5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ショタ】「ダメ…僕…男の子だよぉ…あ…んっ…」【ますか】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 18:38:41.54 ID:sKF3AOKW0
ショタSS、画像、動画、声、のうp。
ショタに関する雑談などなど。
作家さん絵師さん等の職人さん大歓迎。

まとめ http://www8.atwiki.jp/shota/
避難所 http://ga-cha-ra-ba.com/vipsyota/
避難所(このスレ専用) http://yy25.60.kg/syota/

初めての方はまとめサイトを読んでみて下さい。

過度の馴れ合いは避け、職人さんが作品を投下している時の雑談は控え目に。

ショタに関するものならどんな投下も大歓迎!
職人さんはいつでも遠慮なく作品を発表しに来て下さい。
(ただし声うpの連投はお控え下さい。)
皆さんの投下をお待ちしています!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 18:40:11.28 ID:FS9J9eZV0
乙!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 18:54:45.67 ID:ZwReMTYa0
新スレ乙ですー

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 19:23:30.01 ID:Z1E/wj0r0
ほっす

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 19:26:57.49 ID:p7esvITV0
乙ー

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 19:59:01.31 ID:Z1E/wj0r0
hosu

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 19:59:52.49 ID:C9q/7lCZ0
乙ー。
はじめて小説書いてみた

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:03:23.72 ID:Z1E/wj0r0
>>7
是非とも投下してくれたまい。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:05:59.21 ID:C9q/7lCZ0
今日も祐君は来てない―――。二つ前の机に目をやる。祐君はインフルエンザでここ4日学校を休んでる。
本当はお見舞いに行きたいんだけど、お母さんにうつったらだめだから行っちゃダメだって言われた。
でも明日も祐君が学校に来なかったら、こっそり会いに行こうと思ってる。うつったってかまわないんだ。
お母さんやお姉ちゃんは心配するだろうけどね。
いつもは楽しい社会科の授業も、なんだかやる気が出ない。いつものように先生の落ち着いた低い声が耳に入ってくるんだけど、
しゃべってることが全然頭に入ってこなくて、まるで夢の中にいるみたいな感じ。祐君が来るまでずっとこんな感じが続くのかな。
今開いてるノートの、前の前のページに描いてある落書き、祐君が描いたんだ。好きなアニメのキャラの話になって、
僕が好きなキャラのことを話してたら「こんな感じだったよね?」って言って、祐君がノートの隅っこに描いてくれたんだ。
「ごめん、へたくそで。」って言ってたけど、僕よりも全然うまかったし、 なんか可愛くてすごく気に入っちゃって、消さずに残してあるんだ。
祐君は勉強もよくできるし、サッカーも上手い。それにリーダーシップもあって、今年の学級委員もやってるんだ。
僕とはおおちがい。僕よりも友達が多くて、いつもがんばってるっていうイメージがあるし。僕もあんなふうになれたらなあ、って思う。
僕と祐君は、幼稚園からの友達で、そのことが僕にとってはちょっと自慢なんだ。ほかの男子が知らないような祐君のことも知ってる。
僕も祐君も昔は自分のこと「僕」って言ってたんだけど、クラスの男子がみんな「俺」って言ってるから、祐君もだんだん自分のこと
「俺」って言うようになってきたんだよね。3年か4年のときからだったと思う。今ではみんなと遊んでるときは普通に俺って言ってる。
僕は今でも「僕」のままだけどね・・・。祐君が「僕」って言うのは、先生に話すときと意見を発表するとき、
それと、僕と二人きりで話してるときも「僕」って言うんだよ。なんだか、おかしいよね。
でもそれって、祐君にとってそれだけ僕のことが特別だってことなんだよね。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:06:32.99 ID:C9q/7lCZ0
読みにくいですね。すいません

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:10:52.26 ID:Z1E/wj0r0
>>10
いやいや心情分かりやすいし読みにくいなんてないっすよ。
続き!続き!

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:13:26.02 ID:C9q/7lCZ0
>>11
まだここまでしか書いてないんですw

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:14:51.80 ID:Z1E/wj0r0
>>12
なるほど、続き楽しみにしてます。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:15:50.04 ID:C9q/7lCZ0
ありがとうございますww

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:29:49.30 ID:sKF3AOKW0
小学生くらいってなんかいいよね。無垢で

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 20:53:19.15 ID:jmO/gF7W0
>>1
いまさら新スレ乙

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:10:01.44 ID:jmO/gF7W0
寝るなー!寝たら死ぬぞー!

…保守んないと新スレが死ぬー!

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:10:14.78 ID:+Izlp9P20
洗濯物を保守

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:23:04.69 ID:MOwtf+nR0
チョコレートを保守。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:39:05.96 ID:jmO/gF7W0
もう少しで梅完了保守

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:41:27.97 ID:MOwtf+nR0
1000を踏んでしまったようだ。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:42:07.23 ID:jmO/gF7W0
>>21
1000(゜∀゜)オメ!

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:43:04.79 ID:+Izlp9P20
>>21
おめでとう。よーし次の梅までにショタ魔王戦かんがえちゃうぞお

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:43:09.95 ID:MOwtf+nR0
>>22ありです


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:52:31.90 ID:jmO/gF7W0
>>23
(0゚・∀・)次ノ梅ガタノシミ!

おらはもネタが尽きただよ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 21:55:52.76 ID:+Izlp9P20
>>25
おう頑張る。

自分は既にネタ尽きてるーよ。
ティーオーピーピーオーなんて昔の思い出

「なあティーオーピーピーオー居る?」
「いる」
実際は萌えも何も無いけどな…orz

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:02:18.20 ID:FS9J9eZV0
「今日は寒いね。」
「ん、ホットココア。飲む?」
「サンキュー……えっと、間接キス?」
「ばっ…そんなんじゃねーよ!」
「じゃあ何でそんなに嬉しそうなの?」
「違ッ……!」
「あはは、嘘だよ。」
「っ……」(←実は嬉しかった)

なんていう梅文を風呂中に考えてたら埋まってた。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:02:20.96 ID:jmO/gF7W0
実話ネタだったのかww

昔、友とふざけてポッキーゲームしてたら、
相手が途中で折って2/3を持って行った。
(´・ω・`) ヒドス…

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:03:53.34 ID:MOwtf+nR0
ポッキーゲームってなぁに?

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:09:05.23 ID:FS9J9eZV0
>>29
よおし、じゃあお兄ちゃんが教えてあげようか。
言うだけじゃ分からないから、実際にやってみようね。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:09:08.52 ID:jmO/gF7W0
>>27
まさに甘酸っぱモエス

>>29
よしお兄さんが教えてあげよう
お兄さんがこっち端を咥えるから、坊やはそっち側を咥えry

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:09:57.89 ID:jmO/gF7W0
>>30
ちょww3秒差www

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:10:40.36 ID:MOwtf+nR0
>>30,31
えぇと…どっちのをくわえればいい?

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:13:49.94 ID:jmO/gF7W0
両ほry

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:16:04.89 ID:96sdrdsN0
>>1
今更ながら乙です。
一応、もう一つの纏めサイトのアドレスも貼っておきますね。
ttp://www7.atwiki.jp/vipshota2/

あと、何処かの誰かさんが猫耳VS犬耳を引き継いでくださったみたいで、感謝してます。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:20:30.92 ID:MOwtf+nR0
初めて見ますた。
保管庫の人乙です


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:21:00.71 ID:FS9J9eZV0
>>33
好みな方を。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:24:11.40 ID:KM0nTJiI0
>>35
おかえりなさい。
引き継いだというか勝手に続きっぽいものを書きました。
今ブラウザ前でペコペコ頭下げてます。インスピレーションをありがとうありがとう。
そして勝手に書いてすんません、すんません。


どうみても猫と犬が逆です本当にありがとうございました。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:30:39.37 ID:jmO/gF7W0
次から>>35も天麩羅に入れなきゃの

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:38:25.27 ID:G8QwgmHG0
オリンピックでリュージュに二人乗りあるけど、「これ絶対入ってるよね」って感じだな。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:42:18.38 ID:96sdrdsN0
>>38
どうも。
リレー小説って楽しいですね。
インスピレーションは循環するらしいです。俺も色んな物からインスピレーションもらってます。

それはそうと、何だか今日は凄く、ああ、インスピレーションが。
体が、脳が、赤銅色の創作意欲で満たされてゆく。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:43:42.17 ID:jmO/gF7W0
>>40とショタオリンピックネタが合わさって脳内が酷いことに…
謝罪と賠償を要求する!!

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 22:57:50.06 ID:v69aK6Jj0
フィギュアペアって絶対結婚するんだよな。
もう、ほぼ確実に。いつでも一緒に練習するからかねぇ。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:00:34.17 ID:G8QwgmHG0
相性もよくないとコンビネーションうまくいかないもんだろうし、
そこまで相性がいいってことは、スケートに限らずいろいろ合うんだろう。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:14:06.53 ID:jmO/gF7W0
そいえば今日は男子フリーだった。見なければ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:15:30.16 ID:96sdrdsN0
お題欲しいなー、なんておこがましい事を言ってみる。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:18:55.40 ID:jmO/gF7W0
シチュエーションコメディチックなのが読みたいけど、
小説でやるのは死ぬほど難しそうだ…

王様のレストランとかHEVEN?っぽい感じのショタレストランとか…ダメ?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:19:01.09 ID:rCRNGyPeO
>>46
銭湯とかお祭りとか花火大会とか、そういう日本的な心の暖まるショタ小説が読みたい。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:23:16.12 ID:jmO/gF7W0
あ…スペルミス。Heave?だった(;´Д`)ハズカシス
だめぇ見ちゃ見ちゃいやぁぁぁ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:24:56.14 ID:MOwtf+nR0
神社とか縁日とか袴とか…
縁側に猫、駄菓子屋に紙芝居。
お父さんの大きな実用自転車に三角乗り。ああノスタルヂア。
…って、感性がなんだかジジ臭いな。

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:29:05.66 ID:96sdrdsN0
総合すると、“少年達の自立心と社会性を育む”事を目的として某官庁によって設立された
有機無農薬野菜と高原直送の水と少年達の笑顔が自慢のレストランの面々が
久しぶりの休息で近所のお祭りに出掛けて露店を散々冷やかした挙句
花火に心奪われた帰り道貸切状態同然の銭湯で巫山戯合う……

こーりゃ大変だ。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:29:59.55 ID:KM0nTJiI0
自転車という単語で思い出す。
幼い頃立ちこぎしてたら足を踏み外し
ペダルからハンドルまでのパイプ(?)部分が急所にクリティカルヒットした事を…痛かった。

ここであえて季節外れにハロウィンとか。誰かネタにしてみませんか

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:31:30.19 ID:KM0nTJiI0
>>51
ちょwwwwそれを書くんだな?書くんだな!

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:33:19.39 ID:jmO/gF7W0
>>51
総合しすぎww無茶しやがってwww

確かにノスタルジィはいいなぁ。
あぁ…大人帝国を見てヒロシが正気に戻るシーンで号泣する歳になっちまったぜ…

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:36:17.96 ID:MOwtf+nR0
>ペダルからハンドルまでのパイプ
たぶんフレームの「トップチューブ」

ちなみに私は股間をハンドルの付け根のとこにぶつけて内出血しましたよ…
泌尿器科に診せに行ったら、潤滑ジェル塗られて高速振動する機械当てられた…
って、超音波内視鏡ですけど。は、恥ずかしかった〜

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:37:45.97 ID:96sdrdsN0
ショタレストランっつうことは、必然的にバーテンやらソムリエは成年の「兄さん」になるわけか。

>>55
心配すんな。俺なんか高校の時、尿道に管入れられたぞ。
大学病院の、若い、女の看護士に。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:41:10.94 ID:KM0nTJiI0
>>55
そうかトップチューブと言うのか。自転車なんて乗れればいいのさ。

それも悲惨だな…
俺なんておかんに泣きついたらこれ塗っとけと軟膏渡されて終わったよ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:42:27.19 ID:jmO/gF7W0
皆さん実にエロい体験をお持ちで。

できればオーナーもショタがいいな。
わがままボンと見せかけて初心な不器用さんがいいな。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:42:54.25 ID:MOwtf+nR0
>>56それなんて出川哲朗?w
研修生の尿道結石の処置の練習台に使われたのですね、きっと。


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:43:06.68 ID:5DGVqToy0
お兄ちゃんは、高校生になってからちょっとずつ変わっていった。
アルバイトを始めたらしく、帰りが遅くなることも。
前はよくゲームしたり、サッカーしたり遊んだのにな…

ズキン…

一昨日はリボンがついた袋持ってた。
あれってバレンタインのチョコだよね…

ズキン…

女の子と付き合ってるのかな。

ズキン…ズキン…

あれ?なんでこんなに胸が苦しくなるんだろう。
なんで、涙が止まらないんだろう。
変なの。


保守。

61 :妖怪布団かぶり:2006/02/16(木) 23:44:37.84 ID:G8QwgmHG0
N○Kふるさとスペシャル 「所田ヶ岳村に春が来る〜子種蒔神事〜」

 ××県にある所田ヶ岳村は、人口が約500人の小さな村です。
(雪深い山の盆地の遠景。人家はまばら)
 農業を営むこの村では、毎年この時期になると子種蒔神事と呼ばれる祭りが執り行われます。
 所田ヶ岳村では、この神事が終わると春がやってくると言われているのです。
 今回のふるさとスペシャルは、この子種蒔神事の様子を取材しました。
(神社の境内で、二人の少年が舞の練習をしている)
 神事の主役はその年に12歳になる二人の男の子。今年は高木慶太くんと谷橋新也くんが選ばれました。
「この祭りは、古い古い言い伝えに従って行われておるんですわい」
(長老といった風貌のお爺さんが縁起を語る)
「平安時代の頃のことです。村に降った雪が春まで解けず、野良仕事も出来ず難儀しておったそうな。
 そこに山から二人の童子が現われ、村中に子種を蒔いていった。
 すると、みるみる雪が溶け草木が芽吹いてきたと伝えられておるんですじゃ」
 その故事にちなみ、12歳になる二人の少年が神の子供として村を回って子種をふりまく。
 それが子種蒔神事なのです。

62 :妖怪布団かぶり:2006/02/16(木) 23:44:52.68 ID:G8QwgmHG0
(慶太と新也が袴姿で現れる。袴の下には下着はつけていない)
 大きな神輿の上に慶太くんと新也くんが載って、いよいよ神事が始まります。
 ふんどしをしめた村の青年たちが神輿を担ぎます。
「12年前は私がこの上に乗っていたんですよ」
 そう語るのは今年24歳の鷺山さん。普段は東京で会社員をしているそうです。
「この神事のときは必ず帰ってきます。毎年楽しみなんですよ」
 鷺山さんは、慶太くんと新也くんにどうすれば何回もすぐに出せるのか、といった助言をしてあげていました。
(神輿を担いだ人々が練り歩く。慶太と新也は緊張した面持ちだ)
 田んぼに神輿が到着しました。
(介添え役の男が二人の袴を持ち上げる)
 慶太くんと新也くんがおちんちんをしごきはじめました。このしごき方にも伝統の作法があります。
 右手を竿に添え、左手はお尻の穴へ指を入れるのです。
(二人が盛んに白い息を吐いて、興奮しているのがわかる)
 あっ、精子が飛びました。まずは新也くん、そして慶太くんも。
(田んぼに積もった雪の上に精液が落ち、周囲の雪を少し溶かす)
 これを村のあちこちで繰り返されて、一日目は終わります。

63 :妖怪布団かぶり:2006/02/16(木) 23:45:07.24 ID:G8QwgmHG0
(神社の境内にやぐらが組まれ、その上で火が焚かれている)
 二日目は神社での儀式です。
 みそぎを終えた慶太くんと新也くんが、裸のまま、地面に足がつかないように運ばれてきました。
(神主が祝詞を読み、榊を振る)
 ここからが祭りのクライマックス。
 大勢の村人たちが見守る中、慶太くんが新也くんのお尻におちんちんを入れます。
 はじめは恥ずかしそうにしていた二人ですが、やがて大胆に腰を振るようになってきました。
 新也くんが射精すると、我先に男の子の精子を浴びようと、群集の興奮は最高潮に達します。
 この精を浴びた人は、その一年、幸運が授かるそうです。
(慶太がおちんちんを抜くと、精液と腸液の混じった汁が零れ落ちる。
 神主がその液体をうやうやしく小さな椀にとった)
 こちらのお汁は、あとで神様に捧げられます。
 今度は新也くんが入れる番。大きいおちんちんですが、入るでしょうか。
 入りました!
 二人ともとても気持ちよさそうな顔ですね。
(ほのぼのとしたBGM。慶太と新也がかわるがわる交わっているダイジェスト映像)
 
 春の足音は、もうそこまで来ています。

                           糸冬
                         NH○XX放送局


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:46:21.88 ID:G8QwgmHG0
  _  
 .//|.|   /'∧   
 | |..|.|  (Д゜,ノ⌒ヽ 
  ̄ll ]-、と/~ ::ノ:::)   ・・・・・・。
  ̄ ̄ ̄|(_.( :: ,:_)

  _  
 .//|:|   ∧∧    
 | |..|.|  ( ゚д゚ )⌒ヽ 
  ̄ll ]-、と/~ ノ )  なんだこれ
  ̄ ̄ ̄|(_ (  ,_)
          ̄~

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:49:15.28 ID:MOwtf+nR0
>>60
GJ!続きが読みたいれす。

>>64
やってくれましたw
そのリアリティが怖いです。本当にあったらどうしようgkbr...

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:53:36.55 ID:jmO/gF7W0
>>64
GJww
こういうの好き

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:56:25.73 ID:KM0nTJiI0
>>60
GJ!保守と言わずに続きを書いてくれたまえ。

>>64
すごい村だwwwGJ!

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/16(木) 23:57:33.14 ID:5DGVqToy0
>>65
すまん
保守代わりにササッと作っただけだから、続きはない
誰か跡継ぎしてwwwwww

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:04:57.54 ID:NqctqCrz0
今ショタ小説を書いているが…
なぜかビデオゲーム勝負ものになっている。ナゼだ。
対戦の描写がやたら多いじゃないか。
ほのぼの兄弟もののハズなのにな。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:06:11.77 ID:+g2H6Tml0
最後に残った二本の線香花火を分け合って、少年達は庭先にしゃがみ込んでいた。
街燈も疎らな田舎の風景が、二人の心を一層締め付ける。
「――夏休み、終わっちゃうね」
二人の内、些か伸びすぎた黒髪を無造作に結わえた少年――蛍介が、寂しそうに呟く。
藍色の着流しと赤い鼻緒の下駄は、母親の凝り性の賜物である。
真っ黒に日焼けしたもう一人の少年――直人は、何も言えないまま、ただ呆けたように
夏空を飾る大輪の花火を見上げていた。無意識の内に指先で線香花火を弄っている。
やがて祭の終焉を告げるように、一際大きな花火が夜空に舞い上がり、爆ぜ、消えた。
大きく息を吐いて、蛍介は感動に輝く瞳を蛍介に向ける。
「すっげーよな!花火ってすっげーよな!」
気持ちの組み立てももどかしいばかりに、直人は捲くし立てる。
ああ、僕の声なんて聴こえてなかったんだな。蛍介も小さく溜息を吐く。
「よっしゃ、ケイ!シメはやっぱり線香花火だ!こう…去り行く夏のジョーチョを楽しもうぜ!」
言うが先か、動くが先か。まるで情緒等無視する様に線香花火を振り回す直人。
「ナオ君、線香花火はもっと静かにやるものだよ」
叱り付ける様に話す蛍介であったが、直人のそんな背伸びもいいところだな、なんてしみじみ思う。
「ケイー!早くしろよ!夏、終わっちまうぞー!」
白い歯を見せて快活に笑う直人を見て、蛍介は今度こそ気付いた。

――夏は、終わる。でも、またやってくる。
僕たちが望む限り、何度でも。――ナオ君、僕は来年の夏も、君とこうして居たいよ。
------
よし、失敗作だ。保守代わりになればよしとしてくれ。
リハビリにはちょうどいい。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:10:21.80 ID:NqctqCrz0
>>70
いやいや、二人の心情がよく描けてて良いと思う。
蛍介が蛍介に瞳を向けたりしてしまうのは修正点だと思うが…

72 :ニート(笑)の皆さんに新スレのお知らせ:2006/02/17(金) 00:10:24.53 ID:rFgKnizd0
どうもクソニートの皆さん!就職板です!ニートの皆さん記念パピコよろしくお願いします!www                                             
                                          
                                               
                                            
                                              
                                                               
                                                     
                                                  
【一泊?】出版社スレ184ページ目【夜行?】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1139914796/
                                                                    
                                           
                                           
                                                        
                                                   
                                         
                                             
                                                         
                                             
             特にコテ犯の方は大歓迎しますw                                     


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:11:12.19 ID:+g2H6Tml0
>>71
バレたか。
途中で名前を入れ替えるからこういうミスを犯すんだ。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:12:19.96 ID:8SVgGQkM0
>>70
きゅんとして(*゜∀゜)モエタ
夏の終わりは切ないなぁ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:12:38.78 ID:NqctqCrz0
>>73
なるほどー
まあ、萌えれば良し、です。
萌えますた。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:13:02.84 ID:X72UstnP0
>>70
いや良かったですよ。線香花火は良いなあ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:13:10.44 ID:aJNhFMqh0
今日はとても盛り上がってますね。
どの作品も素敵です。

78 :三角定規:2006/02/17(金) 00:13:42.88 ID:a+7rz1MP0
こんばんわ。
今回は軽めの小説書きました。
今投下しちゃってもいいんですかね・・・?

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:14:06.36 ID:X72UstnP0
>>78
どうぞー

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:16:16.11 ID:aJNhFMqh0
>>78
是非お願いします。

81 :三角定規:2006/02/17(金) 00:17:06.51 ID:a+7rz1MP0
ブラザーINお風呂


「兄やんのヘソって僕のと似てるね。」
「へ?」
それは夕食前のお風呂。

俺、宮口大樹(中学二年生)は部活帰りのヘトヘト状態。
帰ったら手洗いなんてスルー。自分の部屋に直行し、鍵を閉めたら、夕食前のAV鑑賞が日課。
あ、もちろんヘッドフォンするからそれなりに平気!
よっしゃ、今日も若さゆえの過ちでもやりますかぁ。
なんてウキウキ状態で階段を上ろうとした時…
「大樹ー、お風呂に入りなさぁい。」
「げっ!」
母さんだ。
母さんは30代のわりには美人だけど、怒るとめっちゃ怖い。
普段ならここは諦めて、母さんに従うのが正しい選択だけど…
今日は友人から借りたとっておきのビデオがある!見たい!
俺は珍しく反発してやる。
「あ…あとで入るよ。勉強しなきゃ…。」
「アンタが勉強するワケないじゃん。あ、それと太一も一緒に入れて。」
な!?太一も一緒…!? 尚更いやだ!
「だって太一、風邪があるから学校休んだじゃん!!風邪は!?」
「治ったわよ。いいから早く入れなさいよ?一緒に入れば節約なんだから。」
なにが節約だよ…。鬼…。
俺はしぶしぶと階段を上る。


82 :三角定規:2006/02/17(金) 00:17:48.90 ID:a+7rz1MP0
いや、まだ諦めるな。諦めたらそこで試合終了なんだ。
なんとしてでも見よう!10分でもいい!
太一は多分自分の部屋でゲームをやっているはずだ。時間はある。
ここで見ないと後悔するぞ、俺!気になって死ぬぞ、俺!
俺 は 見 る!
馬鹿馬鹿しいほど熱い決心をした俺は、自分の部屋のドアを開けた。
ガチャ
「兄やんお風呂。」
俺の決心が崩れ去った。
部屋には俺のパジャマとトランクスとバスタオルを持った、弟の太一(小学二年生)が待ち構えていた。
計画が未遂に終わって、力をなくした俺に太一がもう一度言う。
「兄やんお風呂。」
俺は諦めた。そして太一からパジャマ一式を受け取ったのだった。


83 :三角定規:2006/02/17(金) 00:19:05.62 ID:a+7rz1MP0

ウチの宮口家は掟がある。
風呂に入る前に、まず頭、顔、そして全身を洗ってから入水するのだ。
なんでも先に洗っておかないと、せっかくの風呂が汚れるらしい。
温かい季節の時は構わないが、寒い時は我慢できないので、掟を破ることがある。
今日も寒いので、すぐに風呂に入ろうとする…が、
「あー、あー、いけないんだよ!お母ぁーうぶっ!!」
俺は慌てて太一の口を塞ぐ。
「大声をたてるんじゃあないよ太一クン。母さんにバレたらどーするのかな?」
「バレたらじゃなくて、バラそうとしたんだよ。」
俺は泣かない程度に太一の頭を引っ叩いた。
だから面倒くさいんだ。太一と風呂に入るのは。
しょうがなく俺は洗面器にお湯を汲んで、太一の寝癖頭にかける。
まずはシャンプーからだ。
しばらく髪を掻き混ぜていると、大量の白い泡といい匂いがしてくる。
突然太一が言う。
「兄やんってチン毛ぼーぼーだよね。」
「うらやましーか?」
「全然。」
「あっそ。」
「お父さんみたいに脇にも毛生えてるの?」
「まー、ちょっとだけな。」
「オッサーン。」
「うるせ。」
俺は黙らすついでにお湯をぶっかけてやる。
二、三回かければ充分だろう。
「体は自分で洗えよ。」
「うん、わかった。」
そう言って太一は体を洗うタオルと石鹸を取り出す。


84 :三角定規:2006/02/17(金) 00:21:55.48 ID:a+7rz1MP0
その間に俺はシャンプーをするのだ。
太一にしたように、まずお湯を頭からかぶってシャンプーをする。
すぐに泡でいっぱいになる。
泡が顔面にもこぼれてきてしまい、目を閉じざるを得なくなる。
視界が完全に遮断されているのだが…何故か視線を感じる。
そう思っていると太一が話しかけた。
「兄やんのヘソって僕のと似てるね。」
「へ?」
突然のことで呆気に取られていると、太一はなにを思ったのか、
俺のヘソに指を入れてきた。
「うわっ!おま、やめろって!ひひ、くすぐっ!…おえっぷ!?シャンプー口に入った!!」
俺は急いでシャンプーを流し、太一の頭にげんこつをしてやる。

最初にも言ったが、俺は部活帰りでヘトヘトの状態なのだ。
それなのに弟の太一の面倒を見るのも、これまた労働に近いのである。
「お前なんでヘソに指入れるんだよ。」
「だっておもしろいんだもん。」
ようやく体も洗い終わり、俺と太一は風呂に入る。
太一はまだ小学二年生。だから俺みたいに座ると、顔ごと風呂に浸かってしまいそうになる。
俺はヘソに指を入れてみた。
だけどおもしろくなかった。
「なんで指入れるのがおもしろいんだよ?」
「え?指とかじゃなくて、ヘソがおもしろいなって。僕のと似てるなーって。」
「似てる…ね。兄弟だからじゃん?」
「ふーん。」
納得したのかしてないのか分からない返事だ。
俺は湯船に深くしゃがみ身を暖める。


85 :三角定規:2006/02/17(金) 00:22:56.29 ID:a+7rz1MP0
「なんでヘソってあるんだろうね?」
「またヘソ…。……俺やお前が母さんのお腹にいた時にな、ヘソの緒ってので繋がってたんだよ。」
「ヘソのオ?」
「ヘソからロープみたいなのが出てて、母さんから栄養みたいなのものを分けて貰ったんだよ。」
「僕も兄やんも??」
「あぁ。」
「お父さんは??」
「…父さんは違う。」
「僕と兄やんとお母さんは繋がってて、お父さんは仲間はずれ?…って、お父さんは家族じゃないの??」
「お前なぁ…、混乱すんなよ。」
「わかんなくなってきた。」
俺は呆れてため息を吐いた。そして、太一の頭に手を置いて、
「みんな家族だよ。」
そう言った。
それだけを言えば、太一は分かってくれた。
俺と自分のヘソが似ていることへの疑問がなんとなく解けたところで、白いタオルを膨らまし、クラゲにしては潰す遊びをし始める。
こうしていれば無邪気で可愛い弟だと思うよ。
いつかはこの無邪気さもなくなるんだろうけど。仕方がない。
「ふぅ。」
そんなことよりもエロビデオである。
なんら変わりない普段の休み時間。いつもみたいに友達と性欲ムンムンの話で盛り上がっていると、
友人の一人が俺に一本のビデオをくれた。
三回はヌケるぞ。
確かにあいつはそう言った。その言葉が俺を興奮させてくれるんだ。
ちょうど新しいのが欲しかったところだ。
どんなんなんだろう?女子高生系?お医者さん系?スクール水着?
あーもう、はやく!見たい!!みーたぁーいー!
「兄やんHなビデオのこと考えてるの?」
「ぶっ!!」
思わず噴いた。

86 :三角定規:2006/02/17(金) 00:25:06.55 ID:a+7rz1MP0
「汚いなぁ。唾飛んだよ。」
「お前、今…なんだってッ?」
「Hなビデオ。僕知ってるんだよ。本棚の裏にいっぱいあること。」
「な…!それ、…母さんには言ったのか…!?」
「まだ言ってない。」
俺は太一の頭をまた引っ叩いてやる。
言おうと思ってたのかっ。
「痛いなぁ。」
「痛くしたんだよ!ったく…母さんには言うなよ。内緒だぞ!」
「えー、僕口が軽いことで有名なんだけどなぁ。」
ぐっ! …ろくな弟じゃないなコイツは。
俺はどうしても母さんにバレるのを避けたかった。
一体どうすれば…!
なんとか解決策を浮かぼうとし、俺はあることを思いつく。
太一も引きずり込んじゃえばいい。
俺は太一を寄せて、耳元で囁く。
「夕食食い終わったらイイもん見せてやるからさ。」
「イイもん?」
「そう、俺が大好きなもん。俺たち兄弟だから、お前だってきっと気に入るさ。」
「それって…」
「おーし、風呂上がるぞ!ほれ!」
ザバァ
俺たちは風呂から上がり、鏡のある洗面所で体を拭く。
こいつにAVは早すぎるかな?
でも太一にも見せちゃえば、多分黙るだろう。自分も秘密を共有するんだから。

87 :三角定規:2006/02/17(金) 00:25:56.54 ID:a+7rz1MP0
ちょっと不安になりながらも、バスタオルで体を拭いていると、
「あっ!」
「どうした?」
「ほら、僕の右肩にあるほくろ。兄やんも同じところにあるよ。」
「あっ…。」
気付かなかった。
太一とはもう8年くらい兄弟やってるけど、同じところにほくろがあることは知らなかった。
「やっぱり兄やんと僕は兄弟なんだね。」
なんだか嬉しかった。
俺は確かに兄やんで、こいつは確かに弟なんだ。
そんな当たり前が嬉しかった。ほんのちょっとだけどさ。
「早く着替えろよ。また風邪引くぞ。」
「うん。」
俺たちはパジャマに着替え、洗面所を出る。
「お母さーん、上がったよ。今日のご飯なにー?」
太一は母さんのところへ駆け寄った。
母さんが、今日はコロッケよ、というと太一がとても喜んでいた。
コロッケは俺も好きだった。
俺は髪の毛を拭きながら、野菜と一緒に添えられたコロッケを見つめて思う。





         AVはまだ早すぎるかな?

88 :三角定規:2006/02/17(金) 00:29:44.11 ID:a+7rz1MP0
うわ、長いですね。すいません。

今までハードな感じの小説を書いていたんで、
もう少し軽い気持ちで書いてみました。
それと兄弟っていう設定も初体験でした。

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:32:20.14 ID:aJNhFMqh0
乙でした。兄弟物いいですねー。
兄弟はあこがれます。

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:32:58.57 ID:NqctqCrz0
おー、いい感じですね。小学二年でAVは早いなぁwww
続き期待します

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:33:00.67 ID:X72UstnP0
>>88
乙ー。心も体もほっかほか。GJです

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:34:31.96 ID:+g2H6Tml0
>>88
グッドジョブ。ほんわかも書ける三角定規氏……恐ろしい子ッ!!

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:34:49.06 ID:8SVgGQkM0
>>88
乙。家族談義が可愛かった(*´∀`)

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:36:11.09 ID:X72UstnP0
「何やってんだ?」
「んー、ダラダラ中…」
「邪魔なんだけど…」
床の上に転がる弟。さっきからごそごそと動いて邪魔で仕方が無い。
邪魔だと言うとむくりと立ち上がった。
「そこまで言うんなら、遊んであげるよ」
いや…それは俺の台詞…つーか別に遊んで要らん。
と言ったところでまたゴロゴロ邪魔をされるのは目に見えてるんだ。
「分かった1時間だけな。で、何するんだ?」
「遊んであげるんだからそれくらい兄ちゃんが考えるってのが筋だよ。なーエウレイン。」
エウレイン…誰だよそれ。と思うと弟の手に縫いぐるみ。
「ソウソウ。折角遊ンデアゲルッテ言ッテルノニ礼儀知ラズダヨネー(裏声)」
どうやら腹話術のつもりらしい、めっちゃ口動いてるけど。
我が弟ながら考えている事がサッパリだ。兎に角遊び考えれば良いのか…
「ならバスケとか…」
「それじゃエウレインが出来ない」
「自分ガ仲間ニ入ッテ来タノニネ」
ねーっと縫いぐるみに話しかける。あーうん。殴って良いか?
いや流石に武力行使は良くない。之でも一応可愛い弟だ。湧き上がる殺意を抑えつつ
俺は精一杯の引きつった笑顔で聞き返した。
「そうかー、じゃあエウレインは何がしたいんだい?」
沈黙が続く。なんだこの張り詰めた空気は…
「兄ちゃん、縫いぐるみに話しかけるなんて頭大丈夫?」
目の前で手を左右に振られる。どこまでも人を小ばかにするのがこの弟だ。

プチッ…今俺の何かが切れた。
こいつには一度兄の威厳と言うものを見せ付けなくてはいけないようだ。

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:38:33.41 ID:X72UstnP0
流れ豚切って投下。反省はしていない。
ゆるゆる系を目指して失敗。
続きはない。誰か書いてくれ!

96 :fz:2006/02/17(金) 00:39:37.14 ID:WVazD2xt0
線香花火にインスパイアされて全然関係無い物が完成。なんでだorz
ttp://www.vipper.org/vip199681.jpg.html vipper

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:39:42.54 ID:+g2H6Tml0
この穢れた蒙昧な頭は
「駄目だよ、兄ちゃん……エウレインが見てるよ……」
しか吐き出さぬ。

98 :三角定規:2006/02/17(金) 00:39:47.76 ID:a+7rz1MP0
あっ、感想ありがとうございました。
迷惑じゃなかったらまたここで小説を投稿したいです。

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:43:47.67 ID:aJNhFMqh0
「ほら・・ここがこんなに元気になって、しかも濡れてるぞ・・。」
「いうなぁ。兄ちゃん・・。」
「ほら、エウレインもおまえのその姿をジーっと見ているぜ。クスクス」
「・・恥ずかしいぃよぅ・・。」

駄目だこりゃ。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:44:08.33 ID:WVazD2xt0
迷惑なんかじゃないですよ。
低学年の扱いにくさというか、そんなふいんき(ryがちゃんと出せてて凄いと思います。

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:45:22.51 ID:mANiJD5J0
いまさらだけどチョコレート工場見た
チャーリータンかわいすぎ(*^ω^)

>>98
がんがれよ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:45:35.73 ID:aJNhFMqh0
>>98
これからもどんどん投稿してください。

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:48:11.74 ID:X72UstnP0
いきなり山場なのかー!ヾ(゚∀゚ )ノ

>>98
迷惑じゃないですよー。どんどん投下しちゃってください

104 :三角定規:2006/02/17(金) 00:49:31.54 ID:a+7rz1MP0
ありがとうございますwww

じゃ、今日は寝ますね。
お疲れ様っした(バイトの帰り風に)

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 00:52:39.34 ID:50K1jO6w0
しょたとかきめぇ

【真っ赤に燃えた】ミニスカサンタ【きみいろはぁと】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1139842101/l50

まとめ (25日公開版DLできます)
http://home.graffiti.net/vipper/

避難所 (スレが落ちた場合ここからリンク先を辿って下さい) http://jbbs.livedoor.jp/game/26760/

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:01:36.80 ID:+g2H6Tml0
ちょっと続き物、投下してよいですか?

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:01:41.80 ID:WVazD2xt0
保守。

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:01:57.58 ID:WVazD2xt0
ドゾー

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:02:20.00 ID:X72UstnP0
>>106
wktk!!

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:06:23.42 ID:aJNhFMqh0
どうぞー。

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:10:36.71 ID:+g2H6Tml0
>>1>>35のまとめサイトの『ノエ』っていう奴です。
超久しぶり。
【おさらい】
「ほ、本当にやらなければいけませんか?兄様……」
「当然だ。冨樫じゃあるまいし、ペナルティもなしに続きを投下出来ると思っているのか」
「でも……僕にはそんな台詞、似合いませんよ!」
「ふむ……残念だな。私はルークのそういう一面も見てみたかったのだが」
「え……っと、いや、別に、僕はその…嫌ってわけじゃ、ないです……」
「よし。ならば頼む」
「あ、はい……えっと、主人公は没落貴族の嫡子で、一人で暮らしてました。兄様です」
「私だ。紅茶の知識はそれなりにあるつもりだ」
「兄様は、ある日、一人の少年を買います……ノエさんです」
「ノエだ。どうしたことか、ノエは喋れぬのだ」
「僕は、ルークと云います。あ、兄様に……憧れる、仕立屋の、息子です」
「私の良き友だな」
「……友、か……コホン。以上、人物紹介おしまいです、で、では、皆様……その」
「感情豊かに、頑張るのだ、ルークよ」
「お、お待たせして、申し訳ありません。出来ればこの長いお話に御付き合いしてくだされば幸いです…にゃー……」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:11:11.92 ID:+g2H6Tml0
豪奢な装飾で埋め尽くされたこの屋敷の客間は、いつ来ても吐き気がする。
絢爛さに中てられているのだろうか。考えは直ぐに、目の痛さで途切れる。
「それで、ガニメーデ?用件は何かしら」
この趣味の悪い城塞の主、テーブル越しに優雅に紅茶を愉しむ女主人が微笑む。
「……ベアトリーチェ。知っているか、ガニメーデという言葉には『同性愛者』というニュアンスも含まれるのだぞ」
私はこのベアトリーチェが苦手だ。淑女の様な名前の癖に、その実男を手玉に取る――サキュバスと云うのは、
案外この女の事なのかもしれない。
「あら、存じていてよ、ガニメーデ。そのように可愛らしい男の子を二人も連れて押しかけるなんて、どういう心算?」
余裕の笑み。器量の差が勝敗を決する。さしもの私も、思わず唸る。
「それよりも。お姉様は哀しいわ……あの頃は『ねえさま、ねえさま』と私を慕ってくれたのに」
幼い頃の事を引き合いに出され、些か慌ててしまう。……あの話だけは、彼等に知られたくない――
「それに……貴方に女性の良さを教えて差し上げたのは誰かしらね、ガニメーデ?」
――完敗だ。惨敗だ。否、元々戦うつもりで来た訳ではないのだが、それでも私の心の裡には何とも云えぬ敗北感が芽生えていた。
「――ベア…姉様。今日は相談があって参ったのだ」
その言葉を訊くや否や、相好を崩して満足そうに笑う深紅の女王。視線だけで、続きを促す。
「ああ、その前に紹介しよう。ウェブスレイの仕立屋の息子、ルークと――」
いつも以上に緊張した面持ちのルークが、強張った体のまま頭を下げる。そして。
「――ノエだ。私の家で、使用人として暮らしている」
柔らかな愛想笑いを見せるノエを見て、魔性の女ベアトリーチェの目の色が変わった事を私は見逃さない。

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:25:53.88 ID:+g2H6Tml0
「まあ可愛らしい。まるで貴方の少年時代を見ているようだわ、ガニメーデ」
さり気なく恥ずかしい事を言ってのけるベアトリーチェに悪気は無い。
ただ先ほどから、私の両側に座る二人の少年によって向けられる視線が、少し痛い。
「初めまして、ルーク、ノエ。私はベアトリーチェ=アルバネーゼ。文化改革の波に在って尚栄華を誇る
アルバネーゼ一門の当主。座右の銘は“欲しい物は根こそぎ奪い取る”。……どうぞ、よしなに」
流石名門貴族だけあって、少々アクの強いジョークの中でもその優美さを失う事は無い。
「お、お初にお目にかかります。ルーク=ウェルマーと申します、以後お見知りおきを……」
ルークは緊張してしまって、うまく喋れないようだ。それでもベアトリーチェは満足そうに頷く。
美少年を値踏みするその瞳は相変わらずらしい。やがて彼女の視線が、ルークからノエへと移る。
「…………」
ノエはしどろもどろになりながらも、失礼のないようにと取り繕っている。
「初めまして、ノエ。……大丈夫、そんなに緊張しなくても取って食べたりしないわ……だから貴方のお声も聞かせて頂戴?」
状況を知っている者の空気が凍りつく。何とか説明を試みようとするルークを制して、私が声を出した。
「姉様、ノエは――」
ルークを制した私を、ベアトリーチェが制す。人差し指を一本立てただけで、私は全てを理解する。
「――そう、ノエ。貴方、声が」
何度も頭を下げるノエは、今にも泣き出しそうな顔をしている。その肩に、ベアトリーチェの手が触れた。
「大丈夫、心配はいらなくてよ、ノエ。御姉様が診てあげるわ」
言葉こそ淫靡なものを秘めているが、その瞳は真剣である。
ここに来てようやく、私は当初の目的を切り出せる状況へと相成ったのだ。
------
ご、ごめんなさい、ここまでです!

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:29:53.05 ID:X72UstnP0
>>113
待っててよかったー(ノ∀`)乙です。
ベアトリーチェさん素晴らしい座右の銘をお持ちだwww

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:31:45.05 ID:8SVgGQkM0
妖しいお姉さまktkrw
これはもしや…いずれ番外編フラグ?

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:33:22.86 ID:aJNhFMqh0
乙でしたー。続きをマッタリとお待ちしてます。

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:34:46.78 ID:+g2H6Tml0
久しぶりにカいたら気持ちいい。
こんな俺でこれだけ気持ちいいんだから、みんなは相当なもんでしょう。創作楽しいわあ。

>>114
ごめんなさい、お待たせしました。
ながーいスランプのトンネルに罅が入りましたよ。

>>115
さて、番外編はどうでしょうかね。
ただ一つ言える事は、主人公も嘗ては飛びつきたくなるくらい極上のショタ少年だったということだけです。

>>116
ありがとうございますー。
機会があればまた、保守の頃にでも。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 01:49:23.35 ID:3D16bkQt0
見習い氏GJ!

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:05:44.34 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、
    i_ //レイノl^  さて、いつもの姿で保守再開なのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:12:15.26 ID:8SVgGQkM0
シグたんだったのー?こんばんはなのー

フィギュア始まるまでフォトショとねちねち戯れながら保守支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:16:08.04 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  >>120
    i_ //レイノl^  はいなのー。僕なのー。スロット行ってる間に前スレが落ちてて残念だったのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ    イラスト頑張ってくださいなのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:34:01.41 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、
    i_ //レイノl^  保守なのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:37:29.27 ID:X72UstnP0
雪○大福への愛を試す出来事が起こった。
弟が…弟が一個くいやがったぁぁぁぁ!!!
前の白○まアイスの時もそうだ、楽しみに取っていたら風呂上りには無くなっていた!
おのれ…今日こそ食い物の恨みの恐ろしさを教えてやる!!

バタン!!勢い良く空けられた扉。
「おい馨!!」
「ふぁぁぁ……なにぃ?」
寝起き声。くぁ…可愛い。
ってちげー!!俺は食い物の恨みの恐ろしさを…
ぴたっ…

食い物の…

「今日も一緒にねてくれるの?」

くい…

上目遣い、寝起きで潤んだ目。

「ああそうだ。」
く…完敗だ。白旗パッタパタ。
そう言えば白○まアイスの時も同じ展開。馬鹿だなあ…俺。
----------------
ほっしゅ。シグ氏が居るとは気が付かなかったのー

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:44:08.54 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  >>123
    i_ //レイノl^  保守投下乙なのー。萌える弟さんなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ    白○まアイス食べたくなってきたのー。名産なのー。
      __,li~,lリゝ  
__`(6∩しし∩.__

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:48:11.88 ID:8SVgGQkM0
>>123
おつー
冬のアイスも乙なものですな

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 02:54:21.28 ID:X72UstnP0
>>124
白○まアイスはうまいっすねー。
こっちじゃ余り売ってないから残念。

>>125
おつですなー。コタツに入りながら食うのがウマイ!

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:12:54.49 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^  >>126
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   地元には専門店があるのー。真冬でも食べれるのー。
      __,li~,lリゝ    保守なのー。
__`(6∩しし∩.__

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:28:35.43 ID:3D16bkQt0
シグこんばんはー

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:30:34.39 ID:jyQjDUJd0
陰間
http://www.palette532.com/~inui/folklore/j-maturi21.html

稚児
http://www.palette532.com/~inui/folklore/j-maturi18.html

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:33:47.38 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^  >>128
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  こんばんわなのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:41:28.73 ID:3D16bkQt0
(*´Д`)'`ァ'`ァ 稚児小姓ほすぃ


シグ・・・俺専用の稚児にならないかい?

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:46:05.75 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^  >>131
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  浮気しない人なら考えるのー。あと、おみやげもなのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 03:52:50.94 ID:Cu62iQ/B0
>>123
      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,)  正直萌えた。  (,,)_
.. /. |..            |  \
/   .|_________|   \


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:05:06.87 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ 眠くなってきたのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ     保守なのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:06:37.72 ID:3D16bkQt0
>>132
Σ(゚д゚|||)何故すぐにバレる!?

うっ浮気なんてするわけないじゃないか。
ハハハハハハハハハ







今日のお土産・・・それは後門を拡張するきg・・・
  ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)д)  ゚ ゚  グハッ!!

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:10:20.77 ID:8SVgGQkM0
ばけつさんだ。こんばんこー

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:17:22.24 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>135 
    i_ //レイノl^ なんだか生々しいおみやげなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  浮気しないで、僕だけを見てくれるお兄ちゃんが欲しいのー。   
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:17:36.00 ID:3D16bkQt0
>>136
Σ(゚д゚|||)何故俺だとばr(以下同文


(´∀`)ノ こんばんみー

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:19:19.24 ID:X72UstnP0
>>138
ははーバレバレですよ。と横からこんばんわー

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:22:25.11 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ バレバレなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ     まとめサイトの、ばけつさんの絵見たのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:34:22.18 ID:3D16bkQt0
>>139>>140
うーーーむ。隠密のように潜んでいたつもりなのに。


(゚д゚|||)絵を!?
ちっ違うんだ!あれは俺の実力じゃないんだぁぁぁぁーーー。

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:37:01.10 ID:6P0p2iZEO
闇の子供たち
少年愛の美学
一千一秒物語
禁色
美少年学入門
ぼくのぼうけん
少年俳優
ふたりのはて

俺の蔵書(´・ω・`)

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:37:03.55 ID:X72UstnP0
お兄ちゃんのばかぁ!もうしらない!!

お兄ちゃんAに30の精神ダメージ
お兄ちゃんAは苦しそうだ

「へえ…一応使えそうな魔法…かも。さーてとどめっとー…??」

お兄ちゃんAは起き上がった
お兄ちゃんAの攻撃、なんとお兄ちゃんAはハァハァ言いながらいきなり抱きついてきた!
痛恨の一撃!勇者に80の精神ダメージ
勇者はあまりのショックに気を失ってしまった、
抱きついた拍子に勇者が手に持っていた剣が刺さった
お兄ちゃんAに100のダメージ、お兄ちゃんAをやっつけた!

「うー…なんか良く覚えてないけど寒気がする…ん?」

お兄ちゃんAは起き上がり、仲間になりたそうにこちらを見ている
仲間にしますか

  はい
 >いいえ ピッ…

保守代わりにー

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:38:43.49 ID:6P0p2iZEO
おお ゆうしゃ よ
いって しまうとは なさけない

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:48:51.70 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>141
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   それじゃー次回を期待してるのー。  
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__ 保守投下乙なのー。そろそろ眠いのー。


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:53:32.81 ID:3D16bkQt0
>>143
GJ。

傷心のおにいちゃんは袋からアイテムを取り出した。
パパパパパッパッパー
おにいちゃんは惚れ薬を使った!

ミス!
弟は攻撃をよけた。
隣のスライムに命中した。


兄「助けてぇぇぇぇぇーーーーーーー!」

>>145
無理は禁物だよ。
おやすみー。

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:55:08.60 ID:3D16bkQt0
俺もそろそろ寝るよ。
今日は10時起きだ。

おやすみー(´∀`)ノ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 04:56:05.37 ID:aJNhFMqh0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ では、そろそろ寝ますのー。おやすみなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ   今日もスロ行くのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:00:03.51 ID:8SVgGQkM0
>>147-148
おやすみー

トリノ見つつ保守

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:02:08.09 ID:X72UstnP0
>>146
「あ、スラ○ン…ま、良いか…ん?」

ちゃらららららーん
隣の家のお兄ちゃんA・Bが現れた!
隣の家のお兄ちゃんAはハァハァしている
1の精神ダメージ
とな(ry お兄ちゃんBはハァハァしている
1の精神ダメージ

説明
ハァハァ:勇者のハァハァ度が高いほど発動しやすい。
   攻撃されない代わりに精神にダメージが与えられる。
   精神ダメージを食らい過ぎると気絶するので注意


…こんなステータスいらねぇ!!!!

>>147>>148
おやすみー

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:10:35.52 ID:8SVgGQkM0
ゆうしゃは ねこみみ をつかった
ゆうしゃの はぁはぁどが 30あがった

ゆうしゃのこうげき
おにいちゃんAに 18のだめーじ
おにいちゃんAは まえかがみ におちいった

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:16:35.49 ID:+g2H6Tml0
うぇぇぇwwヽ(゚∀。)ノ

酷く恐ろしい夢を視た様に覚えている。
記憶の水底に沈みゆく夢は掌中の砂の様に刻一刻、
そしてこの文章を結ぶ頃には、跡形もなく消えた。

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:23:45.13 ID:X72UstnP0
お兄ちゃんの群れをやっつけた!

お兄ちゃんAはいたずらこねこセットを落していった
勇者はいたずらこねこセットを手に入れた

装備しますか

     >はい
     いいえ

勇者はいたずらこねこセットを装備した
ハァハァ度が70あがった

いたずらこねこセット:
 子猫をモチーフとしたもこもこの生地で作られた服。
 これを装備すれば誰でも子猫ちゃん!とキャッチセールスの付いた袋に入っている。
 セット内容。猫耳・服上下(臍だしだよ!)・猫手袋・猫シューズ

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:26:39.18 ID:X72UstnP0
>>152
大丈夫か?夢なんて起きたら忘れてるからなぁ
むしろ最近夢を見た記憶がないやヾ(゚∀゚ )

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:28:23.04 ID:+g2H6Tml0
>>154
羨ましいな。夢を視た記憶がないってことは
脳がきっちり休めてる証拠だわ。
それよりも割りこんでスマン。

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:32:45.38 ID:X72UstnP0
>>155
でも夢はネタにできるからなあ。適度に記憶に残ってるといいなあと思う。
割り込みなんてキニスンナ!
というか只の保守投下に割り込みなんてないのさー。

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:35:06.26 ID:m8GHTuaFO
>>153
阿呆なので()の漢字が読めない

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:36:15.79 ID:+g2H6Tml0
>>156
まあネタにはなるわなー。
俺も何か書きますかね…

>>157
臍=へそ。

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:37:48.25 ID:X72UstnP0
>>158
ワクワクテカテカ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:38:31.23 ID:m8GHTuaFO
>>158
d
今「こねこセット」想像図描いてたから助かった

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:40:53.31 ID:+g2H6Tml0
あ。その前に作品収納しなきゃ。
前スレの作品はどの程度収納されているのだろうか……

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:43:10.16 ID:X72UstnP0
>>160
楽しみにしてる

>>161
自分が布団かぶり氏のバレンタインネタまでを収納しやしたー。
それ以降は良く分からんとです。役たたんでスマソ

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:51:57.85 ID:+g2H6Tml0
オーケー把握した。んだばちょっと編集してこようかね。

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 05:56:50.28 ID:m8GHTuaFO
まだ色塗ってないけど
http://o.pic.to/1u6wi

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:00:13.83 ID:X72UstnP0
>>164
カ・・・カワユス!
恥らってる恥らってる!塗った後も楽しみにしてる。
ってセット内容に尻尾忘れてたのに見て気が付いたorz

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:04:27.63 ID:m8GHTuaFO
>>165
自分も気付かなかったw
ガンガル。
希望の色ある?
髪の毛やこねこ毛皮

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:06:58.63 ID:X72UstnP0
>>165
悪戯子猫なんで…黒系かなあ?
どうせならいけないこねこセットにすればよかったかwwww

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:09:51.76 ID:m8GHTuaFO
>>167
おk

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:23:39.25 ID:X72UstnP0
お兄ちゃんAはハァハァしている
5の精神ダメージ
お兄ちゃんAはハァハァしている
5の精神ダメージ
おに(ry はハァハァしている
5の(ry
勇者の攻撃!
しかし勇者は恥ずかしくてうごけない!
おに(ry

以下勇者の気絶までループ

ハァハァ度:敵がハァハァし易くなる。高ければ高いほどハァハァ時の精神ダメージも大きい
    高ければ高いほど敵のハァハァのすばやさがあがる

いたずらこねこセット:装備すると一定の確率で身動きがとれなくなる

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:36:19.51 ID:+g2H6Tml0
はい、前スレ格納一応完了したです。

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:40:01.04 ID:X72UstnP0
>>170
乙ー。

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:50:57.64 ID:m8GHTuaFO
いたずらこねこセット
http://o.pic.to/1u6wi

よし寝よう

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:53:04.89 ID:+g2H6Tml0
>>172
乙。かわいらしいことこのうえないな。
おやすみ。

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 06:56:23.46 ID:X72UstnP0
>>172
当にイメージ通り!GJです。
この姿でお兄ちゃんのハァハァループに嵌るのだなww
そしておやすみ

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:19:49.19 ID:X72UstnP0
「兄ちゃん」
「んぁ?」
「なんでもない」
「なんだよ変な奴だな」

「兄ちゃん」
ちゅ…
「は?」
「やっぱなんでもない」
「なんだよにやついて…」

ほっしゅほっしゅ。ネタねぇ…

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:22:41.28 ID:+g2H6Tml0
ネタが無い時は、リレー小説をしたいよ。

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:24:25.74 ID:X72UstnP0
それ良いな。

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:25:56.55 ID:+g2H6Tml0
見切り発車大好き。
じゃあやろうぜ。

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:26:45.22 ID:X72UstnP0
おうよ。書き出しは任せたぜ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:37:16.09 ID:+g2H6Tml0
書き出しを任せられましたよヽ(゚∀。)ノ

切り結んだ刃の向こう側に見えるアイツの顔は、今にも泣き出すんじゃないかと思うくらいに
悲しみに歪んでいた。どうして俺たちは戦っているんだっけ。どうして戦う理由を忘れてしまったんだっけ。
ただ闘争本能が命ずる儘に攻め、生存本能が命ずる儘に守る。
呼吸をする隙も無いほどに打ち付けられる無尽の剣戟を、死と紙一重の所で受け止める。
「こんなもの?これで終わり?僕が憧れた騎士様は、この程度だったの?」
白光の隙間から聞こえる、幼さを残す少年の声。
「強いのはベッドの上でだけ?ほら、あの夜のように僕を組み伏せて見せてよ!」
狂気を孕んだ瞳に、一瞬、身が竦む。
振り下ろされる白刃を凝視しながら、あの夜の事を思い出していた。
剣戟が身を掠めた頃には、その思い出はさながら実像の様に、俺の思考を奪っていた。
---
任せたのはそちらですからね( ̄ー ̄)ニヤリ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 07:57:25.55 ID:Y/OkDUxPO
―――――俺達の戦いはまだ始まったばかりだ―――――

ご愛読ありがとうございました

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:01:49.73 ID:mteaJgBa0
「ほら隙だらけだよ、いくら子供だからって考え事しながら勝てると思わないでよ!」
止めとばかりに振り下ろされた剣。次の刹那少年の少年の瞳に恐怖が宿った。
カタン…
少年の手に握られていたはずの剣は弾き飛ばされ地面に落下する。
俺は剣を首元に突きつけた。
「さあ、形勢逆転だ。これからどうする?」
「…」
少年は動かない、いや動けない。
しかしその瞳には既に恐怖などなく、何かしらの期待を宿しているようだった。

--------
こんな馬鹿チンに難しいSS振るなんて見習氏のイジワル(p_q)
('(゚∀゚ ∩難しすぎて僕には分からないよ!分からないよ!

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:04:15.64 ID:mteaJgBa0
またIDかわっちまった。
>>181
すまん。一瞬で闘いは終わったorz

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:05:21.65 ID:+g2H6Tml0
みきりはっしゃはだいすきだけど
いざというときにつづきがおもいうかばないし
いっしゅんでたたかいがおわっちゃったよ!

                 ハ_ハ  
               ('(゚∀。∩ おわっちゃったよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:08:37.19 ID:ZM7813D4O
少年時代のフィギュアスケートの高橋選手テラカワイス(´Д`)ハァハァ

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:10:38.20 ID:mteaJgBa0
   ハ_ハ    >>184
 ('(゚∀゚ ∩  ごめんぼくにはむずかしすぎたよ!すぎたよ!
  ヽ  〈  
   ヽヽ_)

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:14:07.13 ID:mteaJgBa0
>>185
少年時代は見たこと無いが、確かに美少年そうな顔つきしてるな!

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:15:34.47 ID:ZM7813D4O
今ニュースで子供の時の映像が出てたんだが・・・
有り得ないくらい美少年だった・・・・・・

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:19:14.21 ID:mteaJgBa0
>>188
そんなに可愛かったのか!!!是非見たかった。残念。

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 08:58:22.16 ID:WVazD2xt0
おはよう保守。

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 09:14:03.76 ID:WVazD2xt0
ちょwwwwwwおまいらどこに行ったwwwwww
保守。

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 09:41:08.14 ID:1QWfY/tF0
「さあどうします?頭?心臓?」
少年は銃口をこちらに向け嬉しそうな笑顔で話しかける。
「自分で死に方も選べないんですか?お兄さん案外意気地なしなんですね
 でもそういう所、嫌いじゃないです。」
クスクスと笑いながら少年は引金を引いた

――さようなら――

爆音が響く。何時聞いても品が無い、
只五月蝿いだけだ。
「…遊びは終わりだ、ぼうや」
「え…なんで後ろに…っ!うぐっ…」
「あんまりうごかねえ方が良い…っつってももう遅いか」
少年は苦しみ、悶える。背中からは血が頻りに流れていた。
俺の手元には血に染まったナイフ。
「お前が暴れるから奥まで刺さっちまった。辛いか?苦しいか?そのままだとお前死ぬぞ」
「―!!あ……う…」
ナイフの柄に近いほうには神経性の毒が塗ってある。呼吸すら間々ならないだろう。
「どうだ死をまじかに感じた気持ちは、…そうか怖いか」
少年に余裕など無かった。あるのはまじかに迫った死への恐怖
「助けてやろうか」
その言葉を発した瞬間少年の目に輝きが戻る。懇願するようにこちらを見つめる。
「ただし無条件とは言えない、俺の出す条件を全て飲めるなら…だ。どうする」
少年は顔を縦に振る。交渉成立だ
「ほらよ、解毒剤だ、今ならまだ間に合うだろ」
小瓶を少年に向かって投げた、しかし少年はその瓶に手をつけない。
麻痺して動けないってか…世話がやける…

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 09:41:28.74 ID:WVazD2xt0
昨日の落書きを修正して保守。
ttp://www.vipper.org/vip199879.jpg.html vipper

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 09:49:02.29 ID:WVazD2xt0
わああ!割り込んでごめん!
キティークなふいんき(ryにwktk!

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:10:18.05 ID:WVazD2xt0
俺の書き込みでスレが止まる。それが俺クォ(ry
前スレでもこんな話があったようなデジャヴを感じつつ保守(´・ω・)

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:12:16.40 ID:1QWfY/tF0
「あ…」
持ち上げた少年の顔は青褪め、生気が感じられない。
子供だからまわりが速いのか?そんな事を思いつつ先ほど投げた小瓶の蓋をあけ、
上を向けさせた口に流し込んだ、口を閉じさせる
「飲み込め」
喉のなる音、と同時に少年から力が抜け倒れこんだ。
解毒できたところで出血多量で死なれても困るんだ。仕方なく傷の手当てをした

「…ぅ…ゲホッゲホッ…」
「起きたか、早速だが条件の一つ目だ、何故俺の命を狙った」
「…人に……頼まれた」
なるほど、これでもこいつはれっきとした暗殺者と言う事か。
「二つ目、まだ俺の命を狙うつもりは」
「無いよ。…お兄さん遣り合って勝てるとも思えないし、そこまで義理堅い性格でもないから」
「そうか、ならお前は俺について来い」
「え…」
「丁度助手が欲しかった所だ、お前は素質はある、全く生かせてないけどな。だから一から仕込んでやるよ」
「でも、また命を狙うかもしれませんよ」
「勝手にしろ、だがその時は容赦はしない。次は死ぬかもな」
ククッと笑うと少年も笑い出した。
「おかしな人ですね、でも嫌いじゃないです。分かりました。どうせ拒否権なんてないんですから」
「分かってるじゃねえか」
こうして俺は一人の少年を連れ歩く事になった。将来有望な、俺のパートナーとして…

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:15:42.01 ID:1QWfY/tF0
たったニレスでリレーSSを無駄にした俺はそのペナルティーを得なければならないんだ!
と言う事で訳が分からんのができあがったぜ。
続きは無い。

>>195
ちがうんだ!続きを考えてたら時間が思ったよりかかっただけなんだ!
絵GJでした!割り込みなんてきにすんな!

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:20:34.92 ID:WVazD2xt0
よーし心配するな!182から192につながるように俺が辻褄を合わせてやる!
えーと・・・

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:24:42.55 ID:1QWfY/tF0
>>198
無理するな!どう考えても時代背景がちがうぞwwww
それよりも196の続きを考えてみる気はないか!!


ほんと見習氏ごめんなー!戦い一瞬で終わらせて詰らせてごめんなー!!

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:31:28.36 ID:WVazD2xt0
大丈夫。銃と剣が入り乱れるバトルファンタジーも一度は書いてみたかったんだ。
バトルオンリーになる悪寒がするけど小一時間待ってくれ。

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:38:51.32 ID:+g2H6Tml0
>>199
時代背景が違うと嘆くなら、“そういう時代”を作ってしまえばいい。
時に強引に、アラを必死に隠すように。

ていうかこっちこそごめん、出掛けてたよヽ(゚∀。)ノ

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:39:19.76 ID:1QWfY/tF0
>>200
元々違う話として書いたから難しいと思うが
繋がったらそれはそれで面白いかもしれない!!
一番の問題は1夜の営みまでしちゃってる主人公達が、192の話の主人公は初対面になってることだ!
前世と現世にしちゃうとかかなあ。wkwk

と、すまん眠気最高潮…もう10時過ぎてるーよ。寝落ちしてたらごめんな

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 10:41:57.30 ID:1QWfY/tF0
>>201
おかえりなさい。
でかけてたのかー!それなら良いんだ。
いや余りにダメダメなつなげ方に怒って寝たのかとおもってt

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 11:09:28.76 ID:WVazD2xt0
途中まで投下。>>182からの続き。
------
最初のこの瞳を見たのは、一週間ほど前の事だった。
道端で、この少年は俺を待ち伏せるように座り込んでいた。ボロボロの薄汚い毛布の
ようなもので体を包み、外にはみ出た裸足が寒風でぶるぶる震えていた。その何かに
期待するように俺を見上げる瞳に、俺は何故か、一緒に来い、そう言ってしまうのを
止められなかった。
騎士が旅をする以上、旅仲間を作らないほうがいいと言われている。一緒に旅をすれば
相手の命まで預かる事になるが、剣一本では自分の命を守るのがせいぜいだ。逆に
ガンナー、つまり銃使いは群れを成して行動する。それゆえに、騎士がガンナーと
組む事は最大の禁忌とされている。
しかし、少年の瞳には勝てず、俺は彼を自分の宿へ連れて行った。深くは考えて
いなかった。ただ、食事と暖かい寝床を与える事しか考えていなかった。
その後の事など、考える暇も無かった。考える前に、少年が俺に迫ってきた。
一糸纏わぬ姿で、あの何かに期待するような瞳で。気が付けば、俺は彼を抱いていた。

205 :fz:2006/02/17(金) 11:11:05.51 ID:WVazD2xt0
 目の前の顔と、俺の下で悶えていた顔が重なる。
 ああそういえば、あの翌朝にこいつの姿は消えていて、さっきまた見かけたと思ったら
いきなり斬りかかって来たんだっけな、と俺はいまさら他人事のように思い出した。
「あの時、俺を殺しておくべきだったな」
 剣を突きつけたまま、俺は言った。
「それとも、俺に抱かれてそんな事を忘れたのか?」
 少年は答えない。ただ、あの時と同じ顔、同じ瞳で俺を見つめていた。
「最初から俺を殺すつも――」
 言いかけて、俺は視界の隅で何かが動いたのを感じ、咄嗟に身を引いた。次の瞬間、
風が俺ののどを横切っていた。
 数歩下がって、剣を構えなおす。
「……なかなかフザけた物を持ってるじゃないか」
 少年の袖の中から剣が生えていた。体術使いがよく持ち歩いてる、最後の手段として
使う代物だ。普段はプロテクターとして使えるが、掌に隠されたボタンを圧迫しながら
腕を振ると刃が飛び出す。あと少し遅れていれば、俺もその刃の餌食となっていただろう。
 少年はもう片方のこぶしを握り締め、前後に振ると、同じように剣が飛び出し、
ガチャン、という音と共に固定される。
「お前、何者だ」
 視界の中で剣と少年の姿を重ねながら、俺は訊ねる。すると、視界の中で剣に
2分されている少年はにやりと笑った。
「言ったでしょ、隙だらけだって」
 まるで、獲物を見つけた猛獣のような笑みだった。そう、あの夜と同じ。
 無意識に、俺も口元を歪めていた。
「いいだろう、もう少し遊んでやるよ」

------
ここまで。
しばらくバトルが続く予感(´・ω・)

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 11:21:16.17 ID:8HO+BLwh0

     IDがBLの俺が参上!!!


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 11:47:17.01 ID:WVazD2xt0
保守。
あと少しで終わるんでもうしばらく(´・ω・)

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 11:51:07.89 ID:8HO+BLwh0
何が終わるんだよ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:11:51.44 ID:WVazD2xt0
「はああっ!!」
 袈裟斬りに、俺は剣を振り下ろした。少年は身をかがめ、横に転がってそれを避ける。
勢い余って、剣が地面を削った。やはり重剣使いは肝心な時に損だな、と俺は頭の
片隅で思い、そのまま剣を横に滑らせ、一気に上に払った。
 キーン、という鋭い音がして、少年の剣にはじかれて俺の剣はわずかに軌道を逸れた。
その勢いを利用して、少年は上半身を回転させ、反対側の剣を突き刺してきた。
 反射的に、俺は動いていた。上半身を後ろに倒し、脚を蹴り上げる。それは少年の
腕に重く当たり、少年は思わず呻いた。しかし同時にもう一本の剣を振り、それは俺の
顔すれすれの所を掠った。
 空を視界に入れたまま、俺は剣を両手で握り、横に振り回した。もちろんこれが
少年に当たる事など期待していない。態勢を立て直した時、少年は俺の思惑通り
数歩下がって、俺と距離を取っていた。
 甘いな。俺は思った。歳にしては優秀な剣士だが、経験不足と体力の差が仇と
なっている。
 少年が地面を蹴った。素早い動きで俺に近づき、飛び上がった。空中で体をひねり、
複雑に次々に剣を突き出して来る。
 なかなかの体術使いでもあるようだ。半年ほど前にあった格闘士が同じような技を
使っていたが、唯一の違いはあの格闘士は剣を出していなかった、という点だけだ。
 だが、同じ技を見た事があるからこそ、その弱点も俺は知っている。
 俺は当たりそうな攻撃を剣で払った。そしてさっと少年の体の下に潜り込み、
みぞおちに向かって掌底を突き出した。
「がッ…!」
 悶絶して、少年は一回転して崩れ落ちた。体を二つに折り、腹を押さえて呻く。
 俺は少年に歩み寄り、少年の袖から生えた剣を踏みつけ、自分の剣を突き立てた。
がきゃん、という音と共に、少年の剣が二つに割れた。同じようにして、もう片方の剣も
割る。そして、少年の首筋に剣を当てた。
「そろそろ飽きた。終わりにさせてもらうぞ」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:12:43.73 ID:WVazD2xt0
 硬くつむった目を開け、少年は俺をにらんだ。不意に、その口元が緩んだ。
「もう終わりですか?」
 しまった。そう思った時、少年はすでに動いていた。
 腕を大きく振って、少年は俺の剣を払った。プロテクター代わりの鞘に当たって、
鋭い音が響く。そして、もう片方の手で、少年は腰の後ろから何かを取り出した。
 それが何なのかを確認する前に、俺は少年の手に向かって剣を振った。直後に
轟音が響き、剣が俺の手から弾け飛んでいた。咄嗟に手を押さえ、顔を上げたとき、
少年は肩から俺に腹にぶつかり、俺はバランスを崩して背中から倒れた。
 視界が暗くなった。少年は俺の体にまたがり、銃を俺のあごに突きつけていた。
逆光で顔はよく見えないが、その瞳が妖しげに輝いているような気がした。
 少年は銃を突きつけたまま、俺に顔を近づけた。耳元で囁くように言う。
「だから言ったでしょ?子どもだからって勝てると思わないでって」
 耳に降りかかる吐息に思わずゾクッとしながらも、俺は嘲笑するような口調で言った。
「お前、結局剣使いなのか体術使いなのか、それとも銃使いなのか…はっきりしろよ」
「騎士のお兄さんには関係無いでしょ?」
 俺の首筋に顔を埋めながら、少年は答えた。
「まったく、とんだガキだな」
 言いながら、俺はゆっくりと手を動かしていた。太ももに手を伸ばし、そっとそこにある
ナイフを抜き取る。騎士として、このような隠し武器を持つのは騎士の原則に反するが、
命を失っては原則の守りようも無いという事で、このような小さくて凶悪な最終手段を
持ち歩いている騎士は多い。

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:15:07.28 ID:WVazD2xt0
 不意に、少年がぺろりと俺の首を舐めた。一瞬、体が硬直する。一旦目を閉じて、
心を鎮めてから言った。
「ガンナーは大嫌いなんだ」
「知ってますよ。騎士はみんなそうだもん。でも、僕がガンナーじゃないって言ったら、
好きになるとでも言うんですか?」
 言いながら、少年は股間を俺にこすり付けてきた。衣服越しに、そこがすでに硬くなって
いるのが分かる。
「…所構わず襲ってくるヤツも、悪くはない」
「……」
 少年は答えなかった。引き金に指をかけ、銃口を俺に押し付けたまま、腰を前後
させていた。次第に息が荒くなり、俺の耳に掛かる吐息が熱くなっていく。
 手にナイフを隠し持ったまま、俺は半ば途方に暮れた。今すぐ、このままこの少年を
突き刺す事も出来る。そうしなければ、少年がいつの間にか引き金を引いて、おれは
訳の分からないままどこかに本当にあるであろう天国へ行く事になるかもしれない。
いや、もしかしたら地獄かもしれない。俺は今まで色々殺してきた。自分の命を
守るためだったが、そのために沢山の命が失われた。それがあまりにも多すぎるために、
神様は俺を天国に入れてくれないかもしれない。すると、地獄に行くか、それとも俺が
奪った命を一つ増やすか、という2択になる。どっちも似たような選択だ。だが、生きている
のは悪くないので、俺は確実に後者を選ぶだろう。
 俺はナイフを握る手に力を入れた。
「……ぁ…」
 少年が声を漏らした。一週間前のあの夜に聞いた声と、全く同じ声だ。

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:15:23.49 ID:WVazD2xt0
 少年は一心不乱に腰を振っていた。それに刺激されて、俺自身も硬くなっているのが
分かる。それがあの夜の記憶と重なって、俺は手を下せずにいた。
「んんっ!!」
 少年が一際大きな声を出した。同時に動きが止まり、あごに感じる冷たい金属の
感触が小刻みに揺れる。
 しばし荒い息をした後、少年は身を起こした。顔はまだ赤く、目尻にはうっすらと涙が
浮かんでいる。
 その瞬間、どういうわけか、俺の脳裏に第3の選択肢が浮かび上がった。しかしそれは
俺が今まで貫いてきた事を反故にし、また多くの騎士とは違う選択を取る事を意味する。
同時に、それはこの先俺に様々な面倒を与える事にもなるだろう。
 しかし、それが最良の選択であると、俺は感じずにいられなかった。
 少年は息を整えると、銃を握りなおした。
「あの夜はなかなか良かったですよ、騎士のお兄さん。僕はきっと、それを忘れる事は
ないでしょう」
 カチリ、という音がした。銃の安全装置を解除したのだろう。
 少年はまっすぐに俺を見つめ、言った。
「さてと――」

213 :fz:2006/02/17(金) 12:15:44.86 ID:WVazD2xt0
終了です。>>192に続きます。
ちょっと無理があるな(´・ω・)

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:31:15.12 ID:8HO+BLwh0
長文うぜええええええええええええ

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:38:07.73 ID:jza3YvqXO
乙でした!

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:38:44.98 ID:8HO+BLwh0
この瞳

まで読んだ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 12:58:06.22 ID:jza3YvqXO
保守

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 13:00:54.91 ID:ceS+8zjY0
少年はだか祭り
 平成18年2月18日(土) 会陽当日
 午後6時00分〜7時30分(受付午後5時〜5時30分)
http://www.optic.or.jp/saidaijijc/syounenhadaka/top.htm
http://www.jrx.jp/odekake/event/20950.html

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 13:24:11.63 ID:8SVgGQkM0
今北。
リレー小説とかやってみたいな。でも即興で文書くなんてできんな

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 13:31:08.95 ID:WVazD2xt0
じゃあ>>196の続きでも。
流れは>>180 >>182 >>204-205 >>209-212 >>192 >>196
途中俺が勝手に補完しちゃったけどこれでいいのかな?

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 13:48:28.26 ID:Bj9UXG9J0
中、高生♂と OLお姉さん!絡みあってるビデオって あるんですか?教えて下さい!

222 :165 ◆HBeJKx.4QQ :2006/02/17(金) 14:10:17.50 ID:8HO+BLwh0
ちょww避難所の画像が表示されなくなってる
せっかく今から抜こうと思ったのにorz....

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 14:14:17.04 ID:8SVgGQkM0
ほんとだ。数日前も画像だけエラーになってからなぁ

224 :165 ◆HBeJKx.4QQ :2006/02/17(金) 14:15:57.54 ID:8HO+BLwh0
しょうがないからこっち使うか。。http://angelboys.s61.xrea.com/upUPup/upb.cgi

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 14:51:15.52 ID:8SVgGQkM0
かってにリレー小説  >>196の続き

荒野を延々と無言で歩く。
何か話した方がいいかと思いつつも、一人旅に慣れてしまった身としては、同行者との会話など想定の範囲外だ。
「お兄さん、」
「ん?」
少年に声をかけられ、振り向く。
「………」
「なんだよ」
「……なんでもない」
言いかけてやめるなよ気持ち悪い。
待てども待てどもそれ以上口を開く気配がないので、諦めて再び黙々と歩く。
熱い。
思えば、子供にはこの行程は少々きつ過ぎたかもしれない。
子供と呼べる年齢を脱して久しい。子供の体力、というものが分からない。
「少年」
「なんです?」
「水飲むか?」
「いえ」
「そうか…」
会話終了。
子供なんてパートナーにしなければよかったと今さら後悔。しかも、こんな扱いにくい子供を。
後悔しつつ、本当に水を飲まなくても平気なのだろうかと疑問に思う。
こいつに限っては、遠慮しているということも無さそうだが。
これまでの言動からして、専門の訓練を受けた暗殺者であることは確かだ。
飢えや渇きにも耐性があるのだろうか。
先程言いかけてやめたことは、もしかしたら彼自身に関することかもしれない。
言いたくても言いにくい事情が山積してそうではある。

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 14:51:51.09 ID:8SVgGQkM0
スマン、まだ続く。無駄に長くなってしまった

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:06:29.74 ID:jza3YvqXO
マッタリと待ってる

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:23:01.39 ID:8SVgGQkM0
「僕、騎士について結構詳しいですよ」
唐突に少年が話しかけてきた。
「そうか」
俺も騎士ですが、なにか。
「…騎士って、掟が厳しいんですよね」
「そうだな」
厳しい掟に縛られてるぶん、誇り高い奴が多い。
「………」
「……ん?どうした?」
もしかして、無理やり騎士にされると勘違いしているのだろうか。
助手にするとは言ったが、そこは少年にも将来を選ぶ権利がある。職業まで決め付けるつもりはない。
「別にお前は掟なんて気にしなくてもいいぞ」
子供には、掟だルールだなんてものは天敵以外の何物でもない。
俺も少年くらいの頃は、規則は破るためにある法律は犯すためにある、と言って憚らなかったものだ。
「そうじゃなくて…」
どうにも歯切れの悪い少年を訝しんで振り返るも、日除けの布に隠れてその表情は読めない。
「言いたいことがあるなら、さっさと言ってしまえ」
「…騎士はガンナーと組むのはご法度でしょう」
言いたかったことは、少年自身のことではなく、俺のことだったらしい。
「お前、ガンナーじゃないって言ってただろ」
「そうだけど…ガンナーよりもっと……とにかく、お兄さんは僕と組んで大丈夫なんですか?」
「平気平気、もとから外れ者だから」
「あぁ、なんかそんな気がしてました」
塩らしいかと思えば相変わらず腹の立つガキだな。
しかし、ずっとそのことを気にしてたのか。なかなか可愛いところがあるじゃないか。

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:24:10.14 ID:8SVgGQkM0
「なんだお前、俺のこと心配してたのか?」
「別に、そういう訳じゃ…制裁に巻き込まれるのを心配してただけです」
「ほぅ〜」
「違うって言ってるでしょう」
「はいはい」
「……………」
「…?」
背後からなにやらどす黒いオーラを感じ見やると、キラリと光が反射する。
「うぉわっ!?」
ナイフが脇腹を掠め、空を切る。
「おま、」
「違うって言ってるでしょう」
とんでもないガキを拾っちまったものだ。
「分かった、分かったから落ち着け」
俺も落ち着け。
呼吸を整えながら、言葉を探す。
「俺は異端者だ。今さら妙な同行者の一人や二人で何が変わるわけでもない。
と、言うか実は元より騎士団からは追われてる……お前もそれで俺を狙ったんじゃないのか?」
「依頼内容をぺらぺら話す訳ないでしょう」
少年が嘲るような視線で見返してくる。
そうは言っても、俺が追われてることを知らなかった以上、騎士団とは別口の依頼ということは明白なのだが。

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:31:02.22 ID:8SVgGQkM0
「ともかく俺は追われてる。だからお前も面倒ごとに巻き込まれるだろうが、お前に拒否権はない」
「そうですね」
冷めた目に、冷めた口調。
子供は子供らしく、もう少し可愛らしくしろと言いたい。せっかく可愛い顔をしているのに。
「まぁ、そう簡単には捕まらないさ。心強い味方もいるしな」
「味方?仲間がいるんですか?」
「あぁ」
訝しげな顔をしている少年の頭に手をやり、わしゃわしゃと撫でる。
細い髪が手に心地よい。
「そんなわけで、頼りにしてるよ助手君」
呆気にとられた少年を尻目に、俺は再び歩き出す。
旅はまだ始まったばかり。


------
いきなりクオリティ下がりつつ、キャラ変わりまくりつつ終了。
次の人へバトンタッチ

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:39:51.24 ID:WVazD2xt0
GJ!俺の滅茶苦茶な後付設定を採用してくれてありがとう。

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:42:03.10 ID:xGw5JLI40
乙でしたー。面白いよ


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:45:27.65 ID:C5I2b8FV0
うお!続きが出来てる!!

>>231
ありがとう、あの文からあのはしりまで文を繋いでくれてありがとう!

>>230
ありがとう、続きを書いてくれてありあとう!


皆即興なのに上手い事構成されててすごいなぁ
ハハハハハ!!!見ろ!俺がゴミのようだ!!

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:49:16.45 ID:8SVgGQkM0
>俺がゴミのようだ!!
ああ!先に言われた!くそバルス

レスありがとー、本当いきなりクオリティ下げて申し訳ない。
でもこれがリレー小説の醍醐味かなってちょっと思ってる。


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 15:59:29.63 ID:C5I2b8FV0
世の中先に言ったもの勝ちだな

リレー小説の醍醐味、それは即興でどこまで文を作る事が出来るかという自分への挑戦。
そしてそれは全く想像できない幾つもの可能性を秘めている!!
なんていってみる。

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:05:21.19 ID:WVazD2xt0
萌えれば全てよし。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:06:18.03 ID:8SVgGQkM0
そうか…俺らって挑戦者たちだったのか…

プロジェクトS〜挑戦者たち〜
さて今夜のプロジェクトは、苦難を乗り越えショタ萌えを貫いた男たちの熱き情熱のドラマです。


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:38:02.91 ID:C5I2b8FV0
程なくして俺たちは荒野をぬけ、今は林の中を歩いていた。
「お兄さん、気付いてますか?」
無言で付いてきていた少年が声を発する。
「ああ、右に1人左に2人…いや3人か」
こう言う場所は奇襲にあい易い、警戒を怠るわけがなかった。
潜んでいる者はかなり前からこちらに付いてきているが一向に手を出してこない。
それはそれで構わないのだが何時までもこの状態では疲れる、それは判断力を鈍らせ、死の危険性が増す。
そして何より気に食わねえ…
…仕方ない、誘き出すとするか。
「おい、此処で一度休憩するぞ。俺は疲れた」
「はぁ!?何考えて…」
少し開けた所に出ると俺はそう言った。少年が素っ頓狂な声をあげたので口を塞ぐ
「黙れ…此処であいつらを誘き出す。出来る限り隙を見せろ、良いな。
 そう見せるだけだ、実際に隙を作るな」
「無茶苦茶言いますね。分かりました」
潜んでいるものに聞こえないよう小さな声で耳打ちをし、
一頻り話し終わると俺たちはその場に座り込み体を休めた。

-------------
かなり中途半端だがパス!パース!

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:42:35.30 ID:8SVgGQkM0
どうしてもお笑い展開しか浮かばないからさらにパス!

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:47:07.46 ID:C5I2b8FV0
>>239
なんだってー!!
て事は手元に帰ってきたのか…どうしようかなあ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:48:15.95 ID:8SVgGQkM0
他に誰かいないのかな?いたら挙手!

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:50:32.73 ID:tHHfDnfcO
壁|・∀・)ノシ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:53:02.95 ID:8SVgGQkM0
よし!>>240
>>242にパスするという手もあるぞ

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:54:38.94 ID:C5I2b8FV0
>>242
イタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
次の展開はおまいに任せた!!いやもうちょっとなら考えれるから
繋げ難かったら言ってくれ。

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:55:23.55 ID:tHHfDnfcO
>>243
残念ながら、休憩が終わったから、もう行なくてわw ノシ

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 16:57:37.19 ID:C5I2b8FV0
>>245
ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!
こうなったらやはりもう少し続きを書くしかっ

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:01:51.32 ID:8SVgGQkM0
>>246
(`・ω・)ノ ガンガレ-

人いないなー参加者щ(゚Д゚щ) カモーン!!!

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:23:07.51 ID:8SVgGQkM0
落ちる前に保守

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:24:58.20 ID:umJkNdkh0
http://diary9.cgiboy.com/0/godai2/

総合成績 2006,2,15
月1くらいのペースで
総合ゲト表載せてこうと思います。
CK学年別対応( ̄ー ̄)ノ
(中高生をナンパしてセックスに持ち込んだ人数)
C1(中学1年)−1人
C2(中学2年)−1人
C3(中学3年)−7人
K1(高校1年)−5人
K2(高校2年)−6人
K(高校3年)3−3人
D(大学)以上−5
これってネットで堂々と犯罪報告してるって事だよな?
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140151307/l50

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:33:59.19 ID:C5I2b8FV0
どれくらい経ったか、敵は一向に手を出してくる気配が無かった。
かなり慎重な相手のようだ。
「…お兄さん」
突然の呼びかけ、瞑っていた目を開けると目の前の少年が口づけをする。
跨るようにしがみ付くと今度は耳に舌を這わせた。
「…俺は隙を作れとは言ってないんだが」
「でも隙を見せろとは言いましたよね、こうしていれば相手は確実に油断すると思いますが」
耳を愛撫しながら少年はそう耳打ちした。確かに相手は油断するだろう、
だが之ではこちらの身動きが取れない。本末転倒だ。
「この状態でも足元のナイフくらいは取れるでしょう?それともお兄さんは之くらいの事で隙を生むような人なんですか?」
クスクスと笑いながら耳への愛撫を続ける。
確かにこの程度で殺気を逃すような事はしない、少年もそれくらい可能だろう
だがお前は…銃は地面に転がっていた。
「心配は無用です。あの事忘れてるわけではないでしょう?」
あの事…そうか、こいつは暗器を忍ばせている。そういう面での心配は無い、という事か。
ククッと笑いが漏れた。それを合図にしたように少年は声をあげた。

「お兄さん、お願い僕にもして下さい」
わざとらしい台詞、だが敵を油断させるには十分だろう。
「ああ、グチャグチャにしてやるよ」
「……んっ…」
首元を舐めると少年の体がピクリと跳ねた、それは演技か、それとも…
だが今はそんな事考えている暇はない、敵の動きが明らかに変わってきた。
「……来るぞ」
「はい」
敵が飛び出した。さあショーの開始だ

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:35:27.17 ID:C5I2b8FV0
うわーさらに繋ぎ難くしてパース!…すまんorz

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 17:54:54.98 ID:C5I2b8FV0
保守かわりにリレー小説について書いておこうか。
流れは
>>180 >>182 >>204-205 >>209-212 >>192 >>196
以下>>225から順にと進んでます。

保守代わりですので作品の投下・雑談などご自由にしていただきたい。
その間リレーは当然止めますんで。
もちろんリレーへの新規参加者大歓迎!!

と、自分は考えてる。
リレーしてるから…とレスがなくなるのだけは避けたいと思った。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 18:20:11.61 ID:C5I2b8FV0
ほしゅほす

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 18:26:16.99 ID:+g2H6Tml0
ちょっと目を離した隙に…冗談みたいなリレー小説がこんなに伸びてる。
これは気合を入れなければならんね。

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 18:30:14.99 ID:C5I2b8FV0
>>254
よっしゃお一人様ごあんなーい!
っておまい(゚∀゚)ノシまた出かけてたのか!
どちらの続きが来るかwkwk

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 18:49:52.15 ID:+g2H6Tml0
>>255
散歩は愉しいよ。色んな事に注視してみれば、其処此処にインスピレーションの種が転がってる。
--------------
全く統制が執れていない。
そもそも、個々が一貫した目的の元に動いていないのだから、数の差は事実上皆無と言えた。
これならば野犬の方が手強い。
名残惜しそうに糸を引く唾液を拭き取って、下賎な闘争の空気を身体に浸透させる。
「見苦しいな。誇りを失った獣は屠殺されるべきだ」
足元で出番を待つ兇器の必要性を感じない。力は、両の拳で事足りる。
技術や鉄則のない勢いだけの暴力を回避した後、慣性によろめく男の顔面に向かって右の拳を振り下ろした。
頬骨の砕ける感触と、拳へ返って来る反動が、熱狂的な血の猛りを加速させる。――嗚呼、闘争は愉しい。
込み上げる昏い感情を堪えつつ、少年の方に視線を移した。
------
はい。ややこしくさせることに関しては他の追随を赦さないよ。次の人どうぞー。

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 19:03:19.85 ID:C5I2b8FV0
>>256
なるほど、散歩かー。確かにインスピレーションの種の宝庫だな!


ってもしや今俺しかいない?Σ(゚Д゚;)

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 19:11:11.11 ID:+g2H6Tml0
居ないみたい。
そして俺は

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 19:33:37.68 ID:8SVgGQkM0
誰もいなす?

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 19:35:43.25 ID:C5I2b8FV0
>>259
いるいる。
続き考えてたよ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 19:37:52.33 ID:8SVgGQkM0
把握。ならば保守はまかせろ(`・ω・´)

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:05:26.93 ID:8SVgGQkM0
保守

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:06:40.16 ID:NqctqCrz0
日本今北工業。
なんて眠いんだ…

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:10:21.70 ID:C5I2b8FV0
少年はその身軽さを生かし巧みに剣戟を避ける。
その姿は舞の如く美しい。不覚にも俺はその姿に見惚れ、動きが止まった。
男共はそれを逃すはずか無かった。剣が振り下ろされる。
「ぐっ…っ!!」
肉を断つ鈍い音と苦痛に悶える声、止め処なく流れる血液がその場を緋に染めてゆく…

「お兄さん、僕に見惚れるのも構いませんけど、ちょっと隙が多すぎですよ」
剣を振り下ろした男と俺の間にいつの間には少年が入り込んでいた。
男の腹には少年の服から出された刃物が突き刺さり、振り上げた剣は地面に落下する。
「ああ、分かってるさ。」
笑いが漏れる、闘いは血を掻きたてる。こいつも、俺も。
しかしあいつらと来たらさっきから動きすらしない。まさか子連れがそこまでやると思っていなかったのか
目には少なからず恐怖の色が見える。
全くもって期待外れだ、恐怖に慄いた虫けらを蹴散らす事ほど詰らない事は無い。
------------
なんだか訳分からんぜ。難しいよ難しいよ(p_q)

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:11:57.97 ID:C5I2b8FV0
という事で次の人任せた!

>>263
おはようさん、眠い時は寝るんだ!

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:19:35.64 ID:8SVgGQkM0
乙ー

そろそろ名前を決めた方がいいんじゃないすかねー

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:22:58.85 ID:C5I2b8FV0
>>266
あーやっぱり?
リレーしてくうちに文に名前が必要だ!と思った人が付けてくれたら良いなんて思ってたんだが
やっぱ考えといた方がいいんかな

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:27:13.69 ID:8SVgGQkM0
みんな勝手につけていいものか迷ったあげく、最後まで名無しの予感w
じゃ付けたい人が付けるってことでいいか

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:31:27.28 ID:C5I2b8FV0
確かに最後まで名無しになりそうだ
主人公はずっと少年と呼び続けるんだwwwうぇwwww

ということで少年の名前位はあっても良いかもと、今思いました。

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:42:42.97 ID:WVazD2xt0
えっと、今書いてる人がいないんなら続き書いていい?

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:45:01.82 ID:C5I2b8FV0
>>270
どうぞー
みんな好きに書いていいと思うぞ!

少年の腕の刃物はカタールっぽいものだと勝手に想像しつつ続きを待つ

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:47:56.77 ID:8SVgGQkM0
>>270
(0゚・∀・)wkwktktk

誰も書かないから書いたほうがいいのかなーと思いつつ
おらが書くといっきに軽くなるだよ…

「覚えてろよおぉぉぉぉ!!」
「あいつら…なんてお約束な!」
「駄目ですよお兄さん、ちゃんと乗ってあげなきゃ」

どうみても270が書いた方がいいです。
本当にありがとうございました。

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 20:55:03.06 ID:C5I2b8FV0
>>272
いやそういうのも良いと思うんだ!
密かにおまいも書いてて投稿かぶったりするのもおつだと俺は思っていたのに
夢は夢のままだったぜ。
投稿かぶりも醍醐味だと思うんだ。

('A`) それに俺が書くと萌え要素ないしな…

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:02:39.13 ID:8SVgGQkM0
いやかなり萌え文ですぞ(*゜∀゜)

皆さんちゃんと地の文が書けるのがすごいなー
などと問題外な感心

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:17:10.02 ID:8SVgGQkM0
今日は人おらんなー保守

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:18:13.91 ID:WVazD2xt0
ごめん、もうしばらく待ってて。予想外に長くなりそう。
リレーなのにどっさり書いてごめん(´・ω・)

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:20:02.40 ID:8SVgGQkM0
それは(0゚・∀・)タノシミ!

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:21:50.47 ID:C5I2b8FV0
>>276
楽しみにしてる!

よし、ここで心温まる裏設定でも…
「お兄さん…」
「何だ」
「あの…えっと…」
さっきから体をくねらせつつ俺を見つめる。
一体何がしたいんだ?
「その…トイ…レ」
「トイレぇ?お前暗殺業やっときながら1人でトイレにも行けれないのか?」
「―!もう良いですよ!!お兄さんなんてしらない!」

('A`) ……ありえね

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:29:00.75 ID:8SVgGQkM0
>>278
(*´Д`)ハァハァ
心よりも脳が沸騰しそう

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:38:18.86 ID:C5I2b8FV0
>>279
本編とのギャップ萌えという奴を狙ってみた。
('(゚∀゚ ∩こういうの考えるの楽しいよ!楽しいよ!

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:42:33.83 ID:8SVgGQkM0
   ハ_ハ    ぼくも 小ネタ書くの
 ('(゚∀゚ ∩ すきだよ! すきだよ!!

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 21:56:23.45 ID:8SVgGQkM0
   ハ_ハ    
 ('(゚∀゚ ∩ ほしゅ

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:04:58.44 ID:tHHfDnfcO
猫っぽい顔。
猫のコスプレ。
猫っぽい性格。
猫のような躯つき。
語尾がにゃ。

猫属性にも色々有ると思う。

だが、これは、無い。
有り得ない!
萌えとか、和むとか、なんかそんな部類じゃない!
猫まんま!ウニャウニャ普通に言うし、目付きだって釣り上がって、目は透き通っていて、瞳は縦に細長い。
爪は鋭いし、身体はしなやかに曲がり、動きは瞬発性があり、軽々と机やロフトに飛び乗ってしまう。

弟は今、猫に取り付かれている。


このお話は、そんな阿保のような設定で繰り広げられる、エロ小説である。(多分)

-------
何と無く頭に思いついたフレーズを書きなぐってみた。
続きはまだ、何も考えてないw
行きあたりばったりでやってくんで、お暇な方はよろしく。

あ、リレー中に割込みすまない。
リレーは見てる方が好きなもんで…。

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:06:38.69 ID:9YTZm/69O
>>283
この子がいいかと
http://id24.fm-p.jp/17/kxxx1010/

285 :飛鳥@もうすでに覚えてる人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/17(金) 22:07:53.57 ID:hwvoxqjb0
こんばんは・・・・・覚えてる方。お久しぶりです。
覚えてない方。または見たことも聞いたこともない方。はじめまして。
飛鳥です( ・ω・)・・・・
PC&携帯も禁止にされててSS書けなかった者です。
久しぶりにSS書こうかと思います。どうぞよろしく。

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:09:57.89 ID:WVazD2xt0
>>278
>>283
(*´Д`)ハァハァ

>>285
飛鳥氏久しぶり!投下wktkしながら待ってます。

続きもうちょっと待ってください。本当に申し訳ない…orz=3

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:13:06.48 ID:9n2/4nP60
>>283
これは続きがきになりますな。楽しみにしてますぞー!
後之は個人的に。割り込みとかきにすんな!

>>285
お久しぶりー。
wktkしながらまってる!

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:16:08.34 ID:8SVgGQkM0
>>283
(0゚・∀・)ktkr!

>>285
久しぶりー
PC&携帯禁止は(;´Д`)キツスね

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:16:24.04 ID:ZizFS0XHO
確実に来る!2ちゃんねる内で話題沸騰!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=skapower

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/17(金) 22:34:14.89 ID:8SVgGQkM0
ほー

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 00:59:58.22 ID:gKFf0KyFP
念の為に

292 ::2006/02/18(土) 01:00:27.95 ID:veYmpFnSO
携帯だけど何か
テーマ>>295

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 01:14:03.46 ID:veYmpFnSO
規制うざす(♯^ω^)

294 :水 1レスで:2006/02/18(土) 01:26:06.99 ID:veYmpFnSO
四方をガラスに囲まれた部屋。
青い光だけがようやく差し込む。
「そこに誰かいるの?」
分厚く不透明なガラスはこちらから向こうが見えない。


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 01:26:59.07 ID:veYmpFnSO
ぎゃぼ!
途中で切れた!

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:03:15.57 ID:veYmpFnSO
保守党

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:19:24.60 ID:veYmpFnSO
ここは静かなインターネッツですね

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:49:49.94 ID:3BygzEEo0
解除されたか!?

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:50:12.97 ID:veYmpFnSO
解除後も静かなインターネッツですね

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:50:50.98 ID:3BygzEEo0
解除キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:52:12.33 ID:3BygzEEo0
水氏乙です!
みんな解除されたのを知らず寝てしまったのかも。
気にしないで続き続き。

(0゚・∀・)wktk

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:55:16.91 ID:veYmpFnSO
>>308-310
改めてお題

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:56:00.07 ID:veYmpFnSO
二人しかいないオカン

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 02:58:05.61 ID:3BygzEEo0
>>303
俺も同じこと考えてた。

お題・・・こたつに入ったまま年越しを迎えるラブラブ同級生。

あとのくだりは水氏にお任せ。
ダメだったら言ってくれ。
次のお題を考えます。

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:01:11.84 ID:veYmpFnSO
季節は遡るのはタブーだお。
和菓子づくりの心だお。

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:03:27.03 ID:veYmpFnSO
駄菓子菓子書いてみようかな。
ちょっとアイデアが出た

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:13:13.49 ID:zxdtY5MI0
だったらお題募集するなよ・・・

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:15:49.49 ID:veYmpFnSO
"my mom and dad both are out every new year party."
「なんて言ってるの?」
母さんは英語が苦手で、ティムがうちに来るようになって随分なのに、まだティムの言ってることがわからないらしい。
「ママとパパは毎年年越しの時は外出だって。母さんもそうしたら?」
「そうね。」
「父さんと初詣行ってきなよ。」
僕がそう言うと、「賢もおおきくなったことだし」、と電車で父さんと行ってしまった。
" How do you feel Japanese Kotatsu? "

挫折

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:16:43.26 ID:veYmpFnSO
駄菓子菓子=だがしかし。

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:20:48.23 ID:veYmpFnSO
よし。ちゃんと書く

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:31:17.73 ID:veYmpFnSO
「すみません、なんかご馳走になっちゃって。」
今日は雅之の家族も呼んで年越しパーティー。
酒飲んでそば食って紅白とくりゃ、大人たちは浮かれ気分。
で、僕も浮かれっぱなし。
隣に雅之がいる。
一年の計が元旦にあるなら、来年は最高の年。
明日も雅之といっしょ。
「あ、俺の揚げ!」
僕たちがつきあってることは誰も知らない。
コタツの中で手をつないでいることも。
「あれ?いらないんじゃないの?」
「とっておいたんだって!」
「変な奴。」
炬燵の中で拳をつきあわせる。
『だがそれがいい』の合図。
いつもならこれの後は必ずちゅーだけど、今日はさすがにできない。
「賢。」
「ん?」
「食い物の恨みは怖いぞー」
雅之がいたずらっこの目をしている。
僕はあそこがむずむずした。
だって、雅之のいたずらは決まってエッチないたずらだからだ。

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:38:36.71 ID:veYmpFnSO
「演歌なんかはやんねーよ」
「ガキにゃあわからん世界だ。」
雅之は演歌好きの雅之父にわざと言ったのだろうか。
僕に話が回って来るのはわかりきってる。
「賢くんはどうだ?」
僕は曖昧に笑い返すしかできない。
返答を避けたんじゃなくて、余裕がない。
雅之の指が膝から太股をなで、這い上がってくる。
声を出さないでいるだけで精一杯だ。
指はそのまま敏感な部分を優しく刺激する。
気を抜くと目の焦点がぼやけて変な顔になる。

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:48:20.49 ID:veYmpFnSO
雅之の顔は女子に人気なぐらいカッコイい。
それでいて頭はエロのお徳用パック。
好きにならないわけがない。
ヤバい。雅之にしなだりかかってしまいそう。
唇がジンジンして、雅之がほしい。ほしいほしいほしい。
雅之にいじられている部分が固さをまして、苦しくなる。
あー、母さんたちどっか行ってくれないかな。
「雅之、」
「なに?ギブ?」
「もう。僕の部屋行かない?」
「やだ。紅白みたい。」
とか言って、楽しんでるだけだろ。
雅之は片手で器用にパンツの中に手を滑り込ませる。
雅之のハンドボールで鍛えられた堅い手。
この感触が好きだ。


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:57:58.59 ID:veYmpFnSO
雅之の指がテレビから流れる局にシンクロして上下する。
演歌が終わり、若手のダンスナンバー。
あまりの気持ち良さに声が漏れる。
「雅之。」
「なんだよ。」
「眠い。」
「はぁ?」
「だから・・・ベッドにいって、」
「ベッドでイって?」
「ちが・・・あ・・・」
雅之の指が突然止まった。
僕の方は、ティッシュ一枚当たるだけで爆発する状態。
すごい。タイミングを知り尽くしてる。
エロ魔人。
拳をつきあわせる。
あ、雅之震えてる。
雅之は、『賢好き好きゲージ』がMAXになると震えるらしい。
「賢、ゲームやろうぜ。」
つまり、部屋へ行こうぜってこと。
「だ、だが断る!」
「mjdsk!」.

終わり

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 03:58:41.42 ID:veYmpFnSO
今外で猫が乱闘してる。

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 04:20:33.71 ID:oz7SZ55g0
寸止めー・・・

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 04:46:11.83 ID:veYmpFnSO
補習

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 05:11:53.29 ID:oz7SZ55g0
「さあ、保健体育の補修をしようか・・・」

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 05:25:45.87 ID:iscclsaR0
起きてみると、脇腹の痛みが増していた。

   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 05:59:31.41 ID:iscclsaR0
如何やら誰も居ない様子だ。
茫洋とした、切なさに似た感情が胸の辺りに一条。

   ∧∧
  (・ω・ )
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 06:53:56.35 ID:oz7SZ55g0
そしてまた保守

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 07:28:27.43 ID:iscclsaR0
有刺鉄線の向こう側に託した夢。
鉄条網で縛られた僕たちの秘密基地。
不法投棄の粗大塵で堆く積もった山は、この世のありとあらゆる神秘が詰まった宝箱だった。
長雨の季節が来る前に、あの山を制覇しよう。
みんなで手分けして、宝物を掘り起こそう。

保守ー。

323 :fz:2006/02/18(土) 08:58:28.55 ID:J/mLWVFt0
おはよう。昨日の夜避難所に投下したリレーの続きを貼るお。
------
 残りは二人。数でいうと一対一だが、恐怖に支配されている状態では
まったく話にならない。俺一人でもすぐに解決できるが、相手はようやく
何かを学んだのか、俺たちを挟むように向かい合った。これではいささか
やりにくい。
 やはり二人で分担するか、などと考えていると、ドサッ、という鈍い
音がした。残った二人を交互に見ていた俺が少年に視線を戻すと、彼は
倒れた男の服で剣に付いた血を拭き取っていた。
 手を動かしながら、少年はまるで世間話でもするかのように言った。
「で、早速ですが、そろそろ飽きてきたんですけど」
 つまり、一気にやっちゃっていいですか、という事だ。
「…好きにしろ」
 呟くように言うと、少年は実に嬉しそうに、
「やったぁ」
 とだけ言った。
 少年の動きは迅速そのものだった。剣が鞘に納まる音がしたかと思うと、
少年は地面を蹴った。反動で体が起き上がり、同時に落ち葉を派手に
撒き散らしながら何かが宙に浮いた。小一時間前に、俺のあごに
突きつけられていた、大口径の銃だ。
 少年は払うようにそれを取ると、そのまま正面にいた男に照準を
合わせた。流れるような動きだった。
 引き金が絞られ、ハンマーが雷管を叩き、火薬に着火して、高圧ガスが
弾丸を押し出し、
「ちっ!」
 少年が舌打ちをした。同時に走り出す。
 恐怖で立ちすくんでいたと思った男は、少年が引き金を引く一瞬前に
身をひるがえし、木の後ろに姿を隠していた。弾丸は何も無い空間を
通過し、遠くの木に命中した。

324 :fz:2006/02/18(土) 08:58:53.67 ID:J/mLWVFt0
「こいつ見かけによらず結構やります!」
 遠ざかる少年の声が耳に届いた。
「僕が何とかしますのでお兄さんはもう一人の方を殺ってください!」
「おい…」
 声をかけようとした時、少年はすでに高く飛び上がり、幾重にも
茂った葉の向こうへと消えていた。
「すぐに行く!」
 とりあえず怒鳴って、俺は奇声を上げながら突進して来る男を
見据えた。
「…面倒くさいから――」
 独り呟いて、俺は腰の剣に手をかけた。そのまま逆手に剣を
抜き取り、払う。
 男は慣性で少し飛んで崩れ落ち、かつて肩と肩の間にあった物が
木の根の間を転がっていった。
「――早いほうがいいかな」
 少し返り血を浴びたが、大して気にしない事にして、剣をしまった。
そしてナイフを拾い上げ、少年の消えたほうを向く。
 くぐもった銃声がした。仕留めたのだろうか。
「一応行ってみるかな」
 俺はぐっと両足に力を込め、跳躍した。

「なんだ、まだなのか?」
 俺が少年の所にたどり着いたとき、少年はいそいそと銃の最充填を
行っていた。忙しいので後にしてくれ、と言わんばかりに、少年は
半ば怒鳴るようにして言う。
「あいつ、只者じゃないですよ!僕ははっきり見ましたよ!銃弾の
軌道を変えるのを!」

325 :fz:2006/02/18(土) 08:59:10.04 ID:J/mLWVFt0
「銃弾を?」
「本当です!!」
 少年が一段と声を張り上げた。よく見たら、かなり不機嫌な表情を
していた。俺に追い詰められた時も余裕の表情をしていただけあって、
彼のこのような顔は初めてだった。
「とりあえず落ち着け。やつは今どこだ?」
「あなたから見て10時方向、30メートルくらい離れた
木の上です。こっちの様子を伺っています――クソッ、やっぱり
自動式にするんだった」
 少年が愚痴って、俺はもう一度少年のほうを見た。たしかに、
リボルバーの充填は面倒くさい。それにしても、
「歳相応の表情もするんだな」
 つい、思っていたことが口から出てしまった。
「何の事ですか?」
 俺のほうを見もしないで、少年が訊き返す。先ほど少年が言った
木のほうを警戒しながら、俺は応えた。
「その悔しそうな表情、なんかお前っぽいぜ。悶える表情以外にな」
「今はそんな事言ってる場合じゃないので黙っててください」
 意外にも素っ気無い返事が返ってきた。しかしよく見ると
少年の頬が赤くなっていたので、俺はとりあえず満足して、注意を
敵のほうに向けた。
「銃弾を逸らすと言ったら、魔法使いの類か。あいつだけむやみに
近づかないと思ったが、そういう事か」
「この会話もたぶん聞こえてますよ」
「だろうな。マインドリーダーじゃない事だけを願うよ」
 マインドリーダーというのは、読心術を扱う魔術師に付けられた
あだ名だった。
 カチャリ、という音がして、少年が立ち上がった。銃の装填が
終わったらしい。

326 :fz:2006/02/18(土) 08:59:30.41 ID:J/mLWVFt0
「で、策はあるか?」
「お兄さんこそあるんですか?」
 前方を睨んだまま、訊き返す。俺はしばらく考え、肩をすくめて
正直に答えた。
「ねェよ。魔法使いに遭ったら逃げるようにしてるんだ。悔しいけど
まだあんな連中とやりあう実力は無い。お前は?」
 少年を見上げたが、彼は何も答えなかった。ただ、今までに無い
真剣な表情をしていた。その顔にただならぬ雰囲気を感じ取り、俺は
思わず剣に手を伸ばした。
 しばらく、沈黙が続いた。
「はァっ!!」
 気合の声と共に、少年は飛び出した。乗っていた枝が大きくしなり、
俺も慌てて飛び去る。
「おい!いきなり飛び出して、策はあるんだろうな!!」
 俺の怒鳴り声に答えたのは、少年の銃が火を噴く轟音だった。
先ほど聞いた銃声よりも、何倍も大きい、爆発のような音だった。
呆れるくらいに大きい音に、俺は思わず耳を塞いだ。ただの火薬
じゃない。恐らく、特殊な銃弾を撃ち出すための、特殊な火薬だろう。
「ガンナーじゃないって言っときながら、プロガンナーの
銃さばきじゃねーか」
 愚痴りながら、俺は着地した。顔を上げると、さっき俺が警戒
していた木の幹が大きくえぐれていた。しかし、もっと驚くべき事に、
少年は未だに宙を舞っていた。飛び出したと木の枝のしなり具合
からして、相当の跳躍力だったが、それでもこの滞空は異常だった。
 少年の姿に気を取られていると、今度は別の人影が飛び出した。
その姿を見たとき、俺はまたギョッとした。

327 :fz:2006/02/18(土) 08:59:56.10 ID:J/mLWVFt0
 先ほど現れた時は他の男と似た格好をしていたが、どうやらあの
薄汚いローブを脱ぎ捨てたらしく、今は全身白の衣装を身に纏っていた。
しかし何よりも問題だったのは、その風になびく銀色の髪だった。その色は
彼が相当強い魔術師である事を意味し、さらにそれが魔術師の中でもかなり
厄介な部類に属する事を意味した。
「クソッ!白魔術師かよ!!」
 思わず悪態が口をついて出た。
 もちろん、俺がどうにかできる相手ではないし、恐らくあの少年でも
無理だろう。しかし、ただ見守るわけには行かず、俺は地面を蹴った。
「ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょう!!」
 大声で叫びながら、俺は横から魔術師に斬りかかった。やつは目尻で
俺の姿を捉え、軽く手をかざした。瞬間、物凄い力が全身にかかり、
剣がやつに触れる前に俺は真後ろに飛ばされ、木に直撃した。
「がはっ!」
 声にならない声を上げ、俺は血を吐いた。もはや問題外だった。
 とんでもないやつに出くわした。それが俺たちの運の尽きだ。
よっぽどの事が無ければ、俺たちは――
 突如、なんとも言えない威圧感が体を襲った。魔術師の攻撃ではなかった。
それよりももっと、空気全体が重く、そして凝固していくような感覚だった。
何か、目に見えない大きな存在がこの空間をかき混ぜ、押しつぶしていく
ような感覚。風は吹いていないのに、俺の存在ごと空間自体が渦巻いている
ような感覚すらあった。

328 :fz:2006/02/18(土) 09:00:20.86 ID:J/mLWVFt0
 そして、俺は少年の姿を見て、三度驚いた。
 少年の全身に、黒い炎のような模様が浮かび上がっていた。気が付けば、
その模様は少年の体だけではなく、周りの木々にも現れていた。そして、
木に寄りかかる、俺の体にも。
 少年を中心に、巨大な漆黒の燃え盛る魔方陣が出来上がっていた。
 我が目を疑う間もなく、今度は突然、体の力が吸い取られていく感覚に
襲われた。いや、力だけではない、まるで命そのものを死神に刈り取られる
ような感覚だ。
「おい――」
 何かを言おうとして、眩い光が視界を埋め尽くした。
 酷い寒気がして、俺は意識を手放した。

 気が付いた時、最初に目に入ったのは少年の顔だった。一瞬、あの
夜の事が脳裏によみがえる。
 顔をくしゃくしゃにして、少年は俺の顔を覗き込んでいた。目には
涙が溜まり、今にも零れ落ちそうだった。
「……お前、黒魔術師だったのかよ」
 のどから搾り出すようにしてそう言った途端、少年は泣き崩れた。
「うああああああああ!!」
 肩をガクガク震わせ、少年は俺の胸に顔を埋めて、激しく泣いた。

329 :fz:2006/02/18(土) 09:00:37.05 ID:J/mLWVFt0
 よっこらしょ、と俺は上半身を起こし、木の幹に寄りかかった。少年の
回復呪文のおかげで、ダメージはだいぶ取れていた。が、普通に歩けるように
なるまではまだ時間が必要だった。
 少年は少し離れた所に座り込み、顔を膝と膝の間に埋めて、まだ泣いていた。
時折肩が大きく震える。
 俺は木の幹に頭を預け、目を閉じた。さっき感じていた圧迫感や寒気は、
完全に消えていた。
「なぁ、そろそろ泣き止んでくれよ」
 目を閉じたまま、俺は話しかけた。
 少年は泣くだけで、答えない。
「あいつを倒せたんだから、いいじゃないか。俺の力を吸った事なんて、
気にしてねェよ」
 少年は泣くだけで、答えない。
「あ、そういや、お前には助けられたんだよな。礼を言ってなかったぜ。
ありがとうな」
 少年は泣くだけで、答えない。
「なぁ、本当に感謝してるんだって。それに、お前と組んでよかったって
思ってるんだぜ、本当に」
「ウソだぁ!!」


330 :fz:2006/02/18(土) 09:00:56.65 ID:J/mLWVFt0
 急に、少年が叫んだ。目を開けると、少年はぽろぽろ涙を流しながら、
顔を真っ赤にして俺を睨んでいた。
「僕にだってそんな事は分かるよ!黒魔術を使うやつはみんなから嫌われるんだ!
誰も寄って来ないんだ!暗殺の依頼をたまに頼むのがせいぜいさ!!組むだなんて、
そんなの論外に決まってるじゃないか!!組んでよかったなんで、
そんな訳ないじゃないか!!」
 一気にまくし立てて、少年はまた顔を膝に埋めた。そして、ぼそぼそと
言い始める。
「本当は絶対に隠しておくつもりだったんだ。でも、相手が白魔術師だし、
お兄さんは魔術師とは戦えないって言うから、だから、仕方が
無かったんだよ」
「あのな――」
「僕がああしないとお兄さんが死んじゃうんだ。それは嫌だから、
こうするしかなかったんだ」
 俺は何かを言おうとして、やめた。何を言えばいいのか分からなかった。
「もういいでしょ。僕なんかといたら、お兄さんこそ変なのに巻き込まれちゃう。
だから、今のうちに分かれよう」
 それだけ言うと、少年は何も言わなくなった。
 かける言葉が無かった。神器も無しに魔方陣を描き、大気をオーバードライブ
させた少年の姿が、今では酷く小さく見えた。

------
ここまで。
もうちょっとあったけど完結しちゃうのでここで止めます。
グダグダな作風ですいません。あと、リレーなのに俺一人書き杉orz
続き誰かヨロ。

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 09:29:51.10 ID:J/mLWVFt0
保守。みんなネタ集めにトリノ観てんのかな(´・ω・)

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 10:29:57.68 ID:iscclsaR0
じゃあ続き書くよ。書くよ。掻き乱すよ。
------
月天に蝕華を掲げ、命を簒奪する魔導。
黒魔術の本質は、圧倒的な略奪にこそある。
破壊と対になる創造の力を、死と対になる生命の力を、己以外の何かから奪って己のものとする。
現に俺の体は、言い知れぬ類の疲労感に苛まれている。
同時に、嗚呼、こいつは、俺からほんの少しの優しさも略奪してしまったらしい。
「よし、わかった。じゃあ元気でな」
睡眠は、魔術に因って奪われた体力をも回復させるのだろうか。
煩わしさに身を任せて、瞳を閉じた。

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 11:04:05.65 ID:oz7SZ55g0
保守

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 11:40:25.92 ID:0rQPU7wM0
今北。誰か続き書いてる?

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 11:43:35.41 ID:iscclsaR0
多分書いてないんじゃないかな。

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 11:45:26.69 ID:0rQPU7wM0
んじゃ書いてみる(`・ω・´)
でも被り大歓迎

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 11:47:49.44 ID:iscclsaR0
期待してんぜ。

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 12:21:03.57 ID:0rQPU7wM0
かってにリレー小説〜>>332の続き〜

ひどく不快な夢を見た。
内容は覚えていないが、あまりの寝覚めの悪さにうんざりする。
じっとりと肌に張りつくシャツを脱ぎ捨て、新しいシャツを引っ張り出す。
どうにも思考に霞がかかり、すっきりしない。
――湯を沸かしてコーヒーでも飲むか
カップを手にした瞬間、フラッシュバックのように脳に閃光が走る。
(お兄さん、僕にも入れてくださいよ)
(カップ一つしかないんだよ)
(じゃあそれでいいですよ……間接、てやつですね)
(いいからさっさと飲め!)
そうだ、少年。
水を汲みに行ったのか、それとも火を熾す薪でも拾いに行ったのか。
辺りを見回すと所々抉れた地面、木に残る白刃の跡。
ふいに脳裏に甦る悪夢。
そして、眠りに落ちる前、網膜に焼きついた一瞬の残像。
虚ろな目をした少年。
――じゃあ元気でな
あぁそうだ。あの目はかつて見たことがある。
あれは喪失。
何かを失い、そしてその失ったものを永遠に諦めた目。

--------
次の人パース!

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 12:26:49.04 ID:DUbKL2AV0
保守

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 12:28:16.78 ID:3lW4hTZfO
やぁ(´・ω・`)君には留年する呪いを書けて置いたよ

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1139472051/

呪いを解きたければ、このスレに「全ては兄ぃのせい」と書き込んでほしい


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 12:28:34.92 ID:gL0X5Rnk0
.   /i         .::   ..:::! .:  : .:::::!         :::::::::::. :::::::::::::::::::::i:::::::::::::.  !
  / !    :  .:::::: : ..:::::! ::::..:::.::::::::!   .:.     .: ::::!::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::!: !
  i  i :.  : : :::::::::::: .:::::::::! :::::::::::::::::::!:  ::::.:  :!  .::::::i::::!::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::!: :!
  !  : .::::..:. ::.:. :::::::::::::.::::/::::! :::/::/:::::::/!:: :::!:::.: ::i .:/:::/:::/::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::!!::i
  i:! :: :::::::::::.:::::::::::::::::::::::!::;へ:/!:::!::::://. i::::.:::!:::::::i .::/::/i:::/ヘ::!::::!::::::::::::::::!:::::::!::::! !:i
 ノ'i::i!:::!i::::::::::::::::::::::::::::::!==/=!:ミ:;;ii::!  ヽ:::i:::::::i.::/!:/;;:!:ィ=!=!i::::::::::::/:!:::::::i::/ !:!
  i::!i:::!i::::::::::::::::::: :: :::::i. ゝ!ゝ::!ノヽi !゙=、、.ヽ!ヽ:::!/'ナ<::::::ノ.ノ !:!::::::::!/::!:::::::::!'. ノ'
.   リノ'i:!!::::::::::::::::: :: :ヽ!    ̄ ̄.`: : : .. i : !:::!: リ: .  ̄ .: : !::::::,::::i:::i!::;:::::::! '
 ,. - ' !.!::::::!::::: :  :   ヽ            !/.       .: : /::::/:!:/::::::/::::/
     : !:::i::::      ',           : : :.   .: : :/::/:/':::::::/::::/  ヴィッパアアアアアアァァッッ!!
      : !::!:::       i            !: : :.  .: : :./::!'::::::::::/::/ i::/ http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1123238671/
  . : : : : : !:!::::       !              !: : : .: : : :/::::::::::/::/::/ i,' こいつをつぶせせえぇぇぇぇぇぇぇぇぇっッッ!!
. : : : : : : : : i:!i::::.:.:     !i          ' ´: : : : : :/::::::::::/::/.!/. /
: : : : : : : : : :i!: !::::!  !   !!、    , '~===7: : : :./::::::::::i::::ii:/ /
: : : : : : : : : : : : !:::!: !   !、:ヽ.   〈' 、______,ノ': : :/:::::::::::::::::!::i !
  : : : : : : : : : :i::::!:::.i  ! !: : : : ヽ  、ー‐‐‐ ': /:::::::::::::::::::::::!/


342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 13:01:25.07 ID:0rQPU7wM0
ほしゅ

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 13:29:56.22 ID:TKgI3ZKn0
どれだけの時が過ぎようと俺はその目を忘れる事が出来なかった。
その生気を失い空虚に包まれた死人の様な瞳。
何故此処まで俺を捕らえて離さないのか、あのような目など幾度も見てきたと言うのに…

「馬鹿野郎。本気で消えんじゃねえよ…」
誰も居ない空間にその声は吐き出され、消えてゆく。
あの少年は今何処にいるのか。その事ばかりが頭を回り続ける。

――探すか――

「チッ…」
似合わねぇ…俺は一度舌打ちすると足を進めた。

-------------
誰も書いてないかと思ったので勝手に書いて次へパース!

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 13:47:24.07 ID:0rQPU7wM0
出かける前保守

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 14:29:27.46 ID:FoeRStPr0
fsh

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:12:38.88 ID:0rQPU7wM0
ほしゅ

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:23:47.88 ID:DUbKL2AV0
そんなの続き書けるかよ
パスするときは続きを書きやすくしろよ

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:28:43.35 ID:0rQPU7wM0
って言いながら実は続きを書いていたら>>347はツンデレ

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:31:44.82 ID:iscclsaR0
いや、というか、状況がよくわかんね。
空間工作がうまくいかね。>>330までの戦闘シーンは全部夢だったって事でいいのかね?

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:35:40.32 ID:wWRj4ZNf0
誰かショタとホモの明確な違いを教えてくれ。
自分では確かに違うと思うんだが、具体的に何処が違うのか上手く言葉に言い表せれないんだ・・・・。

誰か優しい人おしえて

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:40:37.17 ID:0rQPU7wM0
>>349
それはスマンかった。
>>330戦闘終了→>>332寝る→>>338起きていなくなったことに気付く→>>343探しに行くことにする

分かりにくい文章スマソ

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:46:20.10 ID:FXASILN1O
50
ショタ→小さい男の子がすき

ホモ→男の子が男の子をすき

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:50:08.44 ID:0rQPU7wM0
ロリは女の子であり、女でもあるが
ショタは男の子であって、男ではない
という感じがする

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 15:56:06.94 ID:wWRj4ZNf0
>>352-353
dd

>>353
ショタが男じゃないってのは何となく分かるな。
男の子ではあるけど、どっちかっていうと女の子に近い、すごく中性的なとこがあるっていう感じかな。。
俺も"男の子"は好きだけど"男"は嫌いだしなー。

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 16:01:23.29 ID:1QQYL3+U0
男の子も、男も好きな俺はどうすれば・・・

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 16:08:47.33 ID:0rQPU7wM0
それもまた愛。
対象は多いほうが選り取りみどりでいい

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 16:22:45.41 ID:DUbKL2AV0
保守でもするか

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 17:05:29.12 ID:ofbedC0IO
保守

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 17:27:11.23 ID:ofbedC0IO
保守

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 17:29:01.47 ID:1//LVJBI0
わか ◆mZ7SNgP51c :2006/02/18(土) 14:10:05 ID:+hCG689n


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxVIPPERが中高生に舐められてるわよ。アハハハハ。(^▽^)xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

しかも相手はホモ板だぜアハハハハ。(^▽^)!!!!!!!

http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gaysaloon/1140225745/l50

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
突撃、突撃、突撃だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ
アハハハハ。(^▽^)


361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 17:45:44.74 ID:b+1qnt0c0
VIP臭くなくなったかな保守

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:17:26.91 ID:ofbedC0IO
保守

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:19:42.42 ID:UeJ2RrB+0
>>347>>349
343を書いた者だが、
正直すまんかった。人が折角繋げてきた文を潰すのだけは得意なんだorz
流れは351で有ってると思う。むしろ此処で終わっても良いと思う。
マジですまんかった(´・ω・`)

364 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 18:23:53.06 ID:vAJ2qxtk0
今晩は。昨日投下するとか言って投下せずに寝てしまった飛鳥です(´・ω:;.:... ゴメンナサイ

短編SS書こうと思ってたんですが長編になりそうで困ってます・・・・
序章なんで萌えもエロもなにもないんですがそれでもいいなら投下しようかと思います。
( ・ω・)ネコミミジャネーヨ・・・

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:30:08.08 ID:lPfTAjExO
飛鳥タンだ〜

自分は二次のショタ大好きだが、リアルは無理
そんな自分には消防の弟がいるけど全く萌えない

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:31:43.83 ID:veYmpFnSO
やっぱりリアル兄弟には萌えないよな。
でもいとこは・・・あるある

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:31:57.09 ID:0rQPU7wM0
>>363
いや、たぶん>>338が分かりにくいぽ(´・ω・`) スマンコ

文中の“悪夢”は、寝る前の戦闘と寝てる間に見てた夢を指してます。
少年と旅を始めたばっかだから、起きぬけは少年のことをすっかり忘れてて、
戦闘の跡を見て少年のことと、冷たくあしらったことを思い出したってことです。

解説しなきゃ状況説明できないのは(´・ω・`) ナサケナス…
うぅぅ精進します

368 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 18:43:40.72 ID:vAJ2qxtk0
さて・・・保守程度に投下しますかね。



中学受験に失敗した。

いや。失敗したといっても受かったことには受かったけど。第五志望。

俺は死んだような目で本来行くべきでない学校へと向かった。


短編、いや、長編になりそうだ。いや。なるな。
タイトル『偶然にも最悪だった少年』
一話“運命は気まぐれで。”


俺が受かった中学は男子校で偏差値もまぁまぁと上な方。
だけど塾の先生とかもっと上を目指せたといいながら残念そうに俺を見ていたのを覚えている。

「はぁ・・・・・何やっちゃったんだろう・・・・・死にたい・・・」
そんなことを考えながら俺は入学式を迎えた。
クラスは・・・I組か、どんな奴がいるかね・・・・
そう思いながら列に並ぶ途中やけに可愛らしい男を見かけた。・・・てこいつもI組?
そう思いながらその男の子を見てるとこちらに気づいたのだろうか。にっこりと微笑みを返した。
何か見ている俺がはずかしく思えてきた・・・・
そう思いながらそそくさと自分の列へと向かった。

369 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 18:44:21.65 ID:vAJ2qxtk0
入学式を終わり、自分のクラスの教室へと向かうことになった。
教室に着き、自分の席へと向かう。そして静かに着席。
そして机にへばりついた。精神的に参ってるのさ、疲れたよママン。
そんなことを考えながらぼーっとしてると隣から声がした。
「・・・大丈夫?」
「・・・・・!」
俺は無言で声のするほうを見ると、入学式で見た可愛らしい男の子。そいつがいた。真隣に。
「具合でも悪いの?平気?」
「ん・・・ぁぁ。平気・・・です。」
「そう。でもさ。せっかくの入学式なんだから元気出して!」
そいつはまぶしいくらいの笑顔を見せてそう言った。
ほかの奴らはやはり静かなので視線がこちらにちらちらと向かった。
「ちょ・・・あんまり声出さないでさ。」
「ぁ。ごめん!」
「だから・・・・」
そんなくだらないやりとりをしてるうちに俺は少し気が楽になった。目もだいぶ生き生きしてきたのではないだろうか。
そんなことを思うと、担任と思われる男の人が教室に入ってきた。
「はい。こんにちは。・・・えーと、私がここの担当の中村俊彦といいます。体育教師です。」
あーついでに漢字はこんな風だ。といいながら中村は黒板に名前を書いた。
結構たらたらしてて気が合いそうだな。と思いながら隣を見てた。
こいつ・・・名前なんていうんだろう。どんなものが好きなんだろう。

370 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 18:44:53.68 ID:vAJ2qxtk0
そんなことを考えているとあっという間に自己紹介の時になった。
「えーと僕は天草浩太郎といいます。趣味は・・・・」
何かさえない顔の奴が自己紹介してる。まじめに聞いてる奴もいれば。俺みたいに聞き流してる人もいる。
あーとりあえず面倒だな・・・名前程度は覚えるか・・・・
ゴロゴロとしてるうちに変わった奴やらさえない奴やらで自己紹介が進んでいく。すると俺の隣の奴。話しかけてきた奴が自己紹介の番になった。
その子が席を立つと。さっきより抑え目な元気さで自己紹介を始めた。
「えーと・・・僕は志水(シミズ)舜(シュン)といいます。趣味は音楽鑑賞です。好きなものは・・・・甘いものとかが好きです。よろしくお願いします。」
かわいい。それが舜の自己紹介の第一印象だった。周りの奴もジーと見てる奴とニヤニヤしてる奴もいる。まあかなりの美形だしなぁ。
そう考えると舜とは一列しか違わないため。あっという間に自分の番になった。
俺はめんどくさそうに席を立つ。
「あー・・・えーと、名前か、名前は田口(タグチ)霧斗(キリト)、趣味・・・・ギターとかその辺、好きなもの、ビターチョコ。よろしく。」
そういうと俺はさっさと席に座った。俺のことをジーと見てる奴がいる。キリトだってと周りの小言が聞こえる。
霧斗、親がかっこいいからとつけた変な名前。何でこんな名前付けたんだ俺の親。
そう考えながら用も済んだし寝るかと考えていたら後ろの人がかなりインパクトがある自己紹介をした。
「えーと、黒板使っていいですか?」
「んーどうぞ。」
そういうとそいつは黒板の方へ行き。自分の名前だろうか。書き出した。
“中山 雄介”
「僕の名前は中山(ナカヤマ)雄介(ユウスケ)です。趣味はギター、好きなものは辛いものとかです。よろしくお願いします。」
そういうと堂々と自分の席へと戻っていった。
第一印象は・・・・比較的イケメン?かっこいいという感じだろうか。
趣味ギターか。こいつも気があいそうだな。

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:45:15.89 ID:UeJ2RrB+0
>>367
俺は分かったよ。だからそんな顔するな。

実際に自分の文が続き書けないような文だったのは確か。
出直してくる。

372 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 18:46:32.06 ID:vAJ2qxtk0
まあなんやかんやあって。自己紹介が終わった。
今日は学校の説明だけで。午前で帰ることになった。
「え〜と、田口くんだっけ?」
その声のするほうに目をやると中山がそこにいた。
「・・・何?」
「いや〜。趣味がギターって聞いたから。エレキかな?」
「・・・そうだね。」
「お〜、僕もエレキギターやってるんだ。どんな曲とか弾いたりするの?」
「・・・・・Xとか。」
その言葉に舜もこちらを向いた。
「Xって。XJAPAN?」
「・・そだよ。」
「すごいや、僕も好きなんだ。X!」
「ふ〜ん・・・意外だな。」
「顔に似合わずX好きなんだ。楽器とかなんかやったりするの?」
「ベースやってるけど・・・先月始めたばっかりだからすごい下手で・・・」
そんな会話が長時間続いた。
もちろん仲良くなりましたとも。趣味がほとんど一緒なんだもん。
今思えば第一志望受かってたらこいつらと出会ってなかったんだな。
運命って気まぐれ。

そんなことがあった。入学式の春。


とりあえず終りです。文章力がぜんぜんですが・・・・すみませんつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 18:49:05.68 ID:UeJ2RrB+0
>>372
うわー!割り込みごめんなさい…
GJ!

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 19:10:54.49 ID:0rQPU7wM0
>>372
乙ー
続き(0゚・∀・)wktkしつつ
都会って中学受験とかあるんだなーと思った田舎者

375 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:19:12.20 ID:vAJ2qxtk0
おっしゃぁ!ネコミミも書きあげたぁ!!ヽ(゚∀゚)ノワーイ

でも最後のほうわけわからなくなってきた・・・気が向いたら投下します。
( ・ω・)本当に鬱シナリオになりそうで怖いわぁ・・・

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 19:20:13.02 ID:5yrE1TSG0
>>375
wktk!!!

377 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:27:04.40 ID:vAJ2qxtk0
てかなんとなくまとめ見てみたら俺の書いた作品に今夜ふたりのベッドの上で
という作品があったんですが。
あれ、書いた覚えないんですけど・・・・書いたのかなぁ?( ・ω・)

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 19:32:54.10 ID:UeJ2RrB+0
>>377
もしかしたら他人の作品が混ざってしまったのかもしれません。
修正してきますね

379 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:42:56.88 ID:vAJ2qxtk0
過疎という状態ですか・・・?
まあいいや。とりあえず投下しますか。
続き物なんで見たことない人はまとめで見てくれるとうれしいです。

「はははッ!いいよ。自分でやれ。見てるから。」
「うッ・・・うぅッ・・・・」
凛は泣きながら秋の言う通りに自慰を始めた。
「はは・・・きもちいか・・・?」
「はぁ・・・グズッ・・・きもちいです・・・・んん・・・」
凛はどんどん自分の中から湧き出す欲望にのまれていき、だんだんと手の動きが早くなっていく。
「おい・・・お前手ぇ早くなってんぞ?」
「んはぁぁッ・・・ぁ・・・あぁ・・・・ぁああ!!!」
凛は体を反らしたかと思うと、床に白い液体を撒き散らした。
「ハッ!イッチャッタよこいつ!人に見られながらイッチャッタよ!」
「く・・・・ふぅうぅ・・・・」
凛はぼろぼろと涙を流し続けている。そんな凛を気にせず。秋は事を進めた。
「クフフ・・・まだここが元気だなぁ・・・・」
「・・・・・」
もうすでに凛は声を上げることすらできなかった。
「さぁ・・・次は何して欲しいのかねぇ?」
「・・・・・・」
秋と凛のこのやりとりが何かを思い出す・・・・
昔の・・・自分が変わってしまった・・・・あの出来事・・・・

『もう・・・・・やめてぇ・・・・・』

「もう・・・・やめ・・・て・・・・」
秋は少し固まり。昔のあの出来事がフラッシュバックする。

380 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:43:24.60 ID:vAJ2qxtk0

あ・・・・あきら・・・・彰・・・・・・

「無視・・・するなぁ・・・・」
「・・・・・・?」
そういうと秋はさきほどと打って変わって。
凛をやさしく包み込む。
「・・・・無視しないで・・・・答えて・・・・もういやだぁ・・・・・」
「しゅ・・・秋・・・・・?」
秋は泣きながら凛の首筋や胸を舐めまわした。
「くぅ・・・ん・・・・秋・・・・?」
「もう・・・・もう・・・・・いやなんだ・・・・逃げないで・・・・」
凛は全くわからないこの状況に呆然としていた。
そして、無意識に口を開き。こういった。
「・・・秋・・・俺は・・・・逃げないから・・・ここにいてあげる・・・・」
自分で何を言ってるんだと思ってると。秋がこちらを向いてこういった。
「・・・・本当?・・・本当に・・・・」
「・・・大丈夫・・・・大丈夫だから・・・・」
凛がそういうと秋の目の色が変わった。
「・・・・え・・・・・・ぁ・・・・あ!!!!!!!!!」
秋があわてて凛の体から離れる。
そしておろおろと周りを見渡した。
「あ・・・・え・・・・あの・・・・俺・・・・犯っちゃ・・・・た?」
凛が無言でうなずくと秋があわてて土下座した。
「ご・・・ごめん・・・・もうなんていうか・・・・ごめん・・・」
「・・・・謝ってすむわけねえだろ・・・・帰れ。今すぐ帰れ!!!」
凛がそう叫ぶと、秋は寂しそうな目をして帰ろうとした。

381 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:45:21.72 ID:vAJ2qxtk0

またやってしまった・・・・・

そんなことを思いながら秋が部屋を出ようとすると、後ろから声が聞こえた。

「なぁ・・・・」
「・・・・何だ・・・・・」
秋がうなだれながら答えると。凛が口を開いた。
「おまえって・・・・いったい何?」
「は?」
「・・・・・お前の心・・・・悲しい気持ちでいっぱいだ・・・・て、何いってんだ俺?」
「・・・・」
秋は凛の問いかけに答えもせず。部屋をでて。屋敷を後にする。

「俺・・・ねえ・・・」
俺は俺だ。そうだ、俺は俺さ。

でも

たまに記憶が飛んでるときがあるんだ。

あれは・・・・・何?
そのときの俺は・・・・どこにいるの?


382 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:45:40.03 ID:vAJ2qxtk0

「あああーーーーもう!!あいつが変なこというからわけわからないこと考えたじゃないか!悲しい気持ちでいっぱいってわけわからねえよ!」
そういうと秋は早足で自分の家へと帰ろうとし、立ち止まった。

でも・・・・あいつが言ったこと。正しいなら。
この感情は・・・・何?怒りじゃないのか?じゃなかったら・・・・

そういえば自分のこと・・・ぜんぜん考えたことなかった。
他の人は・・・俺のことどう思ってるんだ?
そんなことを考えてると、自分の家の前に立っていた。
鍵を開け、ドアノブを引き。家に入る。
そこには連が寝ていた。相変わらずかわいい顔で。
秋は連に近づき、頬を撫でた。
「連・・・・お前は・・・俺の事どう思って・・・・」
少し短時間で考えすぎたのだろうか。睡魔が突然襲ってきた。
「・・・・・・・いいやもう。寝よう。」
そういうと秋は連を抱きながら深い眠りについた。

383 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/18(土) 19:46:48.53 ID:vAJ2qxtk0
終りです。
・・・・こう終わらすしかなかった。
無理だったんだ・・・チクショオオ!!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 19:47:39.29 ID:4f+UYL1L0
おい、厨房が集まるしたらばの板ごときにVIPが叩かれてるぞ!!

こ れ は 粛 清 す る し か あ る ま い 

VIPってうざいよな
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/8498/1140255377/
1 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/02/18(土) 18:36:17
せっかくだからスレ立てた。2ちゃんねるっていうサイトのニュース速報VIP板ってあるじゃん。
でっかい掲示板だから色々な人が居るは分かるんだけど、いくらなんでも変な人が多すぎ。
だいたい、まともなスレがないじゃん。議論とか全然しないの。おかしいと思うよ、あんなに毎日ネタスレばっかり立ててさ。

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 19:58:29.92 ID:UeJ2RrB+0
>>383
乙。
これからの展開楽しみに待ってる。

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 20:17:37.24 ID:0rQPU7wM0
また重くなってる?

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 20:19:58.39 ID:WT9bJ3fs0
>>383
キタコレ!いい展開じゃないか。
よく帰って来た飛鳥氏。

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 20:45:53.34 ID:0rQPU7wM0


389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 20:48:21.79 ID:cno5nALBO
リレー楽しみに読ませてもらってる。
で、一つ質問。
木の幹にもたれかかるように休憩して、
その場で寝た主人公が
目を覚ました時に家らしき場所に居るのは何でだ?魔術?

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 21:32:34.10 ID:0rQPU7wM0
いちお貼っとく
つ避難所 http://yy25.60.kg/syota/

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 21:34:47.43 ID:STXfsh7+O
ここで元vipがお呼びだお(#^ω^)ビキビキhttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/diet/1136122894/
突撃するお⊂ニニニ(#^ω^)ニニ⊃
658:スリムななし(仮)さん :2006/02/17(金) 18:07:02 [sage]
前から思ってたんだがVIPってなんだ?
659:スリムななし(仮)さん :2006/02/17(金) 18:22:59
ニー速だお
660:スリムななし(仮)さん :2006/02/17(金) 20:15:48
>>658
以前2ちゃんで一番の人気を博していたニュース速報板
当然人が集まるということはそこにキチガイも集まるということで
キチガイ板と化した
そこで運営側が苦肉の策としてキチガイを分離するためにニュー速vipとかいうキチガイ板を設立したらしい
おれはニュー速がキチガイ板と化した時点で見捨てたがな

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 21:35:25.14 ID:Rms3w6vOO
http://angel.from.jp/mu/robom.cgi?nono=3199

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 21:36:51.61 ID:0rQPU7wM0
>>389
コーヒーとか着替えのこと?
ずっと旅してるみたいだから持ち歩いてるかなーと…
分かりにくくてスマン

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 21:47:21.12 ID:0rQPU7wM0
圧縮きたぽ

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:07:16.36 ID:oZEFErOj0
誰もリレー書いて無いなら俺が書きますぜ!

>>343の続き
とはいえ・・・ただ闇雲に歩いても見つかるはずも無い。何しろ名前も聞いてなかったしな。
そもそもあいつ本来の目的を忘れてやがる。
最初は俺を殺しにきたはずなのだ。それが失敗した上に行動をともにしていた所を見られている。
あいつだって帰るところは無いはずだ。
そんなことを考えながら無計画に歩く。
その場にいたほうがいいかとも考えたが、あの状態で別れて帰ってくるとは思えない。それと追手が来る危険性もある。
「チッ・・・」
二度目の舌打ち。
完全にもう会える要素が無い。
そう思うと自分の口と脳のあまりの配慮の無さに後悔の念が襲ってくる。
後悔?柄にもない事考えちまったな。
そうさ。こんなに考え込むなんて俺らしくもない。
「寝るか。」
こんなときは寝るに限る。あいつを探し始めてからろくに寝て無いしな。
耳は研ぎ澄ませたまま視覚の機能だけを閉じる。


ガサッ・・・


ガサッ・・・



駄文スマソ。
次の人に渡します。


396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:15:40.82 ID:rbF8OGJO0
>>395
あの繋ぎ難い文の続きを書いてくれてありがとう!
あそこで終わりになると決め込んでたから嬉しいぜ( ゚∀゚)ノシ

次はどんな展開になるかwktk!
俺が書くとどうも文そのものが終焉に向かってしまうorz

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:17:20.35 ID:3lW4hTZfO
やぁ(´・ω・`)君には留年する呪いを書けて置いたよ

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1139472051/

呪いを解きたければ、このスレに「全ては兄ぃのせい」と書き込んでほしい


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:19:47.04 ID:0rQPU7wM0
>>396
GJ!
ジャンプのような引きw!

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:20:34.74 ID:0rQPU7wM0
安価ミスorz
>>398>>395あて

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 22:45:57.10 ID:ofbedC0IO
サイエンスミステリーで男の子の入浴&ちんちん見れたお

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 23:15:40.07 ID:0rQPU7wM0
保守

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 23:25:16.30 ID:o1yXimZz0
バイの高校A年生がネトラジ 第G回
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/school/9271/1139664903/
http://203.131.199.131:8040/sinfu_ryuma.m3u


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 23:44:47.19 ID:0rQPU7wM0
捕囚

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/18(土) 23:52:24.70 ID:iscclsaR0
ヽ(゚∀。)ノ

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:02:57.52 ID:lZfvhiq80
見習さん?こんばんこー

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:04:20.55 ID:usnZ2nT40
人が少なそうだ。
保守代わりに何か書いてみる。お題くれるとウレシス

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:06:56.65 ID:dIV/FCtN0
>>405
こんばんは、こんばんは。

>>406
【お題:迸る精液】

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:10:06.51 ID:usnZ2nT40
>>407
ちょwwwwww直球杉ww

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:10:36.20 ID:lZfvhiq80
一瞬、迸るが遡る見えた。
全然似てないし。これはもう駄目かもわからんね

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:13:04.44 ID:dIV/FCtN0
>>408
任せたぞ、ミスター。
ピンクに行こうぜ、今夜は。土曜の夜だし。

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:24:53.07 ID:usnZ2nT40
「だっだめ……もう…ひぁ!!」
しがみ付く力が強まる。
同時に迸る精液、それは止まる事を知らないかの如く俺を汚し続ける
「一杯だな」
「いう…なぁ……」
顔を真っ赤にしながら俺の肩に顔を埋める。可愛い奴だ。


御免挫折 ('A`)

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:31:21.24 ID:lZfvhiq80
よく頑張った!感動した!

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:37:13.60 ID:usnZ2nT40
かけなかった代わりに別のもん投下するよ

   ハ_ハ    
 ('(゚∀゚ ∩  するよ!
  ヽ  〈  
   ヽヽ_)

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:38:19.32 ID:tdn6/8AvO
VIP*COMMUNITY
http://tool-6.net/?vipcommunity

携帯VIPPER集合!

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:38:43.47 ID:Pb4h/sVl0

バイのイケメン高校A年生がネトラジ 第G回
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/school/9271/1139664903/
http://203.131.199.131:8040/sinfu_ryuma.m3u

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:39:54.59 ID:usnZ2nT40
まとめにある「春と桜」ってやつっす
前回最後の台詞:「命様」
では詩人、イッキマース!
----------------
「あのように追い返して良かったのか?」
命と呼ばれた者が再び姿を現す。
「彼が居ては話す事ができませんから」
「そうか」
「…はい。それより」
私は言葉では平静を装いつつも顔ではこの方を睨みつけていた。
「そう怖い顔をするな」
「理由をお聞かせください。何故春喜と…彼との接触を禁ずるのかを」
「理由か…禁忌を犯した者をこのままにはしておけない。それが理由だ」
今では殆ど存在しなくなったが神職に付く者の中には私達と対話をする者もいる
春喜は神職に付いている者ではないが会って話しをすることが禁忌とはとても思えなかった。
となると…
「私たちの関係の事ですか…」
「そうだ」
「しかし私たちは…」
「愛し合ってる…か。今はそれでも良いだろう、だが数年後は、数十年後は、
 お前はあの少年の一生を潰す気なのか?数百年後は、お前は耐えられるのか?
 私はあの少年の為にも、お前の為にも言ってるんだ」
それは極力考えないように目をそらし続けていた事。
そらしてもそらしても逃れる事は出来ない現実。
「暫く猶予を与える。その間にその関係を絶て、以後その少年の生存する限り体を具現化を禁ず。
 これはこの地を統べる私からの命令だ。分かっているだろうが拒否は許されない」
「……分かりました…」
何もかもが闇に飲み込まれたようだった。

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:40:18.41 ID:lZfvhiq80
>>413

   ハ_ハ    
 ('(゚∀゚ ∩  wktkだよ!
  ヽ  〈  
   ヽヽ_)

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:40:24.79 ID:usnZ2nT40
命様から頂いた猶予は一月。その四分の一が既に過ぎようとしている。
未だ何も言い出せずに居る。
「さくら君?」
このまま時が止まれば一緒に居られるだろうか、だがそんな事は無理に決まっている。
どれだけ黙っていてもあと三週間でこうしている事も出来なくなる、
彼の居ない生活など今の私には考えられなかった。
「さくらくーん?おーい」
望んでも叶わない。それなら…

壊してしまえば良いじゃないか、自らの手で欲望のままに。
ボロボロに、グチャグチャに…

「さく…んっ……あっ…ぅん」
春喜の口内を貪る。舌、歯茎、口内の全てを確かめるように動く。
「ん!…ぅぐ、んっ…んぐ」
顔を上に向かせると溜めた唾液をすべて流し込んだ。
苦悶の表情で流し込まれた液を飲み込もうとするが、含みきれないものが顎を伝う。
耳を両手で塞ぎ、口内の事にだけ集中させた。また舌を絡める。
「ぅん……んふ…はぁ…はぁ、はげしい…よぉ…」
口を開放すると今までに無いほど顔を上気した春喜の顔が目の前にある。
その幼いながらも官能的な美しさが滲み出すその姿は今の私をただの獣へと変えるのには十分だった。

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:40:54.77 ID:usnZ2nT40
「ふぇ?さくら君どう……ひぁぁぁ…」
首元に腕を回し、耳の裏を舌で舐めあげると春喜は小刻みに震えながら悲鳴とも甘美とも思える声を上げた。
舌を耳の中に入れる、
「ぁふっ…やだっ……はずかし…ひぅっ」
そんな官能的な声で出された拒絶は、私をただ壊すだけ。
首元に舌を這わせる。服のボタンに手をかけた。
「なんか変だよー……ねえ…やめ…よ…?」
ボタンを一つ一つ外すなど煩わしい。三つほど外したところで無理矢理下に引き下げた。
ボタンが一つ飛び、肩から胸にかけてが露になる。
「ひゃ!!あっ…や……だぁ…」
露になった桃色の突起を手で摘む、既にそこは硬く張りがあった。
もう片方を舌で楽しむ。程よい弾力、思わず吸い付いた。
「ひゃぅ!……や…やだ……ぅ…こん…の……やだぁぁぁ…」
ポタリと零れた雫が鼻に付いた
未だ少し暖かい、なみだ…?冷静さが戻ってくる。
見ると春喜は大粒の涙を次々と零し、頻りに嫌だ、やめて、と懇願していた。
冷静さを欠いていたとは言え…一生残る傷を付けるとは最低だ…
「…ごめん」
「ひっく…どうし…て?ひっく……こんな…」
「……ごめん」

「今日は…帰る……ね」
泣き止むとそう一言つぶやき、この場を離れていった。
一つだけ残されたボタンが、私の罪を表している。

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:41:55.01 ID:usnZ2nT40
はいここまで。
続きが全く浮かばないよママン(ノД`)

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:43:42.03 ID:lZfvhiq80
うお割り込みスマン
GJ! 切ない展開(*゜∀゜)モエタヨ

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:47:28.61 ID:dIV/FCtN0
乙です。
みんな書き溜めが出来ていいなあ。

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:51:39.72 ID:usnZ2nT40
dd

>>421
本当はほのぼのしたいのに終わりが決まっててそうデキナイヨ!

>>422
見切り発車だいすき。只後が続かないだけさorz
書き溜めなんて糞食らえ!ですYO

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 00:59:42.31 ID:dIV/FCtN0
俺もちゃんとした続き物書かなくなって久しいな。
滑り出しは順調、今振り返れば矛盾だらけの設定だけど、当時の俺としてみれば只気持ち良くて堪らなかった。
どんな形であれ完結させるのは作者の義務であり、伝家の宝刀たる権利でもある。
お、おお、今日は何か、自分なりにいい物が書けそうだ。
考えるのとキーボードを叩くのと、そのラグが少ないぞ。
さて、それじゃやりますか。
   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おやすみ。

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:07:23.68 ID:usnZ2nT40
>>424
ちょwwww寝るのかwww
眠いのに無理はよく無いからな、おやすみ。

完結させるのが作者の義務…か、よし、今此処で春と桜を完結に導こう。
------------
あれから春喜が此処を訪れる事は無かった
私は今は只の木として、また静寂の中を生きている
【終了】


御免嘘。ちゃんと考えます。

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:13:35.44 ID:XBjYtw8V0
>>181 に完結の見本があるww

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:15:49.12 ID:adbB5os70
まるで打ち切りwwwww

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:24:13.02 ID:lZfvhiq80
>>425
ちょwwww詩人先生の次回作にご期待くださいwwwww

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:27:29.10 ID:dIV/FCtN0
黒髪の少年は、その赤い瞳から止め処なく涙を流しながら二つ並んだ粗末な墓の前に立っていた。
いとおしいものに触れるように、所々欠けた墓石を撫でる。
「心が空っぽになっても、涙は流れるものなのですね――兄様」
墓碑に刻まれた名を、指先でなぞる。瞳を閉じた横顔は、遠い過去の日を思い出しているようだった。
「本当は直ぐ兄様の下へ行きたいけれど――きっと兄様は、叱りますよね。軽蔑しますよね、そんな僕を……」
少年の激情と相克する様に、曇り空が雨粒を零す。
とうとう、震えていた肩が、落ちる。最後の虚勢で耐えていた膝が折れ、少年はその場に突っ伏した。
「でも、兄様。文句を言わせてください。……やはり兄様は莫迦です……愚鈍です。……僕の気持ちなんか、何もしらない、で――
う……うああ……うあああああああ……っ!……もう独りぼっちにはしないと言ったのに、約束したのに!
兄様の莫迦、莫迦!それでも僕に、胸を張って生きて行けと仰るのですか……!それでも僕に、笑顔を作れと仰るのですか!」
石畳に突き立てた爪の間から、鮮血が流れる。雨と泥に塗れた己を顧みぬまま、少年は尚も叫ぶ。
驟雨の中で、黒髪の少年が独り。永遠に枯れる事のない涙を流し続けている。

ご愛読ありがとうございました!見習先生の次回作にご期待ください!
---
詩人さんにインスパイアされてやってみた。今は自分で自分の首を締めたなあと反省している。

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:33:55.68 ID:QaaAXTPe0
突如現れた魔王ショタリオン。
その強大さは瞬く間に世界を恐怖の底へと落として行く。

次々と周りの人々が倒れる中、強敵にリュオとジグは立ち上がる。
「リュオ…」
ジグがリュオに手を伸ばす。
リュオの眼に諦めの色はなかった。
むしろ、強さを秘めた光は力強くすらも見えた。
ジグが笑う。
リュオが頷く。
「…──行くぞ、ジグ。」
リュオの力強い言葉に、ジグも力強く頷いた。
二人は、決戦の地へと歩き出す。
その先に、光があると信じて──…

ご愛読ありがとうございました!あぶらあげ先生の次回作をご期待ください!


真の打ち切りというのは、決戦すらもやりません

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:35:09.31 ID:usnZ2nT40
>>429
そんな所インスパイアしなくてよろし!
ちゃんとした続き期待して待っておりますぞー。


何か書くか、描くか、いや書くか…
なんも浮かばね ('A`)

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:35:24.68 ID:lZfvhiq80
ちょwww打ち切り連発wwww
お前ら冨樫インスパイヤしすぎww

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:37:27.61 ID:XBjYtw8V0
ここは「いきなり最終回」なインターネットですね

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:38:54.50 ID:lZfvhiq80
そして俺もロケットで突き抜けたい

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:40:06.91 ID:lZfvhiq80
残るはもう、全て夢だったオチか…!

436 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 01:55:13.14 ID:y4m4YAcj0
ネタが思い浮かばない・・・・
あとしばらくネコミミはお休みさせます。
学園的なものをぱっぱと終わらせたいと思ってるのが今の心情です。( ・ω・)ガンバロ

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:55:46.80 ID:usnZ2nT40
>>435
夢オチktkr?!

最終回の後は次回予告だぜ!

さーて来週の未確認飛行物体はー?

リオです。
はっきり言って私たちのこと覚えている人が居ないと思います。
だって作者すら忘れてるんですから。

そんな私たちは船の修理そっちのけでやりたい放題です。

さて次回は、

「幸祐、え、今日もやるのかよ!」
「ロア、初めてのお使い。迷子になる」
「リオ、偶には修理しにいこうかな」

の三本です。

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:56:52.68 ID:usnZ2nT40
>>436
がんばれー。どっちもwktkでまってる。

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 01:59:55.58 ID:lZfvhiq80
>>436
(0゚・∀・)ワクテカしつつも(´ー`)マターリまってます

>>437
ジャンケンまでやって欲しすww

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:01:05.65 ID:IUVXqFlxO
>>435
じゃあ夢精オチでwwww

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:04:03.85 ID:usnZ2nT40
>>439
それではみなさん

じゃんけん!ポン!(グーの札)

うふふふふー

最初の台詞覚えてナス。こんなんだったけ?

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:08:17.72 ID:IUVXqFlxO
>>441
来週もまた見てくださいね

だった気ガス

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:15:54.34 ID:usnZ2nT40
>>442
なるほど、もやもやしてたのがしっくりきた!d

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:17:22.39 ID:lZfvhiq80
「…あぁっ・・んっ、それ…だめっ!」
孝彦は荒い呼吸を繰り返しながら、首を振って必死に抵抗しようと…

そこで目が覚めた。
「……夢…?」
パンツがべとべとと濡れている。
「…はぁ…またやっちゃった…」
雅人は脱いだパンツをティッシュで拭い、布団の下に隠す。
正夢だったいいのに、と思いつつもそもそ着替えの支度を始める。
今日も雅人の一日が始まる。

ご愛読ありがとうございました。
焼きそばパソ先生の次回作にご期待ください!


>>440
無理すwww

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:18:15.69 ID:lZfvhiq80
>>441
d!
やっぱこれがなきゃww

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:23:07.16 ID:usnZ2nT40
>>444
夢精オチktkr!!

447 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:32:42.13 ID:y4m4YAcj0
>>444
すげえや!!こんな落ち始めてみた(;´Д`)

学園コメディ物。書き上げた・・・・・展開が速いような気がしてなりません。
気が向いたら投下しますか。( ・ω・)トカイッテモトウカスルンダロウケド

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:42:00.08 ID:lZfvhiq80
>>447
いつまでも終わらないよりは速い方がいいキガス…
(0゚・∀・)wktkですぞ

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:43:56.63 ID:usnZ2nT40
>>447
wktk!

450 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:48:30.27 ID:y4m4YAcj0
よっしゃ。ロムが居るとすればいい人数だ。
投下しますか。
>>368

俺は恋愛感情なんて生まれないと思ってた

だって恋すると面倒だとか思ってたあほだから

でも、恋するのも悪くないな

そんなことを思い始めたのも、最近のことだ



2話“恋する男はかっこよくなるらしい”



この学校に入学して一ヶ月たつ。
俺は既に日常となってしまった舜と雄介との会話を始めた。

・・・でさぁ、このバンドのボーカル、オタク疑惑とかあるんだって。まあ歌はいいんだけどなぁ・・・・」
「マジか?!俺このバンド好きだったんだけど!」
「そういえばこんなことも聞いたことが・・・

そして授業が始まる。そして学校が終り、帰る。
こんな毎日だ。
でも今日は少し違った。

451 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:49:09.66 ID:y4m4YAcj0
いつもはばらばらで帰るはずだったんだけど・・・・
「そういえばさぁ。僕引っ越したんだこの前やっと近くまで引っ越せたんだ!」
「んぁ?引っ越したって・・・」
「うん。ここ受かるかどうか心配だったんだけど。ここの学校のなるべく近くまで引っ越したんだよ。」
「へぇ〜。家はどこ?」
「えーと、○○ってとこだよ。霧斗の電車と同じなんだ!」
「ふ〜ん・・・・じゃあ帰るときは一緒か。」
「そうだね!」
「なんだよ〜僕だけ仲間はずれみたいな感じだな・・・・俺も引っ越そうかな。」
「断る。」
「え〜〜〜」
こんなくだらない話になった。けど今日は舜と同じ電車らしい。
帰るときは一人がいいんだけどなぁ・・・・
そんなことを思ってると。一時間目が始まった。

452 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:49:49.08 ID:y4m4YAcj0
「疲れた。」
7時間目が終り。
そう中山に言うと半分あきれたような顔でこういった。
「いや、言われても困るけどさ。」
「もういやよ、あれよ、受験なんてホントはしたくなかったんだよ。」
「知らないよ・・・・」
俺が中山に愚痴っていたら、舜がいないことに気づいた。
「あるぇ?舜は?」
「さぁ・・・・何か人に呼ばれていたけど。」
「ふーん・・・・・」
そういうと俺は机に張り付いた。
そろそろホームルームだろうか、そんなことを思っていたら舜が帰ってきた。
「しゅ〜ん。どこいって「霧斗ぉ〜」
そういうと舜は半泣き状態で俺に抱きついてきて・・・ん、いい匂いだな。シャンプー何使ってんだ・・・じゃねえ!
「何??何だよ舜?」
「どうしたの志水。なんかあったの?」
そういうと舜は中山のほうを向いてこういった。
「告白・・・されたぁ・・・・・」


453 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:50:11.96 ID:y4m4YAcj0



『・・・・・・・・・・・ハ?』
そういうと舜は俺の顔を見るとこういった
「一目惚れしましたとか言って告白されたのぉ!!どうしよぉ・・・・」
上目遣いでそういうと、舜は俺の胸に顔を埋めた。やっぱかわいいなぁコイツ・・・じゃねえよぉ!!!!!
「ええ・・・ええええええええええええ??????」
「一目惚れって・・・なんだよそれ・・・・」
中山は苦笑いした。まぁここは男子校なんですし、いわゆる同性愛ですかね。いやいやいや。
「なんていうか・・・落ち着け。」
「うう・・・・もうさ。仮にも僕が女としてもあんな太ってる人と付き合える分けないのに・・・」
「うーん・・・いろいろあったみたいだけど・・・そろそろホームルームだし。席座ったら?」
「うん・・・そうする。」
舜が落ち着いて席に座り、しばらくすると担任が教室に入ってきた。


そして帰るとき。
舜はうつむきながら歩いている。そんなにショックだったのだろうか。
「シューン・・・・」
「・・・・・」
「だめだな。田口、これは重症。」
「重症って・・・・何か言うことないのか・・・」
「うーん・・・今言えることは・・・・電車の中でがんばれ。」
「はぁ・・・」
電車同じなんだよな・・・・・どうすればいいのかなぁ・・・・40分は同じ電車乗るんだけど。
そう思ってると中山は手を振って自分の乗る駅のほうへと向かった。


454 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:51:23.58 ID:y4m4YAcj0
「舜・・・・」
「・・・・」
俺たちは電車に乗った。けど舜はまだこんな感じで
「シューン・・・・・」
「ん・・・・ごめん。」
「いや、ごめんて、告白されちゃそんなになるよなぁ。」
そんなこと思って何言えばいいのか考えてると、ここまで落ち込むか?という疑問が現れた。
もしかして・・・・他になんかされてるんじゃ・・・・
「舜・・・・本当にさ、告られただけ?」
「?!・・・・・・」
「正直に言ったほうが・・・・楽かもな。」
俺はぼーとしながら窓のほうを見ていた。
入学してまだ一ヶ月だぞ。まさか性的なこととか・・・・ないよな。告白だけでもおかしいのに。
「・・・・・怖かった・・・」
「ん?」
「その・・・・えーと・・・・数人に囲まれて・・・捕まれて・・・・・」
「?!・・・・・なんかされたの?」
「ううん。されそうなところで逃げたんだけど・・・・」
「・・・・・・・同級生?」
「・・・・たぶん先輩・・・・・」
俺は・・・・外を見ることしかできなかった。
舜は相変わらずうつむいてる。
「僕・・・この学校にあこがれてた・・・・のにさ・・・・・あんなことされそうで・・・・怖かった・・・・」
そういうとまた舜の目から涙がこぼれた。
俺はこの学校にあこがれてなどなかったが。舜にとって第一志望だった学校だ。
それは・・・ショックだろうか。


455 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:51:50.14 ID:y4m4YAcj0
俺はチラッと舜のほうを見た。泣いてる。
他の乗客の視線が集まってるのがわかる。
俺は・・・・・舜に・・・・・何かできることはないのだろうか・・・・
何かしてやりたい・・・・
そう思ってると、俺は無意識に舜を抱き寄せた。
「・・・・ぁ・・・?」
「・・・・舜・・・・俺・・・・・・」
他の乗客がかなりの視線が集まるのがわかった。
中にはキャーという声も聞こえた。けどそんなの気にせず。俺は舜に言った。
「・・・・舜・・・守る・・・・俺・・・おまえを・・・・」
「・・・・霧斗・・・・・」
「・・・・・おまえが何かされたら・・・・何かあったら・・・そいつ・・・・殺してやる。」
「・・・・・・」
「だから・・・・さ・・・・もう泣くな。」
「・・・・うん・・・・・ありがとう・・・・・」
俺がそういうと。俺から離れ。
落ち着いたのか。舜に笑顔が戻った。
「はは・・・なんか落ち着いたら・・・・眠くなったなぁ・・・・」
そういうと舜は背もたれに寄りかかって。気持ちよさそうに寝始めた。
「ふぅ・・・・・これでいいか・・・・・・・・・・・っ・・・」
今から思うと舜を抱きしめちゃった・・・・抱きしめた?
え?まじで?何これ。ときめき?ときめき?胸がどきどきしてきたあわわわわ

456 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:52:09.85 ID:y4m4YAcj0
心で慌てふためいた俺にさらに油を注ぐように舜が寄りかかってきた。
「っ・・・・・っっっっっっっっっっっっっっ!!!!!!!!」
舜が・・・・シュンガアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!
よりかかああわわわわ・・・・落ち着こう・・・落ち着こう・・・・
そうだ。外を見よう。気がまぎれるはず。
そう思って俺は外を見た。窓に何気なく映ってる俺の顔は。真っ赤だった。
だいぶこの感覚に慣れ・・・といっても胸はまだどきどきしてるが。
肩が重いと思った
それは、何か頼られるような。そんな重みに近いような気がした。

こんなことがあった。強姦未遂事件のあった春。

457 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 02:53:21.25 ID:y4m4YAcj0
終わりです・・・なんか微妙ですが。
ネコミミよりサクサクかけたのは何でだろう・・・・・( ・ω・)マアイイカ

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:59:13.87 ID:usnZ2nT40
>>457
乙ー。霧斗男前だなあ、(*´Д`)

一つのものに詰ると他のものが嘖々進むもんだ、気にしちゃいけねえぜ。

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 02:59:48.43 ID:lZfvhiq80
GJ!
こそばゆくて(・∀・)イイ!

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:12:42.50 ID:1wuMd7/nO
乙ですー。
なんか、こう、もやもやしたものが胸のなかに…
学校楽しめたらなぁ…

461 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 03:18:45.84 ID:y4m4YAcj0
>>458-460
感想。ありがとうございます。
( ・ω・)GJ!とか言われるだけでもかなりうれしい自分が居ます。
今微妙に書き上げてますが。気がついたらもう3時なんですね・・・時間の感覚失ってます・・・・
投下するかもしれませんが。このまま寝るかもしれません・・・まぁぼーっとしますね。

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:22:08.53 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>461
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  飛鳥さん乙なのー。続きを期待しているのー。そしてお久しぶりなのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

463 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 03:32:15.59 ID:y4m4YAcj0
Σヽ(゚Д゚; )ノ シグさんだ!

こんばんわ、おひさしぶりです。(ノ´∀`*)居ると和むなぁ・・・・

しかし週末なのに過疎ですなぁ( ・ω・)今日なにか用事あるのかな?

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:38:43.39 ID:IrPPheQO0
後姿がすごい綺麗な人っているよな、
後ろが綺麗なだだけに顔を見てガッカリ、むしろあれは邪神z…
挙句向こうから迫ってくるのが頂けなかった。
いやそんな事で俺は挫けないさ。また難破を続ける。

暫くするとちょっと可愛目のお嬢さんを発見!
声を掛けるとクスクス笑いながらも俺の会話に乗り、良い雰囲気。
「なぁ暇ならこれからどっか、いかない?」
「良いけど、女の人と行った方が良いんじゃない?お兄さん」
「…はい?」
「こんな顔で声変わりもまだだけど、俺れっきとした男だから」
そう言って有名私立中学の生徒手帳を見せられた。
うむ、見事にガクランだ。
ってうそだろぉぉぉぉ!!
「それじゃお兄さん頑張ってくださいね」
「ああ、ありがとよしょうねん」
目に涙を蓄えつつ俺は少年を見送った。

本日の成果:後姿麗しいじゃし(ry と見た目麗しい少年。

俺もうだめかもわからんね。
------------
保守代わりに思いついた。邪(ry が使えれば何でもよかった。
…笑って許してくれ

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:40:44.57 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^  >>463
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  過疎なのー。寂しいのー。
      __,li~,lリゝ  >>464  
__`(6∩しし∩.__ 面白かったのー。美少年萌えなのー。

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:52:05.59 ID:PQ3mBdRP0
「ふぅ・・ただいまー。」
「あっ!お兄ちゃん、お帰りなさーい。今日はどうだった?」
「ハハハ・・スロで3万負けたよ・・・。ハハハ・・」
「もうっ、だからスロットなんか行かないで僕と遊べばよかったのにー。」
「傷心のお兄ちゃんの心を慰めてくれよ・・。」
「しょうがないなぁ・・お兄ちゃん。明日はもうスロット行かないでね。」
「もちろんだとも!」
「じゃーお兄ちゃん、部屋に行こう・・?」
弟の頬がほんのり赤く染まる。それを見ただけで俺は我慢できなくなりそうである。
「今日も寝かせないぜ?」
「もうっお兄ちゃんの馬鹿っ・・。」

------------
スロットで負けた金額のみ事実です。

   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ 
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  保守なのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

467 :飛鳥@もうすでに忘れられてそうな人 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 03:53:25.51 ID:y4m4YAcj0
>>464
(゚Д゚ )
(゚д⊂ヽ゛
(゚Д゚;)

こんな感じだろうか。想像したら少し微笑んだ( ・ω・)

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 03:55:06.45 ID:IrPPheQO0
>>466
可愛い弟だなあ(*・∀・)
三万円は痛いのー。

469 :飛鳥@連投スマンデス。 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 03:55:12.67 ID:y4m4YAcj0
>>466
乙。いろんな意味で乙

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 最後の文ガァァァァァァ!!

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:05:48.36 ID:GkBe7NeH0
しょうもない小ネタみつけた
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
男子の着用例としては、近畿大学付属小学校の男子児童の制服が1980年代まで、紺色半ズボンの下に着たガーターベルトで薄手のニーソックスを太ももで釣り下げて着用する形で存在していた事実がある。 (教師談)

短パンニーソガーター小学生・・・

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:07:35.04 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>468 >>469
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  3万は痛すぎたのー。もう財布がやばいのー。 妄想でストレス発散なのー。
      __,li~,lリゝ  >>470
__`(6∩しし∩.__ そんなのがあったなんて全然知らなかったのー。

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:10:58.62 ID:IrPPheQO0
>>470
短パンニーソまでは想像ついたが

ガーター?

ガーター?!

恐るべし近小。写真あるわけも無いのに思わずサイト行っちゃったジャマイカ。

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:11:49.02 ID:IUVXqFlxO
お、小説増えてるww職人さん達乙!!

俺が通ってた小学校も半ズボンにニーソだった

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:17:38.88 ID:T6Tr7qLS0
(´・ω・)シグ・・・マジで俺を慰めてくれる?


シグがいなくても・・誰でもいいから・・
兄ちゃんというかオサーンな俺を。誰か・・・誰か・・・・・・・・・・・。

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:20:15.83 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>474
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  どうしたのー?
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:21:14.38 ID:IrPPheQO0
>>474
何があったのかしらないが元気だせー!!
自分が精一杯よしよししてあげるから!!!!!1

477 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 04:28:49.93 ID:y4m4YAcj0
>>474
しかたない。ぎりぎりショタの分類に入る俺も話を聞こう|ω・´)ドウシタ!

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:31:28.07 ID:T6Tr7qLS0
>>475
(;ω;)ウッ・・・シグぅ・・・。
>>476
おまいさんが誰だか知らないがだからこそうれしい。
本当にありがとう。
これだから2chはバカにできないんだよな・・・。



でも俺はおれはもうだねあの胃イスhbcrfェづhjf個http://f29.aaa.livedoor.jp/~piyopiyo/:v背jンq;rd路:絵j」c@い6f[ol v.d@a;[]:vFDW”!ESdfcvjo:nif9er kxml,;.v:] ]5syux:jf\cvbn;

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:42:31.73 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>478
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  話の意図が分からないのー。一体どうしたのー?
      __,li~,lリゝ  そのアドレスなのー?ばけつさん?  
__`(6∩しし∩.__



480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 04:44:45.84 ID:IrPPheQO0
>>478
とりあえず落ち着こう。深呼吸だ!


アドレスは怖くて踏めないorz

481 :飛鳥 ◆X.EmsXuYOY :2006/02/19(日) 04:46:26.63 ID:y4m4YAcj0
行ってみたけど・・・・
グロでもないし・・・・よくわからんなぁ・・・・
ちなみにアドレスの最後の
:v
は削ると思われる。( ・ω・)

482 :飛鳥@連投すみません・・・:2006/02/19(日) 04:57:31.90 ID:y4m4YAcj0
うーん・・・・・胃イス・・・わけわからなくなってきた・・・・
あとばけつさんとは気づかず失礼なことを言ったような・・・・(;´Д`)

作品書き上げたのすっかり忘れてました。投下していいですかね?


483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:02:24.21 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 何があったのかわからないのー。 
    i_ //レイノl^ >>482
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  どうぞなのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:06:13.43 ID:IrPPheQO0
>>482
投下しても良いと思いますよー。

>>478
レス無くなったが大丈夫かー?
辛い時はいつでも円形禿が出来るくらいよしよししてやるから安心して来るんだ!

485 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:07:23.69 ID:y4m4YAcj0
じゃあ駄文すみません。投下。
>>450

俺は舜に惚れた。

いや、なんていうか。いろんな仕草がかわいいんだよな。

腕に抱きついてくるときはすごいドキッとする。

狙ってるのではないかとも思えてきた。

そういえばこの二人の・・・・本性ってどんななんだろ?


第三話“本性って結構わからないものですよ?”


学校に入ってから三ヶ月たったかたたないか。
俺は・・・その。
舜にべたぼれですよ。はい。
理性解除したらキャラが変わるのではないかという感じ。
そんなことを思いながら。今日もボーっと授業を受けた。


486 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:07:53.84 ID:y4m4YAcj0
三時間目。体育。
うちの担任が担当だ。
俺はそそくさと体操着を着替えた。
そして中山と舜が着替え終わるまで待つ。
席は・・・・もう三ヶ月もたつし席替えしたけど。
舜は目の前に居て、中山が舜の前に居る。ほとんど変わってなくてうれしい限りだ。
「シューン、中山〜。早く着替えれ。」
「わかったぁ」
「まだ授業まで6分もあるぞ・・・」
そんな会話をしながら二人は着替え終わった。
舜。カアイイ。超かわいい。てか体操着着るとエロイ。なんかエロイよ。
中山。最近思ったけど背デカイな・・・・。将来モデルさんになれるよ。うん。

今日は体育館でやるらしく。移動する。
今日の授業はドッジボールらしく。
ドッジボール?フッ。俺の得意分野だ。
そんなことを思ってると、チームが決まったらしく。
舜が俺と同じチーム。
中山が相手チーム。
「何で俺だけいつも仲間はずれ・・・・」
「知らん。神に聞け。」
「霧斗!ガンバロ!」
その声にドキッとする。情けねえや。びびってる。
守りたいなぁ・・・できたら。
そんなことを思ってると試合が始まった。

487 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:10:14.07 ID:y4m4YAcj0

ボールを持ったのは中山。さてどんな玉が来r
「シネエエエエエエエエエエエエエ田口ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!」
「ふぁ?え?ギィァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」
中山は
轟音が聞こえるほどのスピードの玉を投げてきました。当たれば致命傷ですよ?
「おーい・・・おーーーい死ねっていったい」
「アヒャヒャヒャヒャヒャ!!!」
だめだ。目の色が違う。
もしこんな玉が舜に当たったら舜が壊れちゃうって。
そう思うと早く外野に行かせようと中山にがんばって当てようとする。
が。無理だ。軽やかに避けやがった。てか避けながらボールをとった。何コイツ化け物か?
「無   駄♪」
「まってまってまぁあぁぁぁぁぁぁああぁぁぁ!!!!!」
俺が必死に避けたら。後ろに居た奴が流れ弾(?)が当たってしまったらしくノックアウトしてる。
中村がそいつの様子を見に行った。
「おーい。平気かー?・・・たく・・・毎年毎年・・・・・」
そういうと中村はその気絶しかけた生徒を保健室に向かわせるよう、保険委員に伝えた。
・・・・・
当たれば・・・ああなる・・・・
そう思うと皆ものすごく真剣な顔になった。
そしてしばらく悪魔のアイツと攻防し。
チームの皆と一致団結して中山を外野に送ることに成功した。

488 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:10:48.51 ID:y4m4YAcj0
そんな独り言が聞こえた。これで復帰はしないだろう。そんなことを思ってたら
舜が狙われていた・・・ああああああああ!!!
シューン当たらないでぇぇぇ!!!!
そんなことを思ってると舜は少し上目遣いで涙ぐんだ目をしてボールを持ってる奴を見た。
この距離で俺がドキッとするのだ。それは真近でやられたらある意味で気絶するだろう。
案の定そいつはボールを手から離した。そのすきを見逃さずに舜は軽くそいつにボールを当てた。
「・・・・俺の・・・理性が・・・許さなかったんだ・・・・」
「ああ。わかる。わかるよ・・・・」
そんな声が聞こえた・・・・・舜。おまえ小悪魔。
まあ今日の変わったといえばこんなことかな?

2人の本性を垣間見れたそんな涼しさが残っていた夏。

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:11:59.81 ID:UxQCxNy/O
ショタキャラってなに?
マジレス頼む。

490 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:12:18.14 ID:y4m4YAcj0
番外編な匂いを発してますが。とりあえず終わりです。
・・・・ネタがなくてある漫画からネタ少しパクリました・・・・・
どうか気づく人が居ませんように・・・・・

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:15:25.96 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>489 
    i_ //レイノl^ 可愛い男の子キャラって事だと思うのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>490 
      __,li~,lリゝ  乙なのー。元ネタは分からなかったのー。  
__`(6∩しし∩.__  少し疲れてきたのー。

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:15:27.02 ID:IrPPheQO0
>>489
簡単に言うと少年キャラ。と言う事で良いと思うぞ。

>>490
乙ー。こういうふいんき(ry 好きだ。
元ネタは残念ながら分からなかった。

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:15:59.43 ID:HaPZJpBcO
ここはどこだお?(^ω^)

494 :飛鳥@連投すみま(ry:2006/02/19(日) 05:16:08.47 ID:y4m4YAcj0
>>489
容姿が比較的幼い←重要かもしれない。
比較的美しい。←個人的にね・・・・
女と中立的な位置にいる。←よく言われる。

こんな感じですかね?自分でもよくわからない・・・・

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:19:50.47 ID:UxQCxNy/O
>>491.492.494
大体分かったサンクス。

496 :飛鳥@たびたび連投すみま(ry:2006/02/19(日) 05:21:52.33 ID:y4m4YAcj0
>>491-492
ホッ!よかた。
元ネタばれなくて・・・・・
元ネタはぁ・・・・とある漫画なんですが。
友達に見せたら「これ主人公ショタ。間違いない。」って言ってた・・・様な漫画です。
ヽ(゚∀゚)ノわかるかな?

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:22:28.86 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ >>493
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  VIPだおなのー。
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:25:39.18 ID:IrPPheQO0
>>496
すまん分からないorz
というか更に気になってしまったジャマイカ!!

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:26:12.32 ID:7WPuvBut0
VIPを け が す お調子者がまた一人、みんなで突撃しよう!!!111

199 :妹尾 翔 :2006/02/19(日) 02:13:11.11 ID:7WPuvBut0
VIPとかいちびっとる集団やんけwあんなん俺が喧嘩売ったら
金だして逃げるやろうなwwwwwwwwww
http://syo74.fc2web.com/top.html
突撃するなら↑↑田代砲の準備をしておくように

500 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:29:45.29 ID:y4m4YAcj0
ふぅ・・・・・やることはやったような気がしますし・・・寝ます・・・おやすみなさいです。

>>498
そんな君にプレゼント。
目欄。

てかそんなに期待するようなものかな・・・まあ友達は面白いといってた。

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:30:26.62 ID:HaPZJpBcO
>497
ありがと(^ω^)
なんかまたーりしてていいスレだお。ケータイで見にくいから、お家帰ってまた来るお☆

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:34:08.93 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、 >>500 
    i_ //レイノl^ おやすみなさいなのー。僕ももうすぐ寝るのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  >>501
      __,li~,lリゝ  詳しくいうとVIPの男の子スレなのー。携帯は見にくくて大変そうなのー。  
__`(6∩しし∩.__ お家に帰ったら是非また来てくださいなのー。

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:35:19.79 ID:IrPPheQO0
>>500
d!
それ知ってたわw確かに主人公ショタだなww
単行本読みな上に2巻までしか買ってないが…そんな話があったのかー!


眠いがばけつ氏が気になって眠れない。大丈夫か?

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:38:58.74 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ もう眠いけど、ばけつさんが気になるのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  
      __,li~,lリゝ    
__`(6∩しし∩.__


505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:44:38.99 ID:PQ3mBdRP0
   ⊂_ヽ,_ 
  (二ィ     ヽ、  
    i_ //レイノl^ 眠くて頭が痛くなってきたのでもう寝ますのー。おやすみなのー。
    `レ',;゚ ヮ゚ノレ  
      __,li~,lリゝ   ばけつさんが心配なのー。元気出してなのー。 
__`(6∩しし∩.__

506 :飛鳥:2006/02/19(日) 05:48:44.01 ID:y4m4YAcj0
寝る前に見てよかったわ。
>>503
あれよ。1巻でさバスケの授業で主人公ウルッってなった奴。
たぶん見てみたらあーここかーと思うから。
・・・・・てなにネタばれしてんだ俺・・・・

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 05:53:03.38 ID:IrPPheQO0
>>506
あーなるほどw把握した。

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 07:12:09.26 ID:O4RcMXYN0
保守

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 07:46:15.61 ID:fXdXrDjoO
ビッグサイトから保守

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 09:28:25.47 ID:dIV/FCtN0
   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 10:25:08.96 ID:dIV/FCtN0
ノエの細く白い首に絡みつくように、ベアトリーチェの指が触れている。
それは至って普通の触診風景であるはずなのに、どことなく別種の熱を感じさせる。
使用人衣装の少年と、彼の肌を蹂躙する女主人。酷く退廃的で、淫靡な妄想。
「ベアトリーチェ様は、医学の知識がお有りなのですか?」
窺う様に小声で尋ねて来るルークの姿に、平衡を取り戻す。
「家柄や血筋の後ろ盾が無くとも、誰よりも気高く生きてゆける女性だよ。
正に万能の天才。底意地の悪い性格さえどうにかすれば、一国の主にもなれるだろう」
理解できたのか否か、とにかくルークは尊敬の眼差しでベアトリーチェの様を見つめている。
誰かの役に立ちたい、と常々思う彼にとって、ベアトリーチェは理想の人物だろう。
「詮無き事よ、ガニメーデ。底意地の悪さぐらいは見逃して頂戴」
褒められて悪い気はしないのか、いつもならぴしりとこちらの言論を封鎖してくる彼女の声に棘が無い。
――いや、彼女が上機嫌なのは、私の賛辞が理由ではないだろう。
ノエの細く白い首に絡みつくように、ベアトリーチェの指が触れている。

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 10:35:15.71 ID:dIV/FCtN0
   ∧∧
  (・ω・ )
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 11:23:20.71 ID:QI6nZ6e00
>>511
久しぶりの続編ですね!
楽しみにまってたんですよ♪

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 11:54:37.87 ID:QI6nZ6e00
ほっしゅっしゅ

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:01:34.71 ID:UwgImtd80
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧      ___/ ̄ ̄ ̄\
< ┌┐  ┌───┐ >   /  / / ̄ ̄ ̄ ̄\
< ││  │┌─┐│ >  /    ̄          \
< ││  └┘ //  >/    □            \
< ││    //    >// ̄~\ / ̄ ̄ ̄\      |
< ││     ̄     >|//\ヽ ∨〃/\   \   /\
< ││       _  >//(・) \ゞ/ /(・)  〉   |  | ∩|
< ││     //  >| \_/ノ  \_/ ノ し|:   | ∪|
< ││    / |   >l:::::::::∠~         ⌒ |   \/
< ││   //||   >|:::::::::r〜〜‐、ヽ      /   /
< ││   ̄  ||   >|:::::::::)jjjjjjjjjjjヽヽ   /   /
<   ̄       ̄    >|:::::::::|,,    || /   /
<.  ロロ┌┐┌┐┌┐  >!:::: ヽiiiiiiiii//  /   /
<   ┌┘│││││  >ヽ  ヽ〜〜"/   /
<     ̄ ̄ └┘││  > ヽ、__,,,_∠__/
< ┌┐┌┐    ││  >  _]:::::::   [_
< ││││   //   > ̄~        ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
< ││││    ̄    >               ,〜ヽ
< └┘└┘        >             〜 ノ ̄\
<   []  []         >           ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨            {       Y∫


516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:05:35.98 ID:dIV/FCtN0
安価まとめ@
【SS】
祐君@9氏(仮)>>9
所田ヶ村神事@妖怪布団かぶりさん>>61-63
ブラザーinお風呂@三角定規さん>>81-87
エウレインが見てる@94氏(仮)>>94
ねこ@283氏(仮)>>283
駄菓子菓子@水さん>>311-314
偶然にも最悪だった少年@飛鳥さん>>368-370,372,450-456,485-488
猫耳少年@飛鳥さん>>379-382


517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:06:11.99 ID:dIV/FCtN0
安価まとめA
【SS】
春と桜@詩人さん>>416,418-419
ループ小説@みんな>>180,182,204-205,209-212,192,196,225,228-230,238,250,256,264,323-330,332,338,343,395
習作@見習>>70
ノエ@見習>>112,113,511
【絵】
fzさん>>96
>>164
>>172
>>193


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:08:52.59 ID:dIV/FCtN0
|゚∀。)<以上です。記入漏れとか云々あったら敬語で頬を赤らめつつ叱って下さい。

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:09:51.91 ID:wuY14ezD0
         / ̄;;;´;;、;;;ヾ;;;, -──--、,!
.        /'´|;;;;,、;;;;;;;;;;/      ,!
.         /:.:.:.レ´:.ヾ;;;;;;i   断  だ ,!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;i  る  が ,!
.      /:.;.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ       ,!
.       /レ' ;|:.:.:.:.:.:.:,:ィ:.:.:.:〉 __,.,!
     /-、ヽ,:|:.:.:,/ /:.:.://.:,:ィ:.:.:.,!
      /'ヽ、ヾi ゙´.:   /__;:;:-'"´ ,;|:.:.:.,!
.    /ゝ-`';:/ .:〈ニ=-=ニ二 ̄ヽレ',!
   /::::;;;;;/  ' ,, ニ`ー-,、__\〉ィ,!
.   /;:::::/ ::.    ::.,,\_ゞ;'> 〈;,!
  /i!:::::iヾ-'、::..       '';~ ,;:'/,!
. /;;;i!fi´l_、,.`        .: ,;:'  ,!
/;;;;;i' ('ー、ヽ      ..: ,;:''   ,!
ヽ、jゝ、`ヾ:、゙、   ,..:'.:'"    .: ,!
   ``ヽ.、_ ¨`  ,:'      (_r:,!
       ``ヽ.、..    ノr;ソ~,!
             ``ヾ、 / 7,!
                 ``ヽ,!

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 12:44:15.52 ID:lZfvhiq80
おは保守

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 13:29:52.04 ID:lZfvhiq80
保守

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 13:54:48.77 ID:lZfvhiq80
いてきま保守

(´-`).。oO(誰もいないっぽいけど大丈夫かな…)

523 :飛鳥:2006/02/19(日) 14:01:12.66 ID:y4m4YAcj0
こんにちわ。人・・・・いますか?(;´Д`)

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:01:59.14 ID:dIV/FCtN0
見習でよかったら居ますよーヽ(゚∀。)ノ

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:07:53.01 ID:QaaAXTPe0
ついでに某豆豆製品の人も。

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:29:15.69 ID:OBVS6tyM0
ついでに保守しかしたことない人も

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:53:35.26 ID:AVOUQgTW0
ついでに今沖田人も。

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:56:23.06 ID:K+W9zWcc0
アマンドゥ

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:56:37.18 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:56:55.69 ID:7UagIpJS0
アマンドゥ

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:57:21.84 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:00.64 ID:7UagIpJS0
アマンドゥ

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:02.33 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:23.48 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:40.46 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:56.72 ID:ojxr0FS/0
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140328550/
ここから来ました

アマンドゥ

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:58:57.94 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:59:11.05 ID:gbyGuuUu0
アマンドゥ

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:59:20.19 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 14:59:37.56 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:00:24.36 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:00:53.28 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:02:05.46 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:02:23.37 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:03:02.62 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:03:09.34 ID:pi3PDc1l0
アマンドゥ

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:03:52.27 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:04:14.62 ID:chftVWER0
【ワロス】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140328140/

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:05:01.81 ID:LtScWNji0
アマンドゥ

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:08:41.00 ID:CqIUcSbr0
アマンドゥ

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:09:53.82 ID:4OtKYFus0
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:10:33.19 ID:gbyGuuUu0
アマンドゥ

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:11:15.48 ID:aQu2NhJT0
アマンドゥ

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:11:18.53 ID:4OtKYFus0
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ
キモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキ
モキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモキモ

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:11:26.56 ID:igDuwjX70
アマンドゥ

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:11:37.23 ID:BN++8gvA0
アマンドゥ

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:12:27.17 ID:Oc2paQM90
アマンドゥ

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:12:58.46 ID:/GB4PeasO
アマンこゥ

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:13:49.99 ID:WZBDHiLS0
アマンドゥ

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:14:34.81 ID:jEsEVmcN0
VIPからきました
ほしゅしときますね

561 :ジュリアン ◆UIBQDybzJ. :2006/02/19(日) 15:15:47.11 ID:Dng6DOJN0
アナルデゥ

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:19:01.35 ID:jnjgPkt50
アマンドゥ

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:19:22.27 ID:pgHhu6uSO
アマンドゥ

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:19:25.88 ID:QgrO1z9k0
『アマンドゥ』

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:19:30.12 ID:Ih3gEPrC0
ザナルカンドゥ

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:20:24.46 ID:WTAFVBMIO
アマンドゥ

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:20:32.18 ID:GbBpzyTU0
荒らすな糞がき

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:20:41.40 ID:T9X4lzby0
アマンドウ

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:20:43.15 ID:tgZX7p0YO
 、彡 爻":. ヽ: : : :.、!イ'じ   じ〉イ: : !
ミ" ,〃::..     ヽ: : : トゝ" __' "ノ;'.:/ 私のソフトクリーム食べて&e
ミ''" ミ;、,..,.、,.y''",ィヽ、:.ゝ、 `ー´,.彳:/
 "''-'-==-''゙"´ノ ``ゞ` r<彡'"-、
        /    ___ ゙ ,:-'´  、 i
      /´ ヽ` ̄        ー-゙:.、
     i          - 、         `ヽ_
     l:    、.:         ヽ       ゙i"
       !    i ; n  .:c.:   ',    _..ハ
      |    ハ/ {   _,..-ァノ 、r‐、>ー ヽ
     |   ト./  ` ̄__,.:=彡  :.ヾ、ニ二 /
.       |    |ノ     -=<      ゙=tラ'"
        |   /   ,-一'" ̄´         i
       |:/     / \:.           !
      | '    /   ヽ:.         :、  \
        ゙、  ノ    .i:.        `   ヽ
       `ー'    _:/__:.            `ー---─ ''"´ ̄ ̄`` ー- 、
          /´    `ヽ、.         .:                   `ヽ、
           /             `ヽ、                          ゙i
            i                  :;                    ,!
           !       ‐-、      :. ;: .:'                      /
         ヽ        ヽ     ; j:! "       __..:-‐'"´ ̄ ̄`   __ノ
             \         !    .:' 〃 ,..:---─‐'"´ __.. -──── ''"´
            `ヽ、     ヽ、 ノ-く⌒ヾ:.:'ー--ァ'"´
                  `ヽ、   >:)..( );;;;;;}:/` ̄i
             ....:::::::::::にニニイ:: /;;;;;;;/K._.ノ、
           ....::::::::::::::::::,! _ i!: l;;;;;;;;.ゝ.:、__/ ミ、::::::::::::::::.........
            ..::::::::::::::::::::::::!`´_` .! ( \;;;;;;;ヽ ..)==='' :::::::::::::.......
          ::::::::::::::::::::::::::k'´! i ,``;|.ブリ`);;;;;;} ブリッ
           ..:::::::::::::::::::::ヾ三三ノ   z';;;_ノ

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:21:18.80 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:21:24.75 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:21:51.82 ID:/GB4PeasO
>>569

>  、彡 爻":. ヽ: : : :.、!イ'じ   じ〉イ: : !
> ミ" ,〃::..     ヽ: : : トゝ" __' "ノ;'.:/ 私のソフトクリーム食べて&e
> ミ''" ミ;、,..,.、,.y''",ィヽ、:.ゝ、 `ー´,.彳:/
>  "''-'-==-''゙"´ノ ``ゞ` r<彡'"-、
>         /    ___ ゙ ,:-'´  、 i
>       /´ ヽ` ̄        ー-゙:.、
>      i          - 、         `ヽ_
>      l:    、.:         ヽ       ゙i"
>        !    i ; n  .:c.:   ',    _..ハ
>       |    ハ/ {   _,..-ァノ 、r‐、>ー ヽ
>      |   ト./  ` ̄__,.:=彡  :.ヾ、ニ二 /
> .       |    |ノ     -=<      ゙=tラ'"
>         |   /   ,-一'" ̄´         i
>        |:/     / \:.           !
>       | '    /   ヽ:.         :、  \
>         ゙、  ノ    .i:.        `   ヽ
>        `ー'    _:/__:.            `ー---─ ''"´ ̄ ̄`` ー- 、
>     

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:21:54.90 ID:GbBpzyTU0
荒らすな糞ガキ

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:21:57.83 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:02.73 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:13.22 ID:Dqal4cz+0
 ―┼‐         ノ     /   |  --ヒ_/     /   \ヽヽ    ー―''7
   `」   ┼,   二Z二   レ   /  /´レ' \ ―7 ̄}  |  ー-、   /
 (__  (|フ)   (__ノ  _ノ  ∨`  ノ  /  /     _ノ    \_

    ─┼-        /   |   ‐┼-   |     ー|―
    ─┼─ |   \ レ  /   ̄Tー  /      ノ -─
   (二フヽ  \/    _ノ   (二フ\  ヽ_ノ   / 、__

     i';i
    /__Y
     ||真||                   /⌒彡
  _ ||露||         /⌒\     /冫、 ) ・・・・・・。
  \ ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `./⌒ i `  /ゝ    _,,..,,,,_
  ||\`~~´  (キムチ)       \( >     ('\\  ./ ,' 3 `ヽーっ ・・・・・・。
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄\`つ    ⌒ _) l   ⊃ ⌒_つ
     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                `'ー---‐
                    <⌒/ヽ___
                    <_/____/ zzzz・・・

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:17.78 ID:SHX/PhGs0
アマンドゥ

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:19.50 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:29.86 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:37.87 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:46.39 ID:pgHhu6uSO
アマンドゥ

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:49.82 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:22:53.83 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:23:08.80 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:23:14.74 ID:hINRhCWW0
アマンドゥ

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:24:04.86 ID:tgZX7p0YO
 、彡 爻":. ヽ: : : :.、!イ'じ   じ〉イ: : !
ミ" ,〃::..     ヽ: : : トゝ" __' "ノ;'.:/ 私のソフトクリーム食べて&e
ミ''" ミ;、,..,.、,.y''",ィヽ、:.ゝ、 `ー´,.彳:/
 "''-'-==-''゙"´ノ ``ゞ` r<彡'"-、
        /    ___ ゙ ,:-'´  、 i
      /´ ヽ` ̄        ー-゙:.、
     i          - 、         `ヽ_
     l:    、.:         ヽ       ゙i"
       !    i ; n  .:c.:   ',    _..ハ
      |    ハ/ {   _,..-ァノ 、r‐、>ー ヽ
     |   ト./  ` ̄__,.:=彡  :.ヾ、ニ二 /
.       |    |ノ     -=<      ゙=tラ'"
        |   /   ,-一'" ̄´         i
       |:/     / \:.           !
      | '    /   ヽ:.         :、  \
        ゙、  ノ    .i:.        `   ヽ
       `ー'    _:/__:.            `ー---─ ''"´ ̄ ̄`` ー- 、
          /´    `ヽ、.         .:                   `ヽ、
           /             `ヽ、                          ゙i
            i                  :;                    ,!
           !       ‐-、      :. ;: .:'                      /
         ヽ        ヽ     ; j:! "       __..:-‐'"´ ̄ ̄`   __ノ
             \         !    .:' 〃 ,..:---─‐'"´ __.. -──── ''"´
            `ヽ、     ヽ、 ノ-く⌒ヾ:.:'ー--ァ'"´
                  `ヽ、   >:)..( );;;;;;}:/` ̄i
             ....:::::::::::にニニイ:: /;;;;;;;/K._.ノ、
           ....::::::::::::::::::,! _ i!: l;;;;;;;;.ゝ.:、__/ ミ、::::::::::::::::.........
            ..::::::::::::::::::::::::!`´_` .! ( \;;;;;;;ヽ ..)==='' :::::::::::::.......
          ::::::::::::::::::::::::::k'´! i ,``;|.ブリ`);;;;;;} ブリッ
           ..:::::::::::::::::::::ヾ三三ノ   z';;;_ノ

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:27:26.81 ID:AxjssCyf0
「VIPで荒らすな」
テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwww

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:27:57.38 ID:RMxq0bM20
アマンドゥ

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:28:15.69 ID:GbBpzyTU0
荒らすな糞ガキ

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:28:35.89 ID:ojxr0FS/0
荒らしておいて 荒らすなクソガキ はねーよwwwwwwww

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:29:26.50 ID:zNSE6e7F0
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ
アマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥアマンドゥ

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:30:10.84 ID:RMxq0bM20
>>589
ID検索ワロリッシュwwwwww

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:32:37.52 ID:/GB4PeasO
>>586

>  、彡 爻":. ヽ: : : :.、!イ'じ   じ〉イ: : !
> ミ" ,〃::..     ヽ: : : トゝ" __' "ノ;'.:/ 私のソフトクリーム食べて&e
> ミ''" ミ;、,..,.、,.y''",ィヽ、:.ゝ、 `ー´,.彳:/
>  "''-'-==-''゙"´ノ ``ゞ` r<彡'"-、
>         /    ___ ゙ ,:-'´  、 i
>       /´ ヽ` ̄        ー-゙:.、
>      i          - 、         `ヽ_
>      l:    、.:         ヽ       ゙i"
>        !    i ; n  .:c.:   ',    _..ハ
>       |    ハ/ {   _,..-ァノ 、r‐、>ー ヽ
>      |   ト./  ` ̄__,.:=彡  :.ヾ、ニ二 /
> .       |    |ノ     -=<      ゙=tラ'"
>         |   /   ,-一'" ̄´         i
>        |:/     / \:.           !
>       | '    /   ヽ:.         :、  \
>         ゙、  ノ    .i:.        `   ヽ
>        `ー'    _:/__:.            `ー---─ ''"´ ̄ ̄`` ー- 、
>     

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:34:19.26 ID:DlWgMxxC0
ホアンドゥ





     The ホアンドゥ

















ホアンドゥ 






595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:34:54.03 ID:GbBpzyTU0
>>592
ばれたかw

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:43:10.47 ID:vF9SrbLg0
ところで、「アマンドゥ」ってなに?

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 15:46:00.43 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:18:23.89 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:18:28.46 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:18:32.73 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:10.35 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:14.88 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:19.22 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:24.27 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:29.04 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:33.58 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:42.96 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:48.06 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:19:52.66 ID:xbmLg7Dh0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:43:33.45 ID:OBVS6tyM0
収まったかな?

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:58:10.80 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:58:51.25 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 16:59:28.94 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:01:12.82 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:02:15.38 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:03:00.63 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:03:14.88 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:03:19.57 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:03:24.13 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:03:29.00 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:04:31.56 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:04:37.19 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:06:02.75 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:06:49.32 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:06:53.66 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:07:00.85 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:07:06.59 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:07:34.63 ID:ZOJFxZIU0
アマンドゥ

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:07:50.47 ID:ZOJFxZIU0
ラスト

アマンドゥ

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:08:05.23 ID:gSFtm6Vy0
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
...........................................................................................................................................................................................................
.....................................................................................................................4096byte

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:11:04.53 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ か




よし

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:13:55.38 ID:fJdZDRQY0
http://ga-cha-ra-ba.com/vipsyota/
避難所復活キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:20:58.11 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ か




よし

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 17:54:29.47 ID:fJdZDRQY0
ほしゅ

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 18:09:25.84 ID:GbBpzyTU0
アマンドゥ か




ほしゅ

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 18:29:32.65 ID:fJdZDRQY0
保守

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 18:52:28.37 ID:lZfvhiq80
   ,-――,
  (__(M)⊃
  ( ´∀`)  ほしゅ
  ( ||_|| つ
  |゜T ゜|
  (__)_)

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 19:20:52.00 ID:lZfvhiq80
                        ハ,_,ハ,
       ,ハ、,ハ,            n' ´∀`,n, どうしたチビ
      ,:' ゙・ω・'; おにぃ        ミ,;:.   ,ッ 
      ミ,;:.   ,ッ             `'u゛-u'   
       ゙"'''''"゙

                        ハ,_,ハ,
       ,ハ、,ハ,            n' ´∀`,n, 保守
      ,:' ゙・ω・'; ほしゅ       ミ,;:.   ,ッ 
      ミ,;:.   ,ッ             `'u゛-u'   

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 19:21:19.75 ID:lZfvhiq80
ずれたorz

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 19:37:34.46 ID:lZfvhiq80
                        ハ,_,ハ,
       ,ハ、,ハ,            n' ´∀`,n, どうしたチビ
      ,:' ゙・ω・ '; おにぃ        ミ,;:.   ,ッ 
      ミ,;:.   ,ッ             `'u゛-u'   
       ゙"'''''"゙

                        ハ,_,ハ,
       ,ハ、,ハ,            n' ´∀`,n, 保守
      ,:' ゙・ω・ '; もいちど       ミ,;:.   ,ッ 
      ミ,;:.   ,ッ             `'u゛-u'   


641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/19(日) 20:02:35.49 ID:EMEdEGw90
可愛い

322 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1000 >52>>176
未来技術板 >>29
おもちゃ板 >>12
アニメ板 >>13>>39
武道板 >>35>>89 /test/read.cgi/news4vip/1140082721/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)