間にww
マジで、お願いします

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:35:24.63 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>700
    i_ //レイノl^ バットエンドなのー。・・・なんとなく続きを考えてしまったのー。 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ 
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:36:40.76 ID:pFLDTr5X0
僕が男の子だから。
僕が男の子だから。
おにいちゃんが僕としてくれないのは、僕が男の子だから。
だったら。
だったら。
こんなもの、切り落としてしまえばいいんだ。

「俺が駆けつけた時には、もう……ええ、血塗れでした。……そう、その部分を…ええ、でもね……何というか……
 見間違いではないと思うんです……アイツ、笑ってました…」

|゚∀。)ノ

705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:43:06.00 ID:iW4RkZCG0
恐いの苦手なんだよー。゚(゚´Д`゚)゚。
駄目だ、もう寝る。視線的な何かを感じる気がする。
布団をかぶってシャットアウトせねば…

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:45:14.95 ID:PGE/V3SS0
「お兄ちゃん・・痛い?でも大丈夫。僕もすぐにお兄ちゃん同じ痛みを味わうよ。」
「お兄ちゃん見て、僕の出した白い精子とお兄ちゃんの真っ赤な血が混ざり合ってとても綺麗だよ・・。」
ザクッ・・。
「・・・ウッ・・・。痛い・・・。でもこれで、ずーーーっとお兄ちゃんと一緒だね。永遠に。」
「・・・もうこれで誰も僕たちの邪魔はできないよ。ふふふ・・・。」
「ねぇ、お兄ちゃん?・・聞いてる・・・?」
「・・・ア・・・イ・・シ・・テ・・・ル・・ヨ・・。」


   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 
    i_ //レイノl^ 勝手に700さんの続きを書いてごめんなさいなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ 
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:50:25.04 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>705
    i_ //レイノl^ 怖がらせてごめんなさいなのー。僕も怖いのはとても苦手なのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  でも、頭が思い浮かばせてしまったのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 03:53:25.32 ID:iAiDBtea0
「…おにいちゃん…だぁいすき…
ん、ふっ…おにいちゃん、きもちい、でしょ…?
だって、ここ、こんなに、んっ…ビクビクしてる、もん…
…ん、ぁッ…ね…だから、僕と一緒になって…
ふ、ンっ…気持ちよくな、ろう…?
はぁ…ぁっん…だ、め…僕、も、…
イっちゃうよぉ…!」

そうして
僕はもう動かなくなったおにいちゃんと、何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も…
暗い中で、一緒になって行ったんだ──…


んっふふ〜…どうでしたでしょうか〜。
ではぁ、おやすみなさい〜。
あぶらあげでしたぁ〜。

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:01:28.30 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>708
    i_ //レイノl^ 乙なのー。弟さんの強い独占欲と愛を感じたのー。勝手に続きかいてごめんなさいなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  おやすみなさい、あぶらあげさんなのー。
      __,li~,lリゝ   僕も、もう寝るのー。おやすみなのー。
__`(6∩しし∩.__


710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:03:22.60 ID:pFLDTr5X0
>>708
乙です。寄る辺無き狂気が咲かせた、大輪の華ぁー

>>709
おやすみなさいなのです。乙でした。

711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:03:46.34 ID:1H2xq9Tt0
ktkrwwwwwwww
ttp://37514.net/pc/weblog/home/mol/archives/blog20060122.html


712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:04:12.11 ID:t+DgTRbE0
うお、俺が鬱なSS書いたせいで増殖してるw
意外と好きだろお前ら

713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:06:41.31 ID:pFLDTr5X0
>>712
好きっつーか、楽w

714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:08:28.38 ID:PGE/V3SS0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、あら、700さんと708さんは違ったのー。 またボケてたのー。
    i_ //レイノl^ 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>712
      __,li~,lリゝ  勝手に続き書いてごめんなのー。欝展開は、ある意味いけるのー。
__`(6∩しし∩.__ 今度こそ寝るのー。


715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 04:10:13.16 ID:QiH3PqJBO
こうやってリレーみたいに書いてるのも案外いいね。

716 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 04:15:39.64 ID:KvKR/Oov0
こんばんわ。寝ようと思ったけど結局寝れなくなってしまった飛鳥です・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
SSも書き上げてしまった・・・・どうしよう・・・・・(´・ω:;.:...  しかも鬼畜行き過ぎちゃって萌えないし・・・・

717 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 04:24:03.61 ID:KvKR/Oov0
人居ないようなんで寝ます・・・はぁ・・・・なんかやだなぁ・・・・(´・ω:;.:...

718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 05:01:39.49 ID:t+DgTRbE0
ほしゅ

719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 05:32:09.63 ID:Fy9JopoH0
保守隊さん乙です。がんばってー

720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 06:53:36.33 ID:YWDevTWsO
( ^ω^)…
http://l.pic.to/6j9ww


721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 06:54:12.13 ID:XKJYCCu+0
とあみだ、とあみ。

722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 06:54:57.49 ID:XKJYCCu+0
誤爆した

723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 07:39:27.90 ID:t+DgTRbE0
ほっしゅほっしゅ

724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 09:02:10.19 ID:pFLDTr5X0
保守

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 09:29:51.48 ID:EzFCeT6a0
>>720
うはwwwwおkwwww

726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:13:54.09 ID:P0eYvGTJ0
おはようのほしゅ

727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:29:49.45 ID:pFLDTr5X0
何か書こうかね。
其の前にレス安価まとめでもしますか。

728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:51:09.06 ID:P0eYvGTJ0
>>727
新作ですか?まってまーす

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:53:24.32 ID:pFLDTr5X0
安価まとめ@【β版】

【画像】
>>100,101
詰め合わせ>>502,508,511

【小説】
猫耳少年@飛鳥氏>>118-119,201-204,520-525,598-602
きーちゃんの遭難ごっこ@180氏(仮)>>180-185
コウとセイ@218氏(仮)>>218,221-222,266,280,289,313,371-372
雅人と孝彦@318氏(仮)>>318,328,439,441-442
SF(ショタ・ファンタジー)@391氏(仮)>>391-395,450-458
貴方@492氏(仮)>>492
ショタヨルという名の星@531氏(仮)>>531-539
未確認飛行物体@556氏(仮)>>556-560


730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:56:31.88 ID:pFLDTr5X0
安価まとめA【β版】

【絵】
おまけエロス@◆777sUJiuYE 氏>>494

【小ネタ】
おにいちゃん…僕も、僕も大好き!!@75氏(仮)>>75
人が居なくなっちゃったよ…@290氏(仮)>>290
お兄ちゃんこれ咥えてー@296氏(仮)>>296
おっ…お兄ちゃんこれ……@297氏(仮)>>297
また誰も居なくなったね@314氏(仮)>>314
弟よ、SFとは何の略かね?@406氏(仮)>>406
鬱シリーズ?>>665,700,704,706,708
【体験談】
可愛い中三@349氏(仮)>>362


731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 10:58:45.62 ID:pFLDTr5X0
>>728
そんな御大層なもんじゃないっすよー
気分転換の手慰みに書こうかな、と。
…なんかお題もらえません?

732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 11:12:44.99 ID:P0eYvGTJ0
>>731
口移しでジュースとか飲ませるのを読んでみたい

733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 11:38:35.13 ID:P0eYvGTJ0
ほしゅです

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 11:48:59.02 ID:pFLDTr5X0
噎せ返る湿気を孕んだ八月の大気に晒された体が、空調で冷やされた風に身震いする。
それでもまあ、やはり我が家とはいいものだ。なんて独り呟いて、俺は敷居を跨いだ。急激な気温の変化に、頭がぼうっとしている。
「……ただいまー」
玄関から居間までの僅かな道程に軽い眩暈。
思わず壁に手をついて深呼吸。
居間を隔離する軽い扉のノブの冷たさに軽い驚きを覚え、開け放つ。
夏場の救世主であるクーラー様が、低い唸り声を上げながら轟々と冷風を吐き出している。やっと一息、鞄を下ろして首を鳴らした。
その時になってようやく、渇いて張り付きそうな喉がどうしようもなく水分を求めていたのに気付いた。
(水分補給は生命維持の基本事項だろ。失念するなよな、俺)
冷蔵庫まで一直線。水だ水。こういう時は水に限る。…ねえのかよ畜生、なら……うわ、カルピス?最悪。
ジュースのボトルを一本拾い上げ、ソファーにへたり込む。飲みたい、飲まなきゃとは思うのだが、それが酷く億劫に感じられる。
(……だるいし、カルピスだし)
重い息を吐くと、呼応したかのように居間の扉が開いた。
「……ただいま」
やあ弟よ、今お前が抱いている安堵はよくわかる。そしてお前が今から何をするかも、よくわかる。
「これ、最後の一本だぞー」
ひらひらと手を振ってジュースのボトルを示す。弟はむっとしたように眉根を寄せて、俺とは全く異なる俊敏な動作でそれを引っ手繰った。
息つく間もなく開けて飲んで顔を顰める。
「……げ。カルピスじゃん…最悪」
今頃気付いたのかよ、お前。
「いらねーんなら俺にくれ。というか飲ませろ。たまには兄貴孝行しろ、バカ弟」
だらしなく口を開いて、弟をからかう。
「黙れ、バカ。お前には一滴も飲ませてやらない」
にべも無く言い捨て、一気にボトルの中身を流し込む弟。おーおー、そう来たかコノヤロウ。そっちがその気ならこっちだって大胆に行くぞコラ。
そっと立ち上がる。バカめ、夜はどっちが主導権を握っているか忘れたか。
そうして俺は音も無く歩み寄り、ボトルの中身、白濁の乳酸菌飲料を口の中に溜めて冷たい目を向ける弟の、僅かに白く濡れる唇に――むしゃぶりついた。
------------------

ま、前置きなげえええええええええええええええ…orz

735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 11:54:26.18 ID:P0eYvGTJ0
>>734
素敵だー、どきどきしてまいりました!
いつも思うんですが、文章がなんというか、
ていねい(うまくいえない)ですよね

736 :飛鳥:2006/01/29(日) 12:04:29.28 ID:XZOJxkj4O
>>734
最高だ・・・
何というか・・・状況がはっきりと思い浮かべられる。
続き待ってます(´∀`)


これから英検・・・(ノД`)・゚。・゚・

737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:05:06.12 ID:iAiDBtea0
カルピス味の唇にむしゃぶりついて見たいものです。
むしゃぶりつく。

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:07:31.42 ID:pFLDTr5X0
>>735
いえいえ、漢字を沢山使って誤魔化してるだけですよー。
あと、意識して文体を変えてみたりしてます。
-----------------------------------------------------
目の前に目。唇から繋がる兄弟。正に舌戦、夏場の不人気ジュースランキングの王座に燦然と輝くカルピスの奪い合い。
飲み干せばいいじゃん、なんて無粋は、言うと弟に怒られる。…たぶんコイツは、今、凄く燃えてる。夜モードだ。
興奮と驚愕の息が、艶やかな含みを帯びて桃色吐息。
クーラー様の低い唸り声と、遠い蝉の鳴き声。声、声、反響する欲望。
「……ん……!」
少女のように目を閉じて、娼婦のように舌を絡ませて、無意識の内にそそり立つ熱い欲望を擦り付ける弟は苦しそうだ。
口腔の温かさでぬるくなったカルピスを舐める。…不味い。不味いし、拙い。どうやら俺の方も、夜モードになってしまったらしい。
-----------------------------------------------------

あ、アレー!なんかもうこれじゃあ全然口移しじゃない!
何かこのまま続けると多分真昼間からセックスしてしまいそうなんで止めます!……ご期待に沿えず申し訳ないです。

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:16:22.82 ID:P0eYvGTJ0
>>738
おつかれさま〜
なんか甘い舌いい!

最初のほうだけどういうわけだか脳内で
古館の声に変換されかけたwアブナスw

740 :飛鳥:2006/01/29(日) 12:18:16.81 ID:XZOJxkj4O
>>738
そんなー(ノД`)・゚。・゚・続き・・・
まあとにかく乙です。
とても萌えました。

あとカルピスって夏場で嫌われてますかねぇ?
(・ω・`)俺は好きです・・・

741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:28:17.49 ID:pFLDTr5X0
>>739
古舘wwww読み返してみたらあるあるwwww
精進します。

>>740
……あ、そうでもないですね。
痰が絡むというイメージばかりが先行してました。ネクターにすればよかった……
英検がんばってください!

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:45:00.99 ID:P0eYvGTJ0
おぉっと、ここで弟君のフライングであります。
兄の超絶技巧なのでありましょうか、
もはや人間技とは思われない舌の動きに
人間50年、いや人間10年の下天の内を比べるまもなく、
あっけなくも陥落されてしまったわけであります。
まさに、まさに、兄弟本能寺!
萌え盛る炎に、兄と弟の天下分け目の覇権争いを見る思いであります。

って、実況風なSSを読んでみたくなったww
バカでごめんwwww

743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:49:14.70 ID:iAiDBtea0
wワロスwwwww
ちょっと実況風SSに憧れちゃったじゃないか><

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 12:57:35.69 ID:pFLDTr5X0
恥らっている!恥らっている!まさに大輪の花、千変万化の曼珠沙華!
さあ弟は肉欲に溺れています!甘美な官能の大海で……ああーっと掴んだぁー!
溺れる者は藁をも掴むと言いますが、溺れる弟は兄の大木を掌にしっかりと握り締めましたぁー!

なんだこれわけわかんねww

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 13:05:09.03 ID:dAdCO5WR0
ちょwwwww噴いたwwwwwwwwwww

746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 13:11:31.93 ID:P0eYvGTJ0
>>744 実況風堪能しましたwwワロスwwww

747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 13:39:40.92 ID:QiH3PqJBO


748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 14:06:18.63 ID:8e5kF+IRO
あんっ…だめっ…つっ…落ちちゃう!なので保守

749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 14:09:09.53 ID:OY1hWi0m0
>738
続きを期待しながら保守。


750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 14:17:03.66 ID:5B0cVXP20

昨日本屋で本探してたらね。
すんごいかわいくてマジで俺のタイプな顔した小1ぐらいの子がいて、
マジで手出しそうになった。あの子が欲しい。。。

親と兄?は微妙な顔なのにそのこだけ整った顔してるんだよなぁ。
マジでトイレに連れ込みたい衝動を抑えて盗撮だけにしといたよ。

751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 14:31:39.10 ID:iAiDBtea0
保守保守

752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 14:49:26.09 ID:OY1hWi0m0
>>750
あんた犯罪じゃないの・・・。

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:11:33.41 ID:pFLDTr5X0
「……呆れた。兄様、まさかノエさんの服を全部僕に作らせるおつもりだったんですか」
採寸後、私の部屋。机の上に積み重ねた金貨の数を見て、溜息混じりにルークが呟いた。
「心算も何も、私はその為にルークを呼んだのだが……」
思わぬ反応に目を丸くする私に追い撃ちをかけるように、言葉を続ける。
「あのですね。衣服を一着、生地から起こして作るのにどれだけ時間が掛かると思ってるんですか。
 確かに全部ウチの店に作らせてもらえれば、ウチにとってはこの上なく有り難いです。ですがその間、ノエさんを
 ずっとガウン姿のまま生活させるおつもりですか?……そんなのは、駄目です」
駄目……確かに、駄目ではある。あのガウンは一着しかないものだし、何よりも私が望む生活に支障をきたす恐れがある。
有態に言えば、少々刺激が強すぎるのだ。……各々方、どうか、獣を見るような目で見ないで欲しい。私は真剣なのだ。
「ふむ、ではどうすればいい?」
「兄様が信用してくださるのなら……僕が支度金をお預かりして、街へ行きます」
短く区切られた言葉。灼眼には爛々と輝く強い意志と、ほんの少しの恐れが内在している。

……ルーク。親愛なる我が友人よ。私は歳が若いからといって君を軽んじたことなど一度もない。
君はよくやってくれている。たった独りこの屋敷に暮らす私の心が荒むのを防いだのは、他ならぬルーク、君の存在なのだぞ。

――言葉で説明するのは何となくむず痒いような気がしたので、ルークの頭を乱暴に撫でた。
一瞬だけ身を硬くしたルークは、私の行為を好意的に受け取ったようで、両手の指先を組んで忙しなく動かしている。

ふと、思った。
私はルークの頭を撫でるのが好きだが、撫でられている間、ルークはさぞ暇なのではなかろうか。

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:14:12.05 ID:P0eYvGTJ0
>>753 まってましたー!
ルークの威勢がかわえー

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:32:38.53 ID:P0eYvGTJ0
「友人よ」って言われてるのがちょっとカワイソス;;

それはそれとして、俺もルークを撫で撫でしたい。
「モルスァ」みたないなこと言うまでなでなでしたいww

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:36:11.78 ID:dHr6QpdH0
この女、大体の住所や高校名までさらしてやがるww
http://id18.fm-p.jp/16/nanavnatsu/
右がその女…テラバカスwwテラキモスwww【bbs】から荒らし援助頼むww
http://id18.fm-p.jp/bbs/view.php?uid=nanavnatsu&dir=16&num=5&number=1138452743546


757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:42:26.99 ID:pFLDTr5X0
メイド服に半ズボン+オーバーニーソックス(サイハイソックス)カチューシャ付き のビジョンが浮かばない……
こういう時に自分の画才の無さに愕然とします。

758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:47:40.90 ID:sZEO6Afi0
ノエまってました!

759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 15:51:23.70 ID:WV5pZTrE0
>>757
思わず描いてみようなんて不届きな事考えたら…
上手くいきませんでしたorz
エプロン&半ズボン&オーバーニーのバランス難しい。

それはそうと…続きまってます!

760 : ◆777sUJiuYE :2006/01/29(日) 16:00:16.23 ID:8uFsx9Cw0
描いてみようかな…

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:01:53.24 ID:vSteyMxC0
イラストかける人はほんと尊敬するわ。まじで

762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:08:00.00 ID:pFLDTr5X0
|゚∀。)ノ 超ありがとうございまーす。でもストックはここまで。マガジンは空っぽ、予備弾倉もなし。
次のうpは何時になるやら。みんなに忘れられない内にポポーンとうp出来るように色々妄想しときますねー。

>>759
イェア!不届きなんてとんでもござらん!
>>760
イェア!か、か、描いてもらえますか?
>>761
同意。もの凄く尊敬する。

763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:21:21.17 ID:jwwlvqpz0
ほしゅ

764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:25:51.20 ID:pCxs1+2n0
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138517033/127-148
凄いことになってます

765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:33:28.05 ID:vSteyMxC0
ぷひーぴひょー
「なんだ、リコーダーの練習か?」
「あ、お兄ちゃん。明日テストなんだ。でも難しくて……」
「どれ貸してみろ」
ぴーぴーぽーぴーぽぽー
「すごいお兄ちゃん、うまいね!」
「こう見えて音楽は5だったんだ。指使いのコツはだな」
・・・・・・・
「ありがとうお兄ちゃん。練習がんばる」
ぴぴー、ぴぽーぴひょー
「……ふふっ、間接キスだね、お兄ちゃん」
「なっ、なにいってんだバカ(実はいっぱい舐めた)」

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 16:46:10.92 ID:BEXv7qQ30
ぴーぽこー

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 17:03:18.18 ID:vSteyMxC0
ほしゅ

768 :発音指導厨 ◆.9/LQziPkA :2006/01/29(日) 17:18:10.37 ID:5B0cVXP20
はろーしょたこんぴーぽぅ
今日もジョーシンで、かわいい子がいっぱいいました

769 :発音指導厨 ◆.9/LQziPkA :2006/01/29(日) 17:23:47.40 ID:5B0cVXP20
保守

770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 17:28:48.46 ID:WV5pZTrE0
見習氏、いらっしゃったら質問が。

ノエタソのメイド服の後ろに
前からも見えるようなデカデカリボンは有るのと無いのどっちが良いですか?

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 17:28:56.91 ID:miWAzkZfO
コイツ例の痛い奴だろ?
何を求めて来てるんだか。
何が“発音指導厨”だ。
頼むから消えてくれ

772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 17:36:29.80 ID:5B0cVXP20
保守

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 17:58:30.42 ID:2Vs9ooHe0
ほしゅ

774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 18:02:43.52 ID:fh0jDfo50
お兄ちゃん、僕今日はじめてきたんだけど、保守って手伝ったほうがいいのかなぁ??
よくわかんないけど保守しとくねっ!!

775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 18:14:52.57 ID:vSteyMxC0
ほしゅ

776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 18:31:29.61 ID:jwwlvqpz0
あーあ

777 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 18:52:51.03 ID:GABY6FLH0
|-`).。oO(ふう・・・・このSSじゃあ萌えるどころか萎えるぞ・・・改造中・・・・)

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:06:21.61 ID:vSteyMxC0
>>777
期待してるぞ

779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:14:30.98 ID:h56U0K0K0
見習氏居ない様なので独断でリボンなし。
有った方がバランス良いかもしれないです。メイド喫茶感が増しますg
半ズボンメイドってこんな感じ?と思っていただければ幸い。

注:これはノエタソではない。こんな子認めない

ttp://www.vipper.org/vip188111.jpg.html

780 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/01/29(日) 19:18:08.88 ID:M6OWdT0N0
あー気分転換に秋の裏設定SSでも書こうか・・・・
何でエロシーン引き伸ばしたんだろ俺つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:20:30.96 ID:iS/3SFDm0
>>779
可愛い!半ズボンいいなぁw
男の子なのにメイドという矛盾だって?関係ないね。

 萌 え れ ば 良 い。

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:21:59.09 ID:vSteyMxC0
>>779
おおおおおお茶を一杯!いや、むしろ黄金す(ry

783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:22:48.46 ID:P0eYvGTJ0
>>779
かわいー

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:23:09.07 ID:5B0cVXP20
これ女の子じゃん

785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:25:11.30 ID:iS/3SFDm0
>>783
うん。骨格とかポーズとか、女の子っぽいね。

786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:28:00.32 ID:h56U0K0K0
>>784>>785
やっぱりそうだよなorz
PC内でぐちゃぐちゃ描き直してるうちにでか尻になり女の子になっちまったんだ。
すまん、すれ違いだ。消してくる

787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:29:21.76 ID:OWSCUBPI0
>>786
だが保存した

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:30:18.63 ID:GUTOFqnm0
>>786
俺的にはGJだったYO

789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:34:28.22 ID:QiH3PqJBO
携帯から見れないので消さないで下さい。

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:35:30.16 ID:h56U0K0K0
おまいら良い奴だな(ノд`)

>>789
だが断る。
というかもう消した後だ…ぜ

791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:48:31.32 ID:iS/3SFDm0
>>790
いつかノ絵うp希望。がんがってください。

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 19:49:17.02 ID:iS/3SFDm0
晩飯食べたら眠くなってきたが、がんばってSS書いてみようと思う。

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:18:41.70 ID:vSteyMxC0
>>792
おまいもがんがれ

794 :飛鳥:2006/01/29(日) 20:39:21.99 ID:h04MRgCo0
SSがんばって書いてる最中に保守。

795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:41:26.13 ID:5B0cVXP20
おすすめの、少年が主人公の夏休み絡みの小説あったら誰か教えてください。

796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:43:54.70 ID:5B0cVXP20
,、-‐‐- 、        _,、-‐ー‐-、._
     \   ,、-''"´::::::::::::::::::::::::::::`‐、
 い  ボ `、/..  ::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::ヽ
 う  .ク   ',:::::::::::.....,.../ |';......::..........:..::. ',
 ん  に   ',:::::::イ:/.;/  |.';ト:::|l:l';::::::::::::::::i
 で  何    i::::::;'lヘ/   | l リ_レi::::::::::::l
 す  を   |::::;'.「ト:iヽ  -‐7'iフ‐、 l::::::::::l
 か. す    |';l:l  L;!     l::::::ノ l::::',ヽ
 ?  る   .|  ',   、     `‐ ノ|l 丿 ,、-‐ー、
    っ   l   ヽ  r-‐ー、   ニ-く /     ヽ
     て   l     >、`‐--' .,、 '    7         ',
',       /    i  `‐- '´ 、 ノ _,、'´        ',
..ヽ、__.,ノ       ',     ヽ ,' ´    ヽ,     ',
             ', ヽ            ',    '、
             ',  ',              `、.   `、
                `、. `、       ,     `、     `、
               `、. `、‐    .. ``    'i、     ',
                ヽ ヽ     ::::.....    lヽ    i
                 ',  ヽ             l'´   ノ
                 ヽ. ヽ          l   /
                  `‐、.i          l_,、ァ'´
                    ノ、 丶    __lニ/
                   / `〉`‐--‐''"´    .l'´
                 /i  /   l       l
               ,、-'´  l/\  /_      l
            , -'´     l   >'´   ``‐、   l
           /        ゝ'´       \ l
           /        /             y'
       /        /            /

797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:45:33.75 ID:fh0jDfo50
ねぇねぇ、お兄ちゃん、保守ってしたほうがいいの??
よくわかんないからしてないんだけど・・・

798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:45:56.92 ID:5B0cVXP20
キタ━━∩ ∩   
    (゚Θ゚)

799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 20:50:17.50 ID:5B0cVXP20
ここだけメガビ            【Boyslove】 http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138535121/l50

800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 21:10:48.29 ID:vSteyMxC0
ほしゅ

801 :792:2006/01/29(日) 21:14:30.29 ID:iS/3SFDm0
何かが書けた。SSと言うものを書いたのがないので、これがSSなのか判然としない。ただ書いた以上は投下するしかないんじゃないかな、と思う。

よろしければ投下を許可されたく思う。

802 :792:2006/01/29(日) 21:14:57.29 ID:iS/3SFDm0
あ…ちなみに途中書きです。5分の1くらいかな…

803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 21:16:03.51 ID:OWSCUBPI0
どんどんやればいい

804 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:21:34.17 ID:h04MRgCo0
wktk

俺も792さんが投下した後
途中だけど投下するかな。

805 :792:2006/01/29(日) 21:25:19.56 ID:iS/3SFDm0
「うあぁっ…!」
ついに捕まった。僕は全力疾走中に後からシャツをつかまれて倒れ込んだ。もう逃げられない。
その瞬間、僕の心を支配したのは、恐怖と絶望と羞恥心、そして後悔。
「約束は守ってもらうからな!」
僕の視界のなかで、陽に灼けた男の子が僕を見下ろしてそういった。ヒロ。僕のクラスメートで小学6年生。
普段は学校の野球部で活躍している。すこし癖のある髪を短めに刈ったヒロが口元を歪ませている。
こういうヒロの表情をなんて言うんだろう。シギャクテキ?
いつもなら整った感じのする彼のほっそりとしたあごも、今の僕にはひどく攻撃的に見える。
「………」
むしあつい夏の公園のグラウンドに座り込んで、僕はなにも言えなかった。
あまりにも高まった緊張のせいかなのかぼやけてしまった視界に、今度は二人の人影が入り込んできた。
二人もやっぱり僕のクラスメートだ。その片方は不満そうな表情を、もう片方は期待に満ちた表情を僕に向けている。
それぞれが、僕が途中で逃げ出したことへの怒りと、これから起こることへの好奇心の現れなんだと僕は思った。
三対一。これで僕が逃げ出すチャンスは完全に失われた。これから僕の身に起こることを想像して、僕は心の底から後悔した。
もし全力疾走でなんとかヒロから逃げ切れていれば。もしこの賭けに負けていなかったら。
いや、野球部のヒロの足に僕が勝てるわけは最初からなかったし、このカケだって勝てる保証はなかったんだ。
僕がそもそもこんなゲームに参加していなければこんな恥ずかしい目に遭うことは…
ぐらり。両うでを痛いぐらいにつかまれてひっぱられ、僕ははっとした。
心の中に今までに感じたことのないほどの苦い感情が広がった。僕がどんなに後悔しても目の前の現実ってものは変わらないんだ。
両脇のクラスメートが僕を立ち上がらせ、「目的」の方向へ向けた。公園のすみにあるコンクリート造りでタイルばりの四角い建物が見える。
公園におとずれた人が用を足す為だけにあるそれは、今日、僕の為の監房に、なる。

806 :792:2006/01/29(日) 21:28:09.86 ID:iS/3SFDm0
とりあえずここまで。
自分の体験をSSにしてみました。

堅くて萌えでも何でもない気がする。
一人称で書いたせいで、主人公の主観的な感情、嫌悪感ばかり強調されちゃったかなぁ…と思う。
この続きはもっと萌えるものを書きたい。

807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 21:38:33.03 ID:OWSCUBPI0
これ、ノンフィクションなのか・・・
なんか、いろいろと、タイヘンだな・・

808 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:42:21.91 ID:h04MRgCo0
>>806
フィクション違うの?!(;´Д`)マジカヨ・・・・
まあなにはともわれGJ。


さて・・・・約束通り少し投下しますか・・・
SSは猫耳シリーズ裏話で秋の昔の頃に起こった出来事ということで。( ・ω・)微妙な感じになってしまった・・・・

809 :マン・オブ・ザ・タイトロープ ◆35Xu/oGtX6 :2006/01/29(日) 21:43:40.49 ID:5B0cVXP20
もうマジで本にしちゃわないの?

810 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:44:53.27 ID:h04MRgCo0
さて書きます。
>>598だけどあまり関係ないですね( ・ω・)


何で無視するんだよ
何で相手にしてくれないんだよ
そんなに俺の存在を否定するなら
俺の色に染めてやる・・・・

裏SS。秋の物語。

秋は小学校のころ、かなりおとなしい性格であった。それゆえいわゆるはぶられる存在になっていた。
秋が意見を言っても誰も反応しない。近寄れば避ける。
「・・・・僕・・・・何しに学校来ているんだろう・・・」
秋は一人で給食を食べている。それと反対にとてつもなく人が群がっているところもあった。
そこに居たのは。彰という、比較的明るくてかわいい顔立ちの男子にも女子にも人気のある者だった。
「彰くんと・・・友達になれば・・・僕にも友達。できるかな・・・・」
ここからだろうか、少しずづ秋の心の変化が現れたのは。


811 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:45:44.17 ID:h04MRgCo0
放課後。日直だった彰は必死に日直日誌を書いていた。周りの友達はすでに帰っている。
「はぁ・・・面倒だな・・・宿題だし忘れたときによりによって日直だなんて・・・」
彰は溜息をつきながらかりかりと日誌を書き上げ、職員室に向かう。はずだった。
「・・・あれ・・・?」
「・・・・・」
そこに居たのは秋、秋は黙りこくりながら彰を見ていた。
「・・・・なんだよ・・・きもちわりぃ・・・・」
彰は秋を無視し。職員室へ向かった。
「ぁ・・・・・・行っちゃった・・・・・」
秋はぼーとしながら彰が走り抜けた場所を見る。
「・・・・なんで無視するんだろ・・・・」
そう思うと秋は彰を追いかけていった。

「何ついてきてるんだよ。」
彰は帰り道まで堂々と後を追ってきた秋に話しかけた。
「・・・・友達・・・」
「はぁ?友達ぃ?」
「・・・なりたくて・・・」
秋がそういうと2人に沈黙が走った。その沈黙を破ったのは彰だった。
「やだ。」
「・・・・どうして・・・・」
「はっきり言ってきもちわるい。暗い。居ても面白そうじゃない。デメリットばっかしか付かない。だから却下。」
「・・・・!!」
「いいか。明日からもうついてくるなよ。きもちわるい。」
そういうと彰は走っていってしまった。
秋が少し立ち尽くすと再び歩き出した。
「・・・・どうせ・・・友達なんて・・・・・」
秋はあきらめ、自分の家へと帰っていく。

812 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:47:10.90 ID:h04MRgCo0
翌日、秋が学校に行くと少し様子がおかしかった。誰もが秋の方を見てあざ笑う。
『うわー、ストーカーだ・・・』
『彰君の後つけていたんでしょ?』
『しかも友達になろうだって。笑っちゃうよね。』
秋が彰が昨日のことを話したのかと思いながら自分の席へと向かう。しかし昨日と少し違う。
そこにはかなりの机にいたずら書き。生卵やらなにやら。
そう。秋のいじめがエスカレートした。
「・・・・なんだよこれ・・・・・・」
秋はこの日を境にいじめがかなりひどくなった。殴られるなんてほとんど当たり前なようで。
数週間で秋は精神的に参ってしまう。
「・・・・なんで友達になろうとしただけなのに・・・・・」
秋はベッドにもぐりこみ、泣きながら独り言を言う。
「・・・・彰・・のせいだ・・・・・彰・・・・そうだ・・・・」
秋は机のほうへ向かい何か紙へ書き始める・・・・・・

翌日・・・・

彰はこのまえのように日直日誌を書いていた。
「あーーーもう何で日誌なんてあるんだ〜〜〜。」
そういうと彰はがりがりと日誌を書き上げた。
そして職員室へ提出し、下駄箱へ向かい靴を取って帰ろうとする、が。
その下駄箱の中に紙が入っていた。
「ん・・・?なんだろこれ・・・・」
彰はその紙に書かれている内容を読んだ。
『彰君へ、僕らの秘密基地で待っています。』
秘密基地とは彰が1年前に見つけた空き家。最初は行ったり来たりしていたが最近では全く行かなくなっていた。
「秘密基地ねぇ・・・どうせ帰っても親居ないし・・・行くか。」
そういうと彰は久しぶりに秘密基地へ行くことにした。

813 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:47:51.37 ID:h04MRgCo0
彰は秘密基地についた。そこには気味悪いほど暗く。人気がない。
「うわぁ・・・改めてくると・・・こんなにも不気味だったなんて・・・・」
秋はその空き家へと入っていく。
その空き家に入り。辺りを見渡す。誰も居ない。
「・・・・誰も居ないし。」
彰は少し溜息をつき。帰ろうとすると
後ろからとてつもない存在感を感じた。誰か居る━━━
「・・・!!なんだ?!」
彰は振り向こうとするが遅かった。その誰かは彰の腕を器用に後ろに縛り。押し倒した。
「ぐ・・・・はぁ?・・・秋?!」
その誰かとは秋だった。秋は無言で彰を見る。
「チッ・・・何してるんだよ。外せよこれ。きもちわりぃ・・・・」
「・・・・ぐちゃぐちゃにしてあげる・・・」
「は?」
「そのプライドやらなにやらすべて・・・・ぐちゃぐちゃにしてやる・・・・・」
秋が少し口調を変えてそういうと、彰に近づいていった。


814 :飛鳥:2006/01/29(日) 21:48:40.11 ID:h04MRgCo0
・・・ここまでです・・・・
エロシーンになるともう無理・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ボクニハカケナイ・・・・

815 :792:2006/01/29(日) 21:50:46.04 ID:iS/3SFDm0
>>807>>808
まあ、実際の経験とは変えているので、半分以上はフィクションです。
変わった経験だけは豊富で、近所のお兄さんにパンツ脱がされたり、全裸で抱き合ってる同級生を目撃したり、同性に押し倒されたり、ネタには事欠かないと思いますね。今となっては別に大変じゃないですよ。人生楽しいです。


816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 21:57:10.09 ID:iS/3SFDm0
>>810
激しくGJ!
主人公秋の暗部が描かれるのが凄く良いと思う。
本編のドラマに深みがでるんじゃないかな、と。
ぜひこのまま突っ走って欲しいと思います。エロ希望。できればね。

817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 22:02:10.89 ID:l+7RBhGi0
飛鳥氏GJ!

そして保守。

818 :飛鳥:2006/01/29(日) 22:03:37.39 ID:h04MRgCo0
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ お前ら。ありがとう・・・・
でもエロは・・・・書きます。書きますとも_| ̄|○

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 22:17:47.47 ID:iAiDBtea0
>>815
同級生に押し倒されるってそれなんてエロゲ?
いいなぁ。そんな体験してみたいですね。

820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 22:26:39.85 ID:iS/3SFDm0
>>819
まあ、押し倒される相手にもよるけどねw
僕の場合は、惹かれあってた相手に「もう我慢できんっ!」っていって押し倒されたからいいものの(ちなみにそれは同級生ではなく年上に)、冒頭のSSの公園のトイレの場合とかはちょっと…ねぇ。まあ、その時の経験は有効活用させてもらうおwwwww


821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 22:37:46.44 ID:l+7RBhGi0
>>820
それはいいなぁ。
漏れは友達に突如やられたんでわりとトラウマだwww


822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 22:39:36.59 ID:zP1fHzqR0
おまいらどんだけショタ子なんだよwwwwwww
顔ミタスwwwwwwwww

823 :飛鳥:2006/01/29(日) 22:59:42.16 ID:h04MRgCo0
なんとなく保守。

824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:03:02.09 ID:vSteyMxC0
冗談で友人に押し倒されたことぐらいしかないなぁ。
なんかのロリキャラに見立てられた

825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:04:48.55 ID:iS/3SFDm0
>>822
僕は今高校生だけど、初対面のひとに「22歳くらい?」と言われたり、親しい人に「可愛い」と言われたりする年齢不詳系。
トライダーG7の歌を歌ったりタイムボカンの話題に着いて行けたりして、好きな歌手が竹内まりやだったりするので、30代とも言われる。

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:15:17.40 ID:l+7RBhGi0
>>822
高校生だけど中学生以上に見られたことない。
たまに保護者といると「可愛い娘さんで」って言われる。
スペクトルマンで小一時間語れる程度に特撮オタ。
ショタ子かどうかより問題は環境なきがする。

ついでに保守

827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:21:47.01 ID:iS/3SFDm0
続き投下させていただきます。エロの前置きが長いです。

828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:23:36.77 ID:dAdCO5WR0
大学生だがどうやら凄い童顔。おまけに髪伸ばしてる。
一浪で入ったのに、年下だと思ってた友達がかなりいた。飛び級するほどの頭もってねぇよorz

829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:28:11.40 ID:vSteyMxC0
身長は160なくて、顔は「皇太子様をかわいくした感じ」とかわけわかんないこと言われた。
光栄なのかなんなのか。

830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:28:20.16 ID:dAdCO5WR0
すまん、俺が割り込んでしまった。
続きwktk

831 :792:2006/01/29(日) 23:31:39.20 ID:iS/3SFDm0
きっかけは些細なできごとだった。僕ら四人は近所の公園に集まっていた。
「ここの遊具でいつものように鬼ごっこ。ただし…」
普通の遊びに飽きたヒロたちが、賭けを思いついたんだ。
「…一番最後に鬼だった人は、トイレでシコってもらいまーす!」
公園の時計でながい針が0分の所に来るまで鬼ごっこをして、最後まで鬼だった子がトイレで…
…他の三人が見ている前でマスターベーションをする。そういうことらしい。
本気なの…?と思ったけど、本気らしい。ヒロが、異存はないね?と一応確認を取る。
僕は…正直あまり乗り気じゃない。もちろん僕はマスターベーションというものを、したことはある。
初めてそれを知ったのは、合宿で一緒になった中学生から話を聞いた時だった。
できない。他の人にそんなところを見せるなんて。一人でもあんなに悪いことをしたような気分になるのに…
でも…今ヒロ達に僕が反対したら?クラスメートの反論が思い浮かぶ。
「それじゃあ、俺ら3人だけで遊ぶから、お前は好きにすれば?」「みんなの前でしたくないんだったら、鬼にならなければいいんだよ。」
何故か、あんなに嫌悪感があった僕の心が、賭けに参加する方に急激に傾き始めていた。
大丈夫。実際にしなきゃいけないのは四人にひとり。僕は鬼ごっこには自信があるし、それこそ本当に鬼にさえならなければ全く問題無い。
その時は、勝手に三人でトイレにでも何にでも入ってればいいんだ。それに…ちょっとだけエッチなことにも興味があるし、その時はその時だし…
「それで、お前もやるんだな?」
聞かれた。
「あ…、うん。僕、やる。」
答えた。


832 :792:2006/01/29(日) 23:32:15.28 ID:iS/3SFDm0
…甘かった。残り5分を切って、そう簡単に自分が鬼になってくれるヤツなんているわけがなかった。
非情な時計は容赦なく時を刻み、すぐに時間は来た。
そして、左右と後を同級生に囲まれて身動きの取れない今に至る。だけど…ただそれだけならよかった。
僕が往生際悪く逃げ回ったあげく無様にも捕まってしまったせいで、僕の罰ゲームは二人に抑えつけられた状態でヒロに手でおちんちんをいじられるというものにまで重くなっていた。
もうトイレが目の前にある。右に手洗い場が見える。その先には右に小便器が三つ。その先が、僕ら…というか僕のクラスメート達が目指す個室だ。
数分後のその中の光景を想像して、僕はただ現実を再確認する。
ああ…僕もうダメかも…

833 :792:2006/01/29(日) 23:39:48.00 ID:iS/3SFDm0
ここまで、書いた。
ここからエロシーンじゃー!

>>830
無問題です。こっちこそ雑談ぶった切ってすみません。

これから肝心のエロなのだが…気力で眠気に打ち勝てるかどうか…
とりあえず書ける所まで書く。
…と、チキンな言い訳に逃げてみる。

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:44:49.81 ID:dAdCO5WR0
すげぇ、なんか俺まで緊張してきた・・・

835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/29(日) 23:49:21.33 ID:vSteyMxC0
どきどき

836 :飛鳥:2006/01/30(月) 00:05:20.88 ID:Ux3SFUmD0
wktk・・・・てか実体験に基づいたとは思えん・・・・
(;´Д`)いや疑ってるわけじゃなくてホントにこんなことあるんだなーと思って

837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:18:35.13 ID:Smek+tND0
ちょっと試しに書いてみたのを投下

838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:18:52.34 ID:Smek+tND0
「リノ、どうした」
 私はピアノの伴奏を止めて言った。
「このアリアは神の愛に感謝する歌だ。それなのに、お前は神様に文句を言っているように聞こえるぞ」
 星の瞬きのような、と評されたリノの歌だが、このところどうものりが悪い。
「……すみません先生」
 翡翠色の瞳を伏目がちにしてリオが謝る。
「責めてるんじゃない。なにか悩みでもあるのかい?」
「先生……ぼくもそのうち、この音楽学校から追い出されちゃうんでしょうか」
「なんだいきなり」
「このまえ、クルトがここを出て行きましたよね。クルトが声変わりしちゃったから、追い出されたんじゃないかって、みんな噂してるんです」
 確かに、優秀な歌い手だったクルトは、声変わりを機にここを離れた。
「あの子は、声楽とは別の道を進むことを決断して、少年合唱団から去っていったんだよ」
「でも、みんなぼくの高音域の声が素敵って言ってくれてるのに」
 リノはうつむき肩を震わせる。
「この声が出なくなっちゃったら……やっぱり歌を続けられないんじゃないかと思って……」
 そうか。リノもそろそろ思春期だったな。それで不安になったのだろう。
「心配するな。君の素質は声変わりくらいでだめになるものじゃない」
「でもっ、でもっ!ここを出たらぼく、身よりもないし、それに、大好きな先生とも会えなくなっちゃう!」
 がばっと私に抱きついて泣き出すリノ。私は彼の黄金に輝く髪をそっとなでてやった。
「バカだな」
 リノのおでこに軽く口付ける。
「せっかく天使がこの腕の中に飛び込んできてくれたのに、私がみすみす逃すわけがないだろう?」

839 :792:2006/01/30(月) 00:20:30.02 ID:OtyVm9+o0
現在執筆中…
>>836
途中までは実話だけど、途中からはぜ〜んぶ嘘、と言っときますw
一つ間違えば本当にこんな目に遭ってただろうな…という仮定で書いてます。

840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:20:35.79 ID:Smek+tND0
うーむ、ぜんぜん心情がかけてないな。

841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:23:42.39 ID:iNuoZlvf0
>>840
心の揺れを外(第三者視点)から描くのは難しそう。
積み重ねで演出していくもの?
続きを読んでみたいです。

842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:25:25.66 ID:VNsOHU3B0
( ゚∀゚)=3 続きwktk

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:30:34.91 ID:Smek+tND0
続きか・・・

エロなし
微エロ
激エロ

どれが合うだろうか。

844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:40:05.30 ID:iNuoZlvf0
>>843
子ども扱いされて焦らされている感じの微エロが。

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:47:28.31 ID:Smek+tND0
>>844
それだ!ショタの神が脳に降臨した。

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:48:58.11 ID:rdrZdow00
(´▽`*)アハハ  >>779がnot foundだなんてありえねー
再うpキボンwww

847 :792:2006/01/30(月) 00:50:53.88 ID:OtyVm9+o0
公園のトイレ続き投下。


両脇から抱えられて、個室の中に入る。個室の中は外よりも少し涼しいけど、生臭い匂いが立ちこめていて、この状況でなくとも居心地は悪いと思う。
ヒロは一度外を伺ってから、続いて入って来て、後ろ手に鉄製のドアと錠を閉めた。
狭いトイレの個室に4人。僕が両腕を掴まれたまま奥の壁に寄りかかり、その正面にヒロが立つ形になった。
左足にトイレットペーパーホルダーの鉄の感触がある。
「さあ、今なら誰も外に居ないよ。」
少ししゃがれた感じがするけど高い独特なヒロの声。僕のシャツの下を汗が這う感覚がわかる。
「公園に誰も来てなくてよかったよな〜。」
顔立ちがサルっぽいクラスメートの一人、タケマルが言う。全然良くない。喉の奥がカラカラだ。
「緊張したお前の顔なんか可愛いよな。」
子供っぽい感じのする、リョウが言う。嬉しくないしこの子には言われたくなかった。自分の鼓動が聞こえてきそうだ。
緊張感の無いクラスメートの言葉とは裏腹に、会話が途切れると空気が目に見えて緊張した。
たぶん、自分たちのしようとしている行為の罪悪感と、緊張感を紛らわす為の会話だったんだろう。
クラスメート達にとっても居心地が悪かったんだろうと思える数秒の沈黙の後に、ヒロが口を開いた。
「じゃあ……。」
ヒロの声を合図に、そこにいる全員が生唾を飲み込んだような気がした。
次の瞬間、僕はズボンとトランクスを同時にずりおろされ、まだ発育途中の僕自身を丸出しにしていた。
予想よりずっと早かった。ずるい。僕は自分の顔が真っ赤になるのを感じた。情けなさに潤みそうになる目をぎゅっとつむる。
ヒロが「うわ」と声を上げた。恥ずかしい。なんで…僕が恥ずかしいのをわかっていてそんな声をだすんだろう……。
だけど、僕にはそんな思いを口に出す時間さえも与えられなかった。ヒロが僕のものに触ってきたんだ。

848 :792:2006/01/30(月) 00:55:00.66 ID:OtyVm9+o0
ふう。眠いし明日早いのでwktkしてくれる人をこの辺で生殺しにしておいて僕は寝てしまおう。
よし。初めてだけどなんか書き上げられる気がして来た。

そして明日冷静になった僕は、今宵の自らの行為に戦慄…するんだろうなあ。ガクブル。
それじゃあおやすみ。まだイカせてやんない。

849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 00:55:18.76 ID:rdrZdow00
あと、リボンは有っても無くてもいいです。大事なのは、絵師さんのインスピレーション。
自分の書いたモノが他人様の目にどういう風に映ってるのか気になりますしねー。
五人居れば五通りのディテールがある、って感じでいいと思います。

850 :携帯から@飛鳥:2006/01/30(月) 00:55:58.52 ID:BqdPFh50O
wktk・・・・
眠い・・・・だめだ。寝よう・・・・Zz(´-ω-`*)

851 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 00:58:21.60 ID:7ltotzqP0
>848
えええええええええええええええええええええええええ

852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:01:53.17 ID:J3dVKfs+0
じゃあ、変わりにもならないけどあぶらあげさんがSS投下しますね><

853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:06:44.75 ID:Smek+tND0
>>848
寸止めはいやぁ

>>852
wktk

854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:06:58.39 ID:J3dVKfs+0
(´゚ω゚`)…
誰も見て無さそうなのでやはりいまのうちですか。
ちなみに、後で見た人のために言っておくと、
狼耳と狐耳の二人が、バーンっとモンスターをやっつける話でした。

855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:08:15.57 ID:J3dVKfs+0
「おっさん〜宿、二人部屋宜しく〜」
「あいよ」
この季節、日が落ちるのも大分早い。
先ほどまでは夕陽が見えたというのにあっという間に暗くなっている。
夕闇の中、街の中を俺たち。
そ、つまり、俺、ジグと隣の相棒、リュオ。
俺は、精霊術師(エレメンタラー)って、精霊の力を借りて炎とか、風とかでバーンってやっつける後衛で、
リュオの方は、拡大術師(エンハウンサー)ってこいつも魔術師。
自分の体を、金属に置換したり、筋力をオーガにも負けないぐらいの物にしたり…
何にせよ、頼りになる相棒だ。
──つまり、俺達は、世に言う冒険者なわけ。
さっきのゴブリン退治もその一環。
あんな程度俺達にかかればどうってことはない。
そこそこ大きな街道沿いに位置するこの街の冒険者の宿、というやつは、この時間ともなれば
仕事終わりの冒険者達で喧騒に包まれている。
依頼を失敗し落胆するもの、かと思えば成功して宴会を催す者。
悲喜交々、様々な人々が居る中。

856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:09:55.97 ID:J3dVKfs+0
相変わらずぶっきらぼうなリュオを他所に、俺は宿帳に自分の名前を書いて手続きを済ませる。
「ジグート・フルート…っと…あ、そうだ。昼間受けた依頼だけど、きっちりこなしてきたよ。ま、俺らにかかりゃ楽勝だね♪…ねー、リュオ?」
俺は緩く尻尾をふりながら言って、リュオの方を向く。
それを冷たい目付きで見返してくるリュオ。
まだ、怒っている様だ。…後でちゃんと言わないとなぁ。
宿屋のおっさんは、少し苦笑した様に笑うと、「確認しておくよ、明日には払えるだろうさ」と言って、サインを確認して、俺が代金を出す。
俺たちは、簡単に一回の酒場で食事をとって、二階の指定された部屋へと入る。
今日は疲れたから早く寝たい…とこ、だけど。

「……──」
やっぱり、だ。
部屋に入って荷物を置くや否や、リュオが俺にくっついてくる。
心なしか、黒い耳が垂れ下がっている。
こういうときは、なんていうか、くっつきたいっていう感じのようだけど。
此処のところ野宿続きで、落ち着けなかったから、あんまりイチャイチャできなかった…
まぁ、その、そういう関係。
「あはは、解ったから…とりあえず、先に水浴びよ?」
俺はちょっと苦笑して、水場を指すけれど、内心は嬉しい。
とりあえず、身体は汚れて居るし、まずは水でも浴びようと、リュオに先に入るから、と言って俺は水場の方へと歩いていく。

857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:10:48.16 ID:J3dVKfs+0
服を脱いで、水場に入る。
カーテンで仕切られた其処は、あまり広いとはいえないが、あるだけ十分と言えるだろう。
此れくらいの大きさの街ともなれば、ちょっとした宿に泊まるとこれぐらいの設備はついている。
ま、ちょっと大判ぶるまいだったお陰もあったけど。
少ないとは言え、久しぶりの収入だし、何より久しぶりの屋根の下だ。
蛇口を捻ると、暖かい湯が出てきた。
そういえば、この辺は温泉が出るんだったっけ。
それを、魔法でくみ上げて引いている、ってところだろう。
俺はとりあえず、髪を洗おうと目を瞑って暖かい湯のシャワーの下に行く。
お湯は、俺の身体を温めて疲れも一緒に流して行ってくれるみたいだ。

そんな風にしていると、唐突に背後のカーテンが開かれる音がする。
なんだろう。
振り向くと、リュオが立っていた。
服を脱いで、俺と比べると大分浅黒い肌が逞しい印象だ。
魔法だけじゃなくて、ちゃんと身体も鍛えてるから、俺に比べれば全然太い腕。
俺があいつの金色の目を見ると解りづらいけど、その肌を恥ずかしそうに赤くして、顔を背ける。
尻尾と耳も、遠慮がちに垂れていた。
「その、だ。…一緒に、入ってもいいかな、って…」

858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:10:59.96 ID:vOyQ6IHn0
なんかいいぞこの空気wwwwwwwwwwwwwww

859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:11:10.92 ID:J3dVKfs+0
そんな様子に、俺までドキドキしてくる。
普段、見慣れていないわけじゃないのに。
ちょっと顔が熱くなるのを感じながら、俺は落ち着くように軽く息を吐いて
「…い、いいけど…」
少し、動揺が口に出てしまっただろうか。
言って、一人で占領してたシャワーを、半歩ずらしてリュオが浴びれる様にする。
隣で、俺と同じように湯を浴びるリュオ。
俺も、だが、かなりそわそわしている。

…落ち着かない。

860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:12:45.06 ID:J3dVKfs+0
そして残念ながら私も生殺し。
ここまでです。
次回えっちな展開に…なるのでしょうか><

861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:18:18.52 ID:J3dVKfs+0
なんか、その
ごめん、寝ます(´゚ω゚)

862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:20:06.95 ID:Smek+tND0
>>861
GJ!

863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:21:15.55 ID:vOyQ6IHn0
>>861
お休み。
よく寝て、精神力を回復し、さらに壮大な妄想世界(ファンタジックヘヴン)を展開してくれ

864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:33:29.81 ID:J3dVKfs+0
>>862,863
ありがとうございます。
かなり壮大じゃなさそうな予感ですが、がんばります。

そんな感じで保守して寝ます。
おやすみなさい皆さん。

865 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 01:35:42.11 ID:7ltotzqP0
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!

866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:36:06.82 ID:vOyQ6IHn0
>>865
おまえさんソレばっかりだなww

867 :838:2006/01/30(月) 01:52:49.29 ID:Smek+tND0
「大人になんて、なりたくない」
 ひとしきり泣いて、落ち着いたリノがつぶやいた。
「子供のままでいられたら、先生とずっといっしょにいられるのに」 
「そんなに子供のままでいたいかい?」
「あ……先生……」
 私はリノのズボンの中に手を入れた。パンツの中を指でまさぐる。
 すべすべした下腹に、ほんのわずかではあるが、明らかに産毛ではない毛が生えていた。
 なるほど、これが気になったんだな。
 リノが目を閉じ、キスをせがむように唇を突き出す。
 私はキスをしてやったが、舌は入れなかった。しびれを切らして、リノの方から舌を出してくる。
 私の口の中で小さな舌がチロチロと動き回る。
 天上の歌を奏でる唇と舌で愛される喜びは並大抵のものではない。
 今にもむしゃぶりつきたいほどであるが、それでも自制して、リノのしたいようにさせる。

868 :838:2006/01/30(月) 01:53:10.09 ID:Smek+tND0
「ん、はぁ」
「おやおや、そんないやらしいキスは大人がすることだよ」
「で、でも、ぼく……」
 反論の隙を与えず、私はリノのズボンをパンツごと下ろした。私の親指ほどもないペニスが、ちょんと上を向いて飛び出す。
 ふるふると震えるそれは、まだ亀頭の半分以上がつややかな皮に包まれている。
 可憐で美しい、まさに神の造詣だ。進化論などくそくらえ。
 リノのペニスを親指と人差し指だけでもてあそぶ。触り心地もすばらしい。
 徐々にそれは熱さと硬さを増していく。しかし、このままでは刺激が足りないだろう。
 事実、リノは少々不満げな顔をしている。
「先生、あの、そんなのじゃ、切ないです……」
「ん?私は綺麗なつぼみを愛でているだけだよ」
「そうじゃなくて、ええと、気持ちよく……」
「はて?具体的に言ってくれないと分からないな」
 私はしれっとした顔で意地悪を言う。
「ぼ、ぼくの…おちんちん…いじって、ど、どぴゅってさせて…ほしい、です」
 リノは顔を桃色に染め、消えそうな声で言った。また泣き出してしまいそうだ。
「精子出したいんだ?でも、声変わりするような年の子じゃないと出ないんだよ?」
「ぼく、出ちゃうんですっ。大好きな先生に、おちんちん気持ちよくしてもらったら、射精しちゃうんですっ!
 だから、だから、先生、お願い……っ!」
 ああ……どんなオペラでもこれほど私の心を打つ台詞はないだろう。本当に幸せ者だ。
 私はリノのペニスを口に含んだ。

869 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:54:39.92 ID:vOyQ6IHn0
>>868
変態教師め><

870 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 01:56:49.99 ID:Smek+tND0
>>869
いやまったくw

871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:00:18.94 ID:rdrZdow00
セリフうめえなあ……

872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:00:43.80 ID:MSHOrx7IO
オマイラ、ここが祭になるようですよwww

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/model/1138284592/

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:14:19.02 ID:vOyQ6IHn0
ほっしゅ

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:16:22.63 ID:rdrZdow00
なんか書こうぜ、みんなで。

875 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 02:19:19.38 ID:7ltotzqP0
>868
なんつーか、激エロス!GJ!!

そして、「進化論などくそくらえ」に激しくワロス


876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:34:55.80 ID:UpI/oi1a0
ほしゅ

877 :838:2006/01/30(月) 02:57:12.47 ID:Smek+tND0
「あああんっ、先生のお口、あったかい……」
 リノのペニスは、根元まで飲み込んでもまだ奥まで届かない。口の中に入れたまま舌で幹を慈しむ。
 嫌な味も匂いもまったくしない。本当に天使なのかもと錯覚するほどだ。
 舌先をわずかに顔を出している亀頭にあて、鈴口に沿って舐め上げた。
「ひぃんっ、ひぁぁぁっ、ぼく、そこ弱い、ですっ」
 このようなことをしているときでさえ、リノの声は小鳥のさえずりのよう。
 ふと思いついて、ペニスと玉袋をいっしょにしゃぶれるか試してみる。
「やっ、そんなのっ、だめぇっ」
 見事に口の中に納まった。ぷにぷにしてやわらかい睾丸を舌で転がして楽しむ。
 袋はときどき収縮しているのが分かる。精液が充填されているのだろう。
「リノ、出したいかい?」
 いったん口を放し、玉袋の裏筋を舐めながら尋ねる。
「は、はひぃ、もう、出ちゃいそうですっ、ああっ」
 リノを椅子に座らせ、足を大きく開かせる。両足を抱えて股間に顔をうずめた。
 今にも暴発しそうなペニスを強く吸い上げる。
「いああああああっ、あああっ、あああああーっ!」
 稀代のボーイソプラノの、私のためだけのリサイタル。今しか聞けないこの声は、一生私の耳に残るだろう。
 舌を激しく動かし、リノを射精に導く。
「ああああああああああああああああああーーーーっ!」
 ぴゅくっ、ぴゅくっ、ぴゅくっ、と精液が私の口蓋に何度も打ちつけられる。リノの射精は十秒は続き、口内いっぱいに広がった。
 甘さすら感じるそれをじっくり味わってから飲み干し、尿道に残った分もすすり上げる。
「どうだい?大人になるのも悪くないだろう?」
「はあはあ、はい、先生……」

878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 02:58:24.68 ID:vOyQ6IHn0
リノから微量のみさくら分が検出された気がする

879 :838:2006/01/30(月) 02:59:12.34 ID:Smek+tND0
「〜〜〜…♪」
 夜明けの星が消え行くように、アリアが締めくくられる。
 歌が終わっても会場は静まったままだった。やがて、ぱらぱらと拍手が起きると、すぐに割れんばかりの歓声が沸き起こった。
 彼らが絶賛しているのは、もちろんリノだ。
「リノもスランプから抜け出したようですわね」
 いつの間にか初老の女性が私の隣に立っていた。
「あ、校長」
「むしろ前よりとても素晴らしいわ。技巧も情感のこめ方も数段上。
 高音域が出にくくなりつつあるのもうまくカバーしてる。あなたの指導のおかげよ。ただねぇ」
 校長が意味ありげに私を見る。
「どうも神の愛への感謝というよりは、年上の男性を慕う乙女のような感じなのよね」
「は、はは……」
「今後もリノを導いてあげてくださいますわね。……でも、あんまりヘンなことまで教えちゃダメよ」
 ほほほと笑う校長。さすがというかなんと言うか……怖ろしい人だ。
「ほら、あなたを見てるわよ」
 壇上のリノが私に向かって小さく手を振っていた。うなずき返してやると、うれしそうに微笑む。
 その笑顔の中に、無限の未来が見えた。

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:03:05.08 ID:Smek+tND0
以上です。

>>878
どうも声フェチなとこがあるもんでw

881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:03:58.70 ID:UpI/oi1a0
校長鋭いな。

乙!

882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:08:12.31 ID:rdrZdow00
なるほど…着眼点がすげえ。それで声楽か…
>>880
乙です、堪能しました。

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:13:38.07 ID:Smek+tND0
改めてみると、微エロのはずが激エロになってしまったような。

884 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 03:26:20.98 ID:7ltotzqP0
今更ショタメイド投下
http://www.uploda.org/uporg299457.jpg.html

885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:27:04.38 ID:vOyQ6IHn0
>>884
さて、ウチにこないか?

886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:27:53.78 ID:Smek+tND0
今カウントしてみたが、この一連のスレに投下したSSの量、
原稿用紙50枚超えてる・・・ナニヤッテンダorz

887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:28:46.32 ID:VNsOHU3B0
>>884
GJ!すごく可愛い〜〜。
同人か何かで書いてる人かな?
書き慣れてる感じだし、上手い!

888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:29:19.80 ID:VNsOHU3B0
>>886
ワロスwwww
次は100枚分目指してがんばるんだ!www

889 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:38:02.49 ID:rdrZdow00
>>886
俺100枚超えてた…www

890 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:39:25.21 ID:rdrZdow00
>>884
エプロンドレス+半ズボン+ニーソックス(サイハイソックス)カチューシャ付きは、萌える。GJ!!

891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:41:28.47 ID:Smek+tND0
>>884
相変わらず巧いなぁ。

>>889
まとめたら文学賞に応募できるなwwwww

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:46:10.09 ID:vOyQ6IHn0
こういう会話見てると、ますます続きを書かねばならん気になるな…ww
まぁ待ってろ。チョコ妖精はまだ続く。
投げてないからな

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:48:04.81 ID:mo7TxahW0
ちょwwwGJwwwww
ttp://37514.net/pc/weblog/home/mol/archives/blog20060122.html


894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 03:52:44.90 ID:VNsOHU3B0
ガンガレ。みんなとにかくガンガレ。

895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 04:17:24.51 ID:VNsOHU3B0
>>1乙ですた。

896 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 04:18:17.88 ID:VNsOHU3B0
誤爆スマソ ↑

897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 04:21:39.34 ID:nFgUHdwKO
ここで3年前には小6のおれが登場ですよ

898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 04:28:11.89 ID:Smek+tND0
ほしゅ

899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 05:01:42.34 ID:vOyQ6IHn0
好奇心は猫を殺す。イタズラ心は悪魔を殺す。

休日。厄介な連中を抱え込んだせいで終日カーテン閉めっぱなしの怪しい部屋と化したマイルームの、狭い浴場から俺を呼ぶ声がする。
「おにーさーん」
どうした妖精。また良くないことをしたのか。 …いや、ここで相手をしてやらないと、もっと良くないことをするからな。あいつは。
「見て見てー」
「見て見てー、って…」
うわこれはすごいもはや絶句。
「っ… ぅぁ… 兄様っ……!? 見る、な……っ…」
羞恥に耳まで真っ赤にするのは、ウチの悪魔。しかも女装!
それもロリ系のふりふり服!! ……これは完全に妖精の趣味だな、うん。
綺麗な長めの黒髪も相俟って、なかなかにイイ感じだ。髪飾りとのコントラストもばっちりだ。
細めのコルセットや長手袋が悪魔の華奢なラインを強調している。
レースやリボン飾りは最低限ながらもしっかりと施され、可愛らしく、且つくどくない。かなりセンスのいい服を、センスよく合わせてるんだな。コレは。
長さギリギリなミニスカートも、俺はよく知らんが、ふわっと広がるように何か施されてるらしい。しかも下着がチラチラして、エロい。
……うむ。
「妖精」
「なぁに、おにーさん?」
「よくやった」
ほんとにな。流石にコレばかりは感動した。グレイト!
「うふふ。誉められちゃったぁ♪ よかったねぇ、悪魔くん? おにーさんが気に入ったってさ?」
「……っ!!? 兄 様っ…!? なにを…っ」
「いや、あまりに似合ってるんでな。悪魔。いつもの黒尽くめベルトだらけ血飛沫ペイント十字架模様より、そっちのほうがいいぞ?」
そういわれて、しばらく動きを止めてから、かくかくふるふる微妙な動きをする悪魔。ますます真っ赤になって。なにがあった?
……もしや妖精、貴様何かまた吹き込んだだろ!?
「なんのことかなぁ? ぼく、よくわからないよ?」 にっこり。
……。あくまでシラを切りとおすつもりか。
「…じゃ、善は急げ、お買い物行こうか、悪魔くん? 今度はどんなのにしようかなぁ… うふふ」
おぉ、邪悪なオーラが妖精から。悪魔、お前負けてるぞ。

900 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 05:01:57.95 ID:vOyQ6IHn0
「よし。今度は悪魔くんの趣味も考慮して、ゴスロリにしよう! きーめた。さ、行くよぉ?」
…ん? ちょっと待て妖精? 「そのまま」悪魔を連れ出すつもりか? ってか、あまりに自然すぎて気づかなかったが、お前ら外出してんのか!?
ウチの周りをウロつかれたら、俺の社会的地位はどうなる? 「大学生なのに親」疑惑? あるいはついに手が後ろに回るのか!?
「あ、おにーさん。そのへんはだいじょうぶ。 ほら、ぼく瞬間移動くらいはできるから」
それはマジかファンタジー存在。そういうことはもっと早く言え。便利そうじゃねーか。
「さ、悪魔くん? 恥ずかしがってないでさ。その服、すっごいイイんだから自信持ってよ? 全部で10万円くらいするんだよ?」
おおぉ。そんなイイ服、俺は着たことがないな。妖精、やるな。
「ほら、おにーさんの口座からくすねたのがバレないうちに全部使わないと…… あ」
オイコラ貴様腐レただ飯喰らい妖精。今何つった。
「あ、あはははははは? 行くよ悪魔くんっ?」
珍しく引きつった笑いを見せた妖精は、恥ずかしがる悪魔の左手を掴んだまま、激しい七色の閃光を発して、消えた。
「瞬間、移動…?」
派手だな。 ……いや、問題はそんなところになくて。
部屋に残されたのは、俺と、生活ギリギリの残高の通帳。

早急に連中を追い出さないといけない。ああ、あいつらの可愛いらしさに騙されてちゃあ……
これはもうだめかもわからんね。

901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 05:02:37.71 ID:vOyQ6IHn0
小ネタ2、以上。
やっぱ、たまには書かないと、かき方忘れるな

902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 05:16:12.21 ID:Smek+tND0
>>901


妖精オソロシスw

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 05:39:14.04 ID:Smek+tND0
ほしゅ

904 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 06:46:23.24 ID:vOyQ6IHn0
hosy

905 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 06:46:28.14 ID:ywOmd3eqO
エロかわいい
http://pksp.jp/621028/

906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 07:32:58.18 ID:yreyXemv0
ほしゅ

907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 07:39:03.33 ID:mo7TxahW0
ちょwwwwこれまじで?↓
ttp://happy-site.net/happy/info/index.php?no=r18


908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 08:19:46.58 ID:Jpz1WsZ80
1時間も空いてるがな。保守

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 08:28:12.91 ID:Jpz1WsZ80
今日は荒し来てないな。
ちょと安心。

910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 08:41:32.95 ID:OtyVm9+o0
SS書きちう。朝っぱらからエロ投下する気満々の僕って…

911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 08:46:44.52 ID:vOyQ6IHn0
>>910
いや、それでいいんだ

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 09:01:42.17 ID:Jpz1WsZ80
>>910
それがショタスレクオリティー。

 G J !!

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 09:05:02.86 ID:Jpz1WsZ80
wktk!
こんな事があるから早朝保守もがんばれる。

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 09:17:19.23 ID:Jpz1WsZ80
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(●),    、(●)、.| ←「誰かかきこまないかな?」と
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|   期待している今の私の顔
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´  .:::/
   /`ー‐--‐‐―´\

915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 09:17:44.93 ID:vjliwL7p0
次スレどこ

916 :910:2006/01/30(月) 09:39:41.05 ID:OtyVm9+o0
今から出かけてこなきゃならない。SSは間に合わんかった。スマソ。
思いのほか調子よく進んでるから、昼に帰って来てから投下できる予定。

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 10:40:32.03 ID:Jpz1WsZ80
>>915
950過ぎてから立てるならわしだ。
>>916
オケー俺も出かけなきゃいけなくなった。
昼に会おう。待ってるよ!

918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 11:08:04.85 ID:CGT5KduP0
とりあえず保守で

919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 11:21:03.33 ID:oJsmTrrK0
hoshu

スカイプ名って何ですか?

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 12:02:51.60 ID:CGT5KduP0
保守

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 12:45:28.98 ID:CGT5KduP0
ちょwww誰かきてww

922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 13:17:01.64 ID:oJsmTrrK0
きたぉ

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 13:19:46.75 ID:OtyVm9+o0
僕もきた

924 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 13:24:34.19 ID:oCBxFOFFO
・ω・

925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 13:29:48.24 ID:oJsmTrrK0
パソコンのしすぎ、寝不足で目が痛い件

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 13:47:22.16 ID:Smek+tND0
あげるぜひゃっほう

927 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:10:56.19 ID:CGT5KduP0
保守

928 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:32:26.78 ID:oJsmTrrK0
スカイプ一回閉じたら次はじめ方がわからなないんだけど^^;
どこにいったのかなぁ
ファイルを開くで開けないし。。

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:35:15.71 ID:NKqMNo+10
おk把握した
ttp://happy-site.net/happy/info/index.php?no=r18


930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:36:11.90 ID:OtyVm9+o0
書けたので投下。
公園のトイレ続きの続き。

「っ…くぅぅ…」
僕の先の部分を半分ほど隠していた皮をヒロが慎重な手つきで剥く。
緊張と恐怖のあまり縮んでしまっていた僕のおちんちんは、その刺激だけで高ぶりを見せる。
ヒロが僕のものを握って、前後に動かす。状況と裏腹なその優しく甘い刺激に、僕は我慢できずに吐息をあげた。
「ふふ…もうこんなになっちゃった。」
三人の視線が僕の股間に集中するのがわかる。完全に上を向きそそり立った僕のおちんちんがぴくん、ぴくんと動いている。
ヒロはそんな僕の先っぽを指でつまんで引き寄せ…手を離した。ぺちん。すっかり固くなった僕のおちんちんがお腹にあたって音を立てる。
もう一度。ぺちん。
「完全勃起だね。みんなに見られて興奮しちゃったかな?」
ヒロがくすくす笑っている。他の二人はなぜか黙ったままだ。首を回して彼らを見ると、二人とも慌ててそっぽを向いてしまった。顔が赤い。
薄暗くて狭いトイレの中でさっきから太股に当たる感触がなんなのか、いまさら考える余地もなかった。
今となっては恥ずかしさに顔を赤らめていないのはヒロ一人。他はみんな冷静さを失っている。いや、正気じゃないと言う意味では、ヒロも似たようなものだ。
それに、僕ももう…


931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:36:31.36 ID:OtyVm9+o0

「ひあぁあっ…んっ」
今までとは比べ物にならない鋭い感覚が、僕の体のなかを走る。皮をむかれた僕の先端を、指先で擦られる。
今まで一人でするときにもまだ刺激したことのないそこを、同級生に蹂躙される。
半ば痛いようなあまりにも強い刺激に、膝が立たなくなりそうな感覚を覚え声をあげてしまう。
「やっ…あああぁぁっ!」
体中を走り頭の中で飛び跳ねる電流が僕が思考するのを阻む。
なん…僕こんな…に…ってるの僕…悪……とを……らヒロ…怒っ…る…………嬉し…これは…実………?
自分の頭の中で必死にもがいている僕を、ヒロは両手を使って責め立て絶頂へと導いていく。
右手で僕のシャフトを握りピストン運動をさせ、左手は僕の先っぽにあてがったままだ。
ヒロの右手が動くたびに、僕の先っぽと左手が触れ、電流のような感覚が流れる。痺れるような感覚の中で僕の腰に不意にもやっとした感覚が一瞬浮かび上がった。
そしてその感覚はすぐに実際の世界に形をなしてほとばしる。ひときわ眩しい電流をともなって、僕は射精した。


932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:38:03.60 ID:OtyVm9+o0

「はぁ…はぁ…」
目の前が真っ白になる強烈な感覚から解放された僕は荒い息をついた。なにも考えられなかった。
自分の今の感情がどんなものなのかさえも、ここ十数分の間に起きたことが強烈すぎて整理がつかない。
「もうイっちゃった…にしても、すごい量だな」
声に気づいて薄目を開け前を見ると、驚いたような顔をしたヒロが自分の手を見ている。
ヒロの両手は僕の精液で完全にベタベタになっている上に、顔にまで白っぽいものが飛び散った跡がある。
ヒロはひとしきり自分の手を眺めた後、僕の左足の横のトイレットペーパーに手を伸ばした。僕はこの悪夢の終わりを予感してほっと息を着いた。
とにかく、これで僕は解放される。すぐにでも家に帰ってシャワーを浴びて、ひどく疲れたこの体をベッドに横たえよう。
だが、次のヒロの一言で僕の安堵は一瞬で凍り付く。
「じゃあ二回戦ね。」
僕は再び自分の甘さを痛いほど思い知らされた。「一回だけ」とは言っていなかった。
僕はまだこの快感と嫌悪感の混じった混沌とした感覚から抜け出すことを許してもらえないんだ。
しかも、ヒロはなにやら引っ張り出したトイレットペーパーを個室の床に敷き詰めている。
そしてそこに膝立ちになったヒロは、両手で僕の太股を掴み…「まだこれだけじゃ許さないからな。」
口開け、おもむろに顔を僕のものに近づけた。
僕は、未知と嫌悪感の化身が僕自身を飲み込もうと口を開けているのを目撃した。

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:41:29.33 ID:OtyVm9+o0
僕的SSの法則。段落の最初がかならず喘ぎ声で始まるwwww

なんだかエロい描写の密度が低い気がしなくもない。
とりあえずエロいのはこのへんまでだと思う。
どうなのかなあ。こういうの。これ書き終わったらもっと萌えるものを書きたいなあ。

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 14:48:29.46 ID:diKMQBjx0
乙です。続きが気になるなぁ・・。

935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 15:21:59.81 ID:c+Sm8NZrO
公衆便所の人、乙

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 15:29:27.49 ID:J3dVKfs+0
えらいえろい響きですね、公衆便所の人。
乙。

937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 15:31:28.73 ID:oJsmTrrK0
スカイプでブルガリアの11歳としゃべったww

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 15:33:29.55 ID:rdrZdow00
たまにさ、何かの反動で、鬼畜輪姦陵辱モノを書きたいとか、思ってしまうんだわ。
おお怖い怖い。

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:01:01.07 ID:oJsmTrrK0
外国の11歳って日本に比べると上に見えるな
ハリーポッターに似てた

940 :甲州勉または公衆便所の人:2006/01/30(月) 16:01:17.60 ID:OtyVm9+o0
続き…続きねえ…
実は何も考えてないです。この辺で終わる予定だったのだ。
まあ、まとめサイトのSSでも読みながら考えるとしましょう。

941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:13:37.48 ID:OtyVm9+o0
>>939
僕はカナダに行ったことがありますが、同じく大人っぽく見えました。
逆に日本人が海外に行くと、大人でも未成年に見間違えられることがあるそうですね。

942 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:16:37.19 ID:rdrZdow00
日本の女はロリコン外国人に人気があるそうだ…幼く見えるらしい。
アジア系は仕方ないよな。


943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:24:52.23 ID:XU1SbCig0
要は、日本はショタっ子の宝庫ってことだな

944 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 16:31:44.94 ID:oCBxFOFFO
公衆便所の人、乙!

945 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:49:03.32 ID:s9nvDIQg0
ショタッコマイケル

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 16:51:35.32 ID:rdrZdow00
マイケルを主人公にしたSSを思いついたんだけど、やっぱマズいかなw

947 :飛鳥:2006/01/30(月) 17:09:44.70 ID:BqdPFh50O
今学校オワタ。

>>938
俺はほぼ毎日。
ヾ(・ω・`)ゞ鬼畜マンセー

948 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 17:37:15.23 ID:oJsmTrrK0
>>941
やっぱり。
13ぐらいに見える 
てかマジダニエルラドクリフに似てるwww


949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 17:38:31.05 ID:oJsmTrrK0
>>946
No,problem.
Go ahead.


ここのGo ahead を誤認しないように。
どうぞやってください。  という意味です

950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 17:45:01.84 ID:rdrZdow00
鬱蒼と繁る新緑の木々の列の果てに、それは存在する。
ある一人の、かつて少年であり、今も尚少年であり続ける男が作り上げた人造楽園。
少年たちに夢を。少年たちに娯楽を。そして己には少年たちを。
密やかな息遣いを噛み殺して、男は今日も月を穿つ。

管理された箱庭、その名は「ネバーランド」。
その主である男――マイケルは、外れかけた鼻を右手で押さえながら、猛る股間の欲望を露わに少年の前に立った。

わけわかんねwwww

951 :106:2006/01/30(月) 17:54:21.76 ID:gq2JAcP/0
俺のレス ヌルーするなよ(´Д⊂)

本郷くん↓
http://sos-sendai.com/md/view.cgi?CAT=T&ACT=DESC&ID=T391656

952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 17:55:52.25 ID:gq2JAcP/0
>>951
ごめん。誤爆ったorz

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 18:14:16.57 ID:oJsmTrrK0
>>951
ヒノキオって良い?

954 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 18:19:30.70 ID:gq2JAcP/0
俺は見てないから分からんが、結構ネットでも評判は良いらしいな。
あまり話題にはならなかったみたいだが

955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 18:22:02.89 ID:c+Sm8NZrO
次スレの時期だな

956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 18:26:03.39 ID:/OC+Yzvp0
描き直してるうちに素晴らしい少年メイドがうpされてらー。
ということでSSでも…と思えば次スレの季節か

957 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 18:46:47.03 ID:oJsmTrrK0
>>954
ファンの癖に見てないのか!
CMとかの宣伝がはぼかったから見た人は少なかったみたいだけど
映画板でも評判良いよ
本郷くんのコスプレや笑顔が見れるらしいからファンなら見ろ!

俺は見ない!

958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 19:07:52.65 ID:J3dVKfs+0
ほしゅ
風邪でつらいです。きもちわるー

959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 19:20:38.78 ID:c+Sm8NZrO
ほしゅ

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 19:20:47.58 ID:/OC+Yzvp0
>>958
余り無理せず暖かくしてるんだ!!

【ショタ】「ダメ…僕…男の子だよぉ…あ…んっ…」【はんなり】

次スレを考えつつ保守

961 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 19:25:19.87 ID:oCBxFOFFO
ヒノキオは、まあまあ面白かったYO

962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 19:46:55.06 ID:Smek+tND0
お兄ちゃん、ぼく立てちゃった
【ショタ】「ダメ…僕…男の子だよぉ…あ…んっ…」【はんなり】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1138617952/l50

963 :飛鳥:2006/01/30(月) 19:58:13.22 ID:5RyQz/jD0
埋め?( ・ω・)


964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:02:58.99 ID:vbYZ4UUZ0
また梅小ネタでも書こうかと思ったけど、もうネタが尽きた(´・ω・`)

965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:15:54.80 ID:yreyXemv0
うめルンです

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:18:00.50 ID:XU1SbCig0
小説リレーでもするか。

967 :飛鳥:2006/01/30(月) 20:20:18.65 ID:5RyQz/jD0
>>966
もしやるならお題何にしますか?

968 : ◆777sUJiuYE :2006/01/30(月) 20:26:27.57 ID:oCBxFOFFO
【おしべと】「ダメ…僕…男の子だよぉ…あ…んっ…」【おしべ】


969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:29:30.44 ID:sDFMUhhN0
埋めるお手伝いだよ!
…メイドはどうも尻でかになるんだ。
色々と逃げますた。

ttp://www.vipper.org/vip188668.jpg.html

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:33:03.53 ID:Smek+tND0
>>969
かわええなぁ。
穢れのない男の子が神職を務める儀式ってあるよな

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:33:35.47 ID:sDFMUhhN0
「お兄ちゃん早く梅の花咲かないかなぁ?」
「大丈夫次スレが出来たんだ、直に咲くさ」
「ほんと?咲いたらお兄ちゃん一緒に見ようね!」



972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:35:30.79 ID:vbYZ4UUZ0
梅の花を見ると、思い出す歌がある。
二年生の春。
まだ冷たい風が吹くころ。
この恋心を永遠に秘めることを誓った。
友達でいるかぎり、ずっと傍にいられると思っていた。
君を、失うことになるとも知らずに。
梅を見ると思い出す。
あの梅の香りのように、甘く、切ない恋心を。

   世の中は 恋繁しゑや かくしあらば 
       
            梅の花にも ならましものを

973 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:35:36.45 ID:diKMQBjx0
>>969
萌えた。

974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:36:21.81 ID:vbYZ4UUZ0
>>969
(*´Д`)カワイス

975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:42:03.96 ID:sDFMUhhN0
今回は男の子に見えたようでよかた。
ごめんよ、お兄ちゃんおにゃのこしか描いた事無かったんだ

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:42:50.55 ID:oZDiBJs70
>>969
(;´Д`)ハァハァ

977 :飛鳥:2006/01/30(月) 20:43:14.06 ID:5RyQz/jD0
>>969
(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:47:10.39 ID:sDFMUhhN0
梅ついでに叫ぶ

俺は和テイスティーな服が大好きなんだぁぁぁぁぁぁぁ!!

979 :飛鳥:2006/01/30(月) 20:51:41.60 ID:5RyQz/jD0
とりあえず向こうにSS投下しますね・・・梅。

980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:51:52.17 ID:yreyXemv0
>>978
狩衣とか?
確かにあれはカッコイイね

981 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 20:59:37.29 ID:sDFMUhhN0
>>980
狩衣カッコイイっすよね。
もう和装なら結構何でも来い状態なんで
毎年の成人式映像とか心ん中ハァハァですよ。
もちろん見た目だけですけど。

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:00:59.34 ID:vbYZ4UUZ0
君と出会ってから、幾度眠れぬ夜をすごしただろう。
君を失ってから、幾度眠れぬ夜をすごしただろう。
春が来て、木々が薄紅に色ずくたびに君がよぎる。

  春なれば うべも咲きたる 梅の花 

        君を思ふと 夜寐も寝なくに

983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:03:18.21 ID:yreyXemv0
梅雑談

ショタっていうと、
トーマの心臓(1999年の夏休み)とか、
ここはグリーンウッドとか、
鳩の栖とか好きだったりするん。

大人の和服は恰幅がよくないと似合わないよねぇ

984 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:07:31.86 ID:XU1SbCig0
俺は柔道着とか剣道着も好きだが

985 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:09:18.90 ID:sDFMUhhN0
大人だと華奢な人が着るとちょっと切ない気分になりますねぇ。

弓道着も好きだ

986 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:20:34.69 ID:vbYZ4UUZ0
ネタ切れ梅

987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:22:37.30 ID:CGT5KduP0
1000取れたらSS書く・・・いや書け

988 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:24:20.47 ID:sDFMUhhN0
よし、埋まったらSS投下する

989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:26:37.99 ID:yreyXemv0
梅ショ短歌

増す闇の 掻き曇る月 冴え冴えと
香に色の濃く 衣擦れの音

ショタじゃねーwwww

990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:29:26.93 ID:yreyXemv0
あ、ショタかBLか微妙だけど、最近読んだ「エバー・ランド」もよかった。

991 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:30:33.12 ID:IR2LT7Bb0
一日が50時間あれば30時間くらい寝て
余った時間でじっくりSS書くんだけどなぁ

992 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:34:08.41 ID:IR2LT7Bb0
エバー・ランド?検索してもでてこねぇ 
ガンダムオリジンの新刊のガルマに萌えた 

993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:35:27.90 ID:rdrZdow00
994ならノエの続きうp

994 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:35:50.76 ID:yreyXemv0
>>992
ごみん、ネバー・ランドだったwww恩田さんのね

995 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:36:13.96 ID:sDFMUhhN0
>>993
惜しい!!でもうpキボン

996 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:37:11.53 ID:yreyXemv0
>>993
うそん!しょっく

997 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:37:15.97 ID:IR2LT7Bb0
恩田陸か
最近別の本読んだよ 探してみる

998 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:37:31.00 ID:wCOiAWuy0
次スレでぬうp!!

999 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:37:39.58 ID:sDFMUhhN0
997ならもう一度メイドチャレンジ

1000 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/01/30(月) 21:37:54.94 ID:IR2LT7Bb0
1000ならTと相思相愛

1001 :1001:Over 1000 Thread
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +        このスレッドは1000を超えました。
     〈_} )   |                                次スレも…VIPクオリティ!!
        /    ! +    。     +    +     *         http://ex14.2ch.net/news4vip/
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


308 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)