5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

このスレの半分はやさしさで出来ています。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:02:07.67 ID:NF3eUcbzO
感動エピソード発動して!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:02:29.82 ID:A+rwTodq0
俺はもう半分のほうで行く

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:02:30.06 ID:zE5fmb1X0
それは5年まえの夏の事だった

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:03:06.83 ID:UJ7cPeT50
昨日俺死んだのさ。
そしたら、閻魔様がまだ死ぬなって帰してくれた。
うはwwwwwwwwwwラッキーwwwwwwww

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:05:40.38 ID:Yr+EZIJn0
俺の優しさを見てくれ

ttp://kandouii.sakura.ne.jp/flash/gorua.htm

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:07:09.60 ID:G1SPUh1yO
電車男はネタなの?
マジレスお願い

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:09:51.89 ID:oOT89kmN0
しかたねぇ…

俺が昔の話をしてやるよ。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:13:49.70 ID:oOT89kmN0
昔といっても1年前の話なんだけどな…

去年、小学校からの付き合いのある親友から、話があるって言われて電話があったんだよね。
大学に入ってからはさすがに疎遠になってたんだけど、そいつの家に行ったら笑顔で家に上げてもらった。
そして近況の事とか色々話し合ってたんよ。んで女の話になって

「由美とはまだ続いてるん?」

「だらだら続けてるよ」
由美は親友が高校から付き合っていた彼女だ。高校の頃さっぱりした性格で他の男達にもモテていた
けど俺の親友と付き合っていた。

「お前ら長いなぁ〜」
「好きやからね」

俺と由美と親友は高校から卒業するまで仲がめっちゃ良かった。俺は彼女を作っても長続きしなかった
俺に由美がいつも怒ってた事もいい思い出だ。そんな昔話や今の事を話してたら、親友がとんでもない事、言い
だした。

「でも、俺さ…由美と別れようと思ってる」

いきなり言われた俺は意味不明だった。さっきまで好きって言ってたのに別れようとか言い出したりして

「はぁ?お前何いってんの?」

すると、智は真剣な顔で俺に向かって、

「俺さ…実は癌で余命1年らしいんだわ…」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:19:44.31 ID:oOT89kmN0
いきなり言われた俺は意味不明だった。さっきまで好きって言ってたのに別れようとか言い出したりして

「はぁ?お前何いってんの?」

すると、智は真剣な顔で俺に向かって、

「俺さ…実は癌で余命1年らしいんだわ…」

正直びっくりした。俺が何も言えなくなってたら、智は

「この所調子が悪くて、風邪と思って病院行ったら癌だってさ。」
「そっか」

そんないきなりの告白に俺は相槌しか打てなくて

「仕方ないよな…まさか自分が癌になるとは思わんかったけど」
「ああ…」
「それでお前に頼みたい事があるんよ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:21:44.63 ID:oOT89kmN0
真剣な顔をした智に俺は

「頼みって何よ?」
「由美と別れる。手伝って欲しい」

俺は由美と智がどれだけ仲が良かったか知ってる。だから智が別れを口出した意味も解る
でもそれで良いのかと思ってしまった。

「手伝うかどうかは横に置いといて、お前はそれで良いんか?」
「俺はどんなに粘っても2年で終わるけど、あいつの人生はまだ長いやろ。消える人間より
残される人間の方がぜったいキツイ。だから別れる」

それは正論だった。そんなの当たり前だったけど、納得できるほど俺は大人でもなかった

「そうかもしれん。でも辛いとか決めるのは由美じゃね?お前が意味もなく別れて
あいつは傷つくだろ。お前をどれくらい信じてると思ってんのよ」

俺の苛着いた声に親友は落ち着いた声で返した

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:23:01.41 ID:kQfE5nCa0
「チンコかゆいわ〜」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:25:27.59 ID:oOT89kmN0
「由美が俺を信じてる事は誰よりも知ってる。だから俺は由美に幸せで居て欲しいんよ。
もし俺と死ぬまで一緒にいたら、由美は俺が死んだ後絶対引きずる。あいつはそんな女だからさ」

正直、俺には何事にもさっぱりしていた由美がそんな女には見えなかった。だから智が言ったあいつは引きずると言う言葉
は。付き合っていた二人だから言える事なのかなと感じた。
ただ智の決意は固く俺が何を言っても無駄だと言う事だけが解った。

「あー…お前がそこまで言うなら俺は何も言わん」
「ごめんな」

心配してくれてるのが解っていた智は俺に謝った。

「謝る相手が違うだろ。で俺に頼みたい事ってなんよ?」
「俺に女を紹介してくれ。浮気証拠を作って別れる」

何となく答えは解っていた。

「お前、そんな事したら傷つくだろが」
「でも由美と別れるには納得させる理由がいる。たしかに由美を傷つけると思う。でも俺が最低な屑な奴だったって事であいつは見限るだろ。
そしたら俺が死んだ時なんかより、次の恋を見つけるのが早いと思う。」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:27:24.53 ID:oOT89kmN0
智の言った事も解るが

「幸せとかは彼女が決めるんでお前が決めるんじゃないんじゃね?」
「うん…。俺もさ最後まで一緒に居て欲しいけど、それは駄目なんだよ」

どう説得しても無駄だと思った。だから俺は智に

「お前アホだな」

と言ってやった。そんな智は自嘲的に

「解ってる」

と返した。俺は智が俺にする最後の頼みごとだとも思い、

「納得はしてないけど、協力してやるわ」
「ありがとな…」

そしたら親友はいきなり泣き出した。多分、情緒不安定だったのだろう。

「ごめん…なんかさ…」

男同士だったけど、キモイとか感じなくて、俺の肩で泣いてる親友を頭を撫でてやってた。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:29:42.38 ID:NF3eUcbzO
釣りなのか?
猛烈に胸うたれてるのだが・・・・

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:29:54.32 ID:oOT89kmN0
そして俺が家から帰るときに

「俺に出来る事は何でも協力してやる。だから死ぬ事を考えるより生きる努力しろよ」
「…ああ」
「とりあえず、用意が出来たら電話するからな」
「ありがとな。お前が俺の友達で居てくれた事がどんなに良かったか今日実感した」
「何時も実感しとけ!」

笑う智に俺は色々考えさせられたけど、あいつが笑ってるなら俺も笑っていようと誓っていた。


俺は大学で仲の良かった先輩に事情を説明して協力してもらった。
先輩は俺も一緒って事でOKもらって親友とデートをした。
プリクラとか取って、証拠らしい証拠を作って

「今日はありがとうございました」

お礼を言う智に

「あんたさ。馬鹿だよね」

先輩はタバコを吹かしながら言った。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:29:59.61 ID:kQfE5nCa0
うほっ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:32:20.70 ID:TyJzQ9KP0
wktk

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:32:33.80 ID:oOT89kmN0
「ヒロにも言われました」

そういって苦笑いで話す智に先輩は

「がんばりな」

と一言言って俺に近づいて来て

「約束は忘れるなよ」
「解ってますって」

俺は先輩に言った。ちなみに俺は先輩に飯を20回奢った。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:33:32.80 ID:kQfE5nCa0
そして一文無しになった。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:35:43.90 ID:oOT89kmN0
そして智が彼女と別れる日がやってきた。
どんな話をしてたかは、外で待機してた俺は中で智と由美がどんな様子だったか解らなかったが
ファミレスから出てきた彼女は怒りながら出ていったのだけは覚えてる。
俺は彼女が居なくなったのを見てファミレスに入ったら全身が水浸しの智がいた。

「本当に良かったんか?」
「これで良いんだよ」
「つーか店出る時、由美が死ぬほど怒り狂るってたんだけど?」
「めっちゃ罵られた。最後にはこれだし?」

ずぶ濡れの智と俺はさすがにファミレスに居られないと思い外に出て

「ありがとな…これで後は入院するだけだわ」
「アホか。そんな言い方するな」

俺の言った事の意味が解ったのか智はゴメンと俺に返した。
智と別れた後、なんか小中高と智や由美と過ごした日々がフラッシュバックしてなんか気持ちがブルーになった。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:38:51.66 ID:kQfE5nCa0
オレはイエローが好きな色かな。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:41:00.84 ID:oOT89kmN0
入院してから智は少しずつ少しずつ容態は悪化していった。俺が御見舞いに言ったら
何時も笑顔で答えていたけど…

「調子どうよ」
「まぁまぁかな」

毎回会うたびに言う言葉だった。確実に悪くなってる状態に俺は何とも言えないかんじだった。
俺は他愛も無い会話をする事で日常を演出していたのだと思う。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:44:55.56 ID:kQfE5nCa0
だよね〜。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:45:15.67 ID:oOT89kmN0
智達が別れて三ヶ月ぐらい経って俺は由里に会いに行ってみた。
久しぶり会う由里は笑顔で待ち合わせにきた。

「久しぶり」
「ホント久しぶりだよねぇ」

俺にとってはそんな久しぶりまではいかないが、由里にとっては高校卒業以来だったので
本当に久しぶりって感じがした。俺たちは飯を食いに行って近況を話し合ったりして俺が一番聞きたかった彼氏について聞くと

「ところで智とは続いてるんか?」
「あー私別れたんだよね」

解っている答えが返ってきた。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:46:03.24 ID:oOT89kmN0
「お前ら仲が良かったのに何で別れたん?」
「あいつさ。私の他に女が居たんだよね」

これも解っていった答え

「二股かけられて、あっちが良いから別れろだってさ。ふざけんなって感じだよ」

そこから由里は智への嫌味を永遠と俺に聞かせた。

「で、今は彼氏居るん?」
「んー。さすがにね。今は居ないよ。」

俺は正直に智の事を由理に話すべきなのではないかと迷った…。あいつは今も生きよう
と頑張ってる。それでも徐々に身体は悪くなっている。
正直に話して、あいつのそばに居てやった方がいいんじゃないのか。
と頭の中でループしてた。
結局、智の思いを尊重して由美に智の身体の事を言うのは辞めにした。これで良かったのか悪かったのかは今だ答えは出てこない。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:48:17.19 ID:oOT89kmN0
その後も俺は智の見舞いに良く行った。
でも現実では奇跡なんて起こらないし、
智は1年を持たず死んでしまった。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:48:18.34 ID:kQfE5nCa0
答えとは常に探し続けるものだ、ガンバレ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:50:43.00 ID:2Jv8psOM0
なにこれ?
期待した俺が馬鹿だった。これで終わり?

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:52:43.75 ID:kQfE5nCa0
>>28
バカ野郎!ID:oOT89kmN0は頑張って書いたんだぞ!


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:54:23.75 ID:oOT89kmN0
今でもあいつの墓に行くと思うことがある。
智は幸せだったのかと…。
俺のした事は良かった事なのかと…。
ただあいつが意識を失う直前に俺に言った事が


「ヒロごめん。そしてありがとう」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:55:32.87 ID:kQfE5nCa0
「そしてチンコかゆい」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:57:11.59 ID:oOT89kmN0
その後俺はVIPで糞スレを立てている…

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:57:14.16 ID:lEVc4CYN0
http://www.doga-doda.com/

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 15:57:46.59 ID:kQfE5nCa0
かんどーした!!

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/05/18(木) 16:00:51.32 ID:HDPp46vI0
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133


         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
       .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
じゃ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━!!!!
   。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。
 .:*::+。゜・:+::*                        *::+:・゜。+::*:.


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)